本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

太田 明雄 (おおた あきお) 准教授 OTA Akio

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

界面化学研究室 TEL:076-234-4766 FAX:076-234-4800

学歴

【出身大学院】
九州大学 博士課程 理学研究科 化学 2000/03 修了
【出身大学】
九州大学 理学部 化学 1995 卒業
【取得学位】
博士(理学)

職歴

生年月

1972年12月

所属学会

日本化学会 近畿支部幹事(2010-2011)
日本熱測定学会
日本油化学会
コロイドおよび界面科学国際連合

学内委員会委員等

受賞学術賞

○平成14年度向科学技術振興財団研究助成(2003/03/01)
○平成15年度笹川科学研究助成(2003/04/25)
○平成22年度油脂工業会館研究助成(2010/03/31)
○平成16年度コスメトロジー研究振興財団助成(2004/11/19)
○第43回日本油化学会年会ヤングフェロー賞(2004/11/01)

専門分野

溶液化学、界面化学 界面活性剤 自己組織化、機能物性化学、グリーン・環境化学、ナノ材料化学

専門分野キーワード

N-アシル化アミノ酸、界面活性剤、熱量測定

研究課題

熱量測定による両親媒質溶液の研究

界面活性剤に代表される両親媒性物質は,適した条件を設定することによって溶媒(主に水)中で自己組織化することで集合体を形成する。その集合体のサイズや形状に関わらす,熱の移動は殆どのケースにおいて発生することから,熱測定は非常に有用なツールの一つである。そこで主に恒温滴定型熱量測定(ITC)や示差走査熱量測定(DSC)を用いて,組織化に伴うエンタルピー変化や集合体中での分子間相互作用の大きさを熱力学的に明らかにすることを目的として研究を行っている。

界面活性剤およびアミノ酸型界面活性剤の会合特性

界面活性剤およびアミノ酸型界面活性剤の会合特性 界面活性剤の性質は,主に炭化水素鎖からなる疎水基間の疎水性相互作用と,親水基間の斥力的相互作用の兼ね合いで通常決定される。しかしながら一部の親水基には水素結合に代表される引力的な相互作用も関与することが予測できるが,その親水基構造の系統的研究は一般的に困難である。そこで我々はアミノ酸を親水基構造に有する界面活性剤に着目し,種々のアミノ酸からなる界面活性剤を合成し,界面活性能への親水基構造の観点から検討している。また親水基間の相互作用は通常のミセル形成とは異なる特殊な会合特性を引き起こすことから,そのメカニズムについても検討している。

生体関連物質と界面活性剤の相互作用

生体関連物質と界面活性剤の相互作用 ペプチド,脂質,核酸などの生体分子は分子間相互作用を巧みに利用し多くの機能を有している。界面活性剤が人体に作用する際には,これら生体分子とまず相互作用することが考えられる。よってこれらの分子と界面活性剤の相互作用について我々は生体適合性の観点から検討すると同時に,DDSや遺伝子デリバリーへの応用を目標として,リン脂質リポソームやDNA,RNAなどマクロ分子への界面活性分子の集積化を検討している。その目的を達成するため,アミノ酸や核酸塩基を導入した界面活性剤を設計し,その性質についても検討している。

