本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年05月23日

江村 恵太 (えむら けいた) 准教授 EMURA, Keita

所属組織・役職等

理工研究域 電子情報通信学系
准教授

教育分野

【学士課程】
理工学域 電子情報通信学類 情報通信コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 電子情報通信学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 電子情報科学専攻

所属研究室等

情報セキュリティ研究室

学歴

【出身大学院】
Japan Advanced Institute of Science and Technology 博士課程 修了
【取得学位】
博士 (情報科学)

職歴

金沢大学 理工研究域電子情報通信学系 准教授(2023/09-)
産業技術総合研究所 客員研究員(2024/04/01-)
情報通信研究機構(2012/04-2023/08)
早稲田大学 非常勤講師(2019/09-)
名古屋大学 非常勤講師(2017/04-2017/09)
津田塾大学 非常勤講師(2016/10-2017/03)
北陸先端科学技術大学院大学 高信頼性組み込みシステム教育研究センター 研究員(2010/04-2012/03)
株式会社 富士通北陸システムズ(2004/04-2006/09)

生年月

所属学会

The International Association for Cryptologic Research
電子情報通信学会
情報処理学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○JIP Specially Selected Paper(2023/09)
○辻井重男セキュリティ論文賞 特別賞(2023/07)
○辻井重男セキュリティ論文賞 優秀賞(2023/07)
○ProvSec 2022 Best Paper Award(2022/11)
○基礎・境界ソサイエティ編集活動感謝状(2022/09)
○令和4年度情報通信研究機構表彰 優秀賞 (団体)(2022/05)
○2020 年度 基礎・境界ソサイエティ貢献賞(研究専門委員会運営)(2020/09)
○情報通信研究機構 ICTメンター賞(2019/08)
○情報通信研究機構 2019年度成績優秀表彰 優秀賞 (まぜるな危険準同型暗号設計チーム)(2019/04)
○2017年度山下記念研究賞(2018/03)
○PWS 2017 優秀論文賞(2017/10)
○IWSEC 2017 Best Poster Awards(2017/08)
○CSS2016 最優秀論文賞(2016/09)
○IWSEC 2015 Best Poster Awards(2015/08)
○DICOMO 優秀論文賞(2014/09)
○ASIACCS 2014 Best Poster Awards(2014/06)
○SCISイノベーション論文賞(2012/01)

専門分野

情報セキュリティ

専門分野キーワード

暗号理論, 暗号応用, 高機能暗号

研究課題

著書

  • 暗号の理論と技術 量子時代のセキュリティ理解のために 講談社 2024/05/22 原著書 共著 國廣昇 (編著), 安田雅哉 (著), 水木敬明 (著), 高安敦 (著), 高島克幸 (著), 米山一樹 (著), 大原一真 (著), 江村恵太 (著)
  • Proceedings of the 7th ACM Workshop on ASIA Public-Key Cryptography Association for Computing Machinery, New York, United States 2020/10 共著 Keita Emura,Naoto Yanai
  • Proceedings of the 6th on ASIA Public-Key Cryptography Workshop Association for Computing Machinery, New York, United States 2019/07 共著 Keita Emura,Takaaki Mizuki
  • Proceedings of the 8th ACM on ASIA Public-Key Cryptography Workshop Association for Computing Machinery, New York, United States 2021/06 共著 Keita Emura,Yuntao Wang
  • Proceedings of the 3rd ACM International Workshop on ASIA Public-Key Cryptography Association for Computing Machinery, New York, United States 2016/05 共著 Keita Emura,Goichro Hanaoka,Rui Zhang

全て表示

  • Proceedings of the 2nd ACM workshop on ASIA public-key cryptography Association for Computing Machinery, New York, United States 2014/06 共著 Keita Emura,Goichro Hanaoka,Yunlei Zhao
  • Proceedings of the 5th ACM on ASIA Public-Key Cryptography Workshop Association for Computing Machinery, New York, United States 2018/06 共著 Keita Emura,Jae Hong Seo,Yohei Watanabe

