本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年05月07日

比江嶋 祐介 (ひえじま ゆうすけ) 准教授 HIEJIMA Yusuke

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域フロンティア工学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 フロンティア工学類 高分子材料物性研究室
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻

所属研究室等

高分子材料物性研究室 TEL:076-264-6256 FAX:076-234-4829

学歴

【出身大学院】
京都大学 博士課程 物理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 2004/03 修了
【出身大学】
京都大学 理学部 1997/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

独立行政法人 産業技術総合研究所 東北センター 産総研特別研究員(2004/04/01-2005/12/31)

生年月

1974年03月

所属学会

マテリアルライフ学会 編集委員(2019-2021)
マテリアルライフ学会 論文査読委員長(2019-2021)
化学工学会 編集委員(2019-2023)
マテリアルライフ学会 常任理事(2019-2021)
マテリアルライフ学会 理事(2018-2019)
化学工学会 基礎物性部会幹事(2017-2019)
高分子学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○研究奨励賞(2018/07/20)
○第3回若手研究者奨励賞(2017/12)

専門分野

高分子・繊維材料、反応工学・プロセスシステム

専門分野キーワード

劣化,その場測定,分光法,高分子物理

研究課題

著書

  • プラスチックの劣化・変色と添加剤の選び方、使い方 技術情報協会 2020/11 原著書 分担執筆 比江嶋祐介, 新田晃平
  • 押出混練・成形のトラブル対策 - 装置の設計、運転条件の設定からフィルム加工まで 技術情報協会 2018/10 原著書 分担執筆 比江嶋祐介, 木田拓充, 新田晃平 978-4-86104-734-3
  • Advances in Materials Science Research 2015/09 原著書 分担執筆 978-1-63483-409-4

論文

  • In situ Raman spectroscopic observation of polymer chains in semi-crystalline polyethylene solids Yusuke Hiejima, Takumitsu Kida, Koh-hei Nitta Z. Phys. Chem. 2020/03/19 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Microstructural Interpretation of Influences of Molecular Weight on the Tensile Properties of High-Density Polyethylene Solids Using Rheo-Raman Spectroscopy Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta Macromolecules 2020/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Uniaxial Deformation Behavior of Poly(ether-block-amide) Thermoplastic Elastomers Detected by Rheo-Raman Spectroscopy Takumitsu Kida, Taisei Sasaki, Yusuke Hiejima, Shuichi Maeda, Koh-hei Nitta Polymer 189巻 122128頁 2020/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Orientation behavior and deformation mechanism of polyethylene gels during cold drawing determined by in situ Raman spectroscopy Yusuke Hiejima, Takamasa Okuda, Koichi Kono and Koh-hei Nitta Polymer 176巻 30-37頁 2019/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Surface damage characterization of photodegraded low-density polyethylene by means of friction measurements Toshio Igarashi, Soichiro Ono, Sayaka Oda, Satoru Hirosawa, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta J. Polym. Eng. 39巻 9号 805-812頁 2019/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 

