本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年11月01日

馬場 智久 (ばば ともひさ) 准教授 BABA Tomohisa

メール

所属組織・役職等

がん進展制御研究所

教育分野

【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

分子生体応答 TEL:076-265-2768 FAX:076-234-4520

学歴

【出身大学院】
北海道大学 博士課程 医学研究科 病態制御学 2006/03 修了
【出身大学】
酪農学園大学 獣医学部 獣医学科 2003/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

派遣研究員 <ヒューマンサイエンス振興財団) 北海道大学 医学研究科 研究員 (2006/04/01-2007/03/31)
助教 がん研究所(2007/04/01-)

生年月

1977年05月

所属学会

日本免疫学会
日本癌学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

免疫学

専門分野キーワード

免疫寛容

研究課題

胸腺樹状細胞による免疫寛容誘導メカニズムの解明

著書

論文

  • MIP-1alpha/CCL3-mediated maintenance of leukemia-initiating cells in the initiation process of chronic myeloid leukemia Journal of Experimental Medicine 210巻 12号 2661頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel process of intrathymic tumor-immune tolerance through CCR2-mediated recruitment of Sirpα+ dendritic cells: a murine model. Baba T,Badr Mel S,Tomaru U,Ishizu A,Mukaida N PLoS ONE 7巻 7号 e41154頁 2012/07 査読有 原著論文
  • Crucial contribution of thymic Sirp alpha+ conventional dendritic cells to central tolerance against blood-borne antigens in a CCR2-dependent manner. Baba T,Nakamoto Y,Mukaida N J Immunol 183巻 5号 3053-63頁 2009/09 査読有 原著論文
  • Rat CD4+ CD8+ macrophages kill tumor cells through an NKG2D- and granzyme/perforin-dependent mechanism 馬場智久、岩崎沙理、石津明洋ほか6名 180巻 2999-3006頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD4+/CD8+ macrophages infiltrating at inflammatory sites: a population of monocytes/macrophages with a cytotoxic phenotype 馬場智久、石津明洋、岩崎沙理ほか5名 107巻 2004-2012頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Chronic graft-versus-host disease-like autoimmune disorders spontaneously occurred in rats with neonatal thymus atrophy 馬場智久、石津明洋、吉木敬ほか5名 35巻 1731-1740頁 2005/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ablation of the Ccr2 gene exacerbates polyarthritis in interleukin-1 receptor antagonist-deficient mice. Fujii H, Baba T, Ishida Y, Kondo T, Yamagishi M, Kawano M, Mukaida N. Arthritis Rheum 2011/01 査読有 原著論文
  • Antitumor effect after radiofrequency ablation of murine hepatoma is augmented by an active variant of CC Chemokine ligand 3/macrophage inflammatory protein-1alpha. Iida N, Nakamoto Y, Baba T, Nakagawa H, Mizukoshi E, Naito M, Mukaida N, Kaneko S Cancer Research 2010/08 査読有 原著論文
  • Crucial involvement of the CX3CR1-CX3CL1 axis in dextran sulfate sodium-mediated acute colitis in mice. Kostadinova FI,Baba T,Ishida Y,Kondo T,Popivanova BK,Mukaida N J Leukoc Biol 88巻 1号 133-43頁 2010/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Establishment of CML mouse model to examine the interactive role of normal hematopoietic system on the pathophysiology. The 3rd International Symposium on Carcinogenic Spiral(金沢)(2013)
  • Thymic perivascular dendritic cells capture blood-borne antigens and initiate antigen-specific Treg differentiation in the cortex 第40回日本免疫学会(幕張)(2011)
  • Thymic Sirp alpha+ DC subset conducts the novel process of intrathymic tumor-immune tolerance. 第71回日本癌学会(札幌)(2012)
  • Novel process of intrathymic immune tolerance against secretory tumor-specific antigens. 第41回日本免疫学会(神戸)(2012)
  • Thymic Sirpα+ conventional dendritic cells orchestrate central tolerance system against blood-borne antigens International Immunology (神戸)(2010)

全て表示

  • Unique role of thymic Sirpα+ dendritic cell subpopulation in the establishment of central tolerance 6th Annual Symposium on Primary Immunodeficiency Diseases (USA, Newport Beach)(2010)
  • Thymic Sirpα+ conventional dendritic cell is a major generator of central tolerance against blood-borne antigens 日本免疫学会 (大阪)(2009)
  • Crucial contribution of thymic Sirpα+ conventional dendritic cells to central tolerance against blood-borne antigens 17th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages (石川)(2009)
  • Establishment of central tolerance against blood-borne antigens by thymic Sirpα+ conventional dendritic cells Immunology 2010 (USA, Baltimore)(2010)
  • 1. 日本免疫学会 Thymic Sirpα+ dendritic cells induce the central tolerance against bloodstream antigens, 2008年12月  2. 日本病理学会  CD4/CD8 double positiveマクロファージの発見と自然免疫系における新しいエフェクター細胞としての展開 2008年5月 3. The 10th international symposium on dendritic cells Distinctive feature and role of the thymic Sirpα+ dendritic cells in the central tolerance 2008年10月  4. International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages CD4/CD8 double-positive monocytes/macrophages: a subpopulation of the macrophages/dendritic cell lineage with a cytotoxic phenotype 2007年6月 5. 日本病理学会 CD4/CD8 double positiveマクロファージによる抗腫瘍メカニズムの解明 2007年3月 6. 日本癌学会 CD4/CD8 double positive マクロファージの抗腫瘍メカニズムの検討 2006 9月 7. 第二回血液学若手研究者勉強会 CD4/CD8 double positive マクロファージの特徴と抗腫瘍作用の検討 2006 7月 8. 日本病理学会 CD4/CD8 double positive マクロファージの抗腫瘍活性の検討 2006 5月  9. 日本免疫学会 細胞傷害活性をもつCD4/CD8 double positive マクロファージの解析 2005 12月 10. 日本病理学会 HTLV-Ι pX 遺伝子導入ラットと正常ラットの交配種における胸腺異常と免疫病理  2005 4月 11. 日本免疫学会 HTLV-Ι pX 遺伝子導入ラットと正常ラットの交配種における胸腺異常と chronic GVHD様疾患の発症  2004 12月 12. 日本病理学会 HTLV-Ι pX 遺伝子導入ラットと正常ラットの交配種における全身性炎症性疾患の発症  2004 6月 (2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○「CD4+CD8+マクロファージの抗腫瘍メカニズムと免疫学的役割に関する研究」(2007-) 代表者
○若手研究(B)「胸腺Sirpα+樹状細胞の機能的特徴と自己免疫寛容における役割の解明」(2009-) 代表者
○若手研究(B)「胸腺Sirpα+樹状細胞による自己免疫寛容の新規誘導メカニズムの解明」(2011-2012) 代表者
○若手研究(B)「胸腺Sirpα+樹状細胞の機能的特徴と自己免疫寛容における役割の解明」(2009-2010) 代表者
○基盤研究(C)「慢性骨髄性白血病発症における正常骨髄細胞との相互作用機構の解明」(2013-2015) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○サイトカイン学特論(2017)
○サイトカイン学特論(2017)
○がん研セミナー(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