本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年11月10日

吉田 栄人 (よしだ しげと) 教授 YOSHIDA Shigeto

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 創薬科学類
医薬保健学域 薬学類
【大学院前期課程】

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻

所属研究室等

ワクチン・免疫科学研究室 TEL:076-234-4463 FAX:076-234-4464

学歴

【出身大学】
北海道大学 理学部
【取得学位】
博士(理学)
博士(医学)

職歴

自治医科大学 医学部 助手(1997/01/01-)
自治医科大学 医学部 准教授(2000/04/01-)
金沢大学 医薬保健研究域薬学系(2010/10/01-)

生年月

1961年04月

所属学会

日本寄生虫学会 評議委員
日本熱帯医学会 評議委員
日本ウイルス学会
日本衛生動物学会

学内委員会委員等

○金沢大学医学倫理審査委員会 委員(2020-2021)
○大学教育再生加速プログラム実務委員 委員(2020-2021)
○FD委員会 委員(2020-2021)
○外国人料学生奨学生候補者等選考WG 委員(2020-2021)
○大学教育再生加速プログラム実務委員会委員 委員(2020-2021)
○建物・情報システム管理委員会 委員(2020-2021)
○図書館委員会 委員(2020-2021)
○金沢大学医学倫理審査委員会(薬学専門委員会) 委員長(2020-2021)
○学術・情報委員会 委員長(2019-2021)
○教育方法改善委員会 委員長(2018-2021)
○点検評価委員会 委員(2019-2021)
○FD委員会 委員(2018-2019)
○派遣留学選考WG 委員(2018-2019)
○外国人留学生奨学生候補者選考WG 委員(2018-2019)
○教育方法改善委員会 委員(2018-2018)
○教育・研究災害防止対策委員会 委員長(2017-2017)
○大学院入試委員会 委員長(2017-2018)
○実習委員会 委員長(2016-2017)
○大学院入試委員会 委員(2016-2017)
○大学院教務・学生生活委員会 委員(2016-2017)
○派遣留学生選考WG 委員(2016-2018)
○FD委員会 委員(2015-2017)
○教育企画会議専門委員会 委員(2015-2017)
○共通教育委員会 委員(2015-2017)
○イノベーション推進機構 産学連携コーディネーター 委員(2015-2017)
○教育方法改善委員会 委員長(2015-2016)

受賞学術賞

○日本熱帯医学会 研究奨励賞(2000/10/20)

