本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年05月23日

堤 敦朗 (つつみ あつろう) 教授 TSUTSUMI, Atsuro

メール

所属組織・役職等

融合研究域 融合科学系 | 先端観光科学研究所長
教授
所長

教育分野

【学士課程】
融合学域
人間社会学域
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 地域創造学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻 社会経済学コース

所属研究室等

堤研究室

学歴

【出身大学院】
東京大学 修士課程 医学系研究科 修了
東京大学 博士課程 医学系研究科 修了
【出身大学】
国際基督教大学 教養学部 卒業

職歴

金沢大学 人間社会研究域 教授
金沢大学 国際機構 准教授
国際連合大学グローバルヘルス研究所 主任研究者・コーディネータ
国際協力機構 中華人民共和国事務所 長期専門家
世界保健機関 技術専門官

生年月

所属学会

日本トラウマティックストレス学会 理事
世界精神医学会 Board member(202001-)

学内委員会委員等

○ダイバーシティ推進機構(2022-2022)
○国際連携教員(2022-2022)
○人間社会研究域附属先端観光科学研究センター運営会議(2021-2022)
○人間社会環境研究科留学生支援委員 委員(2020-2022)

受賞学術賞

専門分野

障害学、人権、多様性・包摂、国際保健、精神保健

専門分野キーワード

研究課題

次世代の観光科学:データサイエンスを利用した医学と観光の融合研究

途上国における障害、精神保健および人権に関する研究

著書

  • A Making invisible visible: taking action for persons with invisible disabilities: Mental health, well-being, and disabilities: A new global priority in SDGs United Nations, United Nations University, The Nippon Foundation, World Bank Group 2016 共著 IZUTSU T,TSUTSUMI A
  • PTSDハンドブック : 科学と実践 (金吉晴監訳) 金剛出版 2014/05 分担執筆 堤敦朗 9784772413671
  • Innovations in Global Mental Health (Edited by Okpaku S) Springer 2021/04 分担執筆 IZUTSU T,TSUTSUMI A
  • Innovations in Global Mental Health (Edited by Okpaku S) Springer 2021/04 分担執筆 TSUTSUMI A,IZUTSU T,KIM Y
  • mhGAP介入ガイド (編者:小澤寛樹、黒澤直弘&中根允文) 世界保健機関 2015 分担執筆 堤敦朗

全て表示

  • Innovations in Global Mental Health (Edited by Okpaku S) Springer 2021/04 分担執筆 IZUTSU T,TSUTSUMI A,HASHIMOTO J
  • United Nations Expert Group Meeting on Mental Well-being, Disability and Disaster Risk Reduction United Nations 2016 共著 IZUTSU T,TSUTSUMI A,ITO A
  • 少年への性的虐待 : 男性被害者の心的外傷と精神分析治療 作品社 2005/03 Gartner, Richard B,宮地, 尚子,井筒, 節,岩崎, 直子,堤, 敦朗,村瀬, 健介 4861820138
  • Innovations in Global Mental Health (Edited by Okpaku S) Springer 2020/12 分担執筆 TSUTSUMI A,IZUTSU T
  • Innovations in Global Mental Health (Edited by Okpaku S) Springer 2021/04 分担執筆 IZUTSU T,TSUTSUMI A
  • International Encyclopedia of Public Health (Edited by Quah S.R.) Elsevier 2016 分担執筆 HERRMAN H,MOODIE R,SAXENA S,IZUTSU T,TSUTSUMI, A
  • The Cambridge Handbook of Psychology and Human Rights (Edited by Neal R, Roseanne L) 2020/10 分担執筆 HASHIMOTO J,IZUTSU T,TSUTSUMI A
  • 10代からのSDGs 大月書店 2021/04 監修 堤敦朗,井筒節,原佐知子