論文

  • Generic Construction of Public-Key Authenticated Encryption with Keyword Search Revisited Keita Emura IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences  E107-A 巻 3号 260-274頁 2024/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Sealed-Bid Auction with Fund Binding: Preventing Maximum Bidding Price Leakage Kota Chin, Keita Emura, Shingo Sato, Kazumasa Omote IEICE Transactions on Information and Systems E107-D巻 5号 615-624頁 2024/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • More Efficient Adaptively Secure Lattice-Based IBE with Equality Test in the Standard Model Kyoichi Asano, Keita Emura, Atsushi Takayashu IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences  E107-A 巻 3号 248-259頁 2024/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Generic Construction of Fully Anonymous Broadcast Authenticated Encryption with Keyword Search with Adaptive Corruptions Keita Emura IET Information Security 2023巻 9922828:1-9922828:12頁 2023/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Deeper Look into Deep Learning-based Output Prediction Attacks Using Weak SPN Block Ciphers Hayato Kimura, Keita Emura, Takanori Isobe, Ryoma Ito, Kazuto Ogawa, Toshihiro Ohigashi Journal of Information Processing 64巻 9号 2023/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

全て表示

  • Can Sleep Apnea Be Detected from Human Pulse Waveform with Laplace Noise?  Itaru Kaneko, Le Trieu Phong, Keita Emura, Emi Yuda Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics 2023/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Cybersecurity-Enhanced Encrypted Control System Using Keyed-Homomorphic Public Key Encryption Masaki Miyamoto, Kaoru Teranishi, Keita Emura, Kiminao Kogiso IEEE Access 11巻 45749頁 2023 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Generic Construction of CCA-Secure Identity-Based Encryption with Equality Test against Insider Attacks Keita Emura, Atsushi Takayasu IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E106.A巻 3号 193頁 2023/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Providing Membership Privacy to the Asynchronous Ratcheting Trees Protocol without losing Scalability Keita Emura, Kaisei Kajita, Ryo Nojima, Kazuto Ogawa, Go Ohtake Journal of Wireless Mobile Networks, Ubiquitous Computing, and Dependable Applications 13巻 4号 105頁 2022/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Identity-based encryption with security against the KGC: A formal model and its instantiations Keita Emura, Shuichi Katsumata, Yohei Watanabe Theoretical Computer Science 900巻 97頁 2022/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Privacy-Preserving Federated Learning for Detecting Fraudulent Financial Transactions in Japanese Banks Sachiko Kanamori, Taeko Abe, Takuma Ito, Keita Emura, Lihua Wang, Shuntaro Yamamoto, Le Trieu Phong, Kaien Abe, Sangwook Kim, Ryo Nojima, Seiichi Ozawa, Shiho Moriai Journal of Information Processing 30巻 789頁 2022/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Privacy-Preserving Data Analysis: Providing Traceability without Big Brother. Hiromi Arai, Keita Emura, Takuya Hayashi IEICE Trans. Fundam. Electron. Commun. Comput. Sci. 104-A巻 1号 2頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • On the Security of Keyed-Homomorphic PKE: Preventing Key Recovery Attacks and Ciphertext Validity Attacks. Keita Emura IEICE Trans. Fundam. Electron. Commun. Comput. Sci. 104-A巻 1号 310頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Adaptively secure revocable hierarchical IBE from k-linear assumption Keita Emura, Atsushi Takayasu, Yohei Watanabe Designs, Codes and Cryptography 89巻 7号 1535頁 2021/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Efficient identity-based encryption with Hierarchical key-insulation from HIBE. Keita Emura, Atsushi Takayasu, Yohei Watanabe Designs, Codes and Cryptography 89巻 10号 2397頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Efficient revocable identity-based encryption with short public parameters. Keita Emura, Jae Hong Seo, Yohei Watanabe Theoretical Computer Science 863巻 127頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • An Anonymous Trust-Marking Scheme on Blockchain Systems. Teppei Sato, Keita Emura, Tomoki Fujitani, Kazumasa Omote IEEE Access 9巻 108772頁 2021 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Implementation of a Strongly Robust Identity-Based Encryption Scheme over Type-3 Pairings Hiroshi Okano, Keita Emura, Takuya Ishibashi, Toshihiro Ohigashi, Tatsuya Suzuki International Journal of Networking and Computing 10巻 2号 174頁 2020/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Secure-channel free searchable encryption with multiple keywords: A generic construction, an instantiation, and its implementation. Keita Emura, Katsuhiko Ito, Toshihiro Ohigashi J. Comput. Syst. Sci. 114巻 107頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Group Signatures with Time-Bound Keys Revisited: A New Model, an Efficient Construction, and its Implementation. Keita Emura, Takuya Hayashi, Ai Ishida IEEE Trans. Dependable Sec. Comput. 