専門分野

寄生虫学(含衛生動物学)、ウイルス学、免疫学、血液内科学

専門分野キーワード

ワクチン、マラリア、ハマダラカ、抗血小板薬

研究課題

非感染性ウイルスベクターを用いた新規マラリアワクチンの開発研究

マラリア原虫による宿主免疫攪乱が起因するワクチン効果の脆弱化メカニズムの解明

トランスジェニック蚊を用いたマラリア原虫—唾液腺の相互作用の解明

蚊唾液由来のコラーゲンを標的とした新規血小板凝集阻害分子の抗血小板薬開発研究

著書

論文

  • A Viral-Vectored Multi-Stage Malaria Vaccine Regimen With Protective and Transmission-Blocking Efficacies.   Yusuf Y, Yoshii T, Iyori M, Mizukami H, Fukumoto S, Yamamoto DS, Emran TB, Amelia F, Islam A, Syafira I, Yoshida S.  Front Immunol  10号 2412頁 2019/10/15 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adeno-associated virus as an effective malaria booster vaccine following adenovirus priming.  Yusuf Y, Yoshii T, Iyori M, Yoshida M, Mizukami H, Fukumoto S, Yamamoto DS, Alam A, Emran TB, Amelia F, Islam A, Otsuka H, Takashima E, Tsuboi T, Yoshida S. Front Immunol (in press) 2019/04/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Down-selecting circumsporozoite protein-based malaria vaccine: a comparison of malaria sporozoite challenge model Amelia F, Iyori M, Emran TB, Yamamoto DS, Genshi K, Otsuka H, Onoue Y, Yusuf Y, Islam A, Yoshida S. Parasite Immunol  2019/03/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anopheline antiplatelet protein from mosquito saliva regulates blood feeding behavior. Islam A, Emran TB, Yamamoto DS, Iyori M, Amelia F, Yusuf Y, Yamaguchi R, Alam MS, Silveira H, Yoshida S.  Sci Rep 2019/02/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Baculovirus-Induced Fast-Acting Innate Immunity Kills Liver-Stage Plasmodium Emran, T. B. Iyori, M. Ono, Y. Amelia, F. Yusuf, Y. Islam, A. Alam, A. Tamura, M. Ogawa, R. Matsuoka, H. Yamamoto, D. S. Yoshida, S. J Immunol 201巻 8号 2441-2451頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Adenovirus-prime and baculovirus-boost heterologous immunization achieves sterile protection against malaria sporozoite challenge in a murine model Scientific Reports 8巻 1号 3896頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Protective efficacy of an IL-12-expressing baculoviral malaria vaccine Parasite Immunol 39巻 12号 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DAF-shielded baculovirus-vectored vaccine enhances protection against malaria sporozoite challenge in mice Iyori, M. Yamamoto, D. S. Sakaguchi, M. Mizutani, M. Ogata, S. Nishiura, H. Tamura, T. Matsuoka, H. Yoshida, S. Malar J 16巻 1号 390頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Plasmodium berghei circumvents immune responses induced by merozoite surface protein 1- and apical membrane antigen 1-based vaccines PLoS ONE 5号 e13727頁 2010/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional immunogenicity of baculovirus expressing Pfs25, a human malaria transmission blocking vaccine candidate antigen Mlambo G, Kumar N, Yoshida S Vaccine 28号 7025-9頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intranasal and intramuscular immunization with Baculovirus Dual Expression System-based Pvs25 vaccine substantially blocks Plasmodium vivax transmission Blagborough AM, Yoshida S, Sattabongkot J, Tsuboi T, Sinden RE Vaccine 28号 6014-20頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Baculovirus-based nasal drop vaccine confers complete protection against malaria by natural boosting of vaccine-induced antibodies in mice Yoshida S, Araki H, Yokomine T Infect Immun 78号 595-602頁 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Flying Vaccinator; a transgenic mosquito delivers a Leishmania vaccine via blood feeding Yamamoto DS, Nagumo H, Yoshida S Insect Mol Biol 2010/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Baculovirus Dual Expression System-based malaria vaccine induces strong protection against Plasmodium berghei sporozoite challenge in mice Yoshida S, Kawasaki M, Hariguchi N, Hirota K, Matsumoto M Infect Immun 77号 1782-9頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of collagen-induced platelet aggregation by anopheline anti-platelet protein, a saliva protein from a malaria vector mosquito Yoshida S, Sudo T, Niimi M, Tao L, Sun B, Kambayashi J, Watanabe H, Enjou L, Matsuoka H Blood 111号 2007-14頁 