本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

高橋 涼子 (たかはし りょうこ) 教授 TAKAHASHI Ryoko

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 人間科学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 地域創造学類 福祉マネジメントコース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 地域創造学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻

所属研究室等

高橋研究室 TEL:076-264-5776

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 総合文化研究科 相関社会科学 1992/03 単位取得満期退学
東京大学 修士課程 総合文化研究科 相関社会科学 1987/03 修了
【出身大学】
東京大学 文学部 社会心理学 1985/03 卒業
【取得学位】
学術修士

職歴

金沢大学 人間科学系 教授(2008/04/01-)
金沢大学 法学部 教授(-2008/03/31)
金沢大学 法学部 助教授(1996/04/01-)
金沢大学 教養部 助教授(1994/04/01-1996/03/31)

生年月

所属学会

日本社会学会 社会学評論専門委員(2008-2010)
関西社会学会 編集委員会専門委員(2010-)

学内委員会委員等

○学生募集委員会 委員(2016-)
○人間社会学域点検評価委員 委員(2016-)
○人間社会学域広報学生募集委員会 委員長(2016-)
○地域創造学類広報学生募集委員会 委員長(2016-)
○病院企画会議 委員(2015-2015)
○地域創造学類教務学生生活委員会 委員(2015-2015)
○地域創造学類広報学生募集委員会 委員(2014-2014)
○教員免許状更新講習運営部会 委員(2013-)
○障害学生支援委員会(2014年度~障がい学生支援委員会) 委員(2012-2015)
○教育企画会議 委員(2012-2014)
○ハラスメント相談員会議 啓発小委員会 委員長(2012-2014)
○地域創造学類FD委員会 委員(2012-2012)
○FD委員会 委員長(2011-2011)
○人間社会学域CPDPワーキング 委員(2011-2011)
○全学CPDP策定ワーキング 委員(2011-2011)

受賞学術賞

専門分野

社会学、医療社会学 権利擁護・アドボカシー制度 精神医療、社会福祉学

専門分野キーワード

医療、福祉、権利擁護、アドボカシー、ジェンダー、比較研究

研究課題

著書

  • 福祉NPOのアドボカシー機能の検証と課題に関する研究―公開研究会報告書― 2016/03/31 編著 高橋 涼子(編集・発行)
  • 新版 現代医療の社会学 世界思想社 2015/03 原著書 共著 中川輝彦, 黒田浩一郎, 高橋涼子, 他
  • 新社会福祉論  学文社 2012/11 原著書 共著 川島智子,高橋涼子ほか22名 978-4-7620-2332-3
  • 生と死を考える 北国新聞社 2004/01 原著書 共著 細見博志、島 岩、竹村牧男、浅見洋、高橋涼子、他5名。 8330-1158-1
  • 社会学の理論 有斐閣 2000/05 原著書 共著 碓井たかし、丸山哲央、大野道邦、橋本和幸、長谷川計二、高橋涼子ほか17名

全て表示

  • 医療社会学を学ぶ人のために 世界思想社 1999/10 原著書 共著 進藤雄三、黒田浩一郎、佐藤純一、的場智子、金子雅彦、高橋涼子ほか7名
  • 病と医療の社会学(岩波講座現代社会学14) 岩波書店 1996/03 原著書 共著 市野川容孝, 立岩真也, 宗像恒次, 高橋涼子他8名 14巻 0号 151-168頁
  • 人権とキリスト教 教文館 1993/03 原著書 共著 明治学院大学キリスト教研究所編、木田献一、加山久夫、澁谷浩、高橋涼子他5名
  • 社会学と医療(講座人間と医療を考える 5)  弘文堂 1992/02 共著 中川米造 監修・園田恭一 編, ぬで島次郎・高橋涼子他

