本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年05月07日

小川 数馬 (おがわ かずま) 教授 OGAWA Kazuma

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

新学術創成研究機構

教育分野

所属研究室等

臨床分析科学 TEL:076-234-4460 FAX:076-234-4459

学歴

【出身大学院】
京都大学 修士課程 薬学研究科 医療薬科学 2000/03 修了
京都大学 博士課程 薬学研究科 医療薬科学 2002/05 中退
【出身大学】
京都大学 薬学部 製薬化学科 1998/03 卒業
【取得学位】
修士(薬学)
博士(薬学)

職歴

京都府立医科大学 中央研究室 助手(2002/06/01-2004/01/31)
金沢大学 学際科学実験センター(2004/02/01-2007/03/31)
金沢大学 学際科学実験センター(2007/04/01-2009/03/31)
金沢大学 医薬保健研究域 薬学系(2009/04/01-)

生年月

所属学会

日本核医学会
日本薬学会
米国核医学会
欧州核医学会
日本癌学会
米国化学会
日本分子イメージング学会
日本分析化学会
日本DDS学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本核医学会研究奨励賞(2006)
○日本薬学会学術振興賞(2019)

専門分野

放射線科学、病態検査学、物理系薬学

専門分野キーワード

放射性薬剤

研究課題

新規放射性薬剤の開発

著書

論文

  • Design of radiopharmaceutical for the palliation of painful bone metastases: rhenium-186-labeled bisphosphonate derivative K. Ogawa, T. Mukai, Y. Aranoほか4名 JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS 47巻 10号 753-761頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Tc-99m-labeled long chain fatty acid derivative for myocardial imaging Y. Magata, T. Kawaguchi, K. Ogawaほか6名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 15巻 2号 389-393頁 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Control of radioactivity pharmacokinetics of 99mTc-HYNIC-labeled polypeptides derivatized with ternary ligand complexes M. Ono, Y. Arano, T. Mukai, K. Ogawaほか5名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 13巻 3号 491-501頁 2002/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and evaluation of a monoreactive DOTA derivative for indium-111-based residualizing label to estimate protein pharmacokinetics T. Mukai, S Namba, K. Ogawaほか6名 JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACOLOGY 54巻 8号 1073-1081頁 2002/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of molecular charges on renal uptake of 111In-DTPA-conjugated peptides H. Akizawa, Y. Arano, K. Ogawaほか9名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 7号 761-768頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Significance of 111In-DTPA chelate in renal radioactivity levels of 111In-DTPA-conjugated peptides H. Akizawa, Y. Arano, K. Ogawaほか8名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 4号 459-468頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 99mTc-HYNIC-derivatized ternary ligand complexes for 99mTc-labeled polypeptides with low in vivo protein binding M. Ono, Y. Arano, K. Ogawaほか6名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 3号 215-224頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Renal metabolism of 3-iodohippuryl N-maleoyl-L-lysine (HML)-conjugated Fab fragments Y. Fujioka, Y. Arano, K. Ogawaほか8名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 12巻 2号 178-185頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Plasma protein binding of 99mTc-labeled hydrazino nicotinamide derivatized polypeptides and peptides M. Ono, Y. Arano, K. Ogawaほか10名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 28巻 2号 155-164頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Technetium-99m-labeled medium-chain fatty acid analogues metabolized by β-oxidation: radiopharmaceutical for assessing liver function N. Yamamura, Y. Magata, K. Ogawaほか4名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 10巻 3号 386-394頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intracellular metabolic fate of radioactivity after injection of technetium-99m-labeled hydrazino nicotinamide derivatized proteins M. Ono, Y. Arano, K. Ogawaほか6名 BIOCONJUGATE CHEMISTRY 10巻 3号 1999頁 1999/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The integrity of the disulfide bond in a cyclic somatostatin analog during 99mTc complexation reactions T. Uehara, Y. Arano, K. Ogawaほか9名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 26巻 8号 883-890頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Species difference in radioactivity elimination from liver parenchymal cells after injection of radiolabeled proteins T. Mukai, Y. Arano, K. Ogawaほか6名 NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 26巻 3号 281-289頁 1999/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a rhenium-186-labeled MAG3 conjugated bisphosphonate for the palliation of metastatic bone pain based on the concept of bifunctional radiopharmaceuticals. BIOCONJUGATE CHEMISTRY 16巻 4号 751-757頁 2005/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Rhenium-186-monoaminemonoamidedithiols conjugated bisphosphonate derivatives for bone pain palliation. NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 33巻 4号 513-520頁 2006/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a novel technetium-99m-chelate-conjugated bisphosphonate with high affinity for bone as a bone scintigraphic agent. 