本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2014年04月16日

長尾 誠也 (ながお せいや) 教授 NAGAO Seiya

メール メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

環日本海域環境研究センター

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

低レベル放射能実験施設 TEL:0761-51-4440 FAX:0761-51-5528

学歴

【出身大学院】
北海道大学 博士課程 水産学研究科 水産化学専攻 1990/3 単位取得満期退学
北海道大学 修士課程 水産学研究科 水産化学専攻 1986/3 修了
【出身大学】
弘前大学 理学部 地球科学科 1984/3 卒業
【取得学位】
博士(水産学)

職歴

日本原子力研究所 環境安全研究部 研究員(1990/4/1-1999/3/31)
日本原子力研究所 燃料安全研究部 副主任研究員(1999/4/1-2001/3/31)
日本原子力研究所 環境科学部 サブグループリーダー(2001/4/1-2001/9/30)
北海道大学 地球環境科学研究科 助教授(2001/10/01-2005/03/31)
北海道大学 地球環境科学研究院 助教授(2005/04/01-2007/03/31)
北海道大学 地球環境科学研究院(2007/04/01-2008/12/31)
金沢大学 環日本海域環境研究センター(2009/01/01-)

生年月

1962年03月

所属学会

日本原子力学会 編集委員会委員(2008-)
日本放射化学会 編集委員会委員(2009-)
日本地球化学会
日本海洋学会
日本水環境学会
日本分析化学会
アメリカ地球物理学連合
国際腐植物質学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○業績賞(2010/03/27)
○北海道分析化学賞(2006/02/07)

専門分野

環境動態解析

専門分野キーワード

環境動態、有機物、放射性核種

研究課題

河川水系における溶存・粒子態有機物の特徴と移行動態

地下水中の溶存有機物の特徴と放射性核種との錯形成能

里山・里海における物質動態研究

著書

  • 水の分析 化学同人 2005/06 原著書 共著 4-7598-0991-0
  • 腐植物質ハンドブックー標準試料を例にしてー 三恵社 2007/10 原著書 編著 978-4-88361-570-4
  • 環境中の腐植物質:その特徴と研究法 三共出版 2008/11 原著書 共著 978-4-7827-0577-3
  • Radiocarbon of dissolved humic substances in river waters from the Chernobyl area 2004 原著書 共著 223-224巻  848-853頁
  • 溶存有機物の動態と機能ー土壌ー河川ー海を結んでー V 河川水のDOMの特徴と生元素の運搬機構 博友社 2011/03 原著書 単著 978-4-8268-0213-0

全て表示

  • 森と海をむすぶ川 第1章 自然河川流域と沿岸生態系—農業と沿岸— 1.天塩川 京都大学出版 2012/06 原著書 共著 柴田英昭、上田宏、イレバ・ニーナ、長尾誠也、中村洋平、門谷茂、柴沼成一朗 978-4-87698-575-3

論文

  • Association of dissolved radionuclides released by the Chernobyl accident with colloidal materials in surface water 2004 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 19巻  1581-1599頁
  • Combined use of d14C and d13C values to trace transportation and deposition processes of terrestrial particulate organic matter in coastal marine environments CHEMICAL GEOLOGY 2005 原著論文 共著 218巻  63-72頁
  • Distribution and sources of organic matter in surficial sediments on shelf and slope off Tokachi, western North Pacific, inferred from C and N stable isotopes and C/N ratios MARINE CHEMISTRY 2006 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 98巻  241-259頁
  • N2 fixation variability in the oligotrophic Sulu Sea, western Equatorial Pacific region over the past 83kyr Journal of Oceanography Journal of Oceanography 2006 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 62巻  427-440頁
  • Changes in elemental composition, molecular weight and 1H NMR spectra of the water-extractable hudrophobic acid fraction in Cambisol with season and soil depth SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION 2006 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 52巻  361-370頁