論文

  • Comparative Study on Successful Advocacy Work to Develop the Participation of Disabled People Ryoko TAKAHASHI Bulletin of the Faculty of Human Sciences, Kanazawa University 8巻 1号 30-43頁 2017/03/31 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 権利擁護とアドボカシー : 学際研究の可能性に向けて 金沢法学 52巻 1号 85-105頁 2009/11 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 福祉領域における権利擁護NPOの形成と役割(2)-アメリカ合衆国の事例から- 金沢法学 51巻 1号 169-184頁 2008/11 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 福祉領域における権利擁護NPOの形成と役割-アメリカ合衆国の事例から- 金沢法学 50巻 1号 123-136頁 2007/11 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 患者のアドボカシーの視点から フォーラム現代社会学 6巻 48-56頁 2007/05 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 福祉におけるアドボカシー 臨床看護 32巻 14号 2119-2122頁 2006/12 原著論文
  • 医療・福祉領域における権利擁護制度の検討(二・完) 金沢法学 48巻 1号 49-76頁 2005/11 原著論文
  • 精神医療改革と権利擁護制度形成に関するアメリカ・カナダ・日本比較研究 高橋涼子 平成13年度~平成15年度科学研究費補助金〔基盤研究(C)(2)〕研究成果報告書 ,巻 2004/12 査読有 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 医療・福祉領域における権利擁護制度の検討(一) 金沢法学 46巻 1号 137-157頁 2003/11 原著論文
  • アドボカシー制度 高橋涼子 臨床精神医学講座第22巻 精神医療と法(中山書店) 22巻 0号 293-305頁 1997/11 査読無 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 裁判を傍聴して――宮崎透析拒否裁判について 高橋涼子 けんりほうnews 57号 3-5頁 1996/04/20 解説 その他
  • 近代的人間像の成立と社会システム : 刑法史と精神医学史の検討から 高橋涼子 法政理論 25巻 4号 350-373頁 1993/03 査読無 研究論文(学術雑誌)
  • 身体をめぐるポリティクス--19世紀から20世紀初頭における日本の精神医療システム 高橋涼子 明治学院大学キリスト教研究所紀要 24巻  1-27頁 1991/07 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 排除の社会学:「精神障害」のリアリティ構成 高橋涼子 相関社会科学 1号 1990/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Universal and special conditions for advocating disability rights: from the experiences of Japan and Korea(会議名:The 5th Annual Conference of European Society for Disability research)(2016/07/01)
  • Promotion of Disabled People’s Participation in Welfare Policymaking(会議名:Nordic Network on Disability Research 13th Research Conference)(2015/05/08)
  • Increased Involvement of the Disabled in Welfare Policymaking(会議名:International Sociological Association 18th World Congress of Sociology)(2014/07/16)
  • 福祉政策におけるNPOのアドボカシー機能について―比較研究の視点から―(会議名:第85回日本社会学会大会)(2012/11/04)
  • 福祉政策とアドボカシー ―フィンランドの事例から―(会議名:第63回関西社会学会大会)(2012/05/26)

全て表示

  • アドボカシーの概念と可能性──アメリカにおける障害者の権利擁護NPOに関する研究から── (会議名:パターナリズム研究会2011年度春期研究会 第104回)(2012/03/24)
  • アドボカシーの社会学序説──障害者の権利擁護NPOに関する研究から── (会議名:第82回日本社会学会大会)(2009/10/11)
  • アドボカシーの社会学に向けて──アメリカの権利擁護NPOに関する研究から── (会議名:関西社会学会第60回大会)(2009/05/24)
  • 権利擁護NPOの活動とネットワーク――アメリカ合衆国の事例から―― (会議名:第81回日本社会学会大会)(2008/11/24)
  • 患者のアドヴォカシーの視点から(シンポジウム:医療現場におけるコミュニケーションの問題 第1報告) (会議名:関西社会学会第57回大会)(2006/05/28)
  • 権利擁護NPOの形成と役割――アメリカ合衆国の事例から―― (会議名:第79回日本社会学会大会)(2006/10/28)
  • シンポジウム「当事者・専門職・ボランティア―対抗と相補の構図―」指定討論 (会議名:日本社会学会第77回大会)(2004/11/21)
  • 地域への社会資源移動と権利擁護:日米の精神医療政策比較から(会議名:日本社会学会第76回大会)(2003/10/13)
  • 患者-医師関係の現代的変容と法(ミニシンポジウム「医療システムと法」報告者)(会議名:日本法社会学会2001年度学術大会)(2001/05/12)
  • ・日本社会学会第77回大会のシンポジウム「当事者・専門職・ボランティア―対抗と相補の構図―」における指定討論者、2004年11月。 ・関西社会学会第57回大会のシンポジウム「医療におけるコミュニケーションの問題」における発表者、演題名「患者のアドボカシーの視点から」、2006年5月(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○医療・福祉分野の現代的課題
○福祉とジェンダー
○医療・福祉の専門職と患者・クライアントのコミュニケーション

