本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月30日

小林 聡 (こばやし さとし) 教授 KOBAYASHI Satoshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 放射線技術科学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

量子医療技術学 TEL:076-265-2532 FAX:076-234-4256

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 内科系 1994/03
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学科 1990/03
【取得学位】
博士(医学)

職歴

黒部市民病院 放射線科 医員(1994/04/01-1995/03/31)
富山県立中央病院 放射線科 医員(1995/04/01-1996/04/30)
富山県厚生連滑川病院 放射線科 医長(1996/05/01-1997/03/31)
金沢大学附属病院 放射線科 医員(1997/04/01-1999/03/31)
金沢大学 医学部 放射線科(1999/04/01-2009/03/31)
金沢大学 医学部 放射線科(2009/04/01-2011/03/31)
金沢大学医薬保健研究域保健学系准教授(2011/04/01-2013/09/30)
金沢大学医薬保健研究域医学系経血管診療学 (放射線科)准教授(2013/10/01-2015/04/30)

生年月

所属学会

日本医学放射線学会 (放射線診断専門医) 代議員
日本消化器病学会  (消化器病専門医)
日本インターベンショナルラジオロジー学会 (IVR専門医)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 検診マンモグラフィ読影認定医
日本肝臓学会
北米放射線学会
欧州放射線学会
日本腹部放射線研究会 評議員(2015-)
欧州腹部放射線学会(ESGAR)
日本救急放射線研究会
日本肝がん分子標的治療研究会
日本磁気共鳴医学会
日本分子イメージング学会
国際肝癌研究会(ILCA)
日本医学放射線学会 代議員(2015-)
日本肝癌研究会 幹事(2015-)

学内委員会委員等

○FD委員会 委員(2016-)
○金沢大学幼稚園教員資格認定試験実施委員会 委員(2013-2013)
○図書委員会 委員(2011-2013)
○IRB審議治験・院内臨床試験の事前ヒアリング協力医師 その他(2010-2010)
○診療材料検討委員会 委員(2009-2010)

受賞学術賞

○2004年 北米放射線学会 Certificate of Merit賞(2004/12/01)
○2005年 肝血流イメージ研究会 板井悠二賞(2005/02/05)
○2006年 日本IVR学会国際交流促進制度
○2009年 欧州放射線学会 Cum Laude賞(2009/03/06)
○2010年 日本IVR学会国際交流促進制度
○2011年 アジア腹部放射線学会(ACAR) 優秀口演賞(2011/05/14)
○2011年 日本腹部放射線研究会バイエル学術研究助成基金(2011/06/24)
○2012年 アジア・オセアニア放射線学会(AOCR) 最優秀展示賞(2012/08/30)
○欧州放射線学会 Certificate of Merit賞(2014/03/06)
○第100回北米放射線学会(RSNA) Certificate of Merit賞(2014/12/05)
○第73回日本医学放射線学会総会 教育展示優秀賞(2014/04/13)

専門分野

腹部画像診断、Radiology、その他

専門分野キーワード

放射線診断学、腹部画像診断、肝画像診断、肝細胞癌、肝血流、血管内治療、肝動脈塞栓療法、門脈圧亢進症、びまん性肝疾患

研究課題

肝微小循環の研究

肝微小循環の研究 ラットやウサギなど小動物の肝微小循環の観察と塞栓物質が肝血流に及ぼす影響についておもに生体顕微鏡を使用して検討している。

科学研究費補助金 奨励研究(A) 2000-2001年度
動脈塞栓術に関する実験的研究-塞栓物質の組成が血行動態に及ぼす影響について (研究代表者 小林聡)


肝血流動態イメージ診断に関する研究

肝血流動態イメージ診断に関する研究 超音波、CT、MRI、血管造影、血管造影下CTを駆使し肝腫瘤性病変やびまん性肝疾患の形態・機能診断を行っている。侵襲的診断法である血管造影下CTで得られた特徴的血流画像所見を解析し、より非侵襲的なCT、MRIの造影画像所見の解釈に応用する。最終的には侵襲的な検査である血管造影を行わずにCTAPやCTHAに匹敵する血流画像情報を得ることを目標に検討を進めている。

小林 聡、松井 修、蒲田敏文、ほか.
画像を用いた肝細胞性結節の悪性度推定および早期肝細胞がんの画像診断の進歩
最新医学, 66: 1760-1764, 2011

新規塞栓物質の開発

新規塞栓物質の開発 各種塞栓物質のラット小腸内血管での動態を生体顕微鏡で観察。壁障害の程度を検討や血管鋳型標本を作成検討することによって安全な小腸動脈塞栓術の開発を試みている。

基盤研究(C) (一般) 2005-2007年度
生体顕微鏡を用いたウサギ肝内微小血行動態観察に基づく肝動脈塞栓術の至適条件の検討 (研究代表者 小林聡)

臓器血流の非侵襲的評価

臓器血流の非侵襲的評価 MRIのASL技術を応用して血管造影を行うことなくCTAPと同等の肝血流画像を得ることができないか検討中である。

分子標的治療の早期客観的効果判定

分子標的治療の早期客観的効果判定 CT perfusion画像やDual Energy CTなどの新しいCT技術を用いて肝細胞癌に対する分子標的薬の早期客観的治療効果判定法の確立を目指している。
現在、CTメーカーと共同で、これらCT新技術の肝画像診断への応用に関する基礎的・臨床的検討を行なっている。