17巻 2号 292頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Revocable Group Signature Scheme with Scalability from Simple Assumptions. Keita Emura, Takuya Hayashi IEICE Transactions 103-A巻 1号 125頁 2020 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Shortening the Libert-Peters-Yung Revocable Group Signature Scheme by Using the Random Oracle Methodology Kazuma Ohara, Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Ai Ishida, Kazuo Ohta, Yusuke Sakai IEICE Transactions 102-A巻 9号 1101頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Group Signatures with Message-Dependent Opening: Formal Definitions and Constructions. Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Yutaka Kawai, Takahiro Matsuda, Kazuma Ohara, Kazumasa Omote, Yusuke Sakai Security and Communication Networks 2019巻 4872403:1-4872403:36頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Privacy-Preserving Aggregation of Time-Series Data with Public Verifiability from Simple Assumptions and Its Implementations. Keita Emura, Hayato Kimura, Toshihiro Ohigashi, Tatsuya Suzuki Comput. J. 62巻 4号 614頁 2019 査読有 原著論文 
  • A Generic Construction of Integrated Secure-Channel Free PEKS and PKE and its Application to EMRs in Cloud Storage. Tatsuya Suzuki, Keita Emura, Toshihiro Ohigashi J. Medical Systems 43巻 5号 128:1-128:15頁 2019 査読有 原著論文 
  • Chosen ciphertext secure keyed-homomorphic public-key cryptosystems Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Koji Nuida, Go Ohtake, Takahiro Matsuda, Shota Yamada Designs, Codes, and Cryptography 86巻 8号 1623頁 2018/08/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Accumulable optimistic fair exchange from verifiably encrypted homomorphic signatures Jae Hong Seo, Keita Emura, Keita Xagawa, Kazuki Yoneyama International Journal of Information Security 17巻 2号 193頁 2018/04/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Generic Constructions for Fully Secure Revocable Attribute-Based Encryption. Kotoko Yamada, Nuttapong Attrapadung, Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Keisuke Tanaka IEICE Transactions 101-A巻 9号 1456頁 2018 査読有 原著論文 
  • Road-to-Vehicle Communications with Time-Dependent Anonymity: A Lightweight Construction and Its Experimental Results Keita Emura, Takuya Hayashi IEEE Transactions on Vehicular Technology 67巻 2号 1582頁 2018/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Establishing secure and anonymous communication channel: KEM/DEM-based construction and its implementation. Keita Emura, Akira Kanaoka, Satoshi Ohta,T akeshi Takahashi J. Inf. Secur. Appl. 34巻 84頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A privacy-enhanced access log management mechanism in SSO systems from nominative signatures Sanami Nakagawa, Takashi Nishide, Eiji Okamoto, Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Yusuke Sakai, Akihisa Kodate International Journal of Applied Cryptography 3巻 4号 394頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Group signature with deniability: How to disavow a signature Ai Ishida, Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Yusuke Sakai, Keisuke Tanaka IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E100A巻 9号 1825頁 2017/09/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Secure and Anonymous Communication Technique: Formal Model and Its Prototype Implementation Keita Emura, Akira Kanaoka, Satoshi Ohta, Kazumasa Omote, Takeshi Takahashi IEEE TRANSACTIONS ON EMERGING TOPICS IN COMPUTING 4巻 1号 88頁 2016/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Revocable hierarchical identity-based encryption via history-free approach Jae Hong Seo, Keita Emura THEORETICAL COMPUTER SCIENCE 615巻 45頁 2016/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Constructions of dynamic and non-dynamic threshold public-key encryption schemes with decryption consistency Yusuke Sakai, Keita Emura, Jacob C. N. Schuldt, Goichiro Hanaoka, Kazuo Ohta THEORETICAL COMPUTER SCIENCE 