本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年03月29日

FOX SENAN JAMES (セナン フォックス) 准教授 Senan Fox

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

人間社会研究域 国際学系 国際学類

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 School of International Relations - Courses: History of International Relations in East Asia (Undergraduate), Global Security Studies (Undergraduate), China-Japan Relations Since Normalization in 1972 (Post-graduate), Korean Issues Since 1945 (Post-graduate)
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 国際学専攻 China-Japan Relations Since Normalization in 1972 (Post-graduate), Korean Issues Since 1945 (Post-graduate)

所属研究室等

国際学類 TEL:076-264-5764 FAX:076-264-5405

学歴

【出身大学院】
セント·アンドリュースの大学(スコットランド、英国)博士課程 国際関係学部 国際関係論(PhD) 修了 博士課程 修了
【取得学位】
博士(PhD in International Relations), 修士号 (M.St. in Modern History), 学士号 (BA (Hons) in History and Politics

職歴

金沢大学 国際学類 准教授

生年月

所属学会

学内委員会委員等

○Open Campus Committee 委員(2018-2019)
○Public Relations and Student Recruitment 委員(2023-2024)
○International Relations 委員(2023-2024)
○University College Cork (UCC) Ireland (2023-2024)

受賞学術賞

○日本学術振興会のポストドクトラル・リサーチ・フェロー(2011/04/01)
○Awarded a Research Grant (500,000 Japanese Yen – the maximum available) by the Konosuke Matsushita (Panasonic) Memorial Foundation(2014/07/01)
○若手研究 20K13425 (1560000 円)(2020/04/01)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

  • China, South Korea, and the Socotra Rock Dispute:A Submerged Rock and its Destabilising Potential Palgrave Pivot 2018/11/01 原著書 単著 Senan Fox 978-981-13-2076-7
  • TRANSLATED BOOK (FROM ENGLISH INTO KOREAN) China, South Korea, and the Socotra Rock Dispute [저] 한중관계와 이어도 이어도연구회 https://books.google.co.jp/books/about/한중관계와_이어도_양장본_Hard.html?id=QygczgEACAAJ&redir_esc=y Ieodo Research Group 이어도연구회 2020/04/01 翻訳書 単著 Senan Fox 9791197190131
  • Mischief Reef: China, the Philippines, and a Disputed Atoll in the South China Sea Palgrave Macmillan  2021/09/30 原著書 単著 Senan Fox 9789811638831

論文

  • “The ‘Lost Decade’ in Japan, and the Rise in Negative Sentiment towards China”, Country-Specific Study Project, Volume 3, pp. 62 – 76  2015/01 
  • “The Senkaku Shoto/Diaoyu Islands and Okinotorishima disputes: Ideational and material influences”  2016/09 査読有 

講演・口頭発表等

  • ‘Pathways to Peace’ (2014/12)
  • Invited Participant at the “China Information Special Edition Workshop: The Discourse on Boundaries and Boundaries of Discourse in China's Maritime Disputes”(2014/12)

その他(報告書など)

  • 日本及び中華人民共和国(PRC)間の沖の鳥(沖の鳥島又は沖の鳥礁)紛争についての視点  セナン・フォックス博士 Not yet published. Completed draft. Planning to submit to publishers in fiscal year 2025. 2012 ⑮その他
  • 「1995年の南シナ海での中華人民共和国によるミスチーフ・リーフ(明治礁/パンガニバン/ダ・ヴァン・カーン)占拠についての視点  セナン・フォックス博士 PUBLISHED AS A BOOK.  2012 ⑮その他
  • 「ある新時代の未知の海:東シナ海紛争への行為者中心の構成主義者のリベラル・アプ ローチ 「ある新時代の未知の海:東シナ海紛争への行為者中心の構成主義者のリベラル・アプ ローチ Uncharted Waters in a New Era:An Actor-Centered Constructivist Liberal Approach to the East China Sea Disputes」2003~2008年(博士論文に基き)2003~2008年(博士論文に基き) セナン・フォックス博士 Completed a revised entire draft for this "book." I am hoping to publish this "book" in fiscal year 2024-25.  2012 ⑮その他
  • PUBLISHED Mischief Reef: China, the Philippines and a disputed atoll in the South China Sea  PUBLISHED Book proposal draft for an unpublished book. Book proposal to be submitted to Palgrave publishers before the end of May 2020. 2019 ⑮その他

