本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

尾島 恭子 (おじま きようこ) 教授 OJIMA Kyoko

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 学校教育系
学長補佐

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 学校教育学類 教科教育学コース
【大学院前期課程】
教育実践高度化専攻 カリキュラム研究コース 家庭分野

所属研究室等

家庭経営学研究室 TEL:076-264-5485 FAX:076-264-5613

学歴

【出身大学院】
奈良女子大学 修士課程 家政学研究科 生活経営学 1992 修了
【出身大学】
奈良女子大学 家政学部 生活経営学 1990 卒業
【取得学位】
修士(家政学)

職歴

金沢大学 教育学部(1997/04/01-1999/03/31)

生年月

所属学会

日本家政学会
日本消費者教育学会 運営幹事(1993-1995)
日本消費者教育学会 運営幹事(1996-1998)
日本消費者教育学会 運営幹事(1999-2001)
日本家庭科教育学会
日本家庭科教育学会北陸地区会 庶務(2009-2010)
日本家政学会 代議員(2008-2010)

学内委員会委員等

○学生募集委員会 委員長(2016-)

受賞学術賞

専門分野

家政・生活学一般

専門分野キーワード

消費者教育、家政学原論、家庭経営学、生活資源管理、家庭科教育

研究課題

家庭科教育における消費者教育

家庭生活における生活資源管理の現状分析

著書

  • 家庭生活の支援―理論と実践― 建帛社 2014/03 分担執筆 (一社)日本家政学会家政教育部会編
  • 若手研究者が読む「家政学原論」 家政教育社 2006/03 分担執筆 亀高京子監修
  • 多様化するライフスタイルと家計 建帛社 2002/08 分担執筆 日本家政学会家庭経済学部会編
  • 生活の経営と福祉 朝倉書店 2003/03 原著書 分担執筆 長嶋俊介編著
  • 生活と環境の人間学 昭和堂 2000/09 原著書 分担執筆 長嶋俊介編著

全て表示

  • 生活・家政系の学の原論パラダイム 家政教育社 1998/04 原著書 分担執筆 今井光映編著

論文

  • デジタル絵本でつながる幼小中高連携活動1:活動概要と担当教員・観察者の評価    綿引伴子, 滝口圭子, 尾島恭子, 松田洋介, 川谷内哲二, 西多由貴江, 中田泉, 橋本正恵, 服部浩司 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 8巻巻 49-60頁頁 2016/10
  • 大学・附属学校園の幼小中連携活動の検討(1):みそ汁作り・お弁当交流会の事例から 金沢大学人間社会学域学校教育学類附属教育実践支援センター教育実践研究  40号 27-36頁 2014/10 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 高等学校における生活設計教育の課題 日本家庭科教育学会北陸地区会30周年記念誌編集委員会編『生活を考え創る』 17-30頁 2013/10 査読有
  • 大学・附属学校園における連携活動の検討-家庭科を中心とした実践事例から- 尾島恭子, 綿引伴子ほか6名 金沢大学人間社会学域学校教育学類紀要 5号 45-54頁 2013/03 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 教育職員免許法および教育職員免許法施行規則の変遷 : 家庭科教員養成における科目「家政学原論」をめぐって  小林陽子, 尾島恭子 (一社)日本家政学会 家政学原論研究 : 家政學原論  46巻 22-32頁 2012/08 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 中学校・高等学校における生活設計教育と保険教育―家庭科における学習内容の検討 学校教育における保険教育の現状と展望 2009/03 査読無 原著論文
  • 大学生の親子関係と経済意識に関する日中比較 尾島恭子 王彩霞 金沢大学教育学部紀要 56頁 2007/02 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 若手研究者が読む『家政学原論』2006 八幡彩子 尾島恭子ほか14名 2006/03 原著論文
  • 消費者の意識と行動に関する日中比較 尾島恭子、陳晶 金沢大学教育学部紀要、人文科学・社会科学編 54号 109-116頁 2005/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 家政学と家庭科教育―生活価値の検討 尾島恭子 家庭科教育 79巻 1号 11-15頁 2005/01 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 持続可能な社会に向けての消費者教育の転換(第1報) 尾島恭子・大浦美雪・分校淑子・綿引伴子 金沢大学教育学部紀要 53巻 117-121頁 2004/02 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 家政学における少子化議論の検討 尾島恭子 家政学原論研究 34号 21-28頁 2000/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 家庭科教育と家政学の課題-家政学原論研究の立場から 尾島恭子 家庭科教育 75巻 9号 11-14頁 2001/09 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 生涯学習社会における消費者教育・消費者学習の位置づけ及び今後の課題 尾島恭子 消費者教育 21号 93-100頁 2001/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 生涯設計におけるリスクに対する認識に影響を及ぼす世帯要因 東珠実・尾島恭子・荒深美和子・山口久子 日本家政学会誌 50巻 2号 121-128頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 生活経営における生涯設計とファミリーリスク・マネジメント 尾島恭子・東珠実・荒深美和子・山口久子 日本家政学会誌 49巻 10号 1071-1078頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 生活指標の分析と家庭経済 東珠実・大藪千穂・尾島恭子・古寺浩・吉本敏子 家庭経済学研究 13号 8-14頁 2000/06 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒューマン・エコロジー的な生活設計の考え方と方法 尾島恭子 金城学院大学論集家政学編 36号 81-87頁 1997/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 家政学と家庭科教育との本質的連関 尾島恭子,奥田都子 家政学原論研究 35号 64-69頁 2001/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 経済的資源管理の現状からみた消費者教育の課題~世代間の比較を通して~(会議名:日本消費者教育学会第30回全国大会)(2010/10/09)
  • 高校生の生活資源管理の現状と課題(会議名:日本家政学会第62回大会)(2010/05/30)
  • みそ汁作りを中心とする幼小交流活動において中学生と幼児はいかに関わるか (会議名:日本家庭科教育学会第57回大会)(2014/06/28)
  • 生活資源管理の現状からみた生活設計教育の課題,家庭科教育学会北陸地区会第26回大会(福井)2009.9.(2009)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「総合的な生活資源教育からみた高等学校の生活設計教育のあり方に関する研究」(2011-2014) 代表者
○基盤研究(C)「総合的な生活資源教育に関する研究―高等学校家庭科の生活設計教育を対象に―」(2008-2010) 代表者
○若手研究(B)「家庭生活における生活資源管理の現状分析」(2004-2006) 代表者