630巻 95頁 2016/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Semi-Generic Transformation of Revocable Hierarchical Identity-Based Encryption and Its DBDH Instantiation Keita Emura, Jae Hong Seo, Taek-Young Youn IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E99A巻 1号 83頁 2016/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Time-specific encryption from forward-secure encryption: generic and direct constructions Kohei Kasamatsu, Takahiro Matsuda, Keita Emura, Nuttapong Attrapadung, Goichiro Hanaoka, Hideki Imai INTERNATIONAL JOURNAL OF INFORMATION SECURITY 15巻 5号 549頁 2016/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Disavowable Public Key Encryption with Non-Interactive Opening Ai Ishida, Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Yusuke Sakai, Keisuke Tanaka IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E98A巻 12号 2446頁 2015/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Revocable Group Signature with Constant-Size Revocation List Nuttapong Attrapadung, Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Yusuke Sakai COMPUTER JOURNAL 58巻 10号 2698頁 2015/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Generic constructions of secure-channel free searchable encryption with adaptive security Keita Emura, Atsuko Miyaji, Mohammad Shahriar Rahman, Kazumasa Omote SECURITY AND COMMUNICATION NETWORKS 8巻 8号 1547頁 2015/05 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • SKENO: Secret key encryption with non-interactive opening Jiageng Chen, Keita Emura, Atsuko Miyaji Journal of Mathematical Cryptology 9巻 2号 63頁 2015/06/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Group signature implies public-key encryption with non-interactive opening Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Yusuke Sakai, Jacob C. N. Schuldt INTERNATIONAL JOURNAL OF INFORMATION SECURITY 13巻 1号 51頁 2014/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Revocable Identity-Based Encryption with Rejoin Functionality Jae Hong Seo, Keita Emura IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E97A巻 8号 1806頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • An r-Hiding Revocable Group Signature Scheme: Group Signatures with the Property of Hiding the Number of Revoked Users Keita Emura, Atsuko Miyaji, Kazumasa Omote JOURNAL OF APPLIED MATHEMATICS 2014巻 186頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Revocable hierarchical identity-based encryption Jae Hong Seo, Keita Emura THEORETICAL COMPUTER SCIENCE 542巻 44頁 2014/07 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Revocable Identity-Based Cryptosystem Revisited: Security Models and Constructions Jae Hong Seo, Keita Emura IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION FORENSICS AND SECURITY 9巻 7号 1193頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Methods for Restricting Message Space in Public-Key Encryption Yusuke Sakai, Keita Emura, Goichiro Hanaoka, Yutaka Kawai, Kazumasa Omote IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E96A巻 6号 1156頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Remark on "Efficient Revocable ID-Based Encryption with a Public Channel" Jae Hong Seo, Keita Emura IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E96A巻 11号 2282頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • On Discrete Logarithm Based Additively Homomorphic Encryption Jae Hong Seo, Keita Emura IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E96A巻 11号 2286頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Dynamic attribute-based signcryption without random oracles Keita Emura, Atsuko Miyaji, Mohammad Shahriar Rahman International Journal of Applied Cryptography 2巻 3号 199頁 2012/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A ciphertext-policy attribute-based encryption scheme with constant ciphertext length Keita Emura, Atsuko Miyaji, Kazumasa Omote, Akito Nomura, Masakazu Soshi International Journal of Applied Cryptography 2巻 1号 46頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A Timed-Release Proxy Re-Encryption Scheme Keita Emura, Atsuko Miyaji, Kazumasa Omote IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES E94A巻 8号 1682頁 2011/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A dynamic attribute-based group signature scheme and its application in an anonymous survey for the collection of attribute statistics Keita Emura, Atsuko Miyaji, Kazumasa Omote Journal of Information Processing 17巻 216頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