科研費

○基盤研究(C)(一般)「福祉NPOのアドボカシー機能の検証と課題に関する研究」(2014-2017) 代表者
○基盤研究(C)「福祉NPOのアドボカシー機能に関する比較研究」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(C)「医療・福祉領域における権利擁護組織の役割とネットワークに関する研究」(2006-) 代表者
○基盤研究(C)「精神医療改革と権利擁護制度形成に関するアメリカ・カナダ・日本比較研究」(2001-) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「精神医療における患者の権利擁護システムの整備に関する研究」(1998-) 代表者

学域・学類担当授業科目

○福祉社会学Ⅰ(2017)
○福祉社会学(2017)
○医療社会学Ⅱ(2017)
○福祉社会学Ⅱ(2017)
○地域創造学Ⅰ(2017)
○卒業演習(2017)
○医療社会学(2017)
○福祉社会学Ⅱ(2017)
○医療社会学Ⅰ(2017)
○医療社会学Ⅱ(2017)
○福祉社会学Ⅰ(2017)
○福祉社会学(2017)
○医療社会学(2017)
○医療社会学Ⅰ(2017)
○医療福祉論(2017)
○権利擁護と成年後見制度(2017)
○医療・福祉社会学演習(2017)
○福祉社会学Ⅰ(2017)
○地域創造学(2017)
○卒業研究(2017)
○地域創造学Ⅱ(2017)
○医療福祉論(2016)
○地域創造学Ⅱ(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○グローバル時代の社会学(2016)
○福祉社会学(2016)
○福祉社会学Ⅰ(2016)
○医療・福祉社会学演習(2016)
○福祉社会学(2016)
○医療社会学(2016)
○権利擁護と成年後見制度(2016)
○医療社会学(2016)
○卒業研究(2016)
○高齢者福祉論(2016)
○卒業演習(2016)
○地域創造学(2016)
○地域創造学Ⅰ(2016)
○生と死を見つめて-死生学入門-(2015)
○卒業研究(2015)
○高齢者福祉論(2015)
○ジェンダー学入門(2015)
○福祉社会学(2015)
○医療社会学(2015)
○卒業演習(2015)
○権利擁護と成年後見制度(2015)
○医療・福祉社会学演習(2015)
○医療福祉論(2015)
○医療福祉論(2015)
○福祉社会学Ⅱ(2015)
○医療社会学(2015)
○福祉社会学Ⅰ(2015)
○福祉社会学(2015)
○共生社会論(2015)
○地域創造学(2015)
○卒業研究(2014)
○医療・福祉社会学演習(2014)
○卒業演習(2014)
○医療福祉論(2014)
○医療社会学(2014)
○医療社会学(2014)
○権利擁護と成年後見制度(2014)
○高齢者福祉論(2014)
○福祉社会学(2014)
○福祉社会学(2014)
○生と死を見つめて-死生学入門-(2014)
○ジェンダー学入門(2014)
○共生社会論(2014)
○地域創造学(2014)
○医療福祉論(2014)
○福祉社会学Ⅰ(2014)
○福祉社会学Ⅱ(2014)
○福祉社会学演習(2014)