47巻 12号 2042-2047頁 2006/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic effects for the palliation of metastatic bone pain of a rhenium-186 complex-conjugated bisphosphonate in an animal model. 48巻 1号 122-127頁 2007/01 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of competitive inhibitors of protein binding for improving the pharmacokinetics of 186Re-MAG3-conjugated bisphosphonate (186Re-MAG3-HBP), an agent for treatment of painful bone metastases EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE 36巻 1号 115-121頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of 90Y-DOTA conjugated bisphosphonate for treatment of painful bone metastases. 36巻 2号 129-135頁 2009/02 査読有 原著論文
  • Decreasing undesirable absorbed radiation to the intestine after administration of radium-223 dichloride for treatment of bone metastases. Scientific reports 10巻 1号 11917頁 2020/07/17 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Fundamental Evaluation of Radioiodinated Rociletinib (CO-1686) as a Probe to Lung Cancer with L858R/T790M Mutations of Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR). Molecules (Basel, Switzerland) 25巻 12号 2020/06/24 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Development of radiolabeled bis(zinc(II)-dipicolylamine) complexes for cell death imaging Miho Aoki,Akira Odani,Kazuma Ogawa Annals of Nuclear Medicine 33巻 5号 317頁 2019/05 査読有 
  • Preliminary Evaluation of Astatine-211-Labeled Bombesin Derivatives for Targeted Alpha Therapy Chemical and Pharmaceutical Bulletin 68巻 6号 538頁 2020/06/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Development of a novel radiobromine-labeled sigma-1 receptor imaging probe Nuclear Medicine and Biology 61巻 28頁 2018/06/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Syntheses and evaluation of a homologous series of aza-vesamicol as improved radioiodine-labeled probes for sigma-1 receptor imaging Kazuma Ogawa,Ryohei Masuda,Kenji Mishiro,Mengfei Wang,Takashi Kozaka,Kazuhiro Shiba,Seigo Kinuya,Akira Odani Bioorganic & Medicinal Chemistry 27巻 10号 1990頁 2019/05 査読有 
  • Thallium-201 Imaging in Intact Olfactory Sensory Neurons with Reduced Pre-Synaptic Inhibition In Vivo. Molecular neurobiology 2020/08/20 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Postconditioning Accelerates Myocardial Inflammatory Resolution Demonstrated by 14C-methionine Imaging and Attenuates Ventricular Remodeling after Ischemia and Reperfusion. J. Taki, A. Inaki, H. Wakabayashi, I. Matsunari, K. Imanaka-Yoshida, K. Ogawa, M. Hiroe, K. Shiba, S. Kinuya.  Circulation Journal 83巻 2520-2526頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • L-type amino acid transporter LAT1 regulates osteoclastogenesis and bone homeostasis through the mTORC1 pathway. K. Ozaki, T. Yamada, T. Horie, A. Ishizaki, M. Hiraiwa, T. Iezaki, G. Park, K. Fukasawa, H. Kamada, K. Tokumura, M. Motono, K. Kaneda, K. Ogawa, H. Ochi, S. Sato, Y. Kobayashi, Y. Shi, P.M. Taylor, E. Hinoi. Science Signaling 12巻 eaaw3921頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 20S Proteasome Inhibitory Activity of [N-(9-Anthracenylmethyl)-1,3-propanediamine] (2,2’-Bipyridine) Palladium(II) Chloride. T. Kiwada, H. Takayama. H. Katakasu, K. Ogawa, A. Odani. Chem Lett 48巻 936-938頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New coordination compounds of citric acid and polyamines with lanthanide ions - potential application in monitoring the treatment of cancer diseases. M. Zabiszaka, M. Nowaka, M. Gabryela, K. Ogawa, M. Kaczmareka, Z. Hnatejkoa, R. Jastrzab.  J Inorg Biochem 198巻 110715頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of diagnostic and therapeutic probes with controlled pharmacokinetics for use in radiotheranostics. K. Ogawa Chem Pharm Bull 67巻 897-903頁 2019 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Syntheses and evaluation of a homologous series of aza-vesamicol as improved radioiodine-labeled probes for sigma-1 ireceptor imaging.  