全て表示

  • Swelling behavior of butyl and chloroprene rubber composites with poly(sodium acrylate) showing high water-uptake Yuya Oyama, Yusuke Hiejima and Koh-hei Nitta J. Appl. Polym. Sci. 136巻 48535頁 2019/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Rheo-Raman Spectroscopic Study on Uniaxial Deformation Behavior of High-Density Polyethylene Solids with Various Molecular Weight Distributions Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta Macromolecules 52巻 4590-4600頁 2019/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • ラマン分光法を用いた結晶性ポリオレフィン材料の微視的変形挙動の解析 木田拓充, 比江嶋祐介, 新田晃平 高分子論文集 75巻 6号 497-506頁 2018 査読有 総説 研究論文(学術雑誌) 
  • Rheo-Raman Spectroscopic Study of Microscopic Deformation Behavior for Ultra Low-Density Polyethylene (ULDPE) Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta Polymer International 67巻 1335-1340頁 2018/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • ラマン分光法を用いたポリオレフィン材料のモルホロジー変化の観察 比江嶋祐介, 木田拓充, 新田晃平 次世代ポリオレフィン総合研究 12巻 96-98頁 2018/10 査読有 原著論文
  • In situ monitoring of orientation parameters and orientation distribution functions of polyethylenes during tensile tests Yusuke Hiejima, Takumitsu Kida and Koh-hei Nitta Macromol. Symp. 377巻 1700020頁 2018/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Microscopic structurall changes during photodegradation in low-density polyethylene detected by Raman spectroscopy Yusuke Hiejima, Takumitsu Kida, Kento Takeda, Toshio Igarashi, Koh-hei Nitta Polymer Degradation and Stability 150巻 67-72頁 2018/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of poly(propylene carbonate) additive prepared from carbon dioxide on the tensile properties of polypropylene Etsuko Takubo, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta and Kiyoshi Nishioka J. App. Polym. Sci. 134巻 45266-45273頁 2017/05 査読有 原著論文
  • Investigation of molecular mechanisms of melting and crystallization of isotactic polypropylene by in situ Raman spectroscopy Yusuke Hiejima, Kento Takeda and Koh-hei Nitta Macromolecules 50巻 5867-5876頁 2017/07 査読有
  • "Rheo-Raman Study of Isotactic Polypropylene under Tensile Deformation" Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima and Koh-hei Nitta Macromol. Symp. 377巻 1700019頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Non-destructive Detection of Microscopic Structrural Changes in Polyethylene during Photodegradation by Raman Spectroscopy Y.Hiejima, T.Kida, T.Igarashi, and K.-H.Nitta Proceedings of SPE ANTEC 2018 2018 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • Effect of Strain Rate on Microscopic Deformation Behavior of High-density Polyethylene under Uniaxial Stretching Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima and Koh-hei Nitta International Conference on Composite Material, Polymer Science and Engineering 2017/06 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • The Evaluation of Degradation Mechansim of Polyolefins, and Development of Non-destructive Evaluating Method T. Igarashi, Y. Hiejima, T. Kida, K. H-. Nitta, and Y. Yonezawa SPE ANTEC 2017 2017/05 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Hydrothermal Synthesis of Photoluminescent Nanocarbon from Hydroxylic Acids and Amines Yusuke Hiejima and Mitsuhiro Kanakubo Journal of Solution Chemistry 45巻 1560頁 2016/10 査読有 原著論文
  • Molecular orientation behavior of isotactic polypropylene under uniaxial stretching by rheo-Raman spectroscopy Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta,  Express Polymer Letters 10巻 701頁 2016/08 査読有 原著論文
  • Fast solute diffusivity in ionic liquids with silyl or siloxane groups studied by the transient grating method Takatsugu Endo, Shinya Nemugaki, Yuki Matsushita, Yasuhiro Sakai, Hiroaki Ozaki, Yusuke Hiejima, Yoshifumi Kimura, Kenji Takahashi,  Chemical Physics 472巻 128頁 2016/04 査読有 原著論文
  • Raman spectroscopic study of high-density polyethylene during tensile deformation Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta,  International Journal of Experimental Spectroscopic Techniques 1巻 1号 1頁 2016/01 査読有 原著論文
  • Rheo-optical Raman study of microscopic deformation in high-density polyethylene under hot drawing Takumitsu Kida, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta Polymer Testing 44巻 30頁 2015/04 査読有 原著論文
  • Deformation mechanism of high-density polyethylene probed by in situ Raman spectroscopy Takumitsu Kida, Tatsuya Oku, Yusuke Hiejima, Koh-hei Nitta Polymer (United Kingdom) 58巻 88-95頁 2015/02/10 
  • ラマン分光から見た高密度ポリエチレンの構造変化 比江嶋祐介, 木田拓充, 新田晃平,  次世代ポリオレフィン総合研究 8巻 77頁 2014/11 査読有 原著論文
  • エレクトロスプレーを利用した発光性ナノカーボン製造法 比江嶋祐介, 金久保光央, 脇坂昭弘,  ケミカルエンジニヤリング 59巻 824頁 2014/11 査読無 原著論文
  • Electrochemical carboxylation of α-chloroethylbenzene in ionic liquids compressed with carbon dioxide Y. Hiejima, M. Hayashi, A. Uda, S. Oya, H. Kondo, H. Senboku and K. Takahashi Phys. Chem. Chem. Phys. 12巻 1953-1957頁 2010/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Precise sound velocity measurement for liquid Se50Te50 under high pressure 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A precursor of liquid-liquid coexistence in the metal-nonmetal transition range of fluid mercury 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Melting point depression of ionic liquids confined in nanospaces 2006 原著論文
  • Local density augmentation of excited 1-(dimethylamino)naphthalene in supercritical water 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • NMR studies on supercritical fluids in nanoporous materials 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Temperature Dependence of Local Density Augmentation for Acetophenone N,N,N',N'-Tetramethylbenzidine Exciplex in Supercritical Water 2005 査読有 原著論文
  • Solution Structures of 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate Ionic Liquid Saturated with CO2; Experimental Evidence of Specific Anion-CO2 Interaction 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct Evidence of Ion-dipole Interaction between Imidazolium Cations and Polar Molecules in Ionic Liquid Solutions by Means of Mass Spectrometric Analysis of Clusters 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase behavior of water confined in Vycor glass at high temperatures and pressures 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dielectric relaxation of lower alcohols in the whole fluid phase 119巻  7931-7942頁 2003 査読有 原著論文
  • Slow dynamics due to the metal-nonmetal transition in liquid mercury 312-314巻  265-268頁 2002 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Slow structural relaxation in liquid Te-Se mixtures 312-314巻  361-365頁 2002 原著論文
  • Critical fluctuations in mercury wetting film on sapphire 312-314巻  489-493頁 2002 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dielectric Relaxation of Supercritcal Water and Methanol 96-97巻  207-220頁 2002 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dielectric relaxation measurements on methanol up to the supercritical region 13巻  10307-10320頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Neutron inelastic scattering measurements of liquid Se2X2 (X: halogen) suppl. 17巻  i1089頁 2001 査読有 原著論文
  • Anormalous sound attenuation in liquid Te50Se50 mixture under high pressure 12巻  7323-7339頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Wetting phenomena of mercury on sapphire studied by optical emissivity measurement 12巻  A375-A381頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sound attenuation in supercritical fluid mercury 250-252巻  139-143頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Wetting phenomena at mercury-sapphire interface under high temperature and pressure 250-252巻  209-213頁 1999 査読有 原著論文
  • Dielectric relaxation of water and heavy water in the whole fluid phase 110巻  3026-3036頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • In situ Raman spectroscopy for detection of morphological changes of polyolefins(会議名:The 8th Asian Polyolefin Workshop (APO2019))(2019/12/03)
  • 偏光ラマン分光法を用いたポリオレフィン材料の構造評価(会議名:高分子加工技術研究会 第89回例会, プラスチック成形加工学会関西支部 第38回講演会)(2018/07/03)
  • ラマン分光法を利用した非破壊・非接触による樹脂材料の劣化診断(会議名:イノベーションジャパン2017)(2017/08)
  • 高分子材料における微視的構造変化のその場ラマン分光観察(会議名:化学工学会 金沢大会2017)(2017/12)
  • プラスチックにおける劣化状態の非破壊非接触診断(会議名:金沢大学新技術説明会)(2017/08/17)