全て表示

  • Effects of operational conditions for extraction and sample storage on the structural properties of water-extractable humic substances in soil Humic Substances Society Humic Substances Society 2006 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 3巻  15-24頁
  • Molecular size distribution of Pu in the presence of humic substances in river and groundwaters JOURNAL OF RADIOANALYTICAL AND NUCLEAR CHEMISTRY 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 273巻  15-24頁
  • Study on transporation of particulate organic matter in the Ishikari River waters from spring to summer season NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIO 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 259巻  513-517頁
  • Variations in d14C of humic substances in the Lake Biwa waters NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION B-BEAM INTERACTIO 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 259巻  513-517頁
  • Diffusive transport of Neptunium and Plutonium through compacted sand-bentonite mixtures under anaerobic conditions RADIOCHIMICA ACTA 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 95巻  115-125頁
  • Solubilization of [60]Fullerene in water by aquatic humic substances CHEMISTRY LETTERS 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 36巻  302-303頁
  • Effects of fulvic concentration and molecular size on complexation of Am and Pu with aquatic fulvic acids Journal of Nuclear Radiochemical Science Journal of Nuclear Radiochemical Science 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 8巻  127-131頁
  • 三次元蛍光分光光度法による深部地下水中の溶存腐植物質の特性分析 分析化学 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 56巻  143-150頁
  • 中国三江平原河川水中の溶存腐植物質の蛍光特性 水環境学会誌 2007 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 30巻  629-635頁
  • Processes influencing iron distribution in the coastal waters of the Tsugaru Strait, Japan Journal of Oceanography Journal of Oceanography 2008 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 64巻  629-635頁
  • Role of allochtonous organic matter in Lake Bikal investigated using a 3-dimensional fluorescence excitation-emission matrix spectroscopy and high-performance liquid chromatography-mass spectrometry Verhandlungen Verhandlungen 2008 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 30巻  469-476頁
  • Carbon isotopic composition of dissolved humi and fulvic acids in the Tokachi River system RADIATION PROTECTION DOSIMETRY 2011/07 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0144-8420 146巻 1-3号 322-325頁
  • 放射性廃棄物の地層処分における国内の地下水コロイド研究の現状と今後の展開 原子力バックエンド研究 2013/06 総説 研究論文(学術雑誌) 共著 1884-7579 20巻 1号 3-14頁
  • Influence of halogen substituents on the catalytic oxidation of 2,4,6-halogenated phenols by Fe(III)-tetrakis(p-hydroxyphenyl) porphyrins and potassium monopersulfate 2012/01 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 1420-3049 17巻 48-60頁
  • Europium-binding abilities of dissolved humic substances isolated from deep groundwater in Horonobe area, Hokkaido, Japan 2012/08 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0022-3131 49巻 8号 804-815頁
  • Spatial variations of 226Ra, 228Ra, and 228Th activities in seawater from the eastern East China Sea 2012/07 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0016-7002 46巻 429-422頁
  • An early survey of the radioactive contamination of soil due to the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, with emphasis on plutonium analysis 2012/07 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0016-7002 46巻 341-353頁
  • Low level of 134Cs and 137CS surface seawaters around the Japanese archipelago after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident in 2011 2012/07 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0016-7002 46巻 311-320頁
  • Spatial distribution of 226Ra, 228Ra, 137Cs, and 228Th activities in the southwestern Okhotsk Sea 2012/01 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0265-931X 104巻 75-80頁
  • 河川・汽水域における溶存鉄の挙動 海洋と生物 2012/02 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0285-4376 34巻 1号 42-48頁
  • Factors affecting vertical distribution of Fukushima accident-derived radiocesiumin soil under different land-use conditions 2012/01 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0048-9697 431巻 392-401頁
  • Variation of D14C and d13C values of dissolved humic and fulvic acids in the Tokachi River system in northern Japan 2013/08 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0033-8222 55巻 2-3号 1007-1016頁
  • Comparison of the vertical distributions of Fukushima nuclear accident radiocesium in soil before and after the first rainy season, with physicochemical and mineralogical interpretations 2013/02 原著論文 研究論文(学術雑誌) 共著 0048-9697 447巻 301-314頁

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

口頭・ポスター

○Spatial distribution of radioactivity of Cs-134 and Cs-137 in seawaters from coastal area off the Fukushima in Japan to Northwestern Pacific(会議名:2012 Ocean Science Meeting, AGU)(2012)
○Changing concept of material cycle and its boundaries.(会議名:BRIT XII-2012)(2012)
○福島・茨城・群馬県における河川水の放射性セシウムの放射能濃度(会議名:2012年日本放射化学会年会)(2012)
○夏季の七尾西湾における栄養塩分布に地下水湧出が及ぼす影響(会議名:平成24年度日本水産学会秋季大会)(2012)
○Dispersion of Cs-134 and Cs-137 in river waters from Fukushima and Gunma Prefecture at nine months after the Fukuhsima accident.(会議名:ICRS-12 & RSPD 2012)(2012)
○Variation in Δ<sup>14</sup>C and δ<sup>13</sup>C values of dissolved humic and fulvic acids in the Tokachi River system in northern Japan.(会議名:21st International Radiocarbon Conference)(2012)
○Export of Cs-134 and Cs-137 in the Fukushima river systems at the heavy rain event in September 2011.(会議名:ASLO Aquatic Sciences Meeting)(2012)
○Migration behavior of Cs-134 and Cs-137 derived from the Fukushima Diichi NPP in river systems from Fukuhisma Prefecture.(会議名:地球惑星連合大会)(2012)

学域・学類担当授業科目

○地球化学(2012)
○ハロー・ケミストリー(2011)
○化学文献指導(2011)
○化学課題研究(2011)

大学院担当授業科目

○核地球化学(2012)
○生物地球化学特論(2012)
○地下環境物質循環学特論(2012)
○物質解析化学Ⅳ(2012)
○物質解析セミナー(2012)
○ゼミナール(2011)
○演習(2011)
○課題研究(2011)
○環境放射化学(2011)
○地下環境物質循環学特論(2011)
○生物地球化学特論(2011)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○日本原子力学会(2013-) 評議員
○日本原子力学会バックエンド部会(2013-) 部会長
○日本腐植物質学会(2011-) 会長

このページの先頭へ