本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月01日

寒河江 雅彦 (さがえ まさひこ) 教授 SAGAE Masahiko

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 経済学類 経営・情報コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 経済学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻 比較政治経済論コース

所属研究室等

学歴

【取得学位】
理学博士

職歴

生年月

所属学会

日本数学会 統計数学分科会 運営委員(2009-2012)
日本統計学会 日本統計学会論文誌 特別号編集責任者(2009-2010)
応用統計学会 応用統計学会論文誌 編集委員(-2009)
アメリカ統計学会

学内委員会委員等

○情報戦略本部会議 委員(2009-2017)
○大学経営ベンチマークワーキンググループ 座長(2011-2012)
○経営情報戦略準備室検討ワーキンググループ 座長(2011-2012)
○情報基盤企画調整部会 委員(2009-2017)
○ネットワークシステム管理部会 委員(2009-2017)
○大学経営情報検討部会 部会長(2009-2012)
○情報戦略本部会議 委員(2009-2017)
○インターンシップ・就職委員会 委員(2013-)

受賞学術賞

○日本学術振興会の特別研究員、外国人特別研究員、 国際交流事業等の専門委員を委嘱され、その活動に関して表彰されました。(2015/08/01)

専門分野

統計科学

専門分野キーワード

統計学、情報科学、データマイニング

研究課題

ノンパラメトリック統計学、データマイニング

著書

論文

  • 確率変動を含む産業連関表分析に関する考察 -金沢大学の地域経済波及効果の分析- 寒河江雅彦 金沢大学経済論集 第34巻巻 第2号号 347-400頁 2014 査読無
  • カーネル密度推定を用いた手書き文字の非線形判別法 山本けい子、寒河江雅彦 第15回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計 報告集 89-96頁 2014/03 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • 特徴抽出データを用いたカーネル密度推定法による非線形判別  山本けい子、寒河江雅彦 第14回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計 報告集 89-102頁 2013/03 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • カーネル密度推定法を用いた数字認識法の検討 山本けい子、寒河江雅彦 第13回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計 報告集 93-104頁 2012/03 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • 国立大学法人の戦略的資金調達と信用貸付  白石弘幸、寒河江雅彦 金沢大学経済論集  第32巻巻 第1号号 1-34頁 2012/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • ノンパラメトリック確率密度関数と局所モーメント  寒河江雅彦 日本数学会 秋季総合統計数学分科会、特別講演、予稿集 121-132頁 2010 査読無 研究論文(プロシーディング)
  • カーネル・データスカッシング : カーネル密度推定法のデータマイニングへの応用(<特集>ノンパラメトリック法の新展開) 小暮 厚之,寒河江 雅彦 日本統計学会誌. シリーズJ 39巻 2号 243-263頁 2010/03
  • Polynomial Histogramによる多次元ノンパラメトリック確率密度推定(<特集>ノンパラメトリック法の新展開) 寒河江 雅彦,野呂 拓矢,スコット デビッド 日本統計学会誌. シリーズJ 39巻 2号 265-298頁 2010/03
  • ヒストグラムにおけるAnchor Positionの選択法 寒河江 雅彦,山本 敏寛 金沢大学経済論集 30巻 2号 267-288頁 2010/02
  • On A Property of Second Order Moments of Multivariate Polynomial Histogram 寒河江雅彦 野呂拓矢 ディビッド・スコット Proceedings on 11th Nonparametric Statistics 141-146頁 2009/03 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • パーセント点に集計されたデータからの密度関数の推定--バイアス・パズルの考察 (特集 計算推論--モデリング・数理・アルゴリズム) 小暮 厚之,寒河江 雅彦 統計数理 53巻 2号 375-389頁 2005
  • 特集にあたって 竹澤 邦夫,寒河江 雅彦 応用統計学 33巻 2号 109-110頁 2004/12
  • ビン節点パラメータをもつ区分的線形確率密度関数の推定 山本 けい子,寒河江 雅彦 日本統計学会講演報告集 71巻 0号 294-295頁 2003/09