基盤研究(C) (一般) 2010-2012年度
固形癌分子標的治療の早期客観的治療効果判定法の確立(研究代表者 小林 聡)

小林聡, 蒲田敏文, 松井修
分子標的治療効果判定におけるbiomarkerとしての画像診断
The Liver Cancer Journal, 4: 40-46, 2012

MRIを用いた分子イメージングの検討

MRIを用いた分子イメージングの検討 肝細胞膜トランスポータの機能を可視化する新しいMRI造影剤であるGd-EOB-DTPAの分子イメージングとしての有用性に着目し、より効果的な分子イメージング技術の確立を目指し基礎的、臨床的検討を行なっている。

Kitao A, Kobayashi S, et al.
Hepatocellular carcinoma: signal intensity at gadoxetic acid-enhanced MR Imaging--correlation with molecular transporters and histopathologic features.
Radiology, 256: 817-826, 2010

Kobayashi S, et al.
Gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriamine pentaacetic Acid-enhanced magnetic resonance imaging findings of borderline lesions at high risk for progression to hypervascular classic hepatocellular carcinoma.
J Comput Assist Tomogr, 35: 181-186, 2011

Kitao A, Matsui O, Kobayashi S, et al.
The uptake transporter OATP8 expression decreases during multistep hepatocarcinogenesis: correlation with gadoxetic acid enhanced MR imaging.
Eur Radiol, 21:2056-2066, 2011

小林 聡, 北尾 梓, 松井 修, ほか.
薬物トランスポーターからみたGd-EOB-DTPA造影MRI
臨床画像, 27: 302-309, 2011

著書

  • Liver: Focal Hepatic Mass Lesion. In CT and MRI of the Whole Body. 5th ed, Haaga JR, Dogra VS, Forsting M, Gilkeson RC, Ha HK, Sundaram M. (Ed), 1501-1566, Amsterdam, Mosby-Elsevier, 2008  原著書 共著 Matsui O, Kobayashi S, Gabata T, Ueda K
  • 3章 画像診断 CT,MRI 今日の消化器疾患治療指針 第3版, 幕内雅敏・菅野健太郎・工藤正俊 編, 126-128, 医学書院, 東京, 2010  原著書 共著 小林 聡、松井 修
  • 血管造影 図解消化器内科学テキスト, 井廻道夫・日比紀文 編, 152-158, 中外医学社,東京, 2006  原著書 共著 小林 聡、松井 修
  • 肝細胞癌多段階発癌と造影所見:動注CTとの対比 肝細胞癌の早期診断:画像と分子マーカー, 有井滋樹・松井 修 編, 83-88, アークメディア, 東京, 2012  共著 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、小坂一斗、中村功一、北尾 梓
  • 肝・胆・膵疾患と撮像のアプローチ コメディカルのための疾患・画像ファイル, 鈴木正行 編, 137-161, .文光堂, 東京, 2010  単著 小林 聡、蒲田敏文、松井 修

全て表示

  • 動注CTによる細胆管細胞癌、混合型肝癌、硬化型肝細胞癌鑑別の試み 肝血流イメージ研究会シンポジウム記録集. 肝細胞癌治療における局所再発の抑制とsafety/ surgical marginの必要性 –画像による解析-. 混合型肝癌、細胆管細胞癌、硬化型肝細胞癌の病理と画像診断の考え方, 高安賢一 監修, 75-81, メディカルトリビューン, 東京, 2009  小林 聡、松井 修、小坂一斗、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、新村理絵子、川井恵一、全 陽、中沼安二
  • 動注CTを中心とした肝細胞性結節性病変の悪性度診断. 肝血流動態イメージ研究会シンポジウム記録集. 肝癌の組織学的分化度診断と生物学的悪性度の予知, 森安史典 監修, 11-15, メディカルトリビューン,東京2008  小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治
  • 画像診断(2)CT・MRI 新しい診断と治療のABC 肝癌, 坪内博仁 編, 72-80, 最新医学社, 大阪, 2007  南 麻紀子、松井 修、蒲田敏文、小林 聡、南 哲弥
  • 動門脈シャント: 画像での再評価と今日的意義. 4血管造影(CTHA/CTAP) 肝血流動態イメージ研究会シンポジウム記録集. 肝臓のcentral zoneとperipheral zone, 板井悠二 監修, 92-101, メディカルトリビューン,東京, 2002  上田和彦、松井 修、小林 聡、眞田順一郎、寺山 昇、川森康博、蒲田敏文
  • TAE 消化器ナビゲーター. 滝川 一 編集, 308-309, メジカルビュー社, 東京, 2002  眞田順一郎、松井 修、寺山 昇、小林 聡、西田宏人、蒲田敏文、角谷眞澄
  • 肝細胞癌および境界病変の血行動態 –動注CTによる観察- 肝血流動態イメージ研究会シンポジウム記録集. 肝細胞癌の血行動態はどこまで分かったか, 神代正道, 岡崎正敏, 板井悠二 監修, 47-58, メディカルトリビューン,東京, 2001  松井 修、南 麻紀子、小林 聡、寺山 昇、眞田順一郎、蒲田敏文、上田和彦、中沼安二
  • CTA・CTAP画像 図説 消化器病シリーズ11 肝腫瘍, 沖田 極 編, 116-124, メジカルビュー社, 東京, 2000  共著 小林 聡、松井 修
  • 原発性硬化性胆管炎の画像診断 肝・胆・膵フロンティア10 自己免疫性肝疾患, 小林健一 編集責任, 99-104, 診断と治療社, 東京, 2000  共著 小林 聡、松井 修
  • Partial nodular transformation of the liverの2例 肝結節の生検診断 -診断プロセスを中心に-, 中沼安二、松井 修 編, 152-153, 文光堂, 東京, 1998  共著 小林 聡、寺山 昇、中沼安二
  • 1. 診断 2)CT 肝転移のすべて, 門田守人・松浦成昭 編著, 162-165, 永井書店, 大阪, 2005  原著書 共著 小林 聡、松井 修
  • 11) 血管性病変およびそれに伴う二次変化 画像診断Key Bookシリーズ 肝胆膵の画像診断 –CT,MRIを中心に-, 山下康行 編著, 210-225, 秀潤社, 東京, 2010  単著
  • 肝胆膵の鑑別診断のポイント メジカルビュー社 2016/04/01 原著書 共著 小坂一斗、蒲田敏文、小林 聡
  • Haaga JR, Dogra VS, Forsting M, Gilkeson RC, Ha HK, Sundaram M. (Eds), CT and MRI of the Whole Body. 5th ed.  Mosby-Elsevier  2016/09/01 原著書 共著 小林聡、松井修
  • 9-16. 肝静脈閉塞症・門脈閉塞症 矢崎義雄 総編集 内科学 第10版  朝倉書店 2013/06 原著書 共著 小林聡、松井修.