講演・口頭発表等

  • フォワード安全な公開鍵検索可能認証暗号の一般的構成について(会議名:第8回情報セキュリティフォーラム)(2023/12/08)
  • 公開鍵検索可能暗号の一般的構成について(会議名:第7回情報セキュリティフォーラム)(2022/12/12)
  • 準同型暗号の安全性について(会議名:第66回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI) オーガナイズドセッション 制御システムセキュリティの本質解明を目指して キーノート講演)(2022/05/18)
  • 高機能暗号と証明可能安全性(会議名:KISTEC 情報セキュリティ理解のための先端暗号技術入門 - 量子時代に向けた暗号技術の基礎と、高機能暗号、 耐量子計算機暗号の理解へ向けて-)(2021/11/30)
  • 鍵付き完全準同型暗号について(会議名:第6回情報セキュリティフォーラム)(2021/12/10)

全て表示

  • 機微データの安全な利活用に向けたセキュリティ基盤研究室の取り組み(会議名:NICTサイバーセキュリティシンポジウム2020)(2020/02/12)
  • 署名鍵有効期限付きグループ署名について(会議名:第5回情報セキュリティフォーラム)(2020/12/18)
  • 高機能暗号(会議名:KISTEC 先端暗号技術入門コース~量子コンピュータと共に変容する暗号技術の基礎と応用、開発課題~)(2020/12/01)
  • 暗号理論における ブロックチェーン(会議名:第2回ブロックチェーンセキュリティ研究会)(2020/09/25)
  • 様々な高機能暗号の理論と応用(会議名:2019年度 KISTEC教育講座)(2020/02/05)
  • Moneroで利用されているリング署名とその周辺技術(会議名:第1回ブロックチェーンセキュリティ研究会)(2019/09/13)
  • 鍵供託問題に耐性のあるID ベース暗号(会議名:第4回情報セキュリティフォーラム)(2019/12/06)
  • 標準的な仮定で安全かつスケーラブルなメンバ削除可能グループ署名とそのID管理システムへの応用(会議名:第3回情報セキュリティフォーラム)(2019/03/20)
  • 準同型暗号 ~暗号化したまま分析したいわがままなアナタヘ~(会議名:Data Ship Update Lecture)(2018/12/20)
  • グループ署名における署名ハイジャック攻撃について(会議名:金沢大学暗号理論勉強会)(2018/06/29)
  • 強いセキュリティほど望ましい? ~データの保護と利活用との両立に向けて~(会議名:宮地研究室交流会)(2018/05/18)
  • 強いセキュリティほど望ましい? ~データの保護と利活用との両立に向けて~(会議名:IPSJ-ONE)(2018/03/15)
  • Information Security: Research, Implementation and Education - The state of the art in cyber security from the viewpoint of cryptography(会議名:日本国際賞学術懇談会)(2017/04/18)
  • 暗号における鍵失効について ~暗号システムの長期利用に向けて~(会議名:宮地研究室交流会)(2017/03/03)
  • Mis-operation Resistant Homomorphic Encryption (from AsiaCCS 2017)(会議名:The 12th International Workshop on Security (IWSEC) 2017 SCIS & CSS Award Session)(2017/09/01)
  • 暗号における鍵失効について: グループ署名と ID ベース暗号の場合(会議名:金沢大学暗号理論勉強会)(2017/06/16)
  • 暗号理論の初歩: ElGamal 暗号における証明可能安全性について(会議名:金沢大学暗号理論勉強会)(2017/06/15)
  • Privacy-Preserving Aggregation of Time-Series Data with Public Verifiability from Simple Assumptions(会議名:Tokyo Crypto Day)(2017/06/02)
  • 秘密分散法とその暗号応用(会議名:北陸数論研究集会 2016)(2016/12/25)
  • 準同型暗号における準同型演算の制御についての一考察(会議名:ゲノムプライバシCREST2016年度春のワークショップ)(2016/04/09)

その他(報告書など)

