本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

柳 在圭 (ゆう ざいけい) 教授 YU Zaikei

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 経済学類 経営・情報コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 経済学専攻

所属研究室等

生産システム論

学歴

【出身大学院】
大阪大学 博士課程 基礎工学研究科 1999/03 修了
【出身大学】
韓国成均館大学  卒業
【取得学位】
工学博士

職歴

研究員 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター テクニカルスタップ(1999/09/01-2000/06/30)
助手 豊橋技術科学大学 助手(2000/07/01-2005/10/31)
助教授 金沢大学経済学部(2005/11/01-)
教授 経済学部(2008/03/01-)

生年月

1961年07月

所属学会

日本経営工学会(2016-)
日本オペレーションズ・リサーチ学会(2016-)
日本機械学会

学内委員会委員等

○情報セキュリティ対策部会 ④委員(2012-2013)
○教育用携帯型PC仕様策定委員会 ④委員(2012-2012)
○将来計画・人事調整委員会 ④委員(2012-2012)
○教育開発委員会 ④委員(2012-2013)
○情報セキュリティ対策部会委員 ④委員(2016-)
○キャリア形成委員会 ④委員(2016-)

受賞学術賞

専門分野

制御・システム工学

専門分野キーワード

生産システム、サプライチェーンマネジメント、環境配慮型システム

研究課題

循環型生産システム

物流システムの全体最適化

合理的な生産システムの構築

著書

  • eラーニングを利用した情報処理基礎 ―Windows 8,Office 2013対応編― 学術図書出版社 2013/04 ①原著書 ②共著 978-4-7806-0339-2
  • e-Learningを利用した情報処理基礎 学術図書出版社 2009/04 ①原著書 ②共著 978-4-7806-0139-8

論文

  • 多数目的最適化問題における事後解析法の提案 多目的最適化手法 MOON2=MOON2Rでの展開 進化計算学会論文誌 7巻 1号 1-11頁 2016/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Hybrid method for soving multi-depot VRP with simultaneous pickup and delivery incorporated with Weber basis saving heuristic Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing Vol.10巻 No.1号 JAMDSM0004 頁 2016/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Hybrid Approach for Multi-Depot VRP with Simultaneous Pickup and Delivery Incorporated with Weber Basis Saving Method Yoshiaki Shimizu, Tatsuhiko Sakaguchi, Jae Kyu Yoo Proc. 20th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 2015/12 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • MULTI-OBJECTIVE OPTIMIZATION ON A SEQUENCING PLANNING OF MIXED-MODEL ASSEMBLY LINE  Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing  5巻 4号 274-283頁 2011/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Multi-Objective Optimization Planning of Mixed-Model Assembly Line  Proc. 11th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference  2010/12 査読有 研究論文(プロシーディング)

全て表示

  • 混合品種組立てラインへの製品投入順序に関する多目的解析  システム制御情報学会論文誌 22巻 2号 49-57頁 2009/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A Practical TOC Scheduling Method Using Pull-Push Production Concept Proc. 9th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 1912-1919頁 2008/12 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Comparison of Multi-objective Analysis Methods Applied to a Sequencing Planning of Mixed-model Assembly Line Proc. 9th Asia Pacific Industrial Engineering & Management Systems Conference 23-26頁 2008/12 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Multi-Objective Analysis for A Sequencing Planning of Mixed-Model Assembly Line International Symposium on Flexible Automation JL008頁 2008/06 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A Practical Method for Solving Simultaneous Sequencing Problem of Mixed-Model Assembly Line Paint Line under Multiple Objectives The 8th APIEMS 2007 査読有 ①原著論文
  • Job Shop Sceduling Focusing on Role of Buffer JSME Int. Journal, Series C 49巻 3号 950-956頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 価値観の主観性を意識した多目的最適化を通じた設計支援 日本機械学会論文集(C編) 72巻 717号 209-216頁 2006/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sequencing Problem for Mixed-Model Assembly Line with the Aid of Relief-Man JSME Int. Journal, Series C 48巻 1号 15-20頁 2005/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 価値観とメタモデルの逐次関連モデル化に基づく多目的最適設計 日本機械学会論文集(C編) 71巻 712号 296-303頁 2005/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Sequencing Problem in Mixed-Model Assembly Line Including a Painting Line Proc. ICCAS2005 2005/06 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Entire Supply Chain Optimization in Terms of Hybrid Approach Proc. 15th Europe. Symp. on Computer-Aid 2005 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A Sequencing Problem for Mixed-model Assembly Line with the Help of Relief-man Proc. Int. Symp. On Scheduling 2004 2004 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 補助人員を用いる混合品種組立ラインの製品投入順序付け システム制御情報学会論文誌 17巻 10号 419-425頁 2004 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Scheduling Method for Painting Line under Pull Production JSME International Journal Series C 46巻 1号 88-92頁 2003 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • JIT生産の拡張による生産システムの総括的効率化 日本経営工学会論文誌 54巻 3号 194-201頁 2003 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 循環型生産システムにおける予測誤差を考慮した生産量決定(会議名:日本経営工学会2015秋季大会)(2015)
  • 循環型生産システムにおける生産の一元化モデルに関する研究 (会議名:日本経営工学会2014春季大会(東京理科大学))(2014/05/17)
  • 循環型生産システムにおける回収•再生モデルに関する研究 (会議名:循環型生産システムにおける回収•再生モデルに関する研究 )(2013/09/10)
  • Pull-Push型生産概念を用いた新たなTOCスケジューリング手法の提案 (会議名:経営情報学会全国大会)(2012)
  • Pull-Push型生産概念を活用したTOCスケジューリング手法(会議名:第54 回自動制御連合講演会 )(2011)