論文

  • Intranodular signal intensity analysis of hypovascular high-risk borderline lesions of HCC that illustrate multi-step hepatocarcinogenesis within the nodule on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI. 81号 3839-3845頁 2012/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Postmortem survey of bile duct necrosis and biloma in hepatocellular carcinoma after transcatheter arterial chemoembolization therapy: Relevance to microvascular damages of peribiliary capillary plexus. Am J Gastroenterol, 88: 1410 - 1415, 1993  Kobayashi S, Nakanuma Y, Terada T, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Deposition of copper-binding protein (CBP) in adenomatous hyperplasia of the liver: Relevance to magnetic resonance imaging. International Hepatology Communications, 1: 326-330, 1993  Ueda K, Matsui O, Nakanuma Y, Terada T, Kadoya M, Kitagawa K, Kobayashi S, Kawamori Y, Gabata T, Takashima T 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intrahepatic peribiliary vascular plexus in various hepatobiliary diseases: A histological survey. Human Pathology, 25: 940 - 946, 1994  Kobayashi S, Nakanuma Y, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Histopathology of portal tracts in livers after transcatheter arterial chemo-embolization therapy for hepatocellular carcinoma. J Gastroenterology and Hepatology, 9: 45 - 54, 1994  Kobayashi S, Nakanuma Y, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Histological influence on contrast-enhanced CT of pancreatic ductal adenocarcinoma. J Comput Assist Tomogr, 21: 980-985, 1997  Demachi H, Matsui O, Kobayashi S, Akakura Y, Konishi K, Tsuji M, Miwa A, Miyata S 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic CT of hepatic abscesses: significance of transient segmental enhancement. Am J Roentgenol, 176: 675-679, 2001  Gabata T, Kadoya M, Matsui O, Kobayashi T, Kawamori Y, Sanada J, Terayama N, Kobayashi S 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Accumulation of iodized oil within the nonneoplastic liver adjacent to hepatocellular carcinoma via the drainage routes of the tumor after transcatheter arterial embolization. Cardiovasc Intervent Radiol, 24: 383-387, 2001  Terayama N, Matsui O, Gabata T, Kobayashi S, Sanada J, Ueda K, Kadoya M, Kawamori Y 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peritumoral spared area in fatty liver: correlation between opposed-phase gradient-echo MR imaging and CT arteriography. Abdom Imaging, 26: 384-389, 2001  Gabata T, Kadoya M, Matsui O, Ueda K, Kawamori Y, Terayama N, Sanada J, Kobayashi S 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intra- and perinodular hemodynamics of hepatocellular carcinoma: CT observation during intra-arterial contrast injection.  Abdom Imaging, 27: 147-156, 2002  Matsui O, Ueda K, Kobayashi S, Sanada J, Terayama N, Gabata T, Minami M, Kawamori Y, Nakanuma Y   原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peritumoral rim enhancement of liver metastasis: hemodynamics observed on single-level dynamic CT during hepatic arteriography and histopathologic correlation. J Comput Assist Tomogr, 26: 975-980, 2002  Terayama N, Matsui O, Ueda K, Kobayashi S, Sanada J, Gabata T, Kawamori Y, Kadoya M 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Clinical application of a curved nitinol stent-graft for thoracic aortic aneurysms. J Endovasc Ther, 10: 20-28, 2003  Sanada J, Matsui O, Terayama N, Kobayashi S, Minami T, Kurozumi M, Ohtake H, Urayama H, Endo M 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Groove pancreatic carcinomas: radiological and pathological findings. European Radiol, 13: 1679-1684, 2003  Gabata T, Kadoya M, Terayama N, Sanada J, Kobayashi S, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tumor-associated focal chronic pancreatitis from invasion of the pancreatic duct by common bile duct carcinoma: radiologic-pathologic correlation. Abdom Imaging, 28: 378-380, 2003  Gabata T, Sanada J, Kobayashi