  • 暗号文長の短いフォワード安全な公開鍵検索可能認証暗号 江村 恵太 コンピュータセキュリティ研究会 (CSEC) 2024/03
  • 鍵生成センタに対して安全なIDベース暗号を用いた復号時刻指定可能暗号化データ共有システム 西野 陽大, 江村 恵太 情報セキュリティ研究会(ISEC) 2024/03
  • メッセージ依存開示可能グループ署名を用いたID管理システム 井村 優斗, 江村 恵太 情報セキュリティ研究会(ISEC) 2024/03
  • 匿名 FIDO 認証の提案とその応用について 尾川 龍一, 加藤 大翔, 江村 恵太, 大東 俊博 電子情報通信学会総合大会2024 2024/03
  • ペアリングフリー検索可能公開鍵認証暗号  江村 恵太, 高安 敦 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)  2024/01

全て表示

  • 属性ベース鍵付き完全準同型暗号の一般的構成  江村 恵太, 佐藤 慎悟, 高安 敦 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)  2024/01
  • 鍵生成センタに対して安全な格子ベースIBEの実装評価 江間 俊太郎, 江村 恵太, 大東 俊博 情報通信システムセキュリティ研究会(ICSS) 2023/11
  • 属性ベース鍵付き準同型暗号の一般的構成  江村恵太, 佐藤慎悟, 高安敦 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2023/10
  • 外部匿名性を満たす放送型検索可能暗号の一般的構成 江村恵太, 梶田海成, 大竹剛 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2023/07
  • アカウントアブストラクションを利用したプライバシー保護コントラクトウォレットシステム 陳 浩太, 江村 恵太, 面 和成 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2023 2023/01
  • 準同型性を利用したサイバー攻撃に堅牢な暗号化制御系の構築 および数値的評価 宮本 将希, 江村 恵太, 小木曽 公尚 第65回 自動制御連合講演会 2022/11
  • LWE仮定に基づく適応的CCA安全な平文一致確認可能IDベース暗号の効率的な構成 淺野京一, 江村恵太, 高安敦 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2022/07
  • CCA安全な平文一致確認可能属性ベース暗号の一般的構成 淺野 京一, 江村 恵太, 高安 敦, 渡邉 洋平 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2022/10
  • 参加者情報を秘匿する非同期グループメッセージング方式 江村恵太, 梶田海成, 野島良, 小川一人, 大竹剛 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2022/01
  • 鍵付き準同型暗号の応用による制御システムの秘匿化 宮本 将希,江村 恵太,小木曽 公尚 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2022/10
  • 鍵生成センタに対して安全なIDベース暗号の実装評価 佐藤裕太, 江村恵太, 大東俊博 情報処理学会全国大会 2021/03
  • スマートコントラクトを用いたプライバシー保護集金システム 藤谷 知季, 江村 恵太, 面 和成 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2021/01
  • 深層学習を用いたSPNブロック暗号への出力予測攻撃 木村 隼人, 江村 恵太, 五十部 孝典, 伊藤 竜馬, 小川 一人, 大東 俊博 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2021/01
  • 検索可能暗号を用いた暗号化ストレージ・チャットシステムの実装評価 江村恵太, 金森祥子, 野島良, 渡邉洋平 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2021/05
  • 入札額の上限漏洩を防止した資金拘束型の封印入札オークション 陳 浩太, 江村 恵太, 佐藤 慎悟, 面 和成 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2021/10
  • 放送サービスに適したセキュアメッセージング用グループ鍵共有 梶田 海成, 江村 恵太, 小川 一人, 野島 良, 大竹 剛 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2021/10
  • 鍵生成センタに対して安全なIDベース暗号の実装評価 (第2報) 江間 俊太郎, 佐藤 裕太, 江村 恵太, 大東 俊博 電子情報通信学会ソサイエティ大会 2021/09
  • 公開鍵長が定数である完全匿名な検証者ローカル失効グループ署名 江村 恵太, 石田 愛, 坂井 祐介 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2020/01
  • NEMのブロックチェーンシステムにおける匿名信頼性付与手法の実装・評価 藤谷 知季, 江村 恵太, 面 和成 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2020/05
  • ブロックチェーンシステムにおける匿名信頼性付与手法の実装・評価 佐藤 哲平, 江村 恵太, 面 和成 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2020/01
  • Intel SGXを用いた公開検証可能な関数型暗号の構成と実装評価 鈴木達也, 江村 恵太, 面和成, 大東俊博 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2020/01
  • ブロックチェーンシステムにおける匿名トークン付与に関する一考察 佐藤 哲平, 江村 恵太, 面 和成 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2019/10
  • スケーラブルなメンバ削除可能グループ署名を用いたID管理システム 江村 恵太, 林 卓也 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2019/01