K. Ogawa, R. Masuda, K. Mishiro, M. Wang, T. Kozaka, K. Shiba, S. Kinuya, A. Odani. Bioorg Med Chem 27巻 1990-1996頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A platinum functional porphyrin conjugate: an excellent cancer killer for photodynamic therapy. X. Hu, K. Ogawa, S. Li, T Kiwada, A. Odani.  Bull Chme Soc Jap 92巻 790-796頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of radiolabeled bis(zinc(II)-dipicolylamine) complexes for cell death imaging.  M. Aoki, A. Odani, K. Ogawa. Ann Nucl Med 33巻 317-325頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fundamental study of radiogallium-labeled aspartic acid peptides introducing octreotate derivatives.  A. Ishizaki, K. Mishiro, K. Shiba, H. Hanaoka, S. Kinuya, A. Odani, K. Ogawa. Ann Nucl Med 33巻 4号 244-251頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Radiotheranostics with radiolanthanides: designs, development strategies, and medical applications.  Coordination Chemistry Reviews 383巻 104-131頁 2019 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • The Potential of The Vesicular Acetylcholine Transporter (VAChT) Imaging Using Radiolabeled o-Bromo-trans-decalinvesamicol (OBDV) as a New PET Ligand. Synapse 68巻 10号 445-453頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and evaluation of an astatine-211-labeled sigma receptor ligand for alpha radionuclide therapy. K. Ogawa, Y. Mizuno, K. Washiyama, K. Shiba, N. Takahashi, T. Kozaka, S. Watanabe, A. Shinohara, A. Odani Nucl Med Biol 42巻 11号 875-879頁 2015 査読有
  • Radiogallium complex-conjugated bifunctional peptides for detecting primary cancer and bone metastases simultaneously. K. Ogawa, J. Yu, A. Ishizaki, M. Yokokawa, M. Kitamura, Y. Kitamura, K. Shiba, A. Odani Bioconjug Chem 26巻 8号 1561-1570頁 2015 査読有
  • Well-designed bone-seeking radiolabeled compounds for diagnosis and therapy of bone metastases. K. Ogawa, A. Ishizaki Biomed Res Int 2015 査読有 総説
  • Development of radiopharmaceuticals for diagnosis and therapy of metastatic bone cancer Yakugaku Zasshi 132巻 10号 1151-1157頁 2012/10/30 
  • Molecular imaging of active mutant L858R EGF receptor (EGFR) kinase-expressing nonsmall cell lung carcinomas using PET/CT Yeh, Hsin Hsien;Ogawa, Kazuma;Balatoni, Julius;Mukhapadhyay, Uday;Pal, Asutosh;Gonzalez-Lepera, Carlos;Shavrin, Aleksandr;Soghomonyan, Suren;Flores, Leo, II;Young, Daniel;Volgin, Andrei Y.;Najjar, Amer M.;Krasnykh, Victor;Tong, William;Alauddin, Mian M.;Gelovani, Juri G. PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 108巻 4号 1603-1608頁 2011
  • Development of Radiopharmaceuticals for Diagnosis and Therapy of Metastatic Bone Cancer Ogawa, Kazuma YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN 132巻 10号 1151-1157頁 2012
  • Radiolabeled apoptosis imaging agents for early detection of response to therapy Scientific World Journal 2014巻 2014/01/01 
  • Effect of postconditioning on dynamic expression of tenascin-C and left ventricular remodeling after myocardial ischemia and reperfusion.  J. Taki, A. Inaki, H. Wakabayashi, I. Matsunari, K. Imanaka-Yoshida, K. Ogawa, M. Hiroe, K. Shiba, T. Yoshida, S. Kinuya EJNMMI Research 5巻 2015 査読有
  • Design, synthesis, and biological evaluation of radioiodinated benzo[d]imidazole-quinoline derivatives for platelet-derived growth factor receptor β (PDGFRβ) imaging. Bioorg Med Chem 27巻 383-393頁 2019
  • Hollow submicron spheres fabricated from cyanoacrylate instant adhesive Materials Letters 131巻 310-312頁 2014/09/15 
  • Radiotheranostics coupled between an At-211 labeled RGD peptide and a corresponding radioiodine labeled RGD peptide. ACS Omega 4巻 4584-4591頁 2019
  • Radiobrominated benzimidazole-quinoline derivatives as Platelet-derived growth factor receptor beta (PDGFRβ) imaging probes. Sci Rep 8巻 10369頁 2018
  • Complexes of myo-inositol-hexakisphosphate (InsP6) with zinc or lanthanum to enhance excretion of radioactive strontium from the body. PLoS ONE 13巻 4号 e0195067頁 2018
  • Comparison of radioiodine- or radiobromine-labeled RGD peptides between direct and indirect labeling methods. Chem Pharm Bull 66巻 6号 651-659頁 2018
  • In vivo imaging of altered histone deacetylases activity in chemotherapy-induced neurotoxicity using 6-([18F]fluoroacetamido)-1-hexanoicanilide PET. Contrast Media & Molecular Imaging 2018巻 Article ID 3612027頁 2018