S, Terayama N, Kadoya M, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Quantification of angiogenesis by functional Computed Tomography in a matrigel model in rats. Academic Radiology, 11: 573-582, 2004  Phongkitkarun S, Kobayashi S, Kan Z, Lee TY, Charnsangavej C 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hemodynamic and Morphologic Changes After Portal Vein Embolization: Differential Effects in Central and Peripheral Zones in the Liver on Multiphasic Computed Tomography. J Comput Assist Tomogr, 28: 804-810, 2004  Kobayashi S, Ng CS, Kazama T, Madoff DC, Faria SC, Vauthey JN, Charnsangavej C 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cirrhotic nodules: association between MR imaging signal intensity and intranodular blood supply. Radiology, 237: 512-519, 2005  Shinmura R, Matsui O, Kobayashi S, Terayama N, Sanada J, Ueda K, Gabata T, Kadoya M, Miyayama S 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bile duct complications of hepatic arterial infusion chemotherapy evaluated by helical CT. Clin Radiol, 60: 700-709, 2005  Phongkitkarun S, Kobayashi S, Varavithya V, Huang X, Curley SA, Charnsangavej C 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional CT for quantifying tumor perfusion in antiangiogenic therapy in a rat model. Radiology, 237: 151-158, 2005  Kan Z, Phongkitkarun S, Kobayashi S, Tang Y, Ellis LM, Lee TY, Charnsangavej C 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Functional CT quantification of tumor perfusion after transhepatic arterial embolization in a rat model. Radiology, 237: 144-150, 2005  Kan Z, Kobayashi S, Phongkitkarun S, Charnsangavej C 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Feeding artery of laryngeal and hypopharyngeal cancers: role of the superior thyroid artery in superselective intraarterial chemotherapy. Cardiovasc Interventional Radiol, 29: 534-543, 2006  Terayama N, Sanada J, Matsui O, Kobayashi S, Kawashima H, Yamashiro M, Takanaka T, Kumano T, Yoshizaki T, Furukawa M 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Transcatheter Hepatic Arterial Embolization on Angiogenesis in an Animal Model. Investigative Radiol, 41: 516-521; 2006  Gupta S, Kobayashi S, Phongkitkarun S, Broemeling L, Kan Z 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Imaging of benign hypervascular hepatocellular nodules in alcoholic liver cirrhosis: Differentiation from hypervascular hepatocellular carcinoma. J Comput Assist Tomogr, 31: 557-563, 2007  Kobayashi S, Matsui O, Kamura T, Yamamoto S, Yoneda N, Gabata T, Terayama N, Sanada J 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MR imaging of hepatocellular carcinomas with biliary tumor thrombi. Abdom Imaging, 32: 470-474, 2007  Gabata T, Terayama N, Kobayashi S, Sanada J, Kadoya M, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selective induction hyperthermia following transcatheter arterial embolization with a mixture of nano-sized magnetic particles (ferucarbotran) and embolic materials: feasibility study in rabbits. Radiat Med, 26:179-187, 2008  Takamatsu S, Matsui O, Gabata T, Kobayashi S, Okuda M, Ougi T, Ikehata Y, Nagano I, Nagae H 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of hypervascular malignant foci in borderline lesions of hepatocellular carcinoma: comparison of dynamic multi-detector row CT, dynamic MR imaging and superparamagnetic iron oxide-enhanced MR imaging. Eur Radiol, 18: 1918-1924, 2008  Shinmura R, Matsui O, Kadoya M, Kobayashi S, Terayama N, Sanada J, Demachi H, Gabata T 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Imaging diagnosis of hepatic metastases of pancreatic carcinomas: significance of transient wedge-shaped contrast enhancement mimicking arterioportal shunt. Abdom Imaging, 33: 437-443, 2008  Gabata T, Matsui O, Terayama N, Kobayashi S, Sanada J 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Portosystemic shunt on CT during arterial portography: prevalence in patients with and without liver cirrhosis. Abdom Imaging, 33: 80-86, 2008  Terayama N, Matsui O, Kobayashi S, Sanada J, Gabata T, Koda W, Minami T 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Detection of small hypervascular hepatocellular carcinomas by EASL criteria: Comparison with double-phase CT during hepatic arteriography. Eur J Radiol, 80: e201-206, 2011.  