  • より効率的で適応的に安全な鍵失効機能付きIDベース暗号の構成 高安 敦, 渡邉 洋平, 江村 恵太 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2019/01
  • 鍵生成センタに対して安全なIDベース暗号 江村 恵太, 勝又 秀一, 渡邉 洋平 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2019/01
  • Strong Robustnessを有する IDベース暗号の具体的構成と実装評価 岡野 寛, 江村 恵太, 鈴木 達也, 大東 俊博 電子情報通信学会総合大会 2019/03
  • 複数キーワードをサポートしたセキュアチャネルフリー検索可能暗号の実装評価 伊藤勝彦, 江村恵太, 大東俊博 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2018/01
  • ISO/IEC 20008におけるグループ署名方式の安全性に関する考察 石田愛, 坂井祐介, 江村恵太, 花岡悟一郎, 田中圭介 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2018/01
  • まぜるな危険準同型暗号を用いた医療データに対するχ^2独立性検定 江村 恵太, 林 卓也, 陸 文傑, 盛合 志帆, 佐久間 淳, 山田 芳司 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2018/07
  • 標準的な仮定で安全かつスケーラブルなメンバ削除可能グループ署名 江村 恵太 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2018/01
  • 完全匿名性を満たす検証者ローカル失効グループ署名の一般的構成 石田 愛, 坂井 祐介, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 田中 圭介 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2017/01
  • 署名鍵有効期限付きグループ署名の効率化とその実装評価 江村 恵太, 林 卓也, 石田 愛 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2017/01
  • 公開検証可能なプライバシー保護時系列データ統計計算の実装評価 鈴木達也, 江村恵太, 木村隼人, 大東俊博 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2017/12
  • セキュアチャネルフリー検索可能暗号と公開鍵暗号との安全な併用について 鈴木 達也, 江村 恵太, 大東 俊博 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2018/07
  • 適応的安全な無効化可能属性ベース暗号の一般的構成 山田古都子, アッタラパドゥン ナッタポン, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 田中 圭介 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2017/01
  • 復号可否を指定できる属性ベース暗号 山田 古都子, Nuttapong Attrapadung, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 田中 圭介 2016年度冬のLAシンポジウム 2017/02
  • プライバシー保護異常検知フレームワーク 荒井ひろみ, 江村 恵太, 林 卓也 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2017/10
  • 公開検証可能なプライバシー保護時系列データ統計計算 江村 恵太 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2017/05
  • 期間に依存した匿名性を持つグループ署名とその路車間通信への応用 江村 恵太, 林 卓也 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2016/01
  • 素数位数群における効率的な鍵失効機能付きIDベース暗号の構成法 渡邉 洋平, 江村 恵太 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2016/10
  • セルフレス匿名性を満たすグループ署名の一般的構成 石田 愛, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 坂井 祐介, 田中 圭介, 山田 翔太 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2016/01
  • まぜるな危険準同型暗号 江村 恵太, 林 卓也, 國廣 昇, 佐久間 淳 コンピュータセキュリティシンポジウム (CSS) 2016/10
  • 検証可能暗号化準同型署名 Jae Hong Seo, 江村 恵太, 草川 恵太, 米山 一樹 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2015/01
  • 否認可能グループ署名 石田 愛, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 坂井 祐介, 田中 圭介 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2015/01
  • 開示者指定グループ署名 中川 紗菜美, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 金山 直樹, 西出 隆志, 岡本 栄司 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2015/01
  • ツケ払いに適した楽観的公平交換 Jae Hong Seo, 江村 恵太, 草川 恵太, 米山 一樹 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2015/01
  • 鍵付き準同型IDベース暗号 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 松田 隆宏, 縫田 光司, 山田 翔太 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2015/01
