本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

7名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

総合生物

腫瘍生物学

キーワード 研究者名 研究情報
がん幹細胞、腫瘍微小環境、乳がん、肺がん、シグナル伝達、受容体チロシンキナーゼ、アダプター分子、分子標的、patient-derieved xenograf (PDX)、がんマウスモデル 後藤 典子
転移、悪性進展 堂本 貴寛
科研費採択テーマ
・抗がん剤耐性獲得膵がん細胞における悪性形質連関の解明と治療法開発
・GSK3βによるがん促進的糖代謝特性の解明と制御への応用
・GSK3βが制御するがん特異的エネルギー獲得機構の解明とがん治療への応用
・エネルギー代謝特性に基づく消化器がん病態解明と制御への応用

エピジェネティクス,クロマチンリモデリング,発達障害,自閉症,不妊症,がん,老化 西山 正章
研究課題
・自閉症スペクトラムの原因候補遺伝子の機能解析
・クロマチンリモデリングによる老化とがんの制御機構

科研費採択テーマ
・自閉症は大人になっても治せるか?
・クロマチンリモデリング異常による発達障害の包括的理解と治療応用
・Duplin/CHD8によるp53の機能抑制と発がんに関する研究
・クロマチンリモデリングによる老化と癌の制御機構の解明
・ヒト型自閉症モデルマウスによる発症メカニズムの解明と創薬開発への応用
・ヒト型自閉症モデルマウスによる個性の形成メカニズムの解明
・新規自閉症モデルマウスにおけるグリア機能制御の解明と治療への応用
・クロマチンリモデリングによる幹細胞老化と癌の制御機構の解明
・ユビキチン化による鉄代謝制御システムの解明
・p53シグナルを抑制する新規がん遺伝子Duplinの発見と機能解析
・CHD8/ヒストンH1複合体による老化とがんのエピジェネティック制御機構の研究
・幹細胞老化と個体老化のエピジェネティック制御機構の解明
・クロマチンリモデリング因子CHD8によるアポトーシス制御機構の解明
・自閉症と聴覚障害の併発メカニズムの解明と治療への応用
・ヒト型モデルマウスを用いた自閉症の神経回路の同定と治療への応用

核膜孔テリトリー、クロマチン、がん遺伝子、放射線生物学 羽澤 勝治
研究課題
・核膜孔複合体の動態変化と細胞機能制御メカニズムに関する研究

科研費採択テーマ
・がん悪性化の根幹であるマスター転写因子の発現誘導メカニズムの解明
・皮膚組織幹細胞特異的エピジェネティクス制御機構を標的とした扁平上皮癌治療戦略
・線溶因子を介したVNプロセッシング制御と細胞死制御機構の解明

腫瘍微小環境、中枢神経系腫瘍、脳転移、がん幹細胞、エピジェネティクス、薬剤耐性、神経免疫、バイオイメージング 平田 英周
合成HGF,環状ペプチド,がん微小環境,HGF,転移,細胞増殖因子 松本 邦夫
研究課題
・HGF-MET系を介した組織再生の制御. 特殊環状ペプチド技術によるHGF-MET系制御と創薬. HGF-MET系を介したがん微小環境制御.
・HGF-Met系を介した組織再生の制御.HGFの医療への応用研究.NK4による制がん研究

出願済みの発明名称
・上皮細胞増殖促進剤
・上皮細胞増殖促進剤
・上皮細胞増殖促進剤
・肺障害治療剤
・劇症肝炎治療剤
・NK4遺伝子または組換えNK4蛋白質からなる医薬
・NK4遺伝子または組換えNK4蛋白質からなる医薬
・NK4遺伝子または組換えNK4蛋白質からなる医薬
・糖鎖欠損型肝細胞増殖因子
・糖鎖欠損型肝細胞増殖因子
・糖鎖欠損型肝細胞増殖因子
・糖鎖欠損型HGFα鎖部分蛋白質
・糖鎖欠損型HGFα鎖部分蛋白質
・糖鎖欠損型HGFα鎖部分蛋白質
・細胞含有製剤
・喘息治療剤
・喘息治療剤
・喘息治療剤
・ヒト組換えHGFを含有する皮膚潰瘍予防治療剤
・ヒト組換えHGFを含有する皮膚潰瘍予防治療剤
・移植臓器の線維化抑制剤
・ヒト組換えHGFを含有する皮膚潰瘍予防治療剤
・移植臓器の線維化抑制剤
・移植臓器の線維化抑制剤
・移植臓器の線維化抑制剤
・HGF前駆体蛋白質改変体及びその活性型蛋白質
・HGF前駆体蛋白質改変体及びその活性型蛋白質
・HGF前駆体蛋白質改変体及びその活性型蛋白質
・骨延長促進剤
・腱骨移行部組織または靭帯骨 移行部組織の再生促進剤
・腱骨移行部組織または靭帯骨 移行部組織の再生促進剤
・腱骨移行部組織または靭帯骨 移行部組織の再生促進剤
・分子標的薬に対する感受性が低下している癌の治療薬および分子標的薬に対する感受性を増強する医薬組成物

科研費採択テーマ
・次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE) 「イメージング活用創薬の視点からの異分野技術融合によるシームレスな薬効評価システムの構築と実施」
・ヘテロ受容体カップリングのシグナル特性と人工リガンド創成の研究
・3-D浸潤性獲得と上皮形態形成制御を基盤とする腫瘍悪性化機構の研究
・Met/HGF受容体シグナル伝達能のON-OFF制御を介した組織再生制御の研究
・高機能環状ペプチド分子技術と融合する転移・薬剤耐性のがん微小環境の研究
・超機能バイオロジクスリガンドの創成と検証の研究

創薬(免疫、アレルギー、がん、低分子、ケミカルバイオロジー、生物製剤、抗体薬、ワクチン) 医薬品開発(探索研究、非臨床研究、臨床研究、研究規制等) 渡部良広
共同研究希望テーマ
・創薬、医薬品開発におけるシーズ探索、非臨床POC取得、および適切な臨床研究・医学系研究の組み立て方
・Trametinib/Mekinist(本邦発のMEK阻害薬)等Raf/MEK阻害薬を用いた、探索的研究~臨床研究
・ケミカルバイオロジー技術を用いた、また応用した、新規医薬品シーズ・リードの創生
・エピトープワクチン技術の開発

出願済みの発明名称
・Pharmaceutical composition for treating immune diseases
・Compositions and methods for therapy and diagnosis of lung cancer.
・Compositions and methods for the therapy and diagnosis of prostate cancer
・Amide compounds and use of the same
・Method for culturing T lineage precursor cells under conditions of high oxygen concentration.
・Novel oxazinone derivative
・2'-bromo-2',3'-didehydro-2',3'-dideoxycytidine and production thereof
・免疫性疾患治療剤
・造血幹細胞の製造方法
・T前駆細胞系の培養方法
・ベンゾオキサジノン誘導体
・新規なオキサジノン誘導体
・2',3'-ジデオキシシチジンの製造方法
・フルオランテンー3-イソチオシアネート及び該化合物からなる蛍光標識試薬

科研費採択テーマ
・SLIT有効性機序のIgG親和性成熟の解明と抗体誘導型舌下ワクチンのPOC取得

このページの先頭へ