Pugacheva O, Matsui O, Kozaka K, Minami T, Ryu Y, Koda W, Kobayashi S, Gabata T 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Selective Atrophy of the Middle Hepatic Venous Drainage Area in Hepatitis C-related Cirrhotic Liver: Morphometric Study by Using Multidetector CT. Radiology, 257: 705-714, 2010  Ozaki K, Matsui O, Kobayashi S, Sanada J, Koda W, Minami T, Kawai K, Gabata T 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatocellular carcinoma: signal intensity at gadoxetic acid-enhanced MR Imaging--correlation with molecular transporters and histopathologic features. Radiology, 256: 817-826, 2010  Kitao A, Zen Y, Matsui O, Gabata T, Kobayashi S, Koda W, Kozaka K, Yoneda N, Yamashita T, Kaneko S, Nakanuma Y 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriamine pentaacetic Acid-enhanced magnetic resonance imaging findings of borderline lesions at high risk for progression to hypervascular classic hepatocellular carcinoma. J Comput Assist Tomogr, 35: 181-186, 2011  Kobayashi S, Matsui O, Gabata T, Koda W, Minami T, Ryu Y, Kawai K, Kozaka K 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • The uptake transporter OATP8 expression decreases during multistep hepatocarcinogenesis: correlation with gadoxetic acid enhanced MR imaging. Eur Radiol, 21:2056-2066, 2011  Kitao A, Matsui O, Yoneda N, Kozaka K, Shinmura R, Koda W, Kobayashi S, Gabata T, Zen Y, Yamashita T, Kaneko S, Nakanuma Y 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatocyte transporter expression in FNH and FNH-like nodule: correlation with signal intensity on gadoxetic acid enhanced magnetic resonance images. Jpn J Radiol,30: 499-508, 2012  Yoneda N, Matsui O, Kitao A, Kita R, Kozaka K, Koda W, Kobayashi S, Gabata T, Ikeda H, Sato Y, Nakanuma Y 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between signal intensity on hepatobiliary phase of gadolinium ethoxybenzyl diethylenetriaminepentaacetic acid (Gd-EOB-DTPA)-enhanced MR imaging and prognosis of borderline lesions of hepatocellular carcinoma. Eur J Radiol. 81: 3002-3009, 2012   Kobayashi S, Matsui O, Gabata T, Koda W, Minami T, Ryu Y, Kozaka K, Kitao A 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intranodular signal intensity analysis of hypovascular high-risk borderline lesions of HCC that illustrate multi-step hepatocarcinogenesis within the nodule on Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI. Eur J Radiol. 2012 [Epub ahead of print]  Kobayashi S, Matsui O, Gabata T, Koda W, Minami T, Ryu Y, Kozaka K, Kitao A 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intrahepatic periportal enhancement on hepatobiliary phase images of Gd-EOB-DTPA enhanced MRI: Imaging findings and the prevalence in various hepatobiliary diseases. Jpn J Radiol, 2012 [Epub ahead of print]  Kobayashi S, Matsui O, Gabata T, Koda W, Minami T, Kozaka K, Kitao A, Yoneda N, Yoshida K 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 骨髄移植後の肝内脈管病変に関する病理学的検討:剖検肝を用いて 肝臓, 33: 699-704, 1992  小林 聡, 中沼安二 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肝腺腫様過形成のMRI所見と銅沈着の関係に関する研究 肝臓, 34: 58-59, 1993  上田和彦、松井 修、角谷眞澄、小林 聡、川森康博、蒲田敏文、高島 力 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒト各種肝胆道系疾患および経カテーテル性動脈塞栓術施行例における肝内胆管周囲毛細血管叢の病理組織学的検討 金沢大学十全医学会誌, 103: 1-17, 1994  小林 聡 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • SLEの脳MRI. 