講演・口頭発表等

  • Chlorella as a decorporation agent to enhance the elimination of radioactive elements. (会議名:The 6th International Conference on Food Factors)(2015)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○金属錯体およびこれを含有する抗癌剤 (公開年月:2016/05/12)

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「MMP-2を標的とした体内動態化学制御型の新規腫瘍核医学診断薬剤の開発」(2004-) 代表者
○若手研究(B)「新規アポトーシスイメージング剤による癌・虚血再灌流障害治療効果超早期診断法の確立」(2006-) 代表者
○若手研究(B)「新規放射性薬剤を用いた包括的転移性骨腫瘍診断治療法の確立を目指した研究」(2009-) 代表者
○若手研究(B)「革新的癌診断治療システムの開発研究-骨腫瘍診断治療からDDSへ」(2011-2012) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「癌の原発巣、造骨性・溶骨性骨転移の同時診断治療を可能とする放射性薬剤の開発研究」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「心筋梗塞後の病態変化と左室リモデリングに関する生体シグマ-1受容体イメージング」(2020-2022) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「放射性金属を用いた包括的な腫瘍診断・治療薬剤の開発研究」(2020-2022) 分担者
○基盤研究(B)(一般)「高リスク化学療法不応性神経芽腫に対する新治療戦略の開発」(2019-2021) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「放射性ハロゲンを用いた包括的癌診断・治療法(ラジオセラノスティクス)の確立」(2018-2020) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2009-2009) 研究 癌の分子イメージングによる包括的癌診断・治療法の確立 北國がん基金
○競争的資金(学外) (2010-2011) 研究 PET分子イメージングによる癌骨転位の包括的診断治療法の確立 テルモ科学技術振興財団
○競争的資金(学外) (2016-2016) 研究 がんのセラノスティクスを目的とした分子プローブ開発研究 第30回北國がん基金
○競争的資金(学外) (2012-2012) 研究 PETイメージング診断に基づいた精神神経疾患のオーダーメイド治療システムの確立を目指した研究 松原三郎記念精神医学育成基金
○競争的資金(学外) (2015-2016) 研究 PETと内用療法のカップリングによる包括的癌診断治療研究 第30回基礎医学医療研究助成金 金原一郎記念医学医療振興財団
○競争的資金(学外) (2014-2014) 研究 癌の骨転移と原発巣の同時診断・治療を可能とする多機能性放射性薬剤の開発研究 第26回佐川がん研究助成
○競争的資金(学外) (2020-2020) 研究 アルファ線治療を包括したラジオセラノスティクス用プローブ開発  三谷助成開発支援財団 支援対象研究
○競争的資金(学外) (2018-2019) 研究 膵癌の包括的診断・治療を目指したラジオセラノスティクス用プローブ開発 日本膵臓病研究財団 膵臓病研究奨励賞
○競争的資金(学外) (2018-2019) 研究 PETイメージング心筋機能評価と脂質関連分子の作用機序解明 鈴木謙三記念医科応用研究財団調査研究助成金
○競争的資金(学外) (2018-2019) 研究 がんの個別化医療を目指した分子イメージング研究 テルモ生命科学芸術財団研究開発助成

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

○高性能アポトーシスイメージング薬剤の開発 少子高齢化先進国としての持続性確保 ライフイノベーション 創薬

学域・学類担当授業科目

○分析化学I(2019)
○臨床検査学(2019)
○分析化学Ⅱ(2019)
○無機薬化学(2019)
○環境物理分析科学(2019)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2019)
○ラボローテーションⅢ(2019)
○分析化学Ⅱ(2018)
○臨床検査学(2018)
○無機薬化学(2018)
○環境物理分析科学(2018)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2018)
○ラボローテーションⅢ(2018)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○無機薬化学(2017)
○分析化学Ⅱ(2017)
○環境物理分析科学(2017)
○臨床検査学(2017)
○環境物理分析科学(2016)
○無機薬化学(2016)
○臨床検査学(2016)
○分析化学Ⅱ(2016)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2016)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2015)
○分析化学Ⅱ(2015)
○臨床検査学(2015)
○無機薬化学(2015)
○環境物理分析科学(2015)
○分析化学Ⅱ(2014)
○臨床検査学(2014)
○測定法と分析法を学ぶⅠ(2014)
○無機薬化学(2014)

大学院担当授業科目

○ファーマケミストリー特論(2019)
○ファーマケミストリー概論(2019)
○ファーマケミストリー特論(2018)
○ファーマケミストリー概論(2018)
○画像診断学:薬学の見地から(2017)
○ファーマケミストリー概論(2017)
○大学院有機化学III(2017)
○ファーマケミストリー特論(2017)
○生物無機化学(2017)
○有機量子化学(2017)
○ファーマケミストリー先端セミナー(2017)
○生体機能分析科学(2016)
○生体機能分析科学(2015)
○画像診断学:薬学の見地から(2015)
○分子イメージング学(2014)
○放射線科学(2014)
○生体機能分析科学(2014)
○創薬科学基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