全て表示

  • Pull-Push型生産概念を活用したTOCスケジューリング手法(会議名:第54 回自動制御連合講演会 )(2011)(2011)
  • Pull-Push型生産概念を用いた新たなTOCスケジューリング手法の提案 (会議名:経営情報学会全国大会)(2012)(2012)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「供給プロセスの全体最適を考慮したJIT環境下での先進的製造・物流管理方式」(2007-) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○生産システム論B(2017)
○生産システム論A(2017)
○情報処理基礎(2017)
○演習/生産システム論(2017)
○経済数学Ⅱ(2017)
○経済数学Ⅱ(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○情報処理基礎(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○演習/生産システム論(2016)
○生産システム論A(2016)
○生産システム論B(2016)
○経済数学Ⅱ(2016)
○演習/生産システム論(2015)
○経済数学Ⅱ(2015)
○経済数学Ⅱ(2015)
○生産システム論B(2015)
○生産システム論A(2015)
○経営学総論A(2014)
○生産システム論A(2014)
○経営工学A(2014)
○生産システム論B(2014)
○経営工学B(2014)
○経済数学Ⅱ(2014)
○情報処理基礎(2014)
○情報処理基礎(2014)
○経営学総論A(2014)
○演習/生産システム論(2014)
○経営学総論A(2014)
○生産システム論A(2014)
○経営学総論A(2014)
○経済数学Ⅱ(2014)
○経済数学Ⅱ(2014)
○生産システム論B(2014)

大学院担当授業科目

○生産システム特論b(2017)
○オペレーションズマネジメント論演習(2017)
○オペレーションズマネジメント論(2017)
○生産システム論演習b-2(2017)
○生産システム特論a(2017)
○オペレーションズマネジメント論Ⅱ(2017)
○オペレーションズマネジメント論演習Ⅰ(2017)
○オペレーションズマネジメント論演習Ⅱ(2017)
○生産システム論演習a-1(2017)
○生産システム特論b-2(2017)
○生産システム特論b-1(2017)
○生産システム特論a-2(2017)
○生産システム特論a-1(2017)
○オペレーションズマネジメント論Ⅰ(2017)
○生産システム論演習b(2017)
○生産システム論演習b-1(2017)
○生産システム論演習a-2(2017)
○生産システム論演習a(2017)
○人間社会論文作成基礎(2017)
○生産システム特論b-2(2016)
○オペレーションズマネジメント論演習Ⅱ(2016)
○オペレーションズマネジメント論演習Ⅰ(2016)
○オペレーションズマネジメント論Ⅱ(2016)
○オペレーションズマネジメント論Ⅰ(2016)
○生産システム論演習a-2(2016)
○生産システム特論a-2(2016)
○生産システム論演習b-1(2016)
○生産システム特論a-1(2016)
○生産システム論演習b-2(2016)
○生産システム特論b-1(2016)
○生産システム論演習a-1(2016)
○オペレーションズマネジメント論(2015)
○オペレーションズマネジメント論演習(2015)
○生産システム論演習b(2015)
○生産システム特論b(2015)
○生産システム特論a(2015)
○生産システム論演習a(2015)
○オペレーションズマネジメント論(2014)
○オペレーションズマネジメント論演習(2014)
○生産システム論演習a(2014)
○生産システム特論a(2014)
○生産システム特論b(2014)
○生産システム論演習b(2014)
○生産システム特論(2014)
○生産システム論演習(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