2008/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hemolytic C-type lectin CEL-III from sea cucumber expressed in transgenic mosquitoes impairs malaria parasite development Yoshida S, Shimada Y, Kondoh D, Kouzuma Y, Ghosh AK, Jacobs-Lorena M, Sinden RE PLoS Pathog 3号 e192頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Robust salivary gland-specific transgene expression in Anopheles stephensi mosquito Yoshida S, Watanabe H Insect Mol Biol 15号 403-10頁 2006/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • T cell activation and cytokine production via a bispecific single-chain antibody fragment targeted to blood-stage malaria parasites Yoshida S, Kobayshi T, Matsuoka H, Seki C, Gosnell WL, Chang SP, Ishii A Blood 101号 2300-6頁 2003/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Baculovirus virions displaying Plasmodium berghei circumsporozoite protein protects mice against malaria sporozoite infection Yoshida S, Kondoh D, Arai E, Matsuoka H, Seki C, Tanaka T, Okada M, Ishii A Virology 316号 161-70頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct immunization into the liver by gene gun protects against lethal challenge of Plasmodium berghei sporozoite 8. Yoshida S, Kashiwamura S, Hosoya Y, Luo E, Matsuoka H, Ishii A, Fujimura A, Kobayashi E Biochem Biophys Res Commun 271号 107-5頁 2000/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A single-chain antibody fragment specific for the Plasmodium berghei ookinete protein Pbs21 confers transmission blockade in the mosquito midgut Yoshida S, Matsuoka H, Luo E, Iwai K, Arai M, Sinden, RE, Ishii A Mol Biochem Parasitol 104号 195-204頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of therapeutic and prophylactic vaccine against Tuberculosis using monkey and transgenic mice models Hum Vaccin  7号 108-114頁 2011 査読有 原著論文
  • DAF-shielded baculovirus-vectored vaccine enhances protection against malaria sporozoite challenge in mice Malaria J 16巻 1号 390頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel therapeutic vaccine: granulysin and new DNA vaccine against Tuberculosis. Hum Vaccin  7巻 Suppl号 6-7頁 査読有
  • Novel prophylactic vaccine using a prime-boost method and hemagglutinating virus of Japan-envelope against tuberculosis. Clin Dev Immunol 2011号 1-11頁 2011 査読有 原著論文
  • Identification of the active region responsible for the anti-thrombotic activity of anopheline anti-platelet protein from a malaria vector mosquito Platelets 24号 324-332頁 2013 査読有 原著論文
  • Protective efficacy of baculovirus dual expression system vaccine expressing Plasmodium falciparum circumsporozoite protein.  PLoS ONE 8巻 e号 70819頁 2013 査読有 原著論文
  • The crystal structure of the active domain of Anopheles anti-platelet protein, a powerful anti-coagulant, in complex with an antibody. J  J Biol Chem  289号 16303-16312頁 2014 査読有 原著論文
  • Baculovirus-vectored multistage Plasmodium vivax vaccine induces both protective and transmission-blocking immunities against transgenic rodent malaria parasites. Infect Immun 82号 4348-4357頁 2014 査読有 原著論文
  • Reduction of malaria transmission by transgenic mosquitoes expressing an anti-sporozoite antibody in their salivary glands Insect Mol Biol 22号 41-51頁 2013 査読有 原著論文
  • Visualization and live imaging analysis of a mosquito saliva protein in host animal skin using a transgenic mosquito with a secreted luciferase reporter system.  Insect Mol Biol. 22号 685-693頁 2013 査読有 原著論文
  • The Plasmodium berghei sexual stage antigen PSOP12 induces anti-malarial transmission blocking immunity both in vivo and in vitro  Vaccine  33号 437-445頁 2015 査読有 原著論文
  • Malaria sporozoite protein expression enhances baculovirus-mediated gene transfer to hepatocytes. J Gene Med 18号 75-85頁 2016 査読有 原著論文
  • Induction of antisporozite antibodies by biting of transgenic Anopheles stephensi delivering malarial antigen via blood feeding.  Insect Mol Biol. 21号 223-233頁 2012 査読有 原著論文
  • Development of a Plasmodium berghei transgenic parasite expressing the full-length Plasmodium vivax circumsporozoite VK247 protein for testing vaccine efficacy in a murine model. Malaria J.  15:251-8頁 2016 原著論文

