本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月29日

三枝 理博 (みえだ みちひろ) 教授 MIEDA Michihiro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 統合神経生理学

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

統合神経生理学(旧生理学第二) TEL:076-265-2170 FAX:076-234-4224

学歴

【出身大学院】
東京大学 博士課程 理学系研究科 生物化学 1997/03 修了
【出身大学】
東京大学 理学部 生物化学科 1992/03 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

慶應義塾大学医学部 生理学教室 助手(1997/04/01-1997/12/31)
理化学研究所脳科学総合研究センター 発生遺伝子制御研究チーム 研究員(1998/01/01-2001/03/31)
テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター 分子遺伝学 HFSP長期フェロー(2001/04/01-2004/04/30)
東京医科歯科大学難治疾患研究所 分子神経科学 助手/助教(2004/05/01-2007/12/31)
金沢大学医薬保健研究域医学系 分子神経科学・統合生理学 准教授(2008/01/01-2017/01/31)
金沢大学医薬保健研究域医学系 統合神経生理学 教授(2017/02/01-)

生年月

1970年02月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

神経生理学・神経科学一般、生理学一般

専門分野キーワード

概日リズム、睡眠覚醒、摂食、脳、神経系、遺伝子操作マウス

研究課題

概日リズムの神経メカニズム

睡眠・覚醒調節の神経メカニズム

著書

  • Narcolepsy, 2nd Edition: A Clinical Guide, M. Goswami, M.J. Thorpy, Pandi-Perumal, eds. (Heidelberg, Germany: Springer)  Heidelberg, Germany: Springer 2016 ①原著書 ②共著 Mieda M, and Sakurai T:

論文

  • Synchronous circadian voltage rhythms with asynchronous calcium rhythms in the suprachiasmatic nucleus.  Enoki R, Oda Y, Mieda M, Ono D, Honma S, Honma KI. Proc Natl Acad Sci U S A.  in press巻 2017/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fine-Tuning Circadian Rhythms: The Importance of Bmal1 Expression in the Ventral Forebrain.  Mieda M, Hasegawa E, Kessaris N, Sakurai T.  Front Neurosci.  11巻 55頁 2017/02/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The intrinsic microglial clock system regulates interleukin-6 expression.  Nakazato R, Hotta S, Yamada D, Kou M, Nakamura S, Takahata Y, Tei H, Numano R, Hida A, Shimba S, Mieda M, Hinoi E, Yoneda Y, Takarada T. Glia 65巻 1号 198-208頁 2017/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bone Resorption Is Regulated by Circadian Clock in Osteoblasts.  Takarada T, Xu C, Ochi H, Nakazato R, Yamada D, Nakamura S, Kodama A, Shimba S, Mieda M, Fukasawa K, Ozaki K, Iezaki T, Fujikawa K, Yoneda Y, Numano R, Hida A, Tei H, Takeda S, Hinoi E. J Bone Miner Res.  2016/12/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • QRFP-Deficient Mice Are Hypophagic, Lean, Hypoactive and Exhibit Increased Anxiety-Like Behavior. Okamoto K, Yamasaki M, Takao K, Soya S, Iwasaki M, Sasaki K, Magoori K, Sakakibara I, Miyakawa T, Mieda M, Watanabe M, Sakai J, Yanagisawa M, Sakurai T. Plos One 11巻 11号 e0164716頁 2016/11/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Manipulating the Cellular Circadian Period of Arginine Vasopressin Neurons Alters the Behavioral Circadian Period. Current Biology 26巻 18号 2535-42頁 2016/09/26 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cellular clocks in AVP neurons of the SCN are critical for interneuronal coupling regulating circadian behavior rhythm. Neuron 85巻 5号 1103-16頁 2015/03/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Orexin neurons suppress narcolepsy via 2 distinct efferent pathways Journal of Clinical Investigation 124巻 2号 604-616頁 2014/02/03 
  • Differential roles of orexin receptors in the regulation of sleep/wakefulness Frontiers in Endocrinology 4巻 MAY号 2013/09/20 
  • Orexin (Hypocretin) receptor agonists and antagonists for treatment of sleep disorders: Rationale for development and current status CNS Drugs 27巻 2号 83-90頁 2013/05/06 
  • Differential roles of orexin receptors in the regulation of sleep/wakefulness. Mieda M,Tsujino N,Sakurai T Front Endocrinol (Lausanne) 4巻 57頁 2013/05 査読有 ②総説
  • Neurotensin Co-Expressed in Orexin-Producing Neurons in the Lateral Hypothalamus Plays an Important Role in Regulation of Sleep/Wakefulness States PLoS ONE 8巻 4号 2013/04/19 
  • Neurotensin co-expressed in orexin-producing neurons in the lateral hypothalamus plays an important role in regulation of sleep/wakefulness States. Furutani N,Hondo M,Kageyama H,Tsujino N,Mieda M,Yanagisawa M,Shioda S,Sakurai T PLoS One 8巻 4号 e62391頁 2013/04 査読有 ①原著論文
  • Orexin Receptor-1 in the Locus Coeruleus Plays an Important Role in Cue-Dependent Fear Memory Consolidation Soya, Shingo;Shoji, Hirotaka;Hasegawa, Emi;Hondo, Mari;Miyakawa, Tsuyoshi;Yanagisawa, Masashi;Mieda, Michihiro;Sakurai, Takeshi JOURNAL OF NEUROSCIENCE 33巻 36号 14549-+頁 2013 
  • GABAergic neurons in the preoptic area send direct inhibitory projections to orexin neurons. 7巻 192頁 2013 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Orexin (hypocretin) receptor agonists and antagonists for treatment of sleep disorders. Rationale for development and current status. Mieda M,Sakurai T CNS DRUGS 27巻 2号 83-90頁 2013/02 査読有 ②総説
  • Clock genes influence gene expression in growth plate and endochondral ossification in mice. Takarada T,Kodama A,Hotta S,Mieda M,Shimba S,Hinoi E,Yoneda Y J Biol Chem 287巻 43号 36081-95頁 2012/10 査読有 ①原著論文
  • Overview of orexin/hypocretin system. Mieda M,Sakurai T Prog Brain Res 198巻 5-14頁 2012/10 査読有 ②総説
  • Bmal1 in the nervous system is essential for normal adaptation of circadian locomotor activity and food intake to periodic feeding. Mieda M,Sakurai T J Neurosci 31巻 43号 15391-6頁 2011/10 査読有 ①原著論文
  • Connectomics of orexin-producing neurons: interface of systems of emotion, energy homeostasis and arousal. Sakurai T,Mieda M Trends Pharmacol Sci 32巻 8号 451-62頁 2011/08 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacogenetic modulation of orexin neurons alters sleep/wakefulness states in mice. Sasaki K,Suzuki M,Mieda M,Tsujino N,Roth B,Sakurai T PLoS One 6巻 5号 e20360頁 2011/05 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Differential roles of orexin receptor-1 and -2 in the regulation of non-REM and REM sleep. Mieda M,Hasegawa E,Kisanuki YY,Sinton CM,Yanagisawa M,Sakurai T J Neurosci 31巻 17号 6518-26頁 2011/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacogenetic Modulation of Orexin Neurons Alters Sleep/Wakefulness States in Mice Sasaki, Koh;Suzuki, Mika;Mieda, Michihiro;Tsujino, Natsuko;Roth, Bryan;Sakurai, Takeshi PLOS ONE 6巻 5号 0-0頁 2011