臨床放射線, 41: 343-348, 1996  小林 聡, 鈴木正行, 植田文明, 荒井和徳, 小林 健, 角谷眞澄, 松井 修, 高島 力  原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 放射線治療後の限局性肝venoocclusive diseaseの3剖検例 病理と臨床, 14: 651-655, 1996  小林 聡, 中沼安二, 寺山 昇, 片柳和儀, 佐々木素子, 寺田忠史, 高仲 強, 西嶋博司, 松井 修, 高島 力 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • T1・T2口腔癌の198Auグレイン組織内照射治療 富山県立中央病院医学雑誌, 19: 14-19, 1996  宮田佐門、北川和久、中川士郎、加納美樹子、出町 洋、小林 聡、赤倉由佳理 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 門脈圧亢進症下での肝内胆管周囲毛細血管叢(PBP)とその周囲に分布する肥満細胞の意義 日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会誌, 4: 290-293, 1998  小林 聡、中沼安二、松井 修、山城正司、高島 力 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CT下肺生検における手技改良の効果 CT透視,I-Iデバイス,離脱式半自動生検針の有用性 臨床放射線, 46: 122-127, 2001  小林 健, 阿保 斉, 川島博子, 眞田順一郎, 小林 聡, 寺山 昇, 松井 修 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肝膿瘍のダイナミックCT像:一過性楔状濃染の意義 臨床放射線, 46: 9, 1087-1090, 2001  蒲田敏文、角谷眞澄、松井 修、小林 健、川森康博、眞田順一郎、寺山 昇、小林 聡 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 経皮的椎体形成術におけるOsteojectの使用経験 IVR: Interventional Radiology, 20: 38-40, 2005  小林 健, 高仲 強, 眞田順一郎, 寺山 昇, 小林 聡, 川島博子, 松井 修 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 生理的食塩水フラッシュが腹部造影ダイナミックCT増強効果に与える影響の検討 日本医学放射線学会誌, 65: 23-29, 2005  植田文明, 松浦幸広, 寺山 昇, 小林 聡, 小林 健, 蒲田敏文, 松井 修 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 頭頸部動脈狭窄に対するステント留置術の検討 臨床放射線, 51: 737-742, 2006  草なぎ実穂, 松井 修, 眞田順一郎, 小林 聡, 寺山 昇, 望月健太郎, 岡本禎一, 木多真也 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肝臓ダイナミックCTにおけるイオメプロール350mgI/mLの投与方法および投与量に関する検討(臨床第II/III相試験)-体重比用量群と固定用量群との多施設共同ランダム化比較試験- 臨床医薬, 24: 575-597, 2008  粟井和夫, 山下康行, 小野寺祐也, 宍戸文男, 福田国彦, 蓮尾金博, 佐々木勝己, 今井裕, 小林 聡, 村上卓道, 金 東石, 藤井正彦, 吉川公彦, 佐藤修平, 村中 光, 吉満研吾, 中村仁信 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 大動脈造影における3Frピッグテールカテーテルの使用経験 IVR: Interventional Radiology, 2: 207-210, 2010  尾崎公美, 眞田順一郎, 大竹裕志, 木村圭一, 小林聡, 南哲弥, 扇尚弘, 渡邊剛, 蒲田敏文, 松井修 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ultrasound visualization of hepatic peribiliary cysts: a comparison with morphology.  Am J Gastroenterol, 87: 1499-1502, 1992  Terada T, Minato H, Nakanuma Y, Shinozaki K, Kobayashi S, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Nodular regenerative hyperplasia of the liver in hepatocellular carcinoma: An autopsy study. J Clin Gastroenterol, 16: 155-159, 1993  Kobayashi S, Saito K, Nakanuma Y 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pathology of the spleen in primary biliary cirrhosis: an autopsy study.  Pathol Int, 44: 753-758, 1994  Terayama N, Makimoto KP, Kobayashi S, Nakanuma Y, Sasaki M, Saito K, Katayanagi K 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MR imaging of focal splenic extramedullary hematopoiesis in polycythemia vera: case report. Abdom Imaging, 25: 514-516, 2000  Gabata T, Kadoya M, Mori A, Kobayashi S, Sanada J, Matsui O 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CT arteriographic confirmation of focal hepatic fatty infiltration adjacent to the falciform ligament associated with drainage of inferior vein of Sappey: A case report. Radiation Medicine, 9: 51-54, 2001  Kobayashi S, Matsui O, Kadoya M, Yoshikawa J, Gabata T, Kawamori Y, Sanada J, Terayama N 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Right posterior-superior subsegmental hepatic artery originating from the right inferior adrenal artery. Cardiovasc Intervent Radiol, 24: 271-273, 2001  Kobayashi S, Matsui O, Kadoya M, Gabata T, Sanada J, Terayama N 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lipomatous change in a brain metastasis from malignant pleural mesothelioma. Neuroradiology, 43: 159-161, 2001  Kobayashi S, Ida M;, Matsui O, Kuroda E, Isobe T, Matsubara F 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pseudolesion in segment IV of the liver adjacent to the falciform ligament caused by drainage of the paraumbilical vein: demonstration by power Doppler ultrasound. Br J Radiol, 74: 273-276, 2001  Kobayashi S, Matsui O, Gabata T 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stent-graft repair of a mycotic left subclavian artery pseudoaneurysm. J Endovasc Ther, 10: 66-70, 2003  Sanada J, Matsui O, Terayama N, Kobayashi S, Minami T, Chujo T, Urayama H 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Prevention of hepatic infarction as