学域・学類担当授業科目

○日本文化体験A(日本の家庭)(2017)
○家庭経営学演習Ⅱ(2017)
○日本文化体験A(日本の家庭)(2017)
○家政学原論(2017)
○家政教育専門研究(2017)
○家庭科カリキュラム研究II(2017)
○家族関係学(2017)
○家庭経営学演習Ⅰ(2017)
○家庭経営学(家庭経済学を含む)(2017)
○家庭科カリキュラム研究I(2017)
○家政教育専門研究(2016)
○家庭科カリキュラム研究I(2016)
○家庭科カリキュラム研究II(2016)
○家庭経営学演習Ⅰ(2016)
○家族関係学(2016)
○家庭経営学(家庭経済学を含む)(2016)
○家政学原論(2016)
○家庭経営学演習Ⅱ(2016)
○家族関係学(2015)
○家庭経営学演習Ⅰ(2015)
○家庭科カリキュラム研究I(2015)
○家庭経営学(家庭経済学を含む)(2015)
○家政学原論(2015)
○家庭科カリキュラム研究II(2015)
○家庭経営学演習Ⅱ(2015)
○小学校ティーチングアシスタント実習A(2015)
○小学校ティーチングアシスタント実習B(2015)
○家政教育専門研究(2015)
○中学校ティーチングアシスタント実習A(2015)
○中学校ティーチングアシスタント実習B(2015)
○生活設計論(2015)
○中学校ティーチングアシスタント実習A(2014)
○中学校ティーチングアシスタント実習B(2014)
○生活設計論(2014)
○小学校ティーチングアシスタント実習B(2014)
○小学校ティーチングアシスタント実習A(2014)
○家政教育専門研究(2014)
○家庭経営学演習Ⅰ(2014)
○家庭経営学(家庭経済学を含む)(2014)
○家政教育専門研究(2014)
○家庭経営学演習Ⅱ(2014)
○家族関係学(2014)
○家庭科カリキュラム研究I(2014)
○家政学原論(2014)
○家庭科カリキュラム研究II(2014)
○現代子ども学(2014)
○被服構成実習(2014)
○調理実習(2014)

大学院担当授業科目

○家庭生活研究Ⅰ(2017)
○消費者教育特論Ⅰ(2017)
○消費生活特論Ⅰ(2017)
○家庭生活研究Ⅱ(2017)
○消費者教育特論Ⅱ(2017)
○消費生活特論Ⅱ(2017)
○家庭科教科内容研究演習B(2016)
○学校教育基礎演習B(教育の哲学と倫理)(2016)
○家庭科教科内容研究特論B(2016)
○教育実践応用研究A(2015)
○家庭科教科内容研究特論A(2015)
○家庭科教科内容研究特論B(2015)
○家庭科教科内容研究演習A(2015)
○家庭科教科内容研究演習B(2015)
○教育実践基礎研究(2015)
○教育実践高度化プロジェクト研究(ハノイ師範大学)(2015)
○教育実践応用研究A(2014)
○教育実践基礎研究(2014)
○家庭科教科内容研究特論B(2014)
○家庭科教科内容研究演習B(2014)
○教育実践高度化プロジェクト研究(ハノイ師範大学)(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○石川県消費生活審議会委員(2008/04/01-)
○加賀市男女共同参画審議会委員(2008/04/01-)
○大学設置・学校法人審議会家政学専門委員(2012/04/17-2014/03/31)

講演可能なテーマ

○消費者教育
○家計と消費

その他公的社会活動

このページの先頭へ