本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月26日

下川 智嗣 (しもかわ ともつぐ) 教授 SHIMOKAWA Tomotsugu

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 機械工学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 機械工学類
理工学域 機械工学類 機械システムコース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 機械科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 システム創成科学専攻

所属研究室等

機構設計研究室 TEL:076-234-4692 FAX:076-234-4692

学歴

【出身大学院】
大阪大学 博士課程 工学研究科 知能・機能創成工学専攻 2002/03 修了
大阪大学 修士課程 工学研究科 知能・機能創成工学専攻 2000/03 修了
【出身大学】
大阪大学 工学部 機械工学科 1998/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

金沢大学 工学部 助手(2003/04/01-2006/09/30)
金沢大学大学院自然科学研究科 工学部(2004/04/01-2006/09/30)
金沢大学大学院自然科学研究科 工学部(2006/10/01-2009/03/31)
金沢大学 理工研究域 機械工学系 理工研究域(2009/04/01-)

生年月

1974年08月

所属学会

日本機械学会 計算力学部門 A-TS01-15 研究会幹事(2010-)
日本金属学会 会誌編集委員会・欧文誌編集委員会査読委員(2016-2018)
日本繊維機械学会 理事(2005-)
日本材料学会 論文編集委員,北陸信越支部会計,石川県幹事(2007-)
日本設計工学会

学内委員会委員等

○学域GS科目等検討WG ④委員(2016-2016)
○教務委員 ④委員(2016-2016)
○広報委員オブザーバー ④委員(2015-2015)
○機械科学専攻後期課程幹事会 ④委員(2014-2014)
○建物情報システム管理委 ④委員(2014-2014)
○セグメント管理委員 ④委員(2013-2013)

受賞学術賞

○日本機械学会材料力学部門優秀講演(1999/10)
○日本材料学会平成17年度論文賞(2006/05)
○日本材料学会分子動力学部門委員会MD賞(優秀講演,一般の部)(2006/05/26)
○日本材料学会平成18年度学術奨励賞(2007/05/19)
○平成21年度日本繊維機械学会賞「論文賞」
○日本機械学会関西学生会平成9年度卒業研究発表会 BPA(Best Presentation Awards)(1998/03/22)
○2009年度日本機械学会奨励賞(研究)(2010/04/23)
○Best Poster Award, International Symposium on(2010/11/01)
○日本金属学会論文賞(組織部門)(2017/09/06)
○若手優秀講演フェロー賞(第29回計算力学講演会)(2016/09/23)
○平成28年度連合講演大会学生発表の部門-優秀講演賞(2016/12/03)
○日本材料学会分子動力学部門委員会MD賞(優秀講演,一般)(2015/05/22)
○日本金属学会論文賞(2014/09/24)
○日本金属学会まてりあ論文賞(2014/09/24)
○日本材料学会分子動力学部門委員会MD賞(優秀講演,一般)(2014/05/16)
○日本機械学会北陸信越支部賞優秀講演賞(2014/03/08)
○第35回本多記念研究奨励賞(2014/05/29)

専門分野

機械材料・材料力学

専門分野キーワード

分子動力学法,Quasicontinuum法,格子欠陥の相互作用,転位,粒界

研究課題

マルチスケール原子シミュレーション法の開発

マルチスケール原子シミュレーション法の開発 材料の力学特性,変形・破壊機構を計算機シミュレーションするためには,それぞれの目的に応じたモデルを構築する必要がある.原子シミュレーションは,個々の原子を直接取り扱うため,不均質構造や局所変形を表現できる有効な表現手法の一つであるが,欠陥から離れた変形勾配の変化の小さな領域においても個々の原子を取り扱うので膨大な自由度を要求する.また計算可能な原子数に制限があるため,境界条件が解析結果に大きく影響を与える.このような問題を克服するために,マルチスケールモデルの開発を行なっている.

ナノ構造体の力学特性の発現メカニズムの解明

ナノ構造体の力学特性の発現メカニズムの解明 結晶粒径が数百ナノメートルオーダで構成されるナノ結晶体は,通常の粗大粒とは異なる力学特性を示すことが報告されている.その原因として,粒界の体積率が急激に増加することが考えられる.また,複数の欠陥構造の相互作用により生じる粒回転や粒集団挙動を取り扱うためには,個々の欠陥特性を理解するだけでは不可能であり,力学モデル構築には,考慮すべき代表体積要素の選定が重要である.ここでは,分子動力学法を用いて,複数の結晶粒により構成されるナノ結晶体モデルを直接計算機内に構築し,計算機実験を行なうことで,強度の粒径依存性や粒界性格分布依存性について検討している.

格子欠陥の発展・形態変化に関する原子スケール計算機実験

格子欠陥の発展・形態変化に関する原子スケール計算機実験 金属結晶材料の強度は,その内部構造(結晶領域と欠陥領域)と密接な関係を示す.欠陥領域としては,0次元的な点欠陥(空孔等),1次元的な線欠陥(転位等),2次元的な面欠陥(粒界等)が考えられる.このような欠陥構造の相互作用を理解することは,実験・理論的なアプローチでは困難であり,個々の欠陥構造を直接表現できる原子シミュレーションは有効な道具となりうる.現在では,転位と粒界の相互作用や,ナノ結晶特有の欠陥構造生成メカニズム,転位の集団的挙動より形成されると考えられる Grain Subdivision メカニズム等について研究を行なっている.