  • 否定に関する非対話ゼロ知識証明とその応用 石田 愛, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 坂井 祐介, 田中圭介 2014年度冬のLA シンポジウム 2015/01
  • 匿名性通信チャネルの構築 形式モデルとプロトタイプの実装 江村 恵太, 金岡 晃, 太田 悟史, 高橋 健志 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム 2014/07 査読有
  • 署名長の短い削除機能付きグループ署名 大原 一真, 坂井 祐介, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 太田 和夫 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2014/01
  • 非対話開示機能付き公開鍵暗号からの頑健な閾値暗号の一般的構成 坂井 祐介, 江村 恵太, Jacob Schuldt, 花岡 悟一郎, 太田 和夫 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2014/01
  • 証明者限定署名による個人情報漏洩を考慮したアクセスログ管理 中川 紗菜美, 江村 恵太, 坂井 祐介, 花岡 悟一郎, 小舘 亮之 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2014/01
  • ある弱いモデルの上でロバストな閾値暗号の一般的構成 坂井 祐介, 江村 恵太, Jacob Schuldt, 花岡 悟一郎, 太田 和夫 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2013/01
  • 効率的な鍵失効機能付きIDベース暗号/署名 徐 在弘,江村 恵太 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2013/01
  • 適応的選択暗号文攻撃者に対し安全な準同型暗号 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 松田 隆宏, 大竹 剛, 山田 翔太 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2012/01
  • グループ署名の安全性について 坂井 祐介, Jacob Schuldt, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 太田 和夫 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2012/01
  • フォワード安全暗号を用いたタイムリリース暗号の一般的構成の安全性証明 笠松 宏平, 松田 隆宏, 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 今井 秀樹 コンピュータセキュリティシンポジウム2011 論文集 2011巻 3号 137頁 2011/10/12
  • 公開鍵暗号における平文空間の制限の実現に向けて 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 川合 豊, 面 和成, 坂井 祐介 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2011/01
  • 匿名IDベース暗号を用いたセキュアチャネルフリー検索可能公開鍵暗号方式の一般的構成法 江村 恵太, 宮地 充子, 面 和成 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2011/01
  • メッセージ依存開示可能グループ署名と匿名掲示板への応用 江村 恵太, 花岡 悟一郎, 川合 豊, 松田 隆宏, 面 和成, 坂井 祐介 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2011/01
  • 削除機能付き匿名検証者指定署名とその応用 江村恵太, 宮地充子, 面和成 IEICE Japan Tech. Rep.,ICSS 2010 2010/11
  • 時限式プロキシ再暗号化方式とその応用 江村恵太, 宮地充子, 面和成 IEICE Japan Tech. Rep.,ICSS 2010 2010/11
  • CCA匿名性と短い署名長を持つグループ署名方式 江村恵太, 宮地充子 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) 2008/01
  • 属性ベースグループ署名と匿名統計調査への応用 江村 恵太, 宮地 充子 情報セキュリティ研究会 (ISEC) 2008/05 ④研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 効率的な削除機能を持つグループ署名 野村 奈央, 宮地 充子, 江村 恵太 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 106巻 595号 179頁 2007/03/09
  • 特定ユーザに非効率性を集中させた分散情報が選択可能な秘密分散法 江村 恵太, 野村 明人, 双紙 正和, 宮地 充子 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 106巻 595号 173頁 2007/03/09

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○暗号理論, 暗号応用, 高機能暗号,

科研費

○基盤研究(B)「サイバー攻撃対策と暗号理論で支えられるスマートコントラクト利用型自動監視技術」(2022-2024) 分担者
○基盤研究(C)「データの利活用を促進するセキュアシステムの証明可能安全性に関する研究」(2021-2025) 代表者
○基盤研究(B)「ブロックチェーンを基盤とする高信頼性を持った自律分散型監視技術」(2019-2021) 分担者
○基盤研究(C)「次世代暗号の実用化を支える新たな高度鍵更新手法の設計と安全性評価」(2016-2018) 代表者
○基盤研究(B)「第三者による安全性検証が容易な暗号技術の包括的設計手法に関する研究」(2014-2018) 分担者
○若手研究(B)「クラウド環境におけるセキュリティを確保する新たな暗号方式の提案」(2012-2015) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○情報セキュリティ D(2023)
○情報セキュリティ C(2023)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