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究「China's November 2013 ADIZ declaration in the East China Sea - Significance, Strategic Motivations, and the Implications for Regional Security.」(2020-2023) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2011-2012) 研究 Maritime Disputes in East Asia (3 disputes - Socotra Rock, Mischief Reef, and Okinotorishima) Postdoctoral Research Fellowship, the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Postdoctoral Research Fellowship, the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
○競争的資金(学外) (2014-2015) 研究 “Sino-Japanese Relations and Rare-Earth Elements (REEs) – A Cause for Concern or a Cause for Hope?”, 公益財団法人 松下幸之助記念財団「Konosuke Matsushita (Panasonic) Memorial Foundation」 (研究課題番号Reference No. 14-598) (総額:500千円) (2014 - 2015) (Principal Investigator)  Konosuke Matsushita (Panasonic) Memorial Foundation
○競争的資金(学外) (2020/04/01-2024/03/31) 研究 China's November 2013 ADIZ declaration in the East China Sea - Significance, Strategic Motivations, and the Implications for Regional Security. Kakenhi Wakate 若手研究 研 究 種 目:若手(フォックスセナンジェームス)歴史4 機関番号 13301 課題番号 20K13425 Kakenhi JSPS

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○国際社会研究演習B4(2023)
○国際社会研究演習A4(2023)
○研究演習B4(2023)
○研究演習A4(2023)
○国際社会研究演習B3(2023)
○国際社会研究演習A3(2023)
○研究演習B3(2023)
○研究演習A3(2023)
○国際学入門E(2023)
○国際学入門2(2023)
○国際政治史(東洋)2E(2023)
○国際社会研究演習B2(2023)
○国際社会研究演習A2(2023)
○研究演習B2(2023)
○研究演習A2(2023)
○国際政治史(東洋)1E(2023)
○国際社会研究演習B1(2023)
○国際社会研究演習A1(2023)
○研究演習B1(2023)
○研究演習A1(2023)
○国際学入門E(2023)
○プレゼン・ディベート論(2023)
○アカデミックスキル(2023)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2023)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2023)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2023)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2023)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2023)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2023)
○国際学入門E(2022)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2022)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2022)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2022)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2022)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2022)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2022)
○国際社会研究演習B4(2022)
○国際社会研究演習A4(2022)
○研究演習A4(2022)
○国際学入門E(2022)
○国際社会研究演習A3(2022)
○国際学入門2(2022)
○研究演習A3(2022)
○国際社会研究演習B3(2022)
○国際社会研究演習B2(2022)
○国際社会研究演習A2(2022)
○研究演習A2(2022)
○国際政治史(東洋)2E(2022)
○国際社会研究演習A1(2022)
○国際政治史(東洋)1E(2022)
○国際社会研究演習B1(2022)
○研究演習A1(2022)
○国際学入門E(2021)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2021)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2021)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2021)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2021)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2021)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2021)
○国際社会研究演習A3(2021)
○国際社会研究演習A1(2021)
○国際社会研究演習B1(2021)
○国際社会研究演習B3(2021)
○国際政治史(東洋)1E(2021)
○国際社会研究演習A2(2021)
○国際社会研究演習A4(2021)
○国際社会研究演習B2(2021)
○国際社会研究演習B4(2021)
○国際政治史(東洋)2E(2021)
○主要な国際問題と課題1E(2020)
○主要な国際問題と課題2E(2020)
○国際政治史(東洋)(2020)
○国際学入門E(2020)
○国際政治史(東洋)2E(2020)
○国際社会研究演習B4(2020)
○国際社会研究演習A4(2020)
○国際社会研究演習A2(2020)
○国際社会研究演習B2(2020)
○国際社会研究演習A3(2020)
○国際社会研究演習A1(2020)
○国際政治史(東洋)1E(2020)
○国際社会研究演習B1(2020)
○国際社会研究演習B3(2020)
○国際政治史(東洋)E(2020)
○国際学入門2(2020)
○国際学入門(2020)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2020)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2020)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2020)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2020)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2020)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2020)
○国際政治史(東洋)E(2019)
○国際政治史(東洋)(2019)
○国際社会研究演習B(2019)
○国際政治史(東洋)1E(2019)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2019)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2019)
○自主研究 (KUSDP)(2019)
○主要な国際問題と課題2E(2019)
○主要な国際問題と課題2E(2019)
○主要な国際問題と課題1E(2019)
○主要な国際問題と課題1E(2019)
○国際学入門E(2019)
○国際政治史(東洋)2E(2019)
○国際社会研究演習B4(2019)
○国際社会研究演習B2(2019)
○国際社会研究演習A4(2019)
○国際社会研究演習A2(2019)
○国際社会研究演習B3(2019)
○国際社会研究演習B1(2019)
○国際社会研究演習A3(2019)
○国際社会研究演習B(2019)
○国際社会研究演習A1(2019)
○国際学入門2(2019)
○国際学入門(2019)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2019)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2019)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2019)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2019)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2018)
○国際政治史(東洋)1E(2018)
○国際社会研究演習A1(2018)
○国際社会研究演習A4(2018)
○国際社会研究演習A2(2018)
○国際社会研究演習B(2018)
○国際社会研究演習A(2018)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2018)
○国際政治史(東洋)(2018)
○国際政治史(東洋)E(2018)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2018)
○国際社会研究演習A3(2018)
○国際政治史(東洋)2E(2018)
○主要な国際問題と課題1E(2018)
○主要な国際問題と課題1(2018)
○主要な国際問題と課題2(2018)
○主要な国際問題と課題2E(2018)
○国際政治史(東洋)(2018)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2017)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2017)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2017)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2017)
○English for Academic Purposes Ⅳ(2017)
○English for Academic Purposes Ⅲ(2017)
○主要な国際問題と課題(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○国際社会研究演習B(2017)
○国際社会研究演習A(2017)
○国際政治史(東洋)E(2017)
○国際社会研究演習A(2017)
○国際社会研究演習B(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○EAP Ⅲ(2017)
○EAP Ⅳ(2017)
○国際政治史(東洋)E(2016)
○国際社会研究演習A(2016)
○国際社会研究演習B(2016)
○国際社会研究演習B(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅲ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○EAP Ⅳ(2016)
○国際社会研究演習A(2016)
○国際社会研究演習B(2015)
○国際社会研究演習A(2015)
○国際社会研究演習A(2015)
○国際社会研究演習B(2015)
○国際政治史(東洋)E(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅰ(コミュニケーション)(2015)
○英語Ⅱ(国際試験)(2015)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語Ⅱ(国際試験)(2014)
○英語コミュニケーションⅠ(2014)
○英語コミュニケーションⅠ(2014)
○国際社会研究演習B(2014)
○英語コミュニケーションⅡ(2014)
○英語コミュニケーションⅡ(2014)
○国際社会研究演習A(2014)
○国際社会研究演習A(2014)
○国際社会研究演習B(2014)
○国際政治史(東洋)E(2014)
○国際社会研究演習A(2013)
○国際社会研究演習B(2013)
○国際社会研究演習B(2013)
○国際政治史(東洋)E(2013)
○英語Ⅱ(アカデミックスキル)(2013)
○英語Ⅱ(アカデミックスキル)(2013)
○英語Ⅱ(アカデミックスキル)(2013)
○英語Ⅱ(アカデミックスキル)(2013)
○英語コミュニケーションⅠ(2013)
○英語コミュニケーションⅠ(2013)
○英語コミュニケーションⅡ(2013)
○英語コミュニケーションⅡ(2013)
○国際社会研究演習A(2013)
○英語Ⅱ(国際試験)(2012)
○英語Ⅲ(専門セミナー)(2012)
○英語Ⅲ(2012)
○英語C(2012)
○英語Ⅱ(2012)
○国際政治史(東洋)E(2012)