著書

  • しなやかで強い鉄鋼材料ー革新的構造用金属材料の開発最前線  NTS 2016/06/13 ①原著書 ①単著 下川智嗣, 大橋鉄也, 田中將己, 東田賢二

論文

  • Matching conditions in the quasicontinuum method: Removal of the error introduced at the interface between the coarse-grained and fully atomistic region T. Shimokawa, J. J. Mortensen, J. Schiltz, K. W. Jacobsen Physical Review B 69巻 21号 214104(1-10)頁 2004/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atomistic Study on Ideal Strength of Nanocrystal and Deformation Induced Nanostructures A. Nakatani, T. Shimokawa ほか1名 Mesoscopic Dynamics of Fracture Process and Materials Strength 365-380頁 2004/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ナノ多結晶体中の粒界の構造と力学特性に関する分子動力学法による研究 下川智嗣、中谷彰宏、北川浩 日本機械学会論文集A編 68巻 670号 858-865頁 2002/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 複合材料の原子レベル表面創成機構の分子動力学法による研究 中谷彰宏、北川浩、下川智嗣 材料 48巻 4号 381-386頁 1999/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 分子動力学法によるナノ多結晶体の力学特性と引張荷重下における非弾性変形機構の検討 中谷彰宏, 北川浩,下川智嗣 日本機械学会論文集A編 66巻 643号 435-441頁 2000/03 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Mechanical Properties Depending on Grain Sizes of Fcc Nanocrystalline Metals by Using Molecular Dynamics Simulation (Investigation of Stacking Fault Energy's Influence) Akihiro Nakatani, Hiroshi Kitagawa JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES A-SOLID MECHANICS AND MATERIAL ENGINEERIN 47巻 2号 83-91頁 2004/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Extrinsic Grain Boundary Dislocations on Mechanical Properties of Ultrafine-Grained Metals by Molecular Dynamics Simulations Tomotsugu Shimokawa, Toshiyasu Kinari, Sukenori Shintaku Materials Transactions 50巻 1頁 2009/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adaptive Mesh Refinement with Elastic Stiffness Coefficients in the Quasicontinuum Model Journal of Computational Science and Technology 3巻 2号 408-416頁 2009/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The Effect of Severe Plastic Deformation on the Brittle-Ductile Transition in Low Carbon Steel Masaki Tanaka, Kenji Higashida, Tomotsugu Shimokawa Materials Science Forum 633-634巻  471-480頁 2009/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Barrier effect of grain boundaries on the avalanche propagation of polycrystalline plasticity Tomoaki Niiyama, Tomotsugu Shimokawa Physical Review B 94巻 140102(R)(1-5)頁 2016/10/25 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atomic Scale Simulations of Relationship between Macroscopic Mechanical Properties and Microscopic Defect Evolution in Ultrafine-grained Metals Tomohito Tsuru, Yoshiteru Aoyagi, Tomotsugu Shimokawa Materials Transactions 57巻 9号 1476-1481頁 2016/07/24 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Grain Subdivision Mechanism Related to Partial Disclinations in Severe Plastic Deformation: A Molecular Dynamics Study Tomotsugu Shimokawa, Tomoaki Yamashita, Tomoaki Niiyama, Nobuhiro Tsuji Materials Transactions 57巻 9号 1392-1398頁 2016/08/25 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Heterogeneous plastic deformation and Bauschinger effect in ultrafine-grained metals: atomistic simulations Tomohito Tsuru, Yoshiteru Aoyagi, Yoshiyuki Kaji, Tomotsugu Shimokawa Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering 24巻 035010(1-10)頁 2016/02/22 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 間欠的な塑性変形の原子スケールダイナミクスとその統計的性質に対する変形負荷条件の影響 新山友暁, 下川智嗣 材料 65巻 2号 119-126頁 2016/02/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Influence of competition between intragranular dislocation nucleation and intergranular slip transfer on mechanical properties of ultrafine-grained metals T. Tsuru, Y. Aoyagi, Y. Kaji, T. Shimokawa Materials Transactions 54巻 9号 1580-1586頁 2013/05/17 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 非すべり応力がらせん転位のパイエルスエネルギーに与える影響 木下惠介,下川智嗣,喜成年泰,澤田英明,川上和人,潮田浩作 日本機械学会論文集 80巻 809号 CM0018(1-10)頁 2014/01/25 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A multiscale approach for the deformation mechanism in pearlite microstructure: Numerical evaluation of elasto-plastic deformation in fine lamellar structures T. Ohashi, L. Roslan, K. Takahashi, T. Shimokawa, M. Tanaka, and K. Higashida Materials Science and Engineering: A 588巻 214-220頁 2013/12/20 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 超微細粒金属の機械特性に対する粒内転位生成と粒界におけるすべり伝播の影響 都留智人,青柳吉輝,加治芳行,下川智嗣 日本金属学会誌 78巻 1号 45-51頁 2014/01/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atomistic mechanisms of intermittent plasticity in metals: Dislocation avalanches and defect cluster pinning Physical Review E 91巻 2号 022401(1-6)頁 2015/01/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • A multiscale approach for the deformation mechanism in pearlite microstructure: Experimental measurements of strain distribution using a novel technique of precision markers M. Tanaka, Y. Yoshimi, K. Higashida, T. Shimokawa, T. Ohashi Materials Science and Engineering: A 590巻 37-43頁 2014/01/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dislocation multiplication from the Frank-Read source in atomic models T. Shimokawa, S. Kitada Materials Transactions 55巻 1号 58-63頁 2013/11/29 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A multiscale approach for the deformation mechanism in pearlite microstructure: Atomistic study of the role of the heterointerface on ductility T. Shimokawa, T. Oguro, M. Tanaka, K. Higashida, and T. Ohashi Materials Science and Engineering: A 598巻 68-76頁 2014/03/26 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Atomic-scale intergranular crack-tip plasticity in tilt grain boundaries acting as an effective dislocation source T. Shimokawa, M. Tsuboi Acta Materialia 87巻 233-247頁 2015/04/01 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Change of Load with Time for Laterally Compressed Filament Yarn 2005/08
  • Observation of Heald Motion during Shedding Motion in Jet Loom 2005/08
  • Reduction of Collision Sound during Shedding Motion in Jet Loom by Using Commercial Plastic Heald 2005/08
  • Atomistic Simulations of Interface Properties in Metals 2007/04
  • Influence of the grain boundary structure on the crystal slip transmission by the quasicontinuum simulations 2005/12
  • Atomistic Study of Plastic Deformation of Nanostructured Materials 2005/10
  • Temperature Dependence of a Grain Size of the Maximum Strength of Nanocrystalline Metals by Molecular Dynamics Simulation T. Shimokawa, T. Kinari, S. Shintaku, A. Nakatani and H. Kitagawa 2005/01
  • A seamless coupling of atomistic and continumm fields in the quasicontinuum method 2005/10
  • Deformation and Fracture Mechanism of Round Bar Specimen of Nanocrystalline Materials by Molecular Dynamics Simulation Tomotsugu. Shimokawa, Akihiro. Nakatani and Hiroshi. Kitagawa 2002/07
  • Molecular Dynamics Simulation on Mechanical Properties and Internal Structures of Nano-Crystalline Materials under Different Loading Processes Tomotsugu. Shimokawa, Akihiro. Nakatani and Hiroshi. Kitagawa 2001/05
  • Grain Boundary Characteristics of Nano-Polycrystalline Materials using Molecular Dynamics Simulation Tomotsugu. Shimokawa, Akihiro. Nakatani and Hiroshi. Kitagawa 2001/02
  • Meso-Plasticity Study for Polycrystalline Material (Atomistic Simulation of Nano-Crystal) Tomotsugu. Shimokawa, Akihiro. Nakatani and Hiroshi. Kitagawa 1999/07
  • 型を使用した二重機結び機の型経路 木倉寛隆,新宅救徳,喜成年泰,下川智嗣 54巻 3号 93-101頁 2008/05
  • 型を使用した結び目形成のための糸経路設計 木倉寛隆,新宅救徳,喜成年泰,下川智嗣 54巻 3号 83-91頁 2008/05
  • 2軸型ディスクフリクション仮撚における糸の経路と張力の解析 金田直人,新宅救徳,喜成年泰,下川智嗣 53巻 5号 203-210頁 2007/09
  • 織機開口運動におけるヘルドの飛び跳ね挙動 赤村岳人,喜成年泰,下川智嗣,宮下大輔,望月吉和,新宅救徳 52巻 2号 87-92頁 2006/02
  • 円柱面上を移動する糸が描く曲線 喜成年泰,新宅救徳,下川智嗣 58巻 8号 95-100頁 2005/08
  • 原子スケール計算機実験による積層欠陥エネルギーの異なるナノ結晶体の粒界構造と力学特性の関係 下川智嗣、喜成年泰、新宅救徳 57巻 8号 761-767頁 2008/08
  • Brittle-ductile transition in low carbon steel deformed by the accumulative roll bonding process Masaki Tanaka, Kenji Higashida, Tomotsugu Shimokawa, Tatsuya Morikawa 50巻 1頁 2009/01
  • 弾性剛性係数を用いた準連続体モデルの自動要素分割に関する研究 喜成年泰、新宅救徳 74巻 738頁 2008/02
  • Atomic simulations on the grain subdivision of a crystalline metal Toshiyasu Kinari, Sukenori Shintaku 561巻 1983-1986頁 2007/11
  • 原子シミュレーションによるAlおよびCuナノ結晶中の欠陥構造に関するエネルギー論的研究 平本知之、喜成年泰、新宅救徳 56巻 11号 1068-1075頁 2007/11
  • Interaction mechanism between edge dislocations and asymmetrical tilt grain boundaries investigated via quasicontinuum simulations Toshiyasu Kinari, Sukenori Shintaku 75頁 2007/04
  • Dislocation-Grain Boundary Interactions by the Quasicontinuum Method T. Kinari and S. Shintaku 340巻 341号 973-978頁 2007/01
  • Microstructural evolution in crystalline metal induced by plastic deformation---Atomistic study of grainsubdivision in tension, torsion and rolling--- 144巻 1号 25-35頁 2007/01
  • Collective grain deformation of nanocrystalline metals by molecular dynamics simulations 14巻 5号 63-72頁 2006/05
  • Defect-induced anisotropy in mechanical properties of nanocrystalline metals by molecular dynamics simulations 13巻 8号 1217-1231頁 2005/10
  • Grain-size dependence of the relationship between intergranular and intragranular deformation of nanocrystalline Al by molecular dynamics simulations Akihiro Nakatani, Hiroshi Kitagawa 71巻 22号 224110頁 2005/06
  • 分子動力学法によるナノ多結晶体の変形・局所くびれ解析(ナノ多結晶体の粒内変形と粒間変形の関係) 喜成年泰,新宅救徳,中谷彰宏,北川 浩 54巻 4号 399-406頁 2005/04
  • Fccナノ多結晶金属の力学特性の粒径依存性に関する分子動力学法による研究 (積層欠陥エネルギーによる影響の検討) 中谷彰宏、北川浩 68巻 676号 1708-1715頁 2002/12

