本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2024年06月23日

藤田 結香里 (ふじた ゆかり) 助教 FUJITA, Yukari

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系 医薬保健研究域 保健学系 
助教

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻

所属研究室等

臨床実践看護学講座

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院 博士課程 医薬保健学総合研究科 保健学専攻 2019 修了
金沢大学大学院 修士課程 医学系研究科 保健学専攻 2012 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 保健学科看護学専攻 2010 卒業
【取得学位】
修士(保健学)
博士(保健学)

職歴

国立大学法人金沢大学医薬保健研究域保健学系 看護科学領域臨床実践看護学講座 助教(2023/04-)
公立小松大学 保健医療学部看護学科 助教(2018/04-2021/09)
国立大学法人福井大学 学術研究院医学系部門 看護学領域 助教(2021/10-2023/03)
国立大学法人金沢大学附属病院 看護師(2012/04-2018/03)

生年月

所属学会

日本糖尿病・教育看護学会
日本看護科学学会
日本看護研究学会
看護実践学会

学内委員会委員等

○看護科学領域 総務係(2023-2023)
○つるまだより編集委員  委員(2023-2023)

受賞学術賞

○第17回日本糖尿病教育・看護学会学術集会最優秀賞(2012/09)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • 緩和ケアチームのコンサルティとなる看護師の専門職連携を実践する能力の実態と関連要因 藤田結香里,小林美貴,長谷川智子 福井大学医学部研究雑誌 23巻 1頁 2022/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 2型糖尿病患者における医療者との関係構築スキル尺度の開発および信頼性と妥当性の評価 藤田 結香里,稲垣美智子,多崎恵子 金沢大学大学院 2019/03 査読有 原著論文 学位論文(博士)
  • 2型糖尿病患者における医療者との関係構築スキル尺度の開発および信頼性と妥当性の評価 藤田 結香里,稲垣美智子,多崎恵子 ウェルネス・ヘルスケア学会 42巻 2号 9頁 2019/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 金大式パートナーシップによる糖尿病患者への療養支援の実態 藤田 結香里,越野恵理,長田春香,竹内弘美 日本看護学会論文集:慢性期看護 46号 142頁 2016/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 通院中断した2型糖尿病患者の通院再開に至るまでの体験 藤田 結香里,稲垣美智子,多崎恵子 日本糖尿病教育・看護学会誌 17巻 1号 13頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 通院中断した2型糖尿病患者の通院再開に至るまでの体験 藤田 結香里 金沢大学大学院 2012/03 査読無 原著論文 学位論文(修士)
  • 緩和ケアチームのコンサルティとなる看護師の緩和ケアにおける困難感の実態と関連する要因 小林 美貴, 藤田 結香里, 長谷川 智子 日本エンドオブライフケア学会誌 8巻 1号 61-69頁 2024/03/31 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 転倒したがん患者の特徴と損傷ならびに治療の状況~国内における症例文献レビューから~ 油野規代,加藤真由美,坂本めぐみ,藤田結香里 日本転倒予防学会誌 8巻 3号 33頁 2022/03/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病性腎症初期患者の心理 医師から告知後1ヵ月以内の患者の心理 北川 真衣,寺田 三佳,尾蔵 清佳,中間 亜希,深世古 知里,松井 希代子,辻口 彩乃,藤田 結香里,稲垣 美智子,多崎 恵子,藤野 陽 看護実践学会誌 26巻 1号 14頁 2014/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病腎症初期患者の診断時における身体の捉え方の様相 辻口彩乃,稲垣美智子,多崎恵子,藤田結香里 日本糖尿病教育・看護学会誌 16巻 2号 155頁 2012/09 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • 2型糖尿病患者がもつ医療者との関係構築スキルの実態およびQOLとの関連~中断経験の有無との比較~(会議名:第26回 日本糖尿病教育・看護学会学術集会)(2021/09/18)
  • 金大式パートナーシップによる糖尿病患者への療養支援の実態(会議名:第46回日本看護学会―慢性期看護―)(2016/09/02)
  • 通院中断した2型糖尿病患者の通院再開に至るまでの体験(会議名:第17回日本糖尿病教育・看護学会学術集会)(2012/09/30)
  • 2型糖尿病患者の食事および運動療法の重要性の認識と自信(会議名:第8回日本予防医学学会学術集会)(2010/12/12)
  • 療養士が認識するがん患者の転倒リスク(会議名:第8回日本転倒予防学会学術集会)(2021/10/24)

全て表示

  • 多職種が捉えるがん患者の転倒リスク(会議名:第41回日本看護科学学会学術集会)(2021/12/04)
  • 乳がん患者の転倒要因と損傷の特徴 国内における文献レビューから(会議名:第47回日本看護研究学会学術集会)(2021/08/21)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究「2型糖尿病患者の通院中断予防に向けた医療者との関係構築スキル向上プログラムの開発」(2020-2023) 代表者

競争的資金・寄付金等

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○日常生活援助論(2023)
○看護生態アセスメント演習(2023)
○基礎看護技術演習(2023)
○基礎看護実習(2023)
○看護研究(2023)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○日本糖尿病教育・看護学会専任査読者(2022/10-)
○看護実践学会査読委員(2023/10/01-2028/03/31)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○看護実践学会(2023-) 事務局(2023-)、庶務担当(2023-)、専任査読者(2023-)
○北陸小児糖尿病サマーキャンプ(2023-) 診療班(2023-)

このページの先頭へ