講演・口頭発表等

  • A viral-vectored multi-stage malaria vaccine regimen with protective and transmission-blocking efficacies(会議名:4th Global Conference and Expo on Vaccines Research & Development)(2020/02/10)
  • The mechanism of PfCSP-based malaria vaccines and its application to the viral vectored vaccine platform. (会議名:17th International Congress of Immunology. )(2019/10/19)
  • 強力な抗肝臓期マラリア原虫効果を発揮する自然免疫応答(会議名:第74回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2018/10/13)
  • 組換えワクシニアウイルスLC16m8Δのマラリアワクチンとしての新規アプローチ(会議名:第74回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2018/10/13)
  • バキュロウイルス投与による肝臓期マラリア原虫の殺傷メカニズムに関する研究(会議名:第74回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2018/10/13)

全て表示

  • 感染症媒介蚊由来唾液タンパクの種間比較(会議名:第74回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2018/10/13)
  • 組換えワクシニアウイルスLC16m8Δを基盤としたマラリアワクチンの感染防御効果の検討 (II)(会議名:第74回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2018/10/13)
  • 肝臓期マラリア原虫を完全排除可能な非感染性ウイルスベクターに関する研究(会議名:第74回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2018/10/13)
  • Baculovirus-induced innate immunity confers complete protection against Plasmodium pre-erythrocytic stage parasites (会議名:14th International congress of parasitology (ICOPA 2018))(2018/08/24)
  • Development of a novel malaria vaccine based on heterologous prime-boost immunization regimen using adenovirus and adeno-associated virus vectors (会議名:14th International congress of parasitology (ICOPA 2018))(2018/08/24)
  • 唾液タンパクAAPPを欠損したトランスジェニックハマダラカの吸血行動の著しい制約(会議名:第70回日本衛生動物学会)(2018/05/11)
  • マラリアワクチン開発を基盤とした新規感染用ワクチンプラットフォームの創出―非感染性バキュロウイルスナノ粒子ワクチンスステムの開発研究- (会議名:H27年度小児医学研究振興財団研究助成金受賞者)(2018/04/28)
  • ウイルスベクターを基盤としたマラリアワクチンの開発(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/25)
  • 組換えワクシニアウイルス LC16m8Δ のマラリアワクチン効果(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/25)
  • アデノ随伴ウイルスベクターを用いたマラリアワクチン開発研究(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/25)
  • ウイルスベクターと組換えタンパクを組み合わせたマラリアワクチンの開発研究(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/25)
  • アデノウイルスとアデノ随伴ウイルス用いたheterologous prime-boost immunization によるマラリアワクチンの開発研究(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/25)
  • コラーゲン誘導性血小板凝集阻害活性を有するハマダラカ唾液タンパク AAPP の機能を喪失すると吸血行動が制限される(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/25)
  • マラリア PfCSP タンパクのワクチン抗原としての免疫原性および感染防御効果の検討(会議名:日本薬学会第138年会)(2018/03/25)
  • Development of viral-vectored Plasmodium vivax circumsporozoite vaccines and its evaluation system in a murine model(会議名:第73回寄生虫学会西日本支部大会)(2017/10/14)
  • Evaluation of the immunogenicity and vaccine efficacy of recombinant truncated protein PfCSP region in a murine malaria model(会議名:第73回寄生虫学会西日本支部大会)(2017/10/14)
  • Transgene mediated inhibition of collagen-induced platelet aggregation by Anopheline Anti-Platelet Protein regulates probing time and blood feeding success in malaria vector mosquito Anopheles stephensi(会議名:第73回寄生虫学会西日本支部大会)(2017/10/14)
  • Transgene mediated inhibition of collagen-induced platelet aggregation by Anopheline Anti-Platelet Protein, regulates probing time and blood feeding success in malaria vector mosquito Anopheles stephensi(会議名:第35回北陸病害動物研究会 )(2017/07/01)
  • Protective efficacy of viral vectored Plasmodium falciparum malaria vaccines by the prime-boost immunization regimen(会議名:第86回日本寄生虫学会)(2017/05/28)
  • P. falciparum multistage viral-vectored vaccines effective for both sporozoite(会議名:第86回日本寄生虫学会)(2017/05/22)
  • インドネシア人における蚊唾液タンパクに対する抗体価とマラリア感染. (会議名:第66回日本衛生動物学会大会)(2014/03/21)
  • 赤血球期マウスマラリア感染における従来型樹状細胞の減少はI型、II型インターフェロン依存的細胞死である (会議名:第83回日本寄生虫学会大会)(2014/03/27)
  • 非感染性ウイルスベクターを用いたマルチステージ三日熱マラリアワクチンの開発研究 (会議名:第83回日本寄生虫学会大会)(2014/03/27)
