本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

5名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

医歯薬学

耳鼻咽喉科学

キーワード 研究者名 研究情報
エプスタインバールウィルス、ヒト乳頭腫ウィルス、上咽頭がん 近藤 悟
研究課題
・エプスタインバールウィルスによる上咽頭癌の病態解明、バイオマーカーの開発

科研費採択テーマ
・内因性免疫による頭頸部ウイルス発癌における内分泌撹乱物質の関与と新規治療法の開発
・シングルセル解析による次世代頭頸部癌個別化治療法の開発
・遺伝子マスターレギュレーターSATB1の頭頸部癌遺伝子発現制御機構
・細胞競合現象に基づく上咽頭癌発癌機構の解析と新規治療法の開発
・舌がん癌幹細胞の頸部リンパ節転移機構への関与
・MDM2プロモーター遺伝子多型の上咽頭がんに対する関与
・上咽頭がんをはじめとするEBV関連腫瘍におけるSiah1の分子生物学的解析
・内因性免疫によるEBV感染制御機構と上咽頭癌発癌機構に関する研究
・代償性増殖による上咽頭癌発癌機構の解明と治療戦略

生体工学、機械力学、聴覚メカニクス 村越 道生
急性期リハビリテーション医療、維持期(生活期)の運動障害のリハビリテーション医療、痙縮治療、痙縮評価、嚥下機能評価 八幡 徹太郎
共同研究希望テーマ
・痙縮治療、痙縮コントロール
・関節拘縮、関節・筋の柔軟性に関するもの
・体力、廃用症候群に関するもの
・嚥下障害の臨床

研究課題
・痙縮治療(局所的痙縮抑制)
・嚥下障害診療の向上 嚥下機能評価

科研費採択テーマ
・デコンディション症例における体力・体組成・栄養状態の変化と運動療法の意義

上咽頭癌、マトリックスメタロプロテアーゼ、頭頸部がん 吉崎 智一
共同研究希望テーマ
・ウィルス発癌
・遺伝子診断

研究課題
・上咽頭癌とエプスタイン バール ウイルスに関する研究
・頭頸部癌における転移機構
・唾石症に対する体外衝撃波の応用

科研費採択テーマ
・上咽頭癌発癌ならびに多様性獲得分子機構の解析と新規治療法の開発
・頭頸部癌末梢循環腫瘍細胞の量的質的解析を目的とした捕捉チップ開発に関する研究
・代償性増殖による上咽頭癌発癌機構の解明と治療戦略
・新規ドラッグデリバリー理論と新世代シスプラチンによる頭頸部癌治療法の開発
・内因性免疫によるEBV感染制御機構と上咽頭癌発癌機構に関する研究
・ミセル化シスプラチン開発による新規頭頸部癌治療コンセプト
・EBウイルスリボ核酸EBERsによる上咽頭癌発癌機構の分子生物学的解析

頭頸部癌 脇坂 尚宏
研究課題
・頭頸部癌に関する研究

科研費採択テーマ
・Epstein-Barrウイルスによる細胞老化関連分泌形質誘導機構の解明
・バイオアッセイモデルによる上咽頭癌リンパ節転移機構に関する研究
・上咽頭癌の前転移ニッチ構築機構解明と治療用エクソソーム開発

このページの先頭へ