講演・口頭発表等

  • 微小せん断帯周辺の力学場にひずみ硬化が及ぼす影響の結晶塑性解析(会議名:第22回計算工学講演会)(2017/05/31)
  • 微小せん断帯に生じるGN転位分布にすべりの抵抗力が及ぼす影響(会議名:日本材料学会第66期通常総会・学術講演会)(2017/05/26)
  • 金属ガラスにおける雪崩的な塑性変形の時間的および空間的な発展特性(会議名:マルチスケール材料力学シンポジウム(日本材料学会第22回分子動力学シンポジウム))(2017/05/26)
  • 二原子混合固体モデルにおける内部力学場の発展と変形機構の関係(会議名:マルチスケール材料力学シンポジウム(日本材料学会第22回分子動力学シンポジウム))(2017/05/26)
  • 転位と炭素クラスターの相互作用に及ぼす局所炭素原子濃度・配置の影響(会議名:マルチスケール材料力学シンポジウム(日本材料学会第22回分子動力学シンポジウム))(2017/05/26)

全て表示

  • モードIき裂の進展現象に対する温度依存性と統計的性質(会議名:マルチスケール材料力学シンポジウム(日本材料学会第22回分子動力学シンポジウム))(2017/05/26)
  • アモルファス固体における雪崩的な塑性変形の空間構造(会議名:日本物理学会第72回年次大会)(2017/03/19)
  • 面欠陥とその会合部がナノ構造体の力学特性に及ぼす影響(会議名:日本金属学会2017年春期講演大会)(2017/03/15)
  • 材料塑性に内在する雪崩的な集団挙動とその原子スケールダイナミクス(会議名:日本金属学会2017年春期講演大会)(2017/03/15)
  • 異相界面に起因した塑性現象がパーライト鋼の力学特性に与える影響の分子動力学解析(会議名:日本機械学会北陸信越支部第54期総会・講演会)(2017/03/09)
  • ひずみ勾配結晶塑性解析で観察されるせん断帯の転位論及び破壊力学による解釈(会議名:日本機械学会北陸信越支部第54期総会・講演会)(2017/03/09)
  • 亀裂進展現象の統計的性質に関する原子シミュレーションによる基礎的研究(会議名:日本機械学会北陸信越支部学生会第46回学生員卒業研究発表講演会)(2017/03/08)
  • 炭素クラスターと転位の相互作用に関する原子論的研究(会議名:日本機械学会北陸信越支部学生会第46回学生員卒業研究発表講演会)(2017/03/08)
  • 二原子混合固体モデルの構造と力学特性の関係(会議名:ポスト「京」重点課題7E「高信頼性構造材料」と萌芽的課題基礎科学の挑戦A「破壊とカタストロフィ」の第1回合同研究会)(2017/01/10)
  • ナノ構造体の力学特性に対する粒形状およびサイズ効果の影響(会議名:平成28年度日本金属学会・日本鉄鋼協会北陸信越支部連合講演会)(2016/12/03)
  • 様々な混合比から成る二原子材料モデルの構造・組織と力学特性の関係(会議名:平成28年度日本金属学会・日本鉄鋼協会北陸信越支部連合講演会)(2016/12/03)
  • 粒界転位間の相互作用が粒界の転位放出現象に及ぼす影響(会議名:平成28年度日本金属学会・日本鉄鋼協会北陸信越支部連合講演会)(2016/12/03)
  • 1次元および2次元ナノ構造体の力学特性におけるサイズ効果の検討(会議名:日本機械学会第29回計算力学講演会)(2016/09/22)
  • 同じマクロ自由度の粒界群から転位が放出する現象におけるミクロ自由度の影響:原子シミュレーションによる検討(会議名:日本機械学会第29回計算力学講演会)(2016/09/22)
  • パーライト鋼におけるセメンタイトの非弾性変形に対する異相界面構造の影響ー分子動力学法による検討ー(会議名:日本機械学会第29回計算力学講演会)(2016/09/22)
  • 材料科学と固体力学の融合によるヘテロナノ構造金属における高強度・高靱性両立の指導原理確立(会議名:JST産学共創基礎基盤研究プログラム「ヘテロ構造制御」公開シンポジウム)(2016/09/22)
  • Atomic Simulations for the Interraction between Grain Boundaries and Avalanche Motion of Dislocations(会議名:Dislocations 2016)(2016/09/19)
  • Influence of Annealing on Dislocation Emission from Non-equilibrium Grain Boundaries(会議名:Asia-Pacific Conference on Fracture and Strength (APCFS2016))(2016/09/20)
  • 結晶性材料の非弾性現象に関する原子シミュレーションとその統計解析(会議名:ポスト「京」萌芽的課題「基礎科学の挑戦-複合・マルチスケール問題を通した極限の探求」キックオフミーティング)(2016/09/09)
  • Atomic Simulation of Hetero-Interface Mediated Plastic Deformation in Pearlitic Steel(会議名:9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM9))(2016/08/02)
  • 異相界面を介した塑性現象が伸線パーライト鋼の延性特性に与える影響(会議名:マルチスケール材料力学シンポジウム(日本材料学会第21回分子動力学シンポジウム))(2016/05/27)
  • 延性脆性複合組織材料の破壊に関する原子シミュレーション(会議名:日本機械学会第28回計算力学講演会)(2015/10/11)
  • ボイドを起点とした交差すべりに対するボイド形状の影響(会議名:日本機械学会第28回計算力学講演会)(2015/10/11)
  • ねじり粒界からの転位放出現象に対する積層欠陥エネルギーの影響(会議名:日本機械学会第28回計算力学講演会)(2015/10/11)
  • 粒内・粒界転位源の臨界応力に関する一考察:非すべり応力依存性(会議名:日本材料学会第19回分子動力学シンポジウム)(2014/05/16)
  • 原子シミュレーションによる格子欠陥の相互作用に関する研究(会議名:第35回本多記念研究奨励賞記念講演)(2014/05/29)
  • 原子シミュレーションによるナノスケール構造体の力学特性解析(会議名:企業研究会「CAMMフォーラム」)(2014/06/06)
  • A molecular dynamics study of intermittent plastic deformation in metals(会議名:Workshop on Deformation, Damage and Life Prediction of Structural Materials)(2014/08/23)
  • 分子動力学法による転位と析出物との相互作用に関する研究(会議名:九州大学・熊本大学・金沢大学・NIMS-NSSMC「転位挙動と特性の基礎」研究交流会)(2014/08/04)
  • Atomic simulation of lattice defect interactions in nanostructured materials(会議名:RIMS International Conference, "Mathematical Challenge to a New Phase of Materials Science")(2014/08/05)
  • Intermittent plasticity dominated by defect cluster pinning(会議名:RIMS International Conference, "Mathematical Challenge to a New Phase of Materials Science")(2014/08/05)
  • パーライト鋼の力学特性に対する異種界面の役割:原子シミュレーションによる検討(会議名:ISSSプレシンポジウム)(2014/09/24)
  • 材料科学と固体力学の融合によるヘテロナノ構造金属における高強度・高靱性両立の指導原理確立(会議名:JST産学共創ヘテロ構造制御シンポジウム)(2014/09/26)
  • 超微細粒金属の変形機構に関する大規模原子シミュレーション(会議名:日本金属学会2014年秋期講演大会)(2014/09/26)
  • 間欠的な結晶塑性の統計性と変形メカニズム(会議名:日本金属学会2014年秋期講演大会)(2014/09/26)
  • 粒間き裂における回位の遮蔽効果(会議名:日本金属学会2014年秋期講演大会)(2014/09/26)
  • 間欠的な結晶塑性における原子ダイナミクスの統計的性質(会議名:日本物理学会2014年秋季大会)(2014/09/08)
  • Atomic simulation of the role of the interface on mechanical properties of pearlite steel(会議名:The 4th International Symposium on Steel Science- ISSS 2014)(2014/11/06)