著書

論文

  • Structure Effect on Nonideal Mixing of Alkyl Methyl Sulfoxide and Alkyl Dimethyl Phosphine Oxide in Adsorbed Film and Micelle Iyota H., Ohta A. 他4名 J. Colloid Interface Sci. 216巻 41頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aqueous Solution Properties of Pyridinium-Type Perfluorinated Surfactants and Simulation of Mixture CMC Asakawa T., Ohta A., 他2名 J. Colloid Interface Sci. 240巻 365頁 2001/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calorimetric Study of Dilute Aqueous Solutions of Ethylene Glycol Oligomers Ohta A., Aratono M.他2名 J. Phys. Chem. B 102巻 24号 4809頁 1998/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calorimetric Study of Micellar Solutions of Pentaethylene Glycol Monooctyl and Monodecyl Ethers Ohta A., Aratono M.他3名 J. Phys. Chem. B 104巻 35号 8592頁 2000/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calorimetry of Micelle Formation of Binary Nonionic Surfactant Mixtures Ohta A., Miyagishi S., Aratono M. J. Phys. Chem. B 105巻 14号 2826頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Calorimetry of Surfactant Solutions. Measurement of the Enthalpy of Mixing of Tetraethylene Glycol Monooctyl Ether and Water Aratono M., Ohta A.他4名 J. Phys. Chem. B 101巻 18号 3535頁 1997/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calotimetric Study of Micelle Formation in Polyethylene Glycol Monooctyl Ether Solutions Ohta A., Takiue T.,他2名 J. Solution Chem. 30巻 4号 335頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Interaction between Ionic and Nonionic Surfactants in the Adsorbed Film and Micelle. 3. Sodium Dodecyl Sulfate and Tetraethylene Glycol Monooctyl Ether Matsubara H., Ohta A. 他4名 Langmuir 17巻 25号 7752頁 2001/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dodecylammonium Chloride and Tetraethylene Glycol Monooctyl Ether Matsubara H., Ohta A. 他3名 Langmuir 16巻 20号 5496頁 2000/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Interaction between Ionic and Nonionic Surfactants in the Adsorbed Film and Micelle. Hydrochloric Acid, Sodium Chloride and Tetraethylene Glycol Monooctyl Ether Matsubara H., Ohta A. 他4名 Langmuir 15巻 17号 5496頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Miscibility of binary surfactant mixtures in the adsorbed film and micelle: the effect of size of polar head group Ohta A., Matsubara H., 他2名 COLLOIDS AND SURFACES A-PHYSICOCHEMICAL AND ENGINEERING ASPECTS 183-1巻 1-3号 403頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Temperature Effect on the Adsorption and Micelle Formation of Pentaethylene Glycol Monoalkyl Ethers Wongwailikhit K., Ohta A., 他5名 J. Phys. Chem. B 105巻 46号 11462頁 2001/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Excess Thermodynamic Quantities of Adsorption of a Binary Nonionic Surfactant Mixture Aratono M., Ohta A. 他4名 J. Colloid Interface Sci. 217巻 128頁 1999/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Thermodynamic Insight into the Origin of a Calix[n]arene-[60]fullerene Interaction and its Application to a Porphyrin-[60]fullerene Energy Transfer System Ikeda A., Ohta A., 他6名 JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY 38巻 163頁 2000/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Transition and Miscibility of Binary Surfactant Mixtures in the Adsorbed Film at Air/Water Surface. Ohta A., Matsubara H. 他4名 JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE 256巻 411頁 2002/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Calorimetric Studies of Aggregate Formation of Oleyl Alcohol in Oil Solutions. Murakami R., Ohta A. 他4名 JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B 106巻 25号 6548頁 2002/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Krafft temperature and enthalpy of solution of N-acyl amino acid surfactants and their racemic modifications: effect of the amino acid residue Ohta A, Miyagishi S. 他3名 COLLOID AND POLYMER SCIENCE 4巻 281号 363-369頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aggregation Behavior of Fluorooctanols in Hydrocarbon Solvents OHTA A., MURAKAMI R. (他4名) JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B 107巻 41号 11502頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Krafft Temperature and Enthalpy of Solution of N-Acyl Amino Acid Surfactants and Their Racemic Modifications: Effect of Counter Ion Ohta A, Nakashima S. 