本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

5名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

総合人文社会

ジェンダー

キーワード 研究者名 研究情報
社会学、ジェンダー、セクシュアル・マイノリティ、教育、階層、入学試験、学術と情報 岩本 健良
共同研究希望テーマ
・セクシュアル・マイノリティ(LGBTs)支援に関する研究
・社会調査とデータ解析法
・大学進学行動の分析

研究課題
・教員・公務員・警察官等の採用試験適性検査における心理テストMMPI使用に関する人権問題
・社会階層と教育・ライフスタイルの研究
・入試選抜システムの数理解析
・学術文献情報の流通と活用・専門職倫理に関する研究

科研費採択テーマ
・日本社会における多様な性への認識と評価に関する知識社会学的研究
・教員・公務員採用適性検査におけるジェンダー質問をめぐる知識社会学的研究
・性的指向と性自認の人口学-日本における研究基盤の構築
・現代的社会環境に対応する地域社会調査の実践的方法論の開発
・高齢者福祉サービスと地域社会

アメリカ文学、男性学、マーク・トウェイン 久保 拓也
研究課題
・マーク・トウェインを中心とした19世紀アメリカ文学の研究
・男性学を中心とするジェンダー学研究

科研費採択テーマ
・米国社会を作る二つの「力」:「弱き者」の声が語る物語
・「失敗者」と「逸脱者」が紡ぎ出すアメリカ文学
・スティグマの切離・逸脱者の正常化:米国社会と文学に見る「奇形の男性性」表象
・米国社会と文学が歴史化する「男らしさ」:「戦争後」を生きる「奇形の男性像」研究
・アメリカ社会と文学による、男らしさ製造の試みと困難の系譜学的研究
・米国社会とその文学におけるジェンダー教育とアイデンティティ研究
・スティグマの切離・逸脱者の正常化:米国社会と文学に見る「奇形の男性性」表象

人権、ジェンダー、セクシュアリティ、LGBT、国際法、国連 谷口 洋幸
研究課題
・LGBT/性的指向・性自認をめぐる人権保障、国連の人権施策とジェンダー・セクシュアリティ

科研費採択テーマ
・国際基準にもとづく性的マイノリティの法政策に関する国際比較研究
・国際比較研究拠点の形成に向けた東アジアにおけるLGBT法政策の総合的研究
・「ビジネスと人権」における国際人権法の発展:行為規範としての明確性と実効性
・文化享有権の多層性の検討
・グローバル化した難民問題における多様性確保に向けた法的課題の研究
・セクシュアル・マイノリティをめぐる意識の変容と施策に関する研究
・LGBTQを含む性の多様性に関する法的問題の総合的研究
・女性差別撤廃条約総括所見をめぐる総合的研究
・性的マイノリティの権利保障と労働法に関する研究
・性的マイノリティの人権に関する総合的研究―国内法政策を促進するために
・日本におけるクィア・スタディーズの構築
・日本におけるクィア・スタディーズの展開
・法制度における性・性別の射程
・日本におけるクィア・スタディーズの可能性
・法過程におけるジェンダーとセクシュアリティの交錯

社会学、公衆衛生学 日比野 由利
科研費採択テーマ
・精子・卵子・代理母出産の国際取引と家族形成
・女性に親和的なテクノロジーの探求と新しいヘルスケア・システムの創造
・資源としての女性-卵子・代理母・中絶胎児-
・女性由来組織をめぐるポリティクスとジェンダー
・生殖医療とジェンダー
・生殖補助医療の国際的ガバナンスに向けた比較研究
・卵子提供・代理出産に関わる当事者への支援と生殖補助医療の法制度化に向けた課題

家庭科教育、カリキュラム、家族学習 綿引 伴子
共同研究希望テーマ
・家庭科の授業・カリキュラム研究
・ジェンダーと教育

研究課題
・家族学習の研究
・家庭科教育のカリキュラムに関する研究

科研費採択テーマ
・米国オハイオ州教育プログラムの分析をもとにした家庭科「問題提起解決学習」の開発
・実践的推論プロセスを活用した家庭科教員の力量形成のためのプログラム開発
・批判的思考を取り入れた家庭科カリキュラムの開発-市民性の育成を視点として-
・福祉・環境・ジェンダーを視点とした家庭科の横断型カリキュラムの構造化と授業開発

このページの先頭へ