  • Atomic Scale Investigation of Intermittent Plasticity by Molecular Dynamics Simulations(会議名:Complexity in Mechanics: Intermittency and Collective Phenomena in Disordered Solids)(2014/10/22)
  • 材料科学と固体力学の融合によるヘテロナノ構造金属における高強度・高靱性両立の指導原理確立(会議名:JSTヘテロ構造制御H26キックオフ産学共創の場)(2014/10/24)
  • 間欠性・非平衡臨界現象からみた塑性変形現象(会議名:バルクナノメタル降伏挙動研究会)(2014/11/18)
  • 粒内転位源を考慮したバルクナノメタルの降伏挙動に関する原子シミュレーション(会議名:バルクナノメタル降伏挙動研究会)(2014/11/18)
  • 分子動力学シミュレーションにおける間欠的な塑性変形のスケーリング特性(会議名:日本機械学会第27回計算力学講演会)(2014/11/23)
  • 複合組織材料の力学特性に対する整合・半整合界面の影響(会議名:日本機械学会第27回計算力学講演会)(2014/11/23)
  • 粒界転位源を有するナノ構造体の延性特性に関する分子動力学解析(会議名:日本機械学会第27回計算力学講演会)(2014/11/23)
  • 原子シミュレーションによるフェライト・セメンタイト異相界面近傍の塑性変形の検討(会議名:日本機械学会第27回計算力学講演会)(2014/11/23)
  • 塑性変形の伝ぱに対する粒内転位源と粒界の役割:原子モデルによる検討(会議名:日本機械学会第27回計算力学講演会)(2014/11/23)
  • 界面・粒界を介した塑性現象がナノスケール構造体の力学特性に及ぼす影響(会議名:「物質・材料科学における界面・粒界」会合)(2014/11/29)
  • ナノ構造体における新しい加工硬化メカニズムの一考察(会議名:新学術領域バルクナノメタル第5回A03班合同勉強会)(2014/12/12)
  • フェライト・セメンタイト異相界面の塑性現象における界面転位と相応力の関係(会議名:JSTへテロ構造制御サイトビジット)(2015/01/13)
  • 原子シミュレーションによる金属材料の力学特性解析(会議名:日本鉄鋼協会東北地区講演会および若手研究フォーラム「構造用金属材料の力学特性に関する最近の研究」)(2015/02/16)
  • 粒界からの転位放出現象を考慮したバルクナノメタルの力学特性解析(会議名:新学術領域バルクナノメタル平成26年度全体研究会)(2015/03/04)
  • 格子欠陥の発展と強度の関係に関する空間サイズ依存性:原子シミュレーション解析(会議名:日本機械学会北陸信越支部第44回学生員卒業研究発表講演)(2015/03/06)
  • 面欠陥エネルギーに起因したナノ構造体の力学異方性に関する分子動力学解析(会議名:日本機械学会北陸信越支部第44回学生員卒業研究発表講演)(2015/03/06)
  • 粒界からの転位放出現象に対する局所構造依存性(会議名:日本機械学会北陸信越支部第44回学生員卒業研究発表講演)(2015/03/06)
  • フェライト・セメンタイト間の界面転位と応力分配によるパーライト鋼の力学特性への影響:原子モデルによる検討(会議名:日本機械学会北陸信越支部第52期総会・講演会)(2015/03/07)
  • 塑性変形の伝ぱに対する粒内・粒界転位源の影響(会議名:日本機械学会北陸信越支部第52期総会・講演会)(2015/03/07)
  • 粒界転位源能力と強度・延性・破壊靱性の関係(会議名:日本材料学会塑性工学部門・分子動力学部門委員会・マイクロマテリアル部門委員会,日本機械学会計算力学部門A-TS01-15研究会)(2015/03/10)
  • ナノ構造体における粒界転位源硬化現象と延性特性の関係:原子シミュレーションによる検討(会議名:日本機械学会北陸信越支部第52期総会・講演会)(2015/03/07)
  • ナノ構造体における新しい加工硬化機構の提案(会議名:日本金属学会春期講演大会)(2015/03/19)
  • 転位の集団運動による塑性変形の原子ダイナミクス(会議名:日本金属学会春期講演大会)(2015/03/19)
  • 結晶構造・微細組織構造によって生じる塑性異方性の素過程に関する計算科学的検討(会議名:日本金属学会春期講演大会)(2015/03/19)
  • 有限サイズスケーリングをもちいた間欠的な結晶塑性現象のスケーリング指数評価(会議名:日本物理学会2015年春季大会)(2015/03/22)
  • 粒界転位源硬化現象によるナノ構造体の加工硬化(会議名:日本材料学会第20回分子動力学シンポジウム)(2015/05/22)
  • 間欠塑性の統計性からみた粒界の大規模変形抑制能力(会議名:日本材料学会第20回分子動力学シンポジウム)(2015/05/22)
  • Influence of Grain Boundary Dislocation Sousrces on Mechanical Properties of Nanostructured Metals: A Molecular Dynamics Study(会議名:The 2nd International Workshop on Bulk Nanostructured Metals)(2015/08/04)
  • Large-Scale Atomistic Simulations of Anisotropic Plastic Deformation in Bulk Nanostructuerd Metals(会議名:The 2nd International Workshop on Bulk Nanostructured Metals)(2015/08/04)
  • Multiscale Modeling and Crystal Plasticity Simulation on Anisotropic Yielding Behavior of Bulk Nanostructured Metals(会議名:The 2nd International Workshop on Bulk Nanostructured Metals)(2015/08/04)
  • 分子動力学法による転位と析出物との相互作用に関する研究 ~FeとAlにおける転位ループと弾性体の相互作用~(会議名:九州大学・熊本大学・金沢大学・NIMS-NSSMC「転位挙動と特性の基礎」研究交流会)(2015/08/19)
  • フェライト・セメンタイト積層構造体の塑性現象に関する原子シミュレーション ~界面転位と相応力の関係~(会議名:日本鉄鋼協会第170回秋季講演大会)(2015/09/16)
  • フェライト/セメンタイト積層構造の塑性変形と転位蓄積の結晶塑性解析(会議名:日本鉄鋼協会第170回秋季講演大会)(2015/09/16)
  • 格子ミスフィットを有する析出物の界面構造がナノ組織材料の力学特性に与える影響(会議名:日本金属学会2015年秋期講演大会ポスターセッション)(2015/09/16)
  • ねじり粒界からの転位放出現象に対する原子シミュレーション解析(会議名:日本金属学会2015年秋期講演大会ポスターセッション)(2015/09/16)
  • らせん転位とボイドの相互作用に及ぼすボイド表面原子構造の影響に関する原子シミュレーション(会議名:日本金属学会2015年秋期講演大会ポスターセッション)(2015/09/16)
  • 結晶材料におけるべき乗則を伴う間欠的な塑性変形(会議名:日本物理学会2015年秋季大会)(2015/09/16)
  • 結晶粒界による大規模変形の抑制効果:原子スケールダイナミクスによるアプローチ(会議名:日本機械学会第28回計算力学講演会)(2015/10/11)
  • 高強度・高延性を有するナノ構造体の欠陥設計(会議名:日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス)(2015/11/23)
  • 準安定構造粒界からの転位放出現象に関する原子シミュレーション(会議名:日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス)(2015/11/21)
  • ナノ構造体の降伏現象に対する表面・粒界エネルギーの影響:分子動力学シミュレーションによる検討(会議名:日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス)(2015/11/21)
  • ナノ組織金属材料の力学特性に対する粒界の役割:原子シミュレーションによる検討(会議名:平成27年度触媒学会コンピュータの利用研究会セミナー ~ミクロからマクロへの橋渡し~)(2015/11/27)
  • 材料科学と固体力学の融合によるヘテロナノ構造金属における高強度・高靱性両立の指導原理確立(会議名:JST産学共創基礎基盤研究プログラム「ヘテロ構造制御」,キックオフ共創の場)(2016/01/18)
  • AlとCuにおけるらせん転位とボイドの相互作用に関する原子シミュレーション(会議名:日本機械学会北陸信越支部第53期総会・講演会)(2016/03/05)