大学院担当授業科目

○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査 I(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(10月入学)(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(4月入学)(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(10月入学)(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(4月入学)(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査I(2023)
○異分野研究探査I(2023)
○International Relations Ⅳb(2023)
○International Relations Ⅳa(2023)
○International Relations Ⅱb(2023)
○International Relations Ⅱa(2023)
○異分野研究探査Ⅱ(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○異分野研究探査Ⅱ(2023)
○異分野研究探査Ⅰ(2023)
○International Relations Ⅱa(2022)
○International Relations Ⅳa(2022)
○International Relations Ⅱb(2022)
○International Relations Ⅳb(2022)
○International Relations Ⅱa(2021)
○国際学とグローバリゼーション(2021)
○International Relations Ⅱb(2021)
○International Relations Ⅳa(2021)
○International Relations Ⅳb(2021)
○国際学とグローバリゼーション(2020)
○国際学とグローバリゼーション(2020)
○国際学とグローバリゼーション(2020)
○International Relations Ⅳa(2020)
○International Relations Ⅳb(2020)
○International Relations Ⅱb(2020)
○International Relations Ⅱa(2020)
○国際学とグローバリゼーション(2019)
○International Relations Ⅳb(2019)
○International Relations Ⅱa(2019)
○International Relations Ⅱb(2019)
○International Relations Ⅳa(2019)
○International Relations Ⅳa(2018)
○International Relations Ⅱb(2018)
○International Relations Ⅳb(2018)
○International Relations Ⅱa(2018)
○International Relations Ⅳa(2017)
○International Relations Ⅱa(2017)
○International Relations Ⅱb(2017)
○International Relations Ⅳb(2017)
○International RelationsⅡ(2016)
○International RelationsⅣ(2016)
○International Relations Ⅱb(2016)
○International RelationsⅡ(2016)
○International Relations Ⅱa(2016)
○International Relations Ⅳa(2016)
○International Relations Ⅳb(2016)
○International RelationsⅡ(2015)
○International RelationsⅡ(2015)
○International RelationsⅣ(2015)
○International RelationsⅣ(2014)
○International RelationsⅡ(2014)
○International RelationsⅡ(2014)
○International RelationsⅡ(2013)
○International RelationsⅣ(2013)
○International RelationsⅡ(2013)
○International RelationsⅡ(2012)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