acute-phase complication of TIPS by temporary balloon occlusion in a patient with primary myelofibrosis. Radiation Medicine, 22: 432-436, 2004  Kobayashi S, Matsui O, Yoshikawa J, Gabata T, Kawamori Y, Sanada J, Terayama N, Kadoya M 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hemodynamics of small sclerosing hepatocellular carcinoma without fibrous capsule: evaluation with single-level dynamic CT during hepatic arteriography. Abdom Imaging, 33: 425-427, 2008  Kobayashi S, Matsui O, Gabata T, Sanada J, Koda W, Minami T, Kobayashi T 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pulmonary veno-occlusive disease following reduced-intensity allogeneic bone marrow transplantation for acute myeloid leukemia. Intern Med, 51: 195-198, 2012  Hosokawa K, Yamazaki H, Nishitsuji M, Kobayashi S, Takami A, Fujimura M, Nakao S. 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 集検にて発見された胸膜腫瘍の1例 : MRI所見を中心に 画像診断, 12: 111-115, 1992  川島博子、高島 力、上村良一、小林 健、西嶋博司、高仲 強、小林 聡、眞田順一郎、渡辺洋宇、野々村昭孝 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肺内リンパ節の2例: 特に高分解能CT所見について 画像診断, 13: 335-340, 1993  牧田伸三、上村良一、小林 健、野畠浩司、小林 聡、鈴木正行、高島 力、渡辺洋宇、野々村昭孝 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 脂肪抑制法併用T1強調像が線維化の診断に有用であった腫瘤形成性膵炎の1例 腹部画像診断, 14: 699-706, 1994  蒲田敏文、松井 修、角谷眞澄、吉川 淳、野畠浩司、川森康博、小林 聡、土田龍郎、三井 毅、三浦将司、浅田康行、田中延善 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 造影MRIで特徴的所見を認めた肝inflammatory pseudotumorの1例 臨床放射線, 41: 463-466, 1996  小林 聡、荒井和徳、山城正司、家城恭彦、牧野 博、森岡 健、高桜英輔 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肝臓の硬化性血管腫の1例 臨床放射線, 41: 567-570, 1996  小林 聡、出町 洋、赤倉由佳理、宮田佐門、小西孝司、辻 政彦、三輪淳夫 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 後縦隔から後腹膜にまたがって存在した成熟奇形腫の1例 画像診断, 17: 1085-1088, 1997  赤倉由佳理、出町 洋、小林 聡、阿保 斉、宮田佐門、鵜浦雅志、藪下和久、前田基一、三輪淳夫 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 肝嚢胞腺腫との鑑別に苦慮した出血性肝嚢胞の1例 臨床放射線, 43: 307-310, 1998  小林 聡、井田正博、上田 博、佐久間寛、磯部次正、今掘 努、中 文彦、松井 修 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MRIが診断に有用であった肝細胞腺腫の1例 消化器画像, 3: 501-505, 2001  蒲田敏文、角谷眞澄、桜川尚子、小林 聡、眞田順一郎、松井 修、谷 卓、野々村昭孝 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 腹部大動脈瘤に対してZenith AAA endovascular graft留置術後に脚閉塞を来した2例 IVR: Interventional Radiology,. 25: 322-325, 2010  尾崎公美、眞田順一郎、大竹裕志、木村圭一、小林 聡、南 哲弥、扇 尚弘、渡邊 剛、蒲田敏文、松井 修 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 糖原病I型に合併した肝内胆管癌の1例 臨床放射線, 56: 1112-1116, 2011  北尾 梓、蒲田敏文、小林 聡、香田 渉、南 哲弥、高村博之、全 陽、松井 修 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • MRI findings of primary biliary cirrhosis: correlation with Scheuer histologic staging. Abdom Imaging, 30: 71-76, 2005  Kobayashi S, Matsui O, Gabata T, Terayama N, Sanada J, Yamashiro M, Minami M, Kozaka K, Harada K, Nakanuma Y 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Imaging of multistep human hepatocarcinogenesis. Hepatol Res, 37: Suppl 2:S200-205, 2007  Matsui O, Gabata T, Kobayashi S, Terayama N, Sanada J, Kouda W, Kawashima H 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Optimal imaging of hepatic mass lesions. J Gastroenterol Hepatol, 10: 1466-1468, 2008  Matsui O, Gabata T, Kobayashi S 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Radiological and histopathological manifestations of hepatocellular nodular lesions concomitant with various congenital and acquired hepatic hemodynamic abnormalities. Japanese Journal of Radiology, 27: 53-68, 2009  Kobayashi S, Matsui O, Gabata T, Sanada J, Koda W, Minami T, Ryu Y 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Radiologic manifestation of hepatic pseudolesion and pseudotumor in the third inflow area. Imaging in Medicine, 2: 519-528, 2010  Kobayashi S, Gabata T, Matsui O 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Interventional oncology: new options for interstitial treatments and intravascular approaches: superselective TACE using iodized oil for HCC: rationale, technique and outcome. J Hepato-Biliary-Pancreatic Sci, 17: 407-409, 2010  Matsui O, Miyayama S, Sanada J, Kobayashi S, Koda W, Minami