  • フェライト・セメンタイト界面の塑性現象に対するミスフィット転位密度の影響(会議名:日本機械学会北陸信越支部第53期総会・講演会)(2016/03/05)
  • 集団的な転位運動による結晶塑性流の粒界通過能力(会議名:日本金属学会2016年春期大会)(2016/03/24)
  • ねじり粒界の転位放出メカニズムとその能力の自由体積依存性(会議名:日本金属学会2016年春期大会)(2016/03/24)
  • サブミクロン延性脆性積層組織材の塑性現象に対するマルチスケールアプローチ(会議名:日本金属学会2016年春期大会)(2016/03/24)
  • 1. 下川智嗣・北川 浩・中谷彰宏・尾方成信,“異材接合部の超微細研削機構の分子動力学法による研究”,日本機械 学会関西学生会平成9 年度卒業研究発表講演会前刷集, p.95 (1998). 2. 中谷彰宏・下川智嗣・北川 浩・尾方成信・土橋謙祐,“分子動力学法によるナノ多結晶体の非弾性変形機構の検討”,日本機械学会講演論文集(第11 回計算力学講演会), No.98-2, pp.85-86 (1998). 3. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“大規模分子動力学シミュレーションによるナノ多結晶体の変形機構の検討”,第22 回NCP 研究会・機械の強度と形態研究懇話会シンポジウム論文集,pp.31-32 (1998). 4. 中谷彰宏・下川智嗣・北川 浩・尾方成信・土橋謙祐,“ナノ多結晶体の結晶すべりと粒界アコモデーションの関 係に対する分子動力学法による研究”,第48 回理論応用力学講演会講演論文集,pp.169-170 (1999). 5. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“ナノ多結晶体の結晶すべりと結晶粒の回転メカニズムの分子動力学シミュレー ション”,日本機械学会講演論文集(1999 年度年次大会), No.99-1(II),pp.45-46 (1999). 6. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“FCC ナノ多結晶体の特異な粒回転と部分転位・積層欠陥の役割”,日本機械学会 講演論文集(M&,M’99 材料力学講演会), No.99-16,pp.699-670 (1999). 7. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“部分転位による結晶すべりがもたらすナノ多結晶体の特異な変形メカニズム”, 第23 回NCP 研究会・機械の強度と形態研究懇話会シンポジウム(日本機械学会関西支部) 論文集,pp.5-6 (1999). 8. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“引張/圧縮を受けるナノ多結晶体中に生じるメゾスケール変形挙動”,日本機械 学会/日本材料学会講演論文集(熱流体系および固体のミクロシミュレーションに関する合同シンポジウム・第5 回分子動力学シンポジウム),No.00-4, pp.27-28 (2000). 9. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“ナノ結晶の変形に対する結晶粒界の役割”,日本機械学会講演論文集(2000 年度 年次大会), No.00-1(II), pp.27-28 (2000). 10. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“積層欠陥エネルギーの違いに起因するナノ多結晶の変形機構(埋め込み原子法と 有効媒質理論との比較)”,日本機械学会講演論文集(第13 回計算力学講演会), No.00-17,pp.637-638 (2000). 11. 伊川俊輔・北川 浩・中谷彰宏・下川智嗣,“格子欠陥が及ぼす拡散特性の分子動力学法による評価”,日本機械学 会関西学生会平成12 年度卒業研究発表講演会前刷集,p.4 (2001). 12. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“分子動力学法を用いたナノ結晶体内に生じる粒界すべり機構の解明”,第24 回 NCP 研究会・機械の強度と形態研究懇話会シンポジウム講演論文集,pp.67-70 (2000). 13. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“原子モデルを用いたランダム粒界特性評価”,日本機械学会講演論文集(関西支 部第76 期定時総会講演会), No.01-1(4),pp.19-20 (2001). 14. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“予負荷を受けたナノ多結晶体の異方性と内部構造の関係(分子動力学法による 研究)”,日本機械学会講演論文集(M&,M 2001 材料力学部門講演会), No.01-16,pp.407-408 (2001). 15. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“単軸引張りを受ける棒状ナノ多結晶体試験片の強度と変形機構に関する分子動 力学シミュレーション”,日本金属学会2001 年秋期大会講演論文集,p.505 (2001). 16. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“単軸引張りを受ける棒状ナノ多結晶体の局所くびれ発生機構の検討(EMT, EAM を用いた分子動力学シミュレーション)”,日本機械学会講演論文集(第14 回計算力学講演会), No.01-10, pp.411-412 (2001). 17. 下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“棒状ナノ多結晶体の塑性不安定挙動と延性破壊の分子動力学シミュレーショ ン”,第51 回理論応用力学講演会講演論文集,pp.437-438 (2002). 18. 中谷彰宏・下川智嗣・松本龍介・中谷敬子・北川 浩,“破壊のメゾスコピックダイナミックスシミュレーション と可視化”,日本材料学会第51 期学術講演会講演論文, No.51-1, pp.1-8 (2002). 19. 伊川俊輔・下川智嗣・中谷彰宏・北川 浩,“原子モデルを用いた平面ひずみ条件下における2 次元Al ナノ多結晶 体の力学特性の粒径依存性”,日本機械学会講演論文集(関西支部第78 期定時総会講演会),No.034-1(7), pp.7-8 (2003). 20. 下川智嗣・Jakob Schiøtz・Karsten W. Jacobsen,“Quasicontinuum 法における原子/連続体領域のなめらかな結 合”,日本機械学会講演論文集(2003 年度年次大会), No.03-1(VI), pp.39-40 (2003). 21. 下川智嗣・伊川俊輔・中谷彰宏・北川 浩・新宅救徳,“分子動力学シミュレーションによるナノ多結晶体の内部 構造と力学特性の粒径依存性に関する研究”,日本機械学会講演論文集(M&,M2003),pp.483-484 (2003). 22. 下川智嗣・Jakob Schiøtz・Karsten W. Jacobsen,“原子モデルと連続体モデルの結合方法に関する研究”,第26 回NCP 研究会・機械の強度と形態研究懇話会シンポジウム講演論文集, pp.35-36 (2003). 23. 今井努・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“分子動力学法による粒界特性を考慮した金属材料設計に関する基礎的 研究”,日本機械学会北陸信越学生会第33 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.3-4 (2004). 24. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによる転位運動に関する熱の影響と転位速度の考察”,日 本材料学会第9 回分子動力学シンポジウム,pp.43-47 (2004). 25. 下川智嗣・Jakob Schiøtz・Karsten W. Jacobsen,“Quasicontinuum 法における異なるスケールを持つ領域の結合 方法に関する研究”,日本材料学会第53 期学術講演会講演論文集,pp.478-479 (2004). 26. 松岡真二・喜成年泰・新宅救徳・下川智嗣,“織機開口運動におけるたて糸張力とヘルドの運動”,日本繊維機械学 会第57 回年次大会研究発表論文集,pp.36-37 (2004). 27. 新宅救徳・喜成年泰・下川智嗣,“円すい面上に巻かれる糸が描く曲線”,日本繊維機械学会第57 回年次大会研究 発表論文集,pp.40-41 (2004). 28. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳・中谷彰宏・北川 浩,“原子シミュレーションによる金属ナノ多結晶体の材料設 計に関する研究〜強度に関する最適粒径とは〜”,日本設計工学会平成16 年度北陸支部研究発表講演会,pp.21-26 (2004). 29. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳・中谷彰宏・北川 浩,“ナノ多結晶体の最大強度の温度依存性に関する原子シミュ レーション”,日本機械学会2004 年度年次大会講演論文集,No.04-1(6),pp.239-240 (2004). 30. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“Quasicontinuum 法による転位と粒界の相互作用シミュレーション”,日本機械 学会第17 回計算力学講演会講演論文集,No.04-40,pp.133-134 (2004). 31. 宮原健輔・新宅救徳・下川智嗣,“ダブルツィスタにおけるスピンドルディスク上の糸が描く曲線”,日本繊維機械 学会北陸支部研究発表会講演要旨集,p.11 (2004). 32. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“転位と粒界の相互作用に関するQuasicontinuum シミュレーション”,日本機械 学会北陸信越支部第42 期総会・講演会論文集,No.047-1,pp.53-54 (2005). 33. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳・中谷彰宏・北川 浩,“分子動力学法による金属ナノ多結晶体の粒間・粒内変形 の粒径依存性に関する研究”,日本金属学会2005 年春期(第136 回) 大会講演概要,p.483 (2005). 34. 喜成年泰・赤村岳人・下川智嗣,“織機開口運動における市販樹脂ヘルドによる衝突音低減”,日本繊維機械学会第 58 回年次大会研究発表論文集,pp.120-121 (2005). 35. 新宅救徳・小林茂隆・下川智嗣・喜成年泰,“2 軸仮撚りスピンドルにおける加工条件が糸物性に与える影響”,日 本繊維機械学会第58 回年次大会研究発表論文集,pp.122-123 (2005). 36. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子・連続体結合モデルを用いた粒界と転位の相互作用シミュレーション”,日 本設計工学会平成17 年度北陸支部研究発表会論文集,pp.7 (2005). 37. 片山 渉・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“質点モデルによる糸構造体の力学シミュレーション”,日本設計工学 会平成17 年度北陸支部研究発表会論文集,pp.37-40 (2005). 38. 赤村岳人・喜成年泰・下川智嗣・新宅救徳,“ジェットルーム用ヘルドの衝突音に及ぼすたて糸張力の影響”,日本 設計工学会平成17 年度北陸支部研究発表会論文集,pp.41-44 (2005). 39. 新宅救徳・喜成年泰・下川智嗣,“ダブルツィスタにおけるスピンドルディスク上の糸が描く曲線”,繊維学会繊維 学会予稿集2005,60 巻,1 号,p.166 (2005). 40. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“Quasicontinuum 法による転位パイルアップと粒界性格の関係”,日本機械学会 2005 年度年次大会講演論文集,Vol.6,pp.235-236 (2005). 41. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“転位パイルアップメカニズムの粒界性格依存性に関するマルチスケール原子シ ミュレーション”,日本金属学会2005 年秋期大会講演概要集,p.160 (2005). 42. T. Shimokawa, T. Kinari, S. Shintaku, A. Nakatani and H. Kitagawa,“Mechanical Properties of Nanocrystalline Al and Cu by Molecular Dynamics Simulations”,日本金属学会2005 年秋期大会概要集(共同セッション・超微細 粒組織制御の基礎),p.546 (2005). 43. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“擬連続体法による粒界を介する結晶すべり抵抗に関するシミュレーション”,日 本機械学会第18 回計算力学講演会講演論文集,pp.669-670 (2005). 44. 正藤龍二・片山 渉・下川智嗣,“個別要素法による糸構造体内部力学状態の解析”,日本繊維機械学会北陸支部講 演要旨集,pp.3-4 (2005). 45. 平本知之・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによるナノ結晶内の欠陥生成メカニズムの検 討”,日本機械学会北陸信越学生会第35 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.97-98 (2006). 46. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによる転位を吸収した粒界のアコモデーションメカニズ ム”,日本金属学会2006 年春期大会講演概要集,p.535 (2006). 47. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“QC 法による傾角粒界の転位吸収メカニズムの検討”,日本材料学会第11 回分 子動力学シンポジウム講演論文集,pp.49-54 (2006). 48. 平本知之・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“ナノ結晶中の転位運動と面欠陥エネルギーの関係に関する分子動力 学シミュレーション”,日本材料学会第11 回分子動力学シンポジウム講演論文集,pp.29-33 (2006). 49. 正藤龍二・下川智嗣・新宅救徳,“ばねマスモデルによる巻糸体の内部欠陥と糸の曲げ特性の関係”,日本繊維機械 学会第59 回年次大会研究発表論文集,pp.192-193 (2006). 50. 木倉寛隆・石田真也・新宅救徳・下川智嗣,“結索機の開発”,日本繊維機械学会第59 回年次大会研究発表論文集, pp.194-195 (2006). 51. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳・中谷彰宏,“ナノ構造体の塑性変形モードと力学特性の関係に関する分子動力学シミュレーション”,日本計算工学会第11 回計算工学講演会論文集,第11 巻,第2 号,pp.607-610 (2006). 52. 下川智嗣・片山 渉・喜成年泰・新宅救徳,“分子動力学法によるナノ結晶体の力学特性に対する粒界特性分布の 影響”,日本機械学会第19 回計算力学講演会講演論文集,pp,613-614 (2006). 53. 柴草浩之・新宅救徳・下川智嗣・喜成年泰,“搬送用平ベルトの横ずれ防止機構について”,日本繊維機械学会北陸 支部講演要旨集,pp.9-10 (2006). 54. 柏 佑樹・望月吉和・小島雄貴・喜成年泰・下川智嗣・新宅救徳・山岸大吾・米島芳之・平井 淳,“織機開口運動 における開口ストロークとヘルド加速度の関係”,日本繊維機械学会北陸支部講演要旨集,pp.11-12 (2006). 55. 平本知之・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによるアルミニウムナノ結晶中の双晶形成に 関するエネルギー論的研究”,日本金属学会・日本鉄鋼協会北陸信越支部平成18 年度連合講演大会概要集,p.52 (2006). 56. 片山 渉・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによるナノ結晶金属の力学特性に対する粒界 方位差分布の影響”,日本金属学会・日本鉄鋼協会北陸信越支部平成18 年度連合講演大会概要集,p.51 (2006). 57. 赤川裕明・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによる強ひずみ加工による結晶粒微細化メカ ニズムの検討”,日本機械学会北陸信越支部第44 期講演会講演論文集,pp.425-426 (2007). 58. 野島嗣晋・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“擬連続体法の自動要素分割に関する研究”,日本機械学会北陸信越支 部第44 期講演会講演論文集,pp.423-424 (2007). 59. 片山 渉・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“分子動力学法による金属ナノ多結晶体の粒径・粒界特性分布と力学 特性の関係”,日本機械学会北陸信越支部第44 期講演会講演論文集,pp.421-422 (2007). 60. 金田直人・新宅救徳・喜成年泰・下川智嗣,“2 軸型ディスクフリクション仮撚における糸の挙動”,日本機械学会 北陸信越支部第44 期講演会講演論文集,pp.91-92 (2007). 61. 