  • D-5 ビン節点パラメータをもつ区分的線形確率密度関数の推定(推定論)(2003年度統計関連学会連合大会記録(日本統計学会第71回大会)) 寒河江 雅彦,山本 けい子 日本統計学会誌 33巻 3号 2003/12
  • 局所線形カーネル関数によるノンパラメトリック確率密度関数の推定 山本 けい子,寒河江 雅彦 応用統計学 30巻 3号 145-160頁 2002/03
  • ノンパラメトリックな区分的線形確率密度関数の推定法 山本 けい子,寒河江 雅彦 岐阜大學工學部研究報告 52巻 81-88頁 2002
  • 局所線形カーネル関数によるノンパラメトリック確率密度関数の推定 山本 けい子,寒河江 雅彦 日本統計学会講演報告集 70巻 0号 463-464頁 2002/09
  • A-3 局所線形カーネル関数によるノンパラメトリック確率密度関数の推定法 山本 けい子,寒河江 雅彦 日本統計学会誌 32巻 3号 2002/12
  • ノンパラメトリックな区分的線形確率密度関数の推定法 山本 けい子,寒河江 雅彦 岐阜大學工學部研究報告 52巻 0号 81-88頁 2002
  • DVD-RAMを用いた情報ランドセルの提案 本池 祥子,佐久嶋 ひろみ,仲光 廣晃,清野 正樹,寒河江 雅彦 情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告 2001巻 40号 41-48頁 2001/05
  • パーセンタイル分割に基づくヒストグラム推定上の注意 寒河江 雅彦,小暮 厚之 日本統計学会講演報告集 69巻 0号 254-255頁 2001/09
  • WWWモニタリングシステムの構築(情報通信ネットワーク) 菱田 隆彰,小林 大祐,寒河江 雅彦 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 2000巻 0号 148-149頁 2000/03
  • On a generalized class of Frequency Polygon 寒河江 雅彦,山本 けい子 日本統計学会講演報告集 68巻 0号 215-216頁 2000/07
  • D-4 On a generalized class of Frequency Polygon 寒河江 雅彦,山本 けい子 日本統計学会第68回大会記録 : 統計一般理論 (8) 2000/12
  • WWWモニタリングシステムの構築 菱田 隆彰,寒河江 雅彦 岐阜大學工學部研究報告 50巻 0号 77-84頁 2000
  • ノンパラメトリック統計モデル推定の最近の展開 小暮 厚之,寒河江 雅彦 日本統計学会誌 30巻 3号 265-280頁 2000/12
  • WWWモニタリングシステムの構築 菱田 隆彰,寒河江 雅彦 岐阜大學工學部研究報告 50巻 77-84頁 2000
  • ネットワーク社会環境に適した情報通信のための規約と効率・信頼性に関する研究 神保 雅一,寒河江 雅彦,藤原 良叔 ソフトピアジャパン共同研究報告書 4巻 0号 453-487頁 1999
  • A MEASURE OF DEPARTURE FROM ENTROPY MODEL WITHAPPLICATION 寒河江 雅彦,富澤 貞夫 岐阜大學工學部研究報告 46巻 61-65頁 1996/01
  • 1因子情報路モデルからの隔たりを測る尺度(OR一般) 富澤 貞男,寒河江 雅彦,國澤 清典 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集 1992巻 0号 210-211頁 1992/05
  • マルチメディア情報通信に関する転送方式の研究 神保 雅一,寒河江 雅彦,藤原 良叔 ソフトピアジャパン共同研究報告書 3巻 2号 671-711頁 1998
  • A Measure of Departure from One-Factor Information Channel Model 富澤 貞男,寒河江 雅彦,国沢 清典 応用統計学 19巻 3号 183-187頁 1990
  • Modelling Bivriate Data Containing Zeroes, with an Analysis of Daily Rainfall Data 清水 邦夫,寒河江 雅彦 応用統計学 19巻 1号 19-31頁 1990

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○データマイニング
○ビッグデータ解析

科研費

○基盤研究(C)「ネットワーク統計学の開拓と災害・防災ネットワーク分析への展開」(2016-) 代表者
○基盤研究(C)「ネットワーク上のノンパラメトリック統計理論の構築」(2012-2016) 代表者
○基盤研究(B)「高度な情報抽出のためのノンパラメトリック推測理論の導出とその応用」(2009-2013) 分担者
○基盤研究(C)「局所モーメント法によるノンパラメトリック統計解析法」(2005-2007) 代表者
○基盤研究(C)「最適化の微分幾付学と最適化アルゴリズムの研究」(1991-) 分担者
○基盤研究(C)「局所モーメント法と最大エントロピー確率密度関数のノンパラメトリック推定法の研究」(2002-2005) 代表者
○基盤研究(C)「金融工学による保険の計量分析&#12316;ノンパラメトリック・アプローチ&#12316;」(2002-2005) 分担者