  • Critical role of neuropeptides B/W receptor 1 signaling in social behavior and fear memory. Nagata-Kuroiwa R,Furutani N,Hara J,Hondo M,Ishii M,Abe T,Mieda M,Tsujino N,Motoike T,Yanagawa Y,Kuwaki T,Yamamoto M,Yanagisawa M,Sakurai T PLoS One 6巻 2号 e16972頁 2011/02 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The orexin system: roles in sleep/wake regulation. Sakurai T,Mieda M,Tsujino N Ann N Y Acad Sci 1200巻 149-61頁 2010/07 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • Integrative physiology of orexins and orexin receptors. Mieda M,Sakurai T CNS Neurol Disord Drug Targets 8巻 4号 281-95頁 2009/08 査読有 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • R-spondin3 is required for mouse placental development. 301巻  218-226頁 2007 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Central control of bone remodeling by neuromedin U. 13巻  1234-40頁 2007 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The dorsomedial hypothalamic nucleus as a food-entrainable circadian pacemaker. 103巻  12150-12155頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Indispensability of the glutamate transporters GLAST and GLT1 to brain development. 103巻  12161-12166頁 2006 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Orexin peptides prevent cataplexy and improve wakefulness in orexin neuron-ablated model of narcolepsy in mice. 101巻  4649-4654頁 2004 査読有 ①原著論文
  • Orexin neurons function in an efferent pathway of a food-entrainable circadian oscillator in eliciting food-anticipatory activity and wakefulness. 24巻  10493-10501頁 2004 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hypothalamic orexin neurons regulate arousal according to energy balance in mice. 38巻  701-713頁 2003 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of the lateral hypothalamic peptide orexin in morphine dependence and withdrawal. 23巻  3106-3111頁 2003 査読有 ①原著論文
  • オレキシンと食行動・エネルギー代謝.  三枝理博,櫻井武:  ねむりとマネージメント 3巻 42-44頁 2016 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)
  • 睡眠障害とオレキシン拮抗薬.  三枝理博,櫻井武 Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2016 197-205頁 2016 査読無 ②総説 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • AVP neurons play a critical role in the circadian pacemaking of SCN(会議名:第94回日本生理学大会)(2017/03)
  • オレキシンによる睡眠・覚醒調節におけるモノアミンニューロンの役割.(会議名:第23回日本時間生物学会学術大会)(2016/11)
  • AVP neurons play a critical role in the circadian pacemaking of the SCN. (会議名:Sapporo Symposium on Biological Rhythm)(2016/11)
  • Roles of monoamine neurons in sleep-wake regulation by orexin.(会議名:The 29th Conference of the International Society for Chronobiology)(2016/10)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「ニューロンタイプ特異的遺伝子操作による中枢概日ペースメーカーの動作原理の解明」(2016-) ①代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「時計ニューロン集団による概日リズム発振の神経生理学的基盤解明と操作」(2016-) ①代表者
○挑戦的萌芽研究「真の概日中枢時計ニューロンの同定」(2015-2016) ①代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)(継続の研究領域)「食餌同調性概日ペースメーカーによる食欲・行動・末梢臓器機能の調節」(2013-2014)
○基盤研究(B)(一般)「概日ペースメーカー神経ネットワークの動作原理」(2012-2015)
○挑戦的萌芽研究「AAVベクターと人工GPCRを用いたナルコレプシーの遺伝子治療法の開発」(2011-2013) ①代表者
○基盤研究(B)「食餌同期性概日リズムを刻む視床下部背内側核ニューロンの機能解析」(2008-2011) ①代表者
○若手研究(B)「概日リズム制御機構と摂食制御機構の相互作用に関する研究」(2006-2007) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○実践医学英語(2017)
○神経生理学(2017)
○英語コミュニケーション(2017)
○医薬保健学基礎(2017)
○最新医学研究(2017)
○生体の機能と統合(2017)
○医学研究実践(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○医学研究プレゼンテーション(2017)
○生体の機能(2017)
○生体の機能と統合・実習(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○生体の機能と統合(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○英語コミュニケーション(2016)
○実践医学英語(2016)
○最新医学研究(2016)
○医学研究実践(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○医学研究プレゼンテーション(2016)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命(2015)
○生体の機能と統合・実習(2015)
○生体の機能と統合(2015)
○医薬保健学基礎(2015)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命(2014)
○生体の機能と統合・実習(2014)
○生体の機能と統合(2014)
○医薬保健学基礎(2014)
○生体の機能と統合・実習(2013)
○遺伝子・ゲノム・神経・時間・生命(2013)
○生体の機能と統合(2013)
○医薬保健学基礎(2013)

大学院担当授業科目

○分子神経科学・統合生理学特論(2017)
○人体機能学(2017)
○分子神経科学・統合生理学特論(2017)
○分子神経科学・統合生理学特論(2017)
○アドバンスド・メディカルサイエンスセミナー(2016)
○アドバンスドメディカルサイエンスセミナー(2016)
○人体機能学(2016)
○分子神経科学・統合生理学特論(2016)
○分子神経科学・統合生理学特論(2016)
○分子神経科学・統合生理学特論(2016)
○人体機能学(2015)
○人体機能学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