望月吉和・喜成年泰・下川智嗣・新宅救徳,“織機開口運動におけるヘルドの挙動とヘルドの衝突音の解析”,日本 機械学会北陸信越支部第44 期講演会講演論文集,pp.129-130 (2007). 62. 鈴木健吾・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“非対称傾角粒界の変形メカニズムに関する原子シミュレーション”, 日本機械学会北陸信越学生会第36 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.165-166 (2007). 63. 小澤 裕・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“非晶質高分子材料の塑性変形モードに関する原子・分子論的研究”, 日本機械学会北陸信越学生会第36 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.167-168 (2007). 64. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“刃状転位と傾角粒界の相互作用に関する原子・転位論的考察”,日本金属学会 2007 年春期大会講演概要,p.427 (2007). 65. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“分子動力学法による超微細粒金属材料の強度と粒界構造の関係”,日本金属学会 2007 年春期大会講演概要,p.170 (2007). 66. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“拡張した三体力を有する2 次元モデルを用いた高分子材料の変形メカニズムに 関する研究”,日本材料学会第12 回分子動力学シンポジウム,(2007). 67. 下川智嗣・野島嗣晋・喜成年泰・新宅救徳,“局所擬連続体法の自動要素分割と非局所構造遷移のしきい値に関す る研究”,第12 回日本計算工学会講演会集,pp.439-442 (2007). 68. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“Quasicontinuum 法の自動要素分割化に関する研究”,日本機械学会2007 年度 年次大会講演論文集,Vol.1, pp.37-38 (2007). 69. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによる非対称傾角粒界のせん断変形メカニズム”,日本金 属学会2007 年秋期大会講演概要,p.353 (2007). 70. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“強ひずみ加工による結晶粒微細化メカニズムに関する原子シミュレーション”, 日本金属学会2007 年秋期大会講演概要,p.494 (2007). 71. 下川智嗣・山下智彬・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによる局所ひずみこう配と結晶粒微細化メカ ニズムの関係の検討”,日本機械学会第20 回計算力学講演会講演論文集,pp.257-258 (2007). 72. 椋代雄太郎・下川智嗣・中谷彰宏,“転位と粒界の相互作用による応力場の解析(離散転位モデルと準連続体モデ ルの比較)”,日本機械学会第20 回計算力学講演会講演論文集,pp.245-256 (2007). 73. 山下智彬・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによる結晶粒微細化メカニズムに対する不均 一変形の効果の検討”,日本金属学会・日本鉄鋼協会北陸信越支部平成19 年度連合講演会概要集,p.46 (2007). 74. 平本知之・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“超微細粒材の粒界転位によるき裂先端の遮蔽効果に関する原子シミュ レーション”,日本金属学会・日本鉄鋼協会北陸信越支部平成19 年度連合講演会概要集,p.47 (2007). 75. 杉田 守・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“二次元原子シミュレーションによる高分子材料の内部構造と変形メ カニズムの関係”,日本機械学会北陸信越学生会第37 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.61-62 (2008). 76. 佐藤恵里香・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“せん断変形下における粒界運動の異方性に関する原子シミュレー ション”,日本機械学会北陸信越学生会第37 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.63-64 (2008). 77. 三浦哲也・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“転位と粒界の相互作用における粒界構造の影響に関する転位・回位 的研究”,日本機械学会北陸信越学生会第37 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.65-66 (2008). 78. 平本知之・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子シミュレーションによる超微細粒材における非平衡粒界とマク ロ力学特性の関係に関する検討”,日本機械学会北陸信越支部第45 期総会・講演会講演論文集,pp.5-6 (2008). 79. 山下智彬・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子スケール計算機実験による転位構造の形成と回復から考える結 晶粒微細化メカニズム”,日本機械学会北陸信越支部第45 期総会・講演会講演論文集,pp.59-60 (2008). 80. 正藤龍二・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“ばねマスモデルによる糸構造体の内部欠陥構造と糸の力学特性の関 係”,日本機械学会北陸信越支部第45 期総会・講演会講演論文集,pp.435-436 (2008). 81. 下川智嗣・平本知之・喜成年泰・新宅救徳,“原子スケール計算機実験による超微細粒材の力学特性とextrinsic 粒 界転位の関係”,日本金属学会2008 年度春期大会講演概要,p.198 (2008). 82. 下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“分子動力学法による超微細粒材の延性特性と粒径Bimodal 分布の関係”,第13 回計算工学会講演会論文集,pp.587-588 (2008). 83. 下川智嗣・平本知之・喜成年泰・新宅救徳,“余分な転位を含む粒界特性に関する原子シミュレーション”,日本材 料学会第13 回分子動力学シンポジウム講演論文集,pp.99-104 (2008). 84. 山下智彬・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“GN 転位構造形成ダイナミクスに関する原子シミュレーション”,日 本材料学会第13 回分子動力学シンポジウム講演論文集,pp.47-48 (2008). 85. 木下恵介・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“分子動力学法によるき裂先端周りの力学場に対する粒界転位の影響”, 日本機械学会北陸信越学生会第38 回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,pp.123-124 (2009) 86. 山下智彬・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“分子動力学シミュレーションによるGN 転位とひずみこう配の関係 から考える強ひずみ加工中の結晶微細化メカニズム”,日本機械学会北陸信越支部第46 期総会・講演会講演論文 集,pp.55-56 (2009). 87. 下川智嗣,“超微細粒材料の延性脆性遷移温度に関する分子動力学解析”,日本機械学会北陸信越支部第46 期総 会・講演会講演論文集,pp.57-59 (2009). 88. 下川智嗣・木下恵介・田中將己・東田賢二,“UFG 材の内部欠陥応力場の発展による転位源遷移とDBTT の関係 に関する原子シミュレーション”,日本金属学会2009 年度春期大会講演概要,p.165 (2009). 89. 山下智彬・下川智嗣・喜成年泰・新宅救徳,“原子スケール計算機実験によるナノ結晶中の粒界形成ダイナミクス とひずみこう配の関係”,日本金属学会2009 年度春期大会講演概要,p.165 (2009).(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○転位や粒界のダイナミクス
○超微細粒材料の力学特性

