本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

中山 和也 (なかやま かずや) 准教授 NAKAYAMA Kazuya

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 放射線技術科学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 修士課程 工学研究科 電気・情報工学 1992
【出身大学】
金沢大学 工学部 電気・情報工学 1990
【取得学位】
工学修士
博士(工学)

職歴

生年月

1967年04月

所属学会

応用物理学会
日本医学物理学会
日本医学放射線学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

医用電子機器、デジタル画像処理、不揮発性メモリ

専門分野キーワード

記憶素子、放射線画像

研究課題

相変化型不揮発性メモリに関する研究

放射線画像(核医学画像)処理

著書

  • Nonvolatile SRAM based on Phase change 2006/02 原著書 共著
  • 【最新】携帯電話 技術全集 技術情報協会 2008/05 原著書 共著
  • 新・医用放射線技術実験[基礎編] 共立出版 2016/02/25 原著書 分担執筆 田中仁 他
  • eラーニングを利用した 情報処理基礎 ―Windows 8,Office 2013対応編― (株)学術図書出版社 2013/04 原著書 共著 松本豊司ほか7名 978-4-7806-0339-2
  • e-Learningを利用した 情報処理基礎 学術図書出版 2009/04 原著書 共著 松本豊司、安倍聡一郎、児玉昭雄、中村正樹、中山和也、日比野由利、柳在圭

論文

  • Submicron Nonvolatile Memory Cell Based on Reversible Phase Transition in chalcogenide Glasses Kazuya NAKAYAMA, Kazuhiko KOJIMA, Fumihito HAYAKAWA, Yutaka IMAI, Akio KITAGAWA and Makuni SUZUKI Jpn. J. Appl. Phys. 39巻 11号 6157頁 2000/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase-change switching memory Kazuya NAKAYAMA, Toshihiko KASAI, Sanae FUKUSHIMA, Kazuhiko KOJIMA, Akio KITAGAWA, Minoru KUMEDA and Makuni SUZUKI Proceedings of The 13th Symposium on Phase Change Optical Information Storage 61頁 2001/12 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Nonvolatile Memory Based on Phase Change in Se-Sb-Te Glass K. Nakayama, K. Kojima, Y. Imai, et al JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REV 42巻 2号 404頁 2003/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nonvolatile Memory Based on Phase Transition in Chalcogenide Thin Film K. Nakayama, T. Kitagawa, M. Ohmura JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REV 32巻 1号 564頁 1993/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Multiple Programming Method and Circuitry for a Phase Change Nonvolatile Random Access Memory (PRAM) Masashi TAKATA, Kazuya NAKAYAMA, ほか2名 IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS E87-C巻 10号 1679-1685頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Evaluation of pulmonary function using breathing chest radiography with a dynamic flat-panel detector (FPD): Primary results in pulmonary diseases. INVESTIGATIVE RADIOLOGY 41巻 10号 735-745頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lossless compression based on inter-frame coding for MDCT Jpn. J. Med. Phys. 25巻 4号 151-155頁 2006/01 査読有 原著論文
  • Pulse number control of electrical resistance for multi-level storage based on phase change 40巻 5061-5065頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • E-learningを用いた放射線取扱主任者試験学習システムの検討 つるま保健学会誌 32巻 1号 93-98頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Development of functional chest imaging with a dynamic flat-panel detector (FPD) 1巻 2号 137-143頁 2008 査読有 原著論文
  • An observational study comparing the prototype device with the existing device for the effective visualization of invisible veins in elderly patients in Japan 3巻 2015/11/27 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Excelマクロを用いたPHITS用インターフェースの開発 中山和也, 坂口健吾, 福島誠, 中野祥賢 金沢大学つるま保健学会 38巻 2号 19頁 2014/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • Improvement of a prototype device using near-infrared light to visualize invisible veins for peripheral intravenous cannulation in healty subjects Keiko Kimori, Kazuya Nakayama, Toshiaki Miyati, Toshio Nakatani, Junko sugama 38巻 1号 11頁 2014/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 留置カテーテル用抹消静脈可視化装置の開発 -光による静脈透過システムの可視性能評価- 木森桂子、須釜淳子、宮地利明、中山和也 金沢大学つるま保健学会誌 36巻 2号 57頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel Power Reduction Technique for ReRAM with Automatic Avoidance Circuit for Wasteful Overwrite Takaya Handa, Yuhei Yoshimoto, Kazuya Nakayama, and Akio Kitagawa Active and Passive Electronic Components 2012巻 18139頁 2012/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Qualitative near-infrared vascular imaging system with tuned aperture computed tomography 16巻 7号 076004頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 「抵抗変化型メモリ(RRAM)のVerilog-Aによるモデリング」(会議名:LSIとシステムのワークショップ2010)(2010)

芸術・フィールドワーク

特許

○相変化型情報記録媒体(特許番号:3763131)
○不揮発性メモリ(特許番号:3845734)
○不揮発性半導体記憶装置
○抵抗変化型不揮発性記憶素子の書込回路(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

○相変化型不揮発性メモリ

科研費

学域・学類担当授業科目

○電気工学(2017)
○情報処理基礎(2017)
○医用電子工学実験(2017)
○医用電子工学(2017)
○電気工学実験(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○電気工学実験(2016)
○電気工学(2016)
○医用電子工学(2016)
○医用電子工学実験(2016)
○情報処理基礎(2016)
○電気工学実験(2015)
○医用電子工学実験(2015)
○医用電子工学(2015)
○電気工学(2015)
○情報処理基礎(2015)
○情報処理基礎(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○医用電子工学(2014)
○電気工学(2014)
○医用電子工学実験(2014)
○電気工学実験(2014)

大学院担当授業科目

○医学物理学特論(2017)
○機能画像解析学課題研究(2017)
○生体画像情報学特論(2017)
○医用放射線科学研究方法論(2017)
○生体画像情報学演習(2017)
○機能画像解析学特講(2017)
○機能画像解析学特講演習(2017)
○機能画像解析学特講演習(2016)
○機能画像解析学特講(2016)
○機能画像解析学課題研究(2016)
○医学物理学特論(2016)
○生体画像情報学演習(2016)
○生体画像情報学特論(2016)
○医用放射線科学研究方法論(2016)
○医学物理学特論(2015)
○生体画像情報学演習(2015)
○生体画像情報学特論(2015)
○医用放射線科学研究方法論(2015)
○機能画像解析学特講(2015)
○機能画像解析学特講演習(2015)
○機能画像解析学特講(2014)
○機能画像解析学特講演習(2014)
○医学物理学特論(2014)
○生体画像情報学演習(2014)
○生体画像情報学特論(2014)
○医用放射線科学研究方法論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○相変化型メモリ

その他公的社会活動

このページの先頭へ