  • 虫のなかのムシのお話:Genetic modification (GM) ハマダラカの唾液腺内のマラリア原虫の動態のin vivo イメージング (会議名:第69回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2013/10/19)
  • 免疫制御因子発現型バキュロウイルスベクターによるマラリアワクチンの開発研究 (会議名:第69回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2013/10/19)
  • 次世代ワクチンプラットフォームの開発研究 (会議名:薬学シンポジウム2013)(2013/11/27)
  • Differential antibody response to the Anopheles stephensi AAPP and Plasmodium antigens in individuals naturally exposed to bites of afrotropical malaria vectors (会議名:第64回米国熱帯医学会)(2015/10/25)
  • Efficient gene delivery into hepatic cells mediated by recombinant baculovirus vectors expressing malaria sporozoite antigens. (会議名:第37回日本分子生物学会年会)(2014/11/25)
  • Potential role of serine protease PfSUB3 for Plasmodium falciparum parasite (会議名:第85回日本寄生虫学会)(2016/03/20)
  • Plasmodium falciparum CSP vaccine based on a heterologous adenoviru-sprime and baculovirus-boost immunization regimen confers sterile protection against transgenic P.berghei sporozoite challenge (会議名:The U.S.‐Japan Cooperative Medical Sciences Program Presents the 19th International Conference on Emerging Infectious Diseases (EID))(2017/02/07)
  • インドネシア人血清を用いた蚊唾液タンパクに対する抗体価評価法の開発 (会議名:第32回北陸病害動物研究会)(2014/06/21)
  • "抗蚊唾液抗体価を用いたマラリア疫学調査の新規評価法の開発 –インドネシア介入試験時の季節的変動-" (会議名:第67回日本衛生動物学会大会)(2015/03/28)
  • 感染防御-伝播阻止の両機能を搭載した三日熱マラリア2価ワクチンの開発 (会議名:第22回分子寄生虫学ワークショップ/第12回分子寄生虫・マラリア研究フォーラム合同大会)(2014/08/31)
  • 補体抵抗性因子発現型バキュロウイルスベクターを用いたマラリアワクチンに関する研究 (会議名:第70回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2014/10/18)
  • バキュロウイルスベクターを用いた三日熱マラリアマルチステージワクチンの開発研究 (会議名:第70回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2014/10/18)
  • マラリア原虫のハマダラカ唾液腺侵入機構にせまる (会議名:第70回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2014/10/18)
  • 抗蚊唾液抗体価を用いたマラリア疫学調査の新規評価法の開発 –インドネシア介入試験前のベースライン抗体価の調査- (会議名:第69回日本衛生動物学会西日本支部大会)(2014/11/08)
  • 新規肝細胞特異的遺伝子導入法の開発—マラリア原虫の肝臓侵入メカニズムを利用したベクタープラットフォーム構築への試み— (会議名:日本薬学会北陸支部第126回例会)(2014/11/16)
  • 蚊唾液タンパクに対する抗体価を用いた新規マラリア疫学調査法の開発 (会議名:第84回日本寄生虫学会大会)(2015/03/22)
  • バキュロウイルスを基盤とした新型マラリアワクチンの開発研究 (会議名:第23回病害動物の生理分子生物談話会)(2015/03/27)
  • "トランスジェニック蚊 -新たなマラリアベクターコントロールに向けての挑戦-" (会議名:第67回日本衛生動物学会大会)(2015/03/28)
  • マラリア媒介蚊唾液由来 AAPP の抗血小板凝集阻害活性の機能解析 (会議名:第67回日本衛生動物学会大会)(2015/03/28)
  • 「動画で見る病害動物」 ハマダラカ内のマラリア原虫を可視化する (会議名:第33回北陸病害動物研究会)(2015/06/13)
  • 高速原子間力顕微鏡を用いたハマダラカ由来唾液タンパク観察の試み (会議名:第33回北陸病害動物研究会)(2015/06/13)
  • 補体抵抗性バキュロウイルスの作成とその評価 (会議名:日本薬学会北陸支部第127回例会)(2015/11/15)
  • 組織標的性を持つ遺伝子導入ベクターとしての次世代バキュロウイルスの開発 (会議名:第38回日本分子生物学会年会)(2015/12/04)
  • A hybrid Plasmodium falciparum malaria vaccine based on adenovirus-prime and baculovirus-boost immunization regimen. (会議名:第14回松山国際学術シンポジウム)(2016/09/15)
  • アデノウイルスベクターとバキュロウイルスベクターを用いた新規ワクチンプラットフォームによる熱帯熱マラリアワクチンの開発 (会議名:第72回日本寄生虫学会西日本支部大会)(2016/10/15)
  • A hybrid Plasmodium falciparum malaria vaccine based on adenovirus-prime and baculovirus-boost immunization regimen (会議名:第58回日本熱帯医学会大会)(2016/11/05)
  • 次世代マラリアワクチンの開発と創薬研究 (会議名:平成27年度 第2回大学院活性化講演会)(2015/12/17)
  • マラリア媒介蚊の唾液タンパクを基盤とした創薬研究 (会議名:平成27年度 第3回生体応答科学研究セミナー)(2015/12/18)
  • Baculovirus-induced innate immunity confers 100% protection against sporozoite challenge in a mouse model (会議名:第85回日本寄生虫学会)(2016/03/20)
  • Antibody response against the Anopheles salivary gland protein reflects Plasmodium falciparum infection during the rainy season in Indonesia (会議名:第85回日本寄生虫学会)(2016/03/20)
  • 蚊唾液タンパクの能動免疫によるネズミマラリア原虫に対する感染防御効果 (会議名:第68回日本衛生動物学会)(2016/04/16)
  • Vectored PfCSP Vaccines based on Baculovirus Dual Expression System and AdHu5 induce Strong Protective Efficacy against Transgenic Plasmodium berghei (会議名:第65回米国熱帯医学会)(2016/11/13)
  • 超高齢社会に求められる新しいコンセプトの抗血小板薬の開発研究 (会議名:日本薬学会北陸支部第128回例会)(2016/11/27)