他3名 COLLOID AND POLYMER SCIENCE 282巻 1号 162頁 2003/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Diagrams of Mixtures of Diastereomeric Salts of N-Acyl Amino Acid-Type Ohta A, Hata Y, 他3名 JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B 108巻 32号 12204頁 2004/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Vesicle-Micelle Transition of N-Acyl Phenylalaninate Salt in Very Dilute Aqueous Solution OHTA A., TANI-I K. (他3名) CHEMISTRY LETTERS 34巻 4号 560-561頁 2005/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Unique Incorporation Behavior of Amino Acid-Type Surfactant into Phospholipid Vesicle Membrane Yasuhara K, Ohta A. (他4名) COLLOID AND POLYMER SCIENCE 283巻 8号 987-993頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transition from Nanotubes to Micelles with Increasing Concentration in Dilute Aqueous Solution of Potassium N-Acyl Phenylalaninate LANGMUIR 22巻 20号 8472-8477頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spontaneous vesicle formation of single chain and double chain cationic surfactant mixtures 荒殿誠, Wongwailikhit K., 太田明雄, 他10名 111巻 1号 107-115頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Unusual Micelle Micropolarity of Partially Fluorinated Gemini Surfactants Sensed by Pyrene Fluorescence 浅川毅, 桑本恵, 太田明雄, 他2名 22巻 14号 6035-6055頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • New Fluorescent Probes Applicable to Aggregates of Fluorocarbon Surfactants. 56巻 11号 587-593頁 2007/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of the side chain of N-acyl amino acid surfactants on micelle formation: An isothermal titration calorimetry study 317 巻 1-3号  316-322頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aqueous solution properties of disulfide linked gemini and cleaved monomeric thiol surfactants 57巻 4号  243-249頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Spontaneous vesicle formation of single chain and double chain cationic surfactant mixtures 111巻 1号 107-115頁 2007/01 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • DPPCリポソームへのアシル化アミノ酸型界面活性剤の作用 コロイド アンド インターフェース コミュニケーション 39巻 2号 18-20頁 2014/04 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Solubilization of Genistein by Caseinate Micellar System Anjani G., Ohta A.,Yasuhara K., Asakawa T. 63巻 4号 413-422頁 2014/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Micelle-Vesicle Transition by Cleavage of Disulfide Spacer Chain for Gemini Surfactant in Didodecyldimethylammonium chloride Aqueous Solutions Mizuhashi T., Asakawa T.,Ohta A.,  64巻 9号 963-969頁 2015/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Generation of fluorocarbon and hydrocarbon hybrid gemini surfactants controlled by micellar miscibility 浅川毅、小澤匡弘、太田明雄 Journal of Oleo Science 62巻 1号 17-20頁 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アシルアミノ酸塩を利用したミセル形成に及ぼす親水ヘッドの影響の検討 コロイド アンド インターフェース コミュニケーション 34巻 1号 12-13頁 2009/01 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Aqueous Solution Properties of Disulfide Linked Fluorinated Gemini and Cleaved Monomeric Thiol Surfactants. 浅川毅、小澤匡弘、太田明雄 Journal of Oleo Science 60巻 9号 469-474頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mixed Surfactant Systems, Surfactant Science Ser. Vol.124 MIYAGISHI S., ASAKAWA T., OHTA A. 2005/01
  • Fluorescence Probe Study of Vesicle and Micelle Formations in a Binary Cationic Surfactant Systems 277巻 20-26頁 2006/04
  • Effect of stereochemistry on the molecular aggregation of phenylalanine dipeptide-type surfactants 太田明雄,白井麻理ほか2名 57(12)巻 659-667頁 2008/12
  • Synthesis of organic-inorganic hybrid bicelles-lipid bilayer nanodiscs encompassed by siloxane surfaces 安原主馬、太田明雄、他3名 Chemical Communications 47巻 19号 4691頁 2011/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aqueous Solution Behavior of Cationic Surfactants Containing Sulfide Linked Alkyl Chain Asakawa Tsuyoshi,Mochizuki Syunsuke,Ohta Akio Journal of Oleo Science 60巻 4号 165-170頁 2011
  • Dissymmetric Gemini Surfactants Generated by Disulfide Exchange in Mixed Micelles Asakawa Tsuyoshi,Tango Hirotaka,Ozawa Tadahiro,Ohta Akio Journal of Oleo Science 59巻 2号 95-100頁 2010
  • (R)-1-phenylethylammonium N-tetradecanoyl-L-phenylalaninate monohydrate Ogawa Toshikazu,Ohta Akio,Hata Yoshitoki,Miyagishi Shigeyoshi,Kunimoto Ko-Ki,太田 明雄,宮岸 重好,国本 浩喜 Acta Crystallographica Section E: Structure Reports Online 62巻 1号 153-155頁 2006/01