学域・学類担当授業科目

○初学者ゼミⅠ(2017)
○情報科学B(2017)
○情報科学A(2017)
○演習/情報科学(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○情報処理基礎(2017)
○情報処理基礎(2017)
○演習/情報科学(2017)
○情報科学B(2017)
○情報科学A(2017)
○情報科学A(2016)
○情報処理基礎(2016)
○情報科学B(2016)
○演習/情報科学(2016)
○演習/情報科学(2015)
○情報科学B(2015)
○情報科学A(2015)
○情報科学A(2015)
○情報科学A(2015)
○情報処理基礎(2015)
○情報処理基礎(2015)
○情報科学B(2015)
○情報科学B(2015)
○情報科学B(2014)
○情報科学B(2014)
○情報科学A(2014)
○情報科学A(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○演習/情報科学(2014)
○情報科学A(2014)
○情報科学B(2014)

大学院担当授業科目

○経営科学Ⅰ(2017)
○経営科学Ⅱ(2017)
○情報科学特論b-1(2017)
○経営科学演習Ⅰ(2017)
○情報科学論演習a(2017)
○経営科学演習(2017)
○情報科学特論b-2(2017)
○情報科学論演習b(2017)
○情報科学特論a(2017)
○情報科学特論b(2017)
○情報科学特論a-1(2017)
○情報科学論演習a-2(2017)
○経営科学(2017)
○情報科学論演習b-2(2017)
○情報科学論演習a-1(2017)
○情報科学特論a-2(2017)
○統計科学演習(2017)
○統計科学(2017)
○情報科学特論a(2017)
○経営科学演習Ⅱ(2017)
○情報科学論演習b-1(2017)
○経営科学演習Ⅰ(2016)
○統計科学(2016)
○情報科学論演習a-1(2016)
○情報科学論演習a-2(2016)
○情報科学論演習b-2(2016)
○統計科学演習(2016)
○情報科学論演習b-1(2016)
○情報科学特論a-1(2016)
○情報科学特論b-2(2016)
○情報科学特論a-2(2016)
○経営科学演習Ⅱ(2016)
○経営科学Ⅰ(2016)
○情報科学論演習b(2016)
○情報科学特論b(2016)
○情報科学論演習a(2016)
○情報科学特論a(2016)
○情報科学特論a(2016)
○経営科学(2016)
○情報科学特論b-1(2016)
○経営科学演習(2016)
○経営科学演習(2016)
○経営科学Ⅱ(2016)
○経営科学演習(2015)
○経営科学(2015)
○統計科学演習(2015)
○統計科学(2015)
○情報科学特論b(2015)
○情報科学論演習b(2015)
○情報科学特論a(2015)
○情報科学論演習a(2015)
○経営科学(2014)
○統計科学(2014)
○経営科学演習(2014)
○統計科学演習(2014)
○情報科学論演習a(2014)
○情報科学特論a(2014)
○情報科学論演習b(2014)
○情報科学特論b(2014)
○情報科学論演習(2014)
○情報科学特論(2014)

他大学の客員教授

○慶応義塾大学
○Rice University
○Yale University
○統計数理研究所
○Rice University

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○日本ーチェコ共和国 応用科学ワークショップチェコ共和国(1999/03-1999/03)日本応用数理分野の研究者間の学術研究交流に参加し、講演を行った:

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○日本学術振興会 国際事業委員会書面評価委員(2013/08/01-)
○日本学術振興会 国際事業委員会書面審査委員(2013/08/01-)
○日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員(2013/08/01-)

講演可能なテーマ

○データマイニング
○アクチュアリーと保険数理

その他公的社会活動

○北海道大学(2013-2013) 理学部数学科の集中講義で統計学を講義した。
○岐阜大学及び大学院(2008-2009) 2008 卒業研究指導、博士前期研究論文指導 副査

このページの先頭へ