その他(報告書など)

  • ハマダラ唾液蛋白質を用いた抗血小板薬の創薬研究-マラリア研究で発見された分子を先進国高齢者の創薬に?! 吉田 栄人 週刊 医学のあゆみ 259号 1175-1180頁 2016/12/24 ⑮その他

芸術・フィールドワーク

特許

○肝臓特異的組換えバキュロウイルス及び肝臓疾患治療剤(公開年月:2016/05/23)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「肝臓期マラリア原虫に対するバキュロウイルス自然免疫応答による殺傷メカニズム解析」(2019-2021) 代表者
○挑戦的研究(萌芽)「プリマキンに替わる抗マラリア自然免疫賦活化薬の開発」(2018-2019) 代表者
○基盤研究(B) (海外学術研究)「ハマダラカ唾液抗体価を指標とした「マラリア感染危険度」評価法の開発」(2016-2018) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「多機能性ハイブリッド型ワクチンプラットフォームを基盤としたマラリアワクチンの開発」(2015-2017) 代表者
○挑戦的萌芽研究「ハマダラカ唾液成分ワクチンによるマラリア感染防御効果および吸血行動の解析」(2015-2016) 代表者
○基盤研究(B)(海外学術調査)「抗蚊唾液抗体価をバイオマーカーとしたマラリアベクターコントロールの評価法開発」(2013-2015)
○挑戦的萌芽研究「コラーゲンを標的とした新規血小板凝集阻害分子の低分子化と抗血小板薬開発研究」(2012-2013) 代表者
○挑戦的萌芽研究「コラーゲンを標的とした新規血小板凝集阻害分子の低分子化と抗血小板薬開発研究」(2012-2013)
○基盤研究(B)「トランスジェニック蚊を用いたマラリア原虫—唾液腺の相互作用の解明」(2009-2012) 代表者
○基盤研究(B)「トランスジェニック蚊を用いたハマダラカーマラリア原虫の寄生適応性の解明」(2006-2008) 代表者
○基盤研究(C)「トランスジェニック蚊を用いたハマダラカーマラリア原虫の生物学的適応性の解明」(2003-2005) 代表者
○基盤研究(C)「遺伝子導入によるマラリアを媒介しないハマダラカの作製」(2001-2003) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2020-2021) 研究 Made-in-Japan next-generation vaccine platform effective for multistage Plasmodium for infants GHIT "VACCINE DEVELOPMENT - Target Research Platform" Global Health Innovative Technology Fund
○競争的資金(学外) (2020-2021) 研究 次世代型マラリアワクチンの探索 創薬支援推進事業-創薬総合支援事業(創薬ブースター)
○寄附金 (2020-2021) 研究,社会貢献 次世代型ワクチンプラットフォームを基盤とするCOVID-19ワクチン開発研究 新型コロナウイルス感染症対策支援ファンド
○助成金 (2020-2022) 研究 乳幼児用の次世代型マラリアワクチンの開発研究 二国間交流事業共同研究 日本学術振興会
○助成金 (2017-2020) 研究 インドネシア島嶼群のマラリア疫学調査および三日熱マラリアワクチンの抗原性評価 二国間交流事業共同研究 日本学術振興会
○競争的資金(学外) (2019-2020) 研究 次世代型小児用マラリアワクチンの開発研究 平成31年度橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズA)京都大学拠点 京都大学
○助成金 (2014-2016) 研究 感染防御-伝播阻止両機能を有するマラリア2価ワクチンの開発研究 二国間交流事業共同研究 日本学術振興会
○助成金 (2013-2014) 研究 非感染性ウイルスベクターを基盤としたマラリアに対する新規ワクチンプラットホームの開発 日本ワックスマン財団学術研究助成金 日本ワックスマン財団
○助成金 (2012-2013) 研究 非感染性昆虫ウイルベクターを基盤とした新規マラリア伝播阻止ワクチンの開発研究 二国間交流事業共同研究 日本学術振興会
○助成金 (2012-2013) 研究 出血助長の副作用を回避した新規低分子化ペプチドの抗血小板薬開発研究 JST A-STEPフィージビリティスタディステージ 探索タイプ  科学技術振興機構
○助成金 (2011-2012) 研究 吸血昆虫由来の新規ペプチドを基盤とした抗血小板薬の開発 JST A-STEPフィージビリティスタディステージ 探索タイプ 科学技術振興機構