全て表示

  • 水熱法による発光ナノカーボンの合成(会議名:化学工学会 第47秋季大会)(2015/09/11)
  • Rheo-Raman study of deformation in polyethylene and isotactic polypropylene(2015/11/23)
  • Synthesis of photoluminescent nanocarbon and application for polymer composites(2015/09/22)
  • Reaction of solvated electron in supercritical methanol and water - Effects of solvent properties on(会議名:化学工学会)(2011/09)

その他(報告書など)

  • 偏光ラマン分光法を用いた高分子材料の配向評価 比江嶋祐介, 木田拓充, 新田晃平 成形加工 31巻 7号 281-284頁 2019/07 ⑥総説・解説(学術雑誌)
  • ラマン分光法を利用したポリオレフィン樹脂の構造・物性評価 比江嶋祐介, 木田拓充, 五十嵐敏郎, 新田晃平 科学と工業 2018/05 ⑨総説・解説(商業誌)
  • ラマン分光法を用いた高分子成形体の配向マッピングと劣化診断 比江嶋祐介, 木田拓充, 五十嵐敏郎, 新田晃平 ケミカルエンジニヤリング 63巻 3号 178-182頁 2018/03 ⑨総説・解説(商業誌)
  • ラマン分光法を利用したプラスチック材料の非破壊・非接触劣化診断 比江嶋祐介, 木田拓充, 五十嵐敏郎, 新田晃平 コンバーテック 76-78頁 2017/12 ⑨総説・解説(商業誌)
  • Phase Behavior of Xe Confined in Porous Vycor Glass Probed by 129Xe NMR Chemical Shift 2006

全て表示

  • Determination of fluid density confined in nanopore by means of NMR spectroscopy 2005
  • 超臨界二酸化炭素とイオン液体の二相系を利用した電解カルボキシル化反応 2007
  • ナノ空間内における超臨界流体の特性 2007 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • ナノ空間内における超臨界流体の高圧NMR分光法による直接観察 2006 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • Reaction between Diiodide Anion Radicals in Ionic Liquids 2007
  • ナノ細孔中の高圧流体の核磁気共鳴分光 2005 ⑪講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • イソタクチックポリプロピレンフィルムにおける疲労破損の解析 比江嶋祐介、大野蒼一郎、新田晃平 プラスチックスエージ 2021/02 ⑨総説・解説(商業誌)