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○分子集合体中での分子認識機構に関する研究

科研費

○若手研究(B)「リボ核酸を利用した界面活性剤自己組織体の形態制御と機能化」(2008-) 代表者
○若手研究(B)「機能化サプリメントを目指した脂質ータンパク質ハイブリッド型キャリアの創成」(2012-2013) 代表者

学域・学類担当授業科目

○化学文献指導(2017)
○課題探究ゼミナールⅢ(2017)
○応用化学課題研究(2017)
○学域GS言語科目Ⅰ(理工系英語Ⅰ)物質化学類(化学コース)(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(理工系英語Ⅱ)物質化学類(2017)
○物質化学序論A(2017)
○課題探究ゼミナールⅡ(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(理工系英語Ⅱ)物質化学類(2017)
○課題探究ゼミナールⅡ(2017)
○応用化学実験Ⅰ(2017)
○応用化学実験Ⅰ(2017)
○課題探究ゼミナールⅠ(2017)
○情報化学(2017)
○教職実践演習C(中・高)(2017)
○応用物理化学Ⅱ(2017)
○学域GS言語科目Ⅰ(理工系英語Ⅰ)物質化学類(応用化学コース)(2017)
○応用化学基礎実験(2017)
○課題探究ゼミナールⅢ(2017)
○課題探究ゼミナールⅡ(2016)
○課題探究ゼミナールⅢ(2016)
○工業概論(2016)
○教職実践演習C(中・高)(2016)
○応用化学実験Ⅰ(2016)
○化学文献指導(2016)
○応用化学課題研究(2016)
○課題探究ゼミナールⅡ(2016)
○課題探究ゼミナールⅢ(2016)
○応用物理化学Ⅱ(2016)
○情報化学(2016)
○課題探究ゼミナールⅠ(2016)
○物理化学基礎(2016)
○応用化学実験Ⅰ(2016)
○応用化学特別講義(2016)
○応用物理化学Ⅱ(2015)
○情報化学(2015)
○学外技術体験実習A(2015)
○学外技術体験実習B(2015)
○応用化学実験Ⅰ(2015)
○応用化学実験Ⅰ(2015)
○教職実践演習C(中・高)(2015)
○課題探究ゼミナールⅠ(2014)
○教職化学(2014)
○教職化学(2014)
○情報化学(2014)
○応用物理化学Ⅱ(2014)
○応用化学実験Ⅰ(2014)
○応用化学実験Ⅰ(2014)
○工業概論(2014)
○教職実践演習C(中・高)(2014)
○物理化学基礎(2014)

大学院担当授業科目

○応用化学熱力学(2017)
○プレゼンテーションⅢ(2017)
○研究者倫理(2017)
○分子集合系化学(2017)
○創成演習応用化学コース(2017)
○課題研究平成29年10月入学者用(2017)
○エネルギー・環境プログラム序論(2017)
○課題研究平成29年度入学生用(2017)
○プレゼンテーションⅣ(2017)
○プレゼンテーションⅡ(2017)
○先端化学平成29年度入学生用(2017)
○先端化学平成29年10月入学者用(2017)
○研究者倫理(2017)
○プレゼンテーションⅠ(2017)
○界面物理化学特論(2017)
○界面物理化学特論(2017)
○界面物理化学特論(2017)
○界面物理化学特論(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○研究者として自立するために(2017)
○課題研究平成28年10月入学者用(2016)
○プレゼンテーションⅣ(2016)
○プレゼンテーションⅠ(2016)
○プレゼンテーションⅢ(2016)
○課題研究平成28年度入学生用(2016)
○先端化学平成28年度入学生用(2016)
○プレゼンテーションⅡ(2016)
○先端化学平成28年10月入学者用(2016)
○応用化学熱力学(2016)
○エネルギー・環境プログラム序論(2016)
○マテリアルプログラム序論(2016)
○分子集合系化学(2016)
○化学技術英語(2016)
○界面物理化学特論(2016)
○応用化学熱力学(2015)
○界面物理化学特論(2015)
○分子集合系化学(2015)
○エネルギー・環境プログラム序論(2015)
○インターンシップⅡ(2015)
○インターンシップⅠ(2015)
○創成研究Ⅱ(2015)
○創成研究Ⅰ(2015)
○集合系物理化学特論(2014)
○凝縮系物理化学特論(2014)
○集合系物理化学特論(2014)
○界面物理化学特論(2014)
○応用化学熱力学(2014)
○分子集合系化学(2014)
○エネルギー・環境プログラム序論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○界面活性剤の洗浄作用と安全性(キーワード:界面活性剤)

その他公的社会活動

このページの先頭へ