科研費

○基盤研究(C)「ナノスケール複合材料中の格子欠陥力学場解析」(2012-2014) ①代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「内部欠陥構造発展の大規模計算によるバルクナノメタルの力学特性解析」(2010-2014) ①代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「バルクナノメタル新学術領域研究の連携的な運営と統括」(2010-2015) ②分担者
○若手研究(B)「結晶・非晶質構造体の局所塑性変形の連結・伝ぱメカニズムに関する原子・分子論的研究」(2007-2009) ①代表者
○特定領域研究「高密度格子欠陥を有する物質・材料のマイクロダイナミクス解析」(2006-2008) ②分担者
○若手研究(B)「粒界性格を制御した金属材料設計・開発に関する原子シミュレーションによる基礎的研究」(2004-2006) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○学外技術体験実習B(2017)
○材料力学ⅡB(2017)
○マイクロ・ナノメカニクス(2017)
○材料力学ⅡA(2017)
○学外技術体験実習A(2017)
○機械工学設計製図(2017)
○機械解析工学(2017)
○Field Exercise for Technical Intern B(2017)
○卒業研究(2016)
○卒業研究(2016)
○機械工学輪講(2016)
○機械工学設計製図(2016)
○マイクロ・ナノメカニクス(2016)
○機械解析工学(2016)
○材料力学Ⅱ(2016)
○マイクロ・ナノメカニクス(2015)
○機械解析工学(2015)
○材料力学Ⅱ(2015)
○機械工学設計製図(2015)
○材料力学Ⅱ(2014)
○機械工学設計製図(2014)
○機械解析工学(2014)
○マイクロ・ナノメカニクス(2014)

大学院担当授業科目

○Computational Mechanics of Materials(2017)
○計算材料力学特論(2017)
○計算材料力学特論(2017)
○計算材料力学特論(2017)
○計算材料力学特論(2017)
○機械科学特別講義Ⅲ機能機械コース(2017)
○機械科学特別講義Ⅱ機能機械コース(2017)
○機能機械科学演習(2017)
○材料力学と弾性論(2017)
○課題研究平成29年度入学者用 機能機械コース対象(2017)
○課題研究平成29年10月入学者用 機能(2017)
○暗号の数理A(2016)
○機能機械科学演習(2016)
○課題研究平成28年度入学者用 機能(2016)
○課題研究平成28年10月入学者用 機能(2016)
○材料力学と弾性論(2016)
○計算材料力学(2016)
○計算材料力学特論(2016)
○計算材料力学(2015)
○計算材料力学特論(2015)
○材料力学と弾性論(2015)
○計算材料力学(2015)
○計算材料力学特論(2014)
○計算材料力学特論(2014)
○分子動力学特論(2014)
○計算材料力学特論(2014)
○計算材料力学(2014)
○材料力学と弾性論(2014)

他大学の客員教授

○京都大学構造材料元素戦略研究拠点

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