芸術・フィールドワーク

特許

○発光性ナノカーボン製造方法 (公開年月:2017/03/02)
○発光性ナノカーボン製造方法
○発光性ナノカーボン製造方法

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「その場分光法を用いた発光ナノカーボンの生成機構の解明と連続合成法の開発」(2018-2022) 代表者
○挑戦的萌芽研究「発光ナノカーボンを用いた環境低負荷型ポリプロピレン系ブレンド材料の長寿命化」(2016-2018) 分担者
○若手研究(B)「分光学的その場計測法を用いたリグニンの超臨界水処理における反応機構の解明」(2009-) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「その場分光測定を用いた結晶性高分子の非線型領域における変形および破壊機構の解明」(2014-2016)
○若手研究(B)「顕微分光法によるカーボン量子ドットの評価法の開発と環境低負荷溶媒を利用した合成」(2012-2013)
○若手研究(B)「顕微分光法によるカーボン量子ドットの評価法の開発と環境低負荷溶媒を利用した合成」(2012-2013) 代表者
○若手研究(B)「分光学的その場計測法を用いたリグニンの超臨界水処理における反応機構の解明」(2009-2010) 代表者

競争的資金・寄付金等

○助成金 (2018-2019) 研究 ポリオレフィン材料における劣化状態の非破壊診断法の開発 東燃ゼネラル石油研究奨励助成
○助成金 (2018-2018) 研究 その場分光法を利用した発光ナノカーボンの生成機構の解明  池谷科学技術振興財団 2018年度研究助成金 公益財団法人 池谷科学技術振興財団
○助成金 (2018-2018) 研究 ラマン分光法を用いたプラスチック材料の非破壊劣化診断技術の開発 スズキ財団科学技術研究助成金 公益財団法人スズキ財団
○競争的資金(学内) (2018-2018) 研究 ラマン分光法を利用したプラスチック材料における非破壊・非接触の劣化診断法の開発 第3回若手研究者奨励賞 金沢大学先端科学・イノベーション推進機構協力会
○競争的資金(学外) (2014-2014) 研究 ラマン分光法を利用した高分子成形体の3次元的配向イメージング 小笠原科学技術振興財団研究助成 小笠原科学技術振興財団
○競争的資金(学外) (2014-2015) 研究 水熱法によるナノカーボン発光材料の高効率大量合成 A-STEP JST
○競争的資金(学外) (2013-2013) 研究 エレクトロスプレーマイクロリアクターによる発光性ナノカーボン材料の高効 率合成 A-STEP JST

共同研究・受託研究実績

○マイクロプラスチック生成機構の解明(2019-2021)

A-STEP採択課題

○水熱法によるナノカーボン発光材料の高効率大量合成 活気ある持続可能な社会の構築 ナノ・材料 機能材料

学域・学類担当授業科目

○物質循環工学演習D(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○機器分析化学2(2017)
○バイオ・物質循環工学演習A(2017)
○物質循環工学演習A(2017)
○物質循環工学概論1(2017)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2017)
○移動現象論基礎(2017)
○機器分析化学1(2017)
○物質循環工学概論2(2017)
○移動現象論基礎(2016)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○バイオ・物質循環工学演習A(2016)
○物質循環工学演習D(2016)
○物質循環工学演習A(2016)
○物質循環工学概論(2016)
○機器分析化学(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2015)
○物質循環工学概論(2015)
○初学者ゼミ(2015)
○物質循環工学演習A(2015)
○機器分析化学(2015)
○バイオ・物質循環工学演習A(2015)
○物質循環工学演習D(2015)
○大学・社会生活論(2015)
○大学・社会生活論(2014)
○バイオ・物質循環工学基礎実験(2014)
○機器分析化学(2014)
○バイオ・物質循環工学演習A(2014)
○物質循環工学演習A(2014)
○物質循環工学演習D(2014)
○バイオ・物質循環工学概論(2014)

大学院担当授業科目

○物理化学特論A(2017)
○物理化学特論B(2017)
○化学工学基礎B(2017)
○化学工学基礎A(2017)
○化学工学基礎A(2016)
○地球環境学課題研究平成28年度入学生用(2016)
○物理化学特論B(2016)
○物理化学特論A(2016)
○化学工学基礎B(2016)
○化学工学基礎(2015)
○化学工学基礎(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