共同研究・受託研究実績

○インドネシア島嶼群のマラリア疫学調査および三日熱マラリアワクチンの抗原性評価(2017-)
○ハマダラカ唾液抗体価を指標とした「マラリア感染危険度」評価法の開発(2016-)
○感染防御-伝播阻止両機能を有するマラリア2価ワクチンの開発研究(2014-)
○抗蚊唾液抗体価をバイオマーカーとしたマラリアベクターコントロールの評価法開発(2013-)
○非感染性昆虫ウイルベクターを基盤とした新規マラリア伝播阻止ワクチンの開発研究(2012-2014)
○出血助長の副作用を回避した新規低分子化ペプチドの抗血小板薬開発研究(2012-2014)

A-STEP採択課題

○平成24-25年度 JST A-STEPフィージビリティスタディステージ 探索タイプ
○平成22年度 JST A-STEPフィージビリティスタディステージ 探索タイプ

学域・学類担当授業科目

○分子細胞生物学Ⅱ(2017)
○創薬科学(2017)
○細胞分子化学(2017)
○生体防御学(2017)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2017)
○応用細胞機能学(2017)
○創薬科学(2016)
○生体防御学(2016)
○細胞分子化学(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2016)
○応用細胞機能学(2016)
○分子細胞生物学Ⅱ(2016)
○ラボローテーションⅡ(2016)
○途上国の環境と疾病と対策(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○細胞分子化学(2015)
○分子細胞生物学Ⅱ(2015)
○生体防御学(2015)
○応用細胞機能学(2015)
○創薬科学(2015)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2015)
○途上国の環境と疾病と対策(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○分子細胞生物学Ⅱ(2014)
○応用細胞機能学(2014)
○創薬科学(2014)
○生物の取り扱いを学ぶⅠ(2014)
○生体防御学(2014)
○ラボローテーションⅠ(2014)
○細胞分子化学(2014)

大学院担当授業科目

○免疫制御学(2017)
○バイオファーマサイエンス先端セミナー(2017)
○ゲノム安定性制御学(2017)
○生薬資源解析学(2017)
○バイオファーマ創薬特論(2017)
○ワクチン開発の重要性(2016)
○ワクチン学概論(2016)
○創薬科学基礎(2015)
○ワクチン学概論(2015)
○ワクチン開発の重要性(2014)
○寄生虫の生物学(2014)
○ワクチン開発の現状と問題点(2014)
○ワクチン学概論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○令和2-4年度日本学術振興会二国間交流事業共同研究(英国)英国王立協会英国(2020-2022)英国プロジェクトリーダー
○平成29-31年度日本学術振興会二国間交流事業共同研究(インドネシア)インドネシア研究技術高等教育省科学技術高等教育資源総局インドネシア(2017-2019)インドネシアプロジェクトリーダー

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