論文

  • Quality of life among people who use drugs living in poor urban communities in the Philippines. The International journal on drug policy 93巻 103160頁 2021/07 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Depressive status of leprosy patients in Bangladesh: association with self-perception of stigma. Leprosy review 75巻 1号 57頁 2004/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between a traumatic life event and alteration in stress response Stress and Health 20号 65頁 2004 査読有
  • Nutritional and mental health status of Afghan refugee children in Peshawar, Pakistan: a descriptive study Asia Pacific Journal of Public Health 17号 93頁 2005 査読有
  • Reliability and validity of the Youth Self-Report, Bangladesh version. International journal of methods in psychiatric research 14巻 4号 213頁 2005 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Research does not indicate future trends in global health. Lancet (London, England) 362巻 9382号 493頁 2003/08/09 査読有
  • Mental health, quality of life, and nutritional status of adolescents in Dhaka, Bangladesh: comparison between an urban slum and a non-slum area. Social science & medicine (1982) 63巻 6号 1477頁 2006/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Validity and reliability of the Bangla version of WHOQOL-BREF on an adolescent population in Bangladesh. Quality of life research : an international journal of quality of life aspects of treatment, care and rehabilitation 14巻 7号 1783頁 2005/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Reliability and validity of the Bangla version of WHOQOL-BREF in an adult population in Dhaka, Bangladesh. Psychiatry and clinical neurosciences 60巻 4号 493頁 2006/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The quality of life, mental health, and perceived stigma of leprosy patients in Bangladesh SOCIAL SCIENCE & MEDICINE 64巻 12号 2443頁 2007/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Risky sexual behaviors, mental health, and history of childhood abuse among adolescents. Asian journal of psychiatry 5巻 1号 48頁 2012/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative study of the prevalence of suicidal behavior and sexual abuse history in delinquent and non-delinquent adolescents. Psychiatry and clinical neurosciences 63巻 2号 238頁 2009/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The relationship between past traumatic experience and sickness absence INTERNATIONAL JOURNAL OF SOCIAL PSYCHIATRY 54巻 1号 83頁 2008/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mental health of female survivors of human trafficking in Nepal SOCIAL SCIENCE & MEDICINE 66巻 8号 1841頁 2008/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Long-term influence of working abroad on returnees' mental health. The journal of the Royal Society for the Promotion of Health 125巻 6号 281頁 2005/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mental health into the development priorities in the United Nations Malaysian Journal of Public Health Medicine 12号 9頁 2012 査読有
  • Prevalence of mental disorders and suicidal thoughts among community-dwelling elderly adults 3 years after the niigata-chuetsu earthquake. Journal of epidemiology 21巻 2号 144頁 2011 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Persistent distress after psychological exposure to the Nagasaki atomic bomb explosion BRITISH JOURNAL OF PSYCHIATRY 199巻 5号 411頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of a school-based oral health education in preventing untreated dental caries and increasing knowledge, attitude, and practices among adolescents in Bangladesh BMC ORAL HEALTH 16巻 44頁 2016/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mental health care in Japan: Bangladesh care in hospitals and in the community, Malaysia Journal of Public Medicine 18号 82頁 2018 査読有
  • Long-term psychological consequences among adolescent survivors of the Wenchuan earthquake in China: A cross-sectional survey six years after the disaster JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS 204巻 255頁 2016/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of having a subsequent child on the mental health of women who lost a child in the 2008 Sichuan earthquake: a cross-sectional study BULLETIN OF THE WORLD HEALTH ORGANIZATION 92巻 5号 348頁 2014/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Psychological and social consequences of losing a child in a natural or human-made disaster: A review of the evidence ASIA-PACIFIC PSYCHIATRY 5巻 4号 237頁 2013/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Quality of life among people who use drugs living in poor urban communities in the Philippines. The International journal on drug policy 93巻 103160頁 2021/03/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Mental and physical distress of field veterinarians during and soon after the 2010 foot and mouth disease outbreak in Miyazaki, Japan Revue scientifique et technique 2015 査読有
  • Mental health and wellbeing in the Sustainable Development Goals LANCET PSYCHIATRY 2巻 12号 1052頁 2015/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 「レジリエンス向上のための災害準備性チェックリスト(DPRC)」の有用性に関する研究 堤 敦朗,井筒 節,田中 英三郎,田中 千佳,桑原 未来,金 吉晴 心的トラウマ研究 : 兵庫県こころのケアセンター研究紀要 14号 23頁 2019/03 査読有 
  • Comprehensive SDG goal and targets for non-communicable diseases and mental health INTERNATIONAL JOURNAL OF MENTAL HEALTH SYSTEMS 9巻 12頁 2015/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Asia-pacific ready to act on mental health target in the SDGs LANCET PSYCHIATRY 2巻 3号 199頁 2015/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • School-based psychoeducation and storytelling: Associations with long-term mental health in adolescent survivors of the Wenchuan earthquake. Epidemiology and psychiatric sciences 29巻 1号 e65頁 2019/10/23 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 心理的応急処置(PFA)e-Orientation版の有効性に関する研究 堤 敦朗,井筒 節,金 吉晴 心的トラウマ研究 15号 11頁 2020/01 査読有 
  • 「人権に基づくウェルビーイング・チェックリスト(HRWC)」の有用性に関する研究 井筒 節,堤 敦朗,田中 英三郎,田中 千佳,山田 悠平,桑原 未来,金 吉晴 心的トラウマ研究 : 兵庫県こころのケアセンター研究紀要 14号 1頁 2019/03 査読有 
  • Analysis of factors associated with hesitation to restart farming after depopulation of animals due to 2010 foot-and-mouth disease epidemic in Japan KADOWAKI Hazumu,KAYANO Taishi,TOBINAGA Takaharu,TSUTSUMI Atsuro,WATARI Michiko,MAKITA Kohei Journal of Veterinary Medical Science 78巻 8号 1251頁 2016 査読有 
  • Mental health mainstreamed in new UN disaster framework LANCET PSYCHIATRY 2巻 8号 679頁 2015/08 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Normative Frameworks on Disability Inclusion in Emergency Settings and Building Back Better: From the UN Convention on the Rights of Persons with Disabilities to the SDGs(会議名:The effect of the coronavirus pandemic on persons with disabilities: Reducing barriers during the pandemic)(2020/06)
  • United Nations 12th Session of the Conference of state parties to the Convention on the Rights of Persons with Disabilities "How Assistive Technology Can Help People with Autism"(会議名:United Nations 12th Session of the Conference of States Parties)(2019/06)
  • Leadership of Women with Disabilities in Building Back Better through Prioritizing Emotional Well-being and Intellectual & Psychosocial Disabilities(会議名:United Nations Side Events 13th Conference of States Parties to the CRPD)(2020/12)
  • Overview and introduction of the international norms and standards relating to disability(会議名:UNITAR-UTokyo/Nagasaki Forum: The Impact of COVID-19 on Persons with Disabilities)(2020/06/10)
  • Impact of the demographic changes and urbanization to the life of elderly worldwide(会議名:World Psychiatric Association Webinar Workshop)(2022/02/04)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的研究(萌芽)「アクセシブルツーリズムの実現に向けた障害者の移動に関する実証研究」(2022-2024) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「障害者における災害準備性と人権に関する国際研究」(2022-2025) 代表者
○基盤C「障害者の権利保護・促進をめぐる尺度開発に関する研究 」(2019-2021) 分担者