大学院担当授業科目

○医療社会学特論(2017)
○福祉社会とジェンダー1(2017)
○福祉社会とジェンダー2(2017)
○福祉社会とジェンダー(2017)
○福祉・医療社会学演習Ⅰ(2017)
○福祉・医療社会学演習Ⅱ(2017)
○課題型インターンシップ(長期)(2017)
○福祉・医療社会学Ⅰ(2017)
○福祉・医療社会学Ⅱ(2017)
○課題型インターンシップ(短期)(2017)
○先端地域創造講義(2017)
○共生社会論演習(2017)
○共生社会論(2017)
○共生社会論演習(2017)
○共生社会論(2017)
○医療社会学特論Ⅰ(2017)
○医療社会学特論Ⅱ(2017)
○福祉社会とジェンダーⅠ(2017)
○福祉社会とジェンダーⅡ(2017)
○社会福祉調査研究Ⅰ(2017)
○社会福祉調査研究Ⅱ(2017)
○社会福祉調査研究(2017)
○福祉・医療社会学演習Ⅱ(2016)
○福祉社会とジェンダー(2016)
○福祉社会とジェンダーⅡ(2016)
○福祉・医療社会学Ⅰ(2016)
○福祉社会とジェンダー(2016)
○福祉社会とジェンダー1(2016)
○福祉社会とジェンダー2(2016)
○医療社会学特論Ⅱ(2016)
○医療社会学特論Ⅰ(2016)
○社会福祉調査研究(2016)
○先端地域創造講義(2016)
○共生社会論演習(2016)
○課題型インターンシップ(長期)(2016)
○課題型インターンシップ(短期)(2016)
○医療社会学特論(2016)
○福祉・医療社会学演習Ⅰ(2016)
○福祉・医療社会学Ⅱ(2016)
○共生社会論(2016)
○共生社会論演習(2016)
○共生社会論(2016)
○社会福祉調査研究Ⅱ(2016)
○社会福祉調査研究Ⅰ(2016)
○福祉社会とジェンダーⅠ(2016)
○先端地域創造講義(2015)
○論文指導Ⅲ(2015)
○論文指導Ⅳ(2015)
○医療社会学特論(2015)
○地域フィールドワーク(2015)
○福祉社会とジェンダー(2015)
○課題型インターンシップ(長期)(2015)
○課題型インターンシップ(短期)(2015)
○共生社会論(2015)
○共生社会論演習(2015)
○共生社会論演習(2015)
○共生社会論(2015)
○論文指導Ⅰ(2015)
○社会福祉調査研究(2015)
○論文指導Ⅱ(2015)
○社会福祉調査研究(2014)
○医療社会学特論(2014)
○福祉社会とジェンダー(2014)
○論文指導Ⅲ(2014)
○共生社会論演習(2014)
○共生社会論演習(2014)
○共生社会論(2014)
○共生社会論(2014)
○共生社会論理論研究(2014)
○福祉社会学特論(2014)
○共生社会論事例研究(2014)
○福祉社会学演習(2014)
○論文指導Ⅳ(2014)
○先端地域創造講義(2014)
○課題型インターンシップ(長期)(2014)
○課題型インターンシップ(短期)(2014)
○地域フィールドワーク(2014)
○論文指導Ⅰ(2014)
○福祉社会とジェンダー(2014)
○論文指導Ⅱ(2014)
○共生社会論(2013)
○先端地域創造講義(2013)
○福祉社会とジェンダー(2013)
○論文指導Ⅲ(2013)
○論文指導Ⅰ(2013)
○医療社会学特論(2013)
○論文指導Ⅱ(2013)
○論文指導Ⅳ(2013)
○社会福祉調査研究(2013)
○共生社会論演習(2013)
○課題型インターンシップ(短期)(2013)
○地域フィールドワーク(2013)
○仕事とジェンダー(2013)
○共生社会論事例研究(2013)
○福祉社会学演習(2013)
○福祉社会学特論(2013)
○課題型インターンシップ(長期)(2013)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

○2014年度後期アクティブ・ラーニングパイロット授業(2014)
○2016年度前期アクティブ・ラーニングパイロット授業(2016)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○金沢市ひとり親家庭等自立促進計画2017策定委員会委員長(2015/11/16-2017/03/31)
○金沢市ひとり親家庭等自立促進計画2012策定委員会委員(2011/03/01-2012/03/31)
○金沢市男女共同参画推進行動計画策定専門委員会専門委員(2012/07/01-2013/03/31)
○石川県男女共同参画審議会審議会委員(2006/05/01-)
○石川県こども総合条例検討委員会委員(2006/05/01-2007/03/31)
○内灘町次世代育成支援地域行動計画評価委員会委員長(2006/03/15-2008/03/14)
○金沢市障害者施策推進協議会専門委員(2003/07/01-2004/03/31)
○金沢市男女共同参画審議会専門委員(2002/04/01-2002/12/31)
○環境審議会委員(1999/04/01-2012/03/31)
○自然環境保全審議会委員(1999/04/01-2012/03/31)
○石川県景観総合条例検討委員会委員(2007/05/25-2008/03/31)

講演可能なテーマ

○ワークライフバランス(キーワード:男女共同参画、少子高齢社会)

その他公的社会活動

このページの先頭へ