競争的資金・寄付金等

○寄附金 (2023-2024) 教育 ⽇中医学協会
○競争的資金(学内) (2022-2023) 研究 COVID-19収束後に向けた DX観光の課題と機会︓ リスク、持続可能性、地域性、真正性に対する 観光体験の変容の解明 法人主導(トップダウン)型研究課題 金沢大学

共同研究・受託研究実績

○観光客のLTV向上にむけたデジタル/リアル行動データ分析(2022-2023)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○職業指導第1(2022)
○職業指導第2(2022)
○アントレプレナー基礎(2022)
○香りと日本文化(2022)
○国際協力体制(2022)
○異文化体験(2022)
○異文化体験実習Ⅰ(海外)(2022)
○国際障害学基礎演習(2022)
○保健医療論(2022)
○人権論Ⅱ(2022)
○卒業研究(2022)
○人権論Ⅰ(2022)
○保健医療論(2022)
○福祉マネジメント演習(2022)
○社会福祉総論(2022)
○地域福祉論(2022)
○卒業演習(2022)
○学域GS言語科目I(2022)

大学院担当授業科目

○国際障害学Ⅱ(2022)
○国際障害学演習Ⅱ(2022)
○国際障害学演習Ⅰ(2022)
○国際障害学Ⅰ(2022)
○国際障害学演習Ⅱ(2022)
○国際障害学Ⅱ(2022)
○国際障害学Ⅰ(2022)
○国際障害学演習Ⅰ(2022)
○社会福祉制度・政策研究Ⅱ(2022)
○社会福祉制度・政策研究Ⅱ(2022)
○社会福祉基礎研究Ⅱ(2022)
○国際障害学特論Ⅰ(2022)
○社会福祉制度・政策研究Ⅰ(2022)
○国際障害学特論Ⅱ(2022)
○社会福祉基礎研究Ⅰ(2022)
○社会福祉基礎研究Ⅱ(2022)
○社会福祉基礎研究Ⅰ(2022)
○社会福祉制度・政策研究Ⅰ(2022)
○障害とジェンダー2(2022)
○障害とジェンダー1(2022)

他大学の客員教授

○The University of the Philippines

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○難民を含む子どもに対するコミュニティレベルの精神保健・心理社会的支援の強化 国際JICAトルコ・ヨルダン(20220401-20230331)トルコ・ヨルダン
○The impact evaluation of Paracounsellor BRACバングラデシュ(20220401-20230331)バングラデシュ

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○国際協力機構(JICA)難民を含む子どもに対するコミュニティレベルの精神保健・心理社会的支援の強化 国際支援委員長(2022/01-)
○金沢市障害者施策推進協議会会長(2021/04-)

講演可能なテーマ

○人権
○国連持続可能な開発目標 (SDGs)
○国連障害者権利条約
○国際保健/公衆衛生
○国際協力
○次世代の観光科学

その他公的社会活動

このページの先頭へ