T, Kozaka K, Gabata T 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Hepatocelluar nodules in liver cirrhosis: hemodynamic evaluation (angiography-assisted CT) with special reference to multi-step hepatocarcinogenesis. Abdom Imaging, 36: 264-272, 2011   Matsui O, Kobayashi S, Sanada J, Kouda W, Ryu Y, Kozaka K, Kitao A, Nakamura K, Gabata T 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 乳房温存療法の経験と放射線治療の問題点 乳癌の臨床, 6: 45-49, 1991  斎藤泰雄, 西嶋博司, 高仲 強, 川島博子, 小林 聡, 真田順一郎, 寺山 昇, 高島 力, 村田秀雄, 茶畠光浩, 島田裕弘, 野口昌邦, 小矢崎直博, 谷屋隆雄, 宮崎逸夫 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 胆管消失症候群の病理 肝胆膵, 26: 363-370, 1993  中沼安二, 小林 聡, 原田憲一 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法 特に塞栓物質について IVR, 8: 29-36, 1993  松井 修, 出町 洋, 上田隆之, 小林 聡, 蒲田敏文, 吉川 淳, 角谷眞澄, 高島 力 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 門脈圧亢進症の病態と病理像 画像診断, 13: 1330-1340,1993  中沼安二, 小林 聡 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 肝内結石症の病理 胆と膵, 15: 429-434, 1994  中沼安二, 佐々木素子, 寺田忠史, 小林 聡, 鈴木康男 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 画像による肝胆膵悪性腫瘍のステージング】 肝臓 CTによる肝癌の診断及びステージング 肝胆膵, 36: 15-22, 1998  小林 聡, 角谷眞澄, 松井 修, 吉川 淳, 蒲田敏文, 川森康博, 高島 力 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 癌類似疾患の画像診断:肝 臨床画像, 14: 172-181,1998  上田和彦, 角谷真澄, 松井 修, 吉川 淳, 蒲田敏文, 川森康博,小林 聡, 日野祐資,高島 力 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【良・悪性鑑別のピットフォール 腹部・骨軟部】 肝・胆道 画像診断, 18: 260-266, 1998  小林 聡, 角谷眞澄, 松井 修, 吉川 淳, 蒲田敏文, 川森康博, 高島 力 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝画像の最先端】 Single-level dynamic thin-section CTAによる肝腫瘍血行動態の観察 消化器画像, 1: 47-54, 1999  上田和彦, 松井 修, 角谷真澄, 吉川 淳, 蒲田敏文, 川森康博, 寺山 昇, 真田順一郎, 小林 聡, 日野祐資, 赤倉由佳理, 山城敬子, 高島 力, 中沼安二, 野々村昭孝 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【血流と画像:消化器を中心に】 肝腫瘍 肝腫瘍にどのように血液が流入し,流出するか 画像診断, 19: 50-63, 1999  上田和彦, 松井 修, 角谷真澄, 吉川 淳, 蒲田敏文, 川森康博, 寺山 昇, 真田順一郎, 小林 聡, 日野祐資, 赤倉由佳理, 山城敬子, 林麻紀子, 高島 力, 中沼安二, 野々村昭孝 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【小肝細胞癌の病理・診断・治療】 肝硬変に伴う肝細胞性結節の画像診断 医学のあゆみ, 190: 991-994, 1999  小林 聡, 松井 修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • ステントグラフトによる大動脈瘤の治療 治療学, 33: 1167-1172, 1999  眞田順一郎, 松井 修, 寺山 昇, 小林 聡, 小林 健, 川島博子, 北川清秀, 松岡利彦, 出町 洋 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【血流と肝画像】 肝血流と脂肪沈着 消化器画像, 2: 179-185, 2000  小林 聡, 松井 修, 角谷眞澄, 蒲田敏文, 川森康博, 寺山 昇, 眞田順一郎, 西田宏人 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝細胞癌の診断と治療 最近の進歩】 血管造影CTによる肝細胞癌の診断 外科治療, 83: 8-18, 2000  上田和彦, 小林 聡, 真田順一郎, 寺山 昇, 川森康博, 蒲田敏文, 吉川 淳, 角谷真澄, 松井 修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝腫瘍血流シグナル 基礎と臨床】 血管造影診断法の進歩 CTAP/CTAによる腫瘍血流シグナル診断の基本 肝胆膵, 41: 223-230, 2000  小林 聡, 松井 修, 角谷眞澄, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 寺山 昇, 南 哲弥, 柴田義宏 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝腫瘤の画像診断】 MRIによる肝腫瘤性病変の画像診断 臨床画像, 6: 1058-1067, 2000  小林 聡, 角谷眞澄, 蒲田敏文, 寺山 昇, 眞田順一郎, 南 哲弥, 龍 泰治, 松井 修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝臓の偽病変あるいは偽腫瘍 肝画像診断のピットフォール】 血行異常域に実質性変化を伴うもの 右胃静脈(pancreatico-pyloro-duodenal vein)還流域 画像診断, 21: 18-25, 2001  小林 聡, 松井 修, 角谷眞澄, 蒲田敏文, 寺山 昇, 眞田順一郎 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【画像で知る肝区域】 血管造影からみる肝区域 消化器画像, 3: 447-453, 2001  松井 修, 小林 聡, 寺山 昇, 真田順一郎, 蒲田敏文, 西田宏人, 南 哲弥 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝癌における画像 最近の進歩】 肝細胞癌の血行動態 動注CTによる解析とその意義 肝臓, 42: 503-511, 2001  松井 修, 上田和彦, 南麻紀子, 小林 聡, 真田順一郎, 寺山 昇, 蒲田俊文, 角谷眞澄 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝細胞癌の病態と新しい治療戦略】 肝細胞癌の悪性度診断 治療すべき結節か否か 消化器画像, 4: 409-417, 2002  松井 修, 上田和彦, 南麻紀子, 小林 聡, 寺山 昇, 真田順一郎, 川島博子, 片桐亜矢子, 植田文明, 蒲田敏文 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【稀な肝悪性腫瘍 画像と病理】 特殊な肝細胞癌 硬化型肝癌 消化器画像, 5: 475-478, 2003  上田和彦, 松井 修, 蒲田敏文, 小林昭彦, 小林 聡, 真田順一郎, 寺山 昇, 林麻紀子, 山城正司 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【画像診断でここまで分かる 各診断法の特徴】 動注CT(CTHA,CTAP)による肝腫瘍の診断 癌の臨床, 49: 807-814, 2003  山城正司, 林麻紀子, 小林 聡, 寺山 昇, 蒲田敏文, 松井 修, 上田和彦 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 肝胆膵癌のStaging Scoreと臨床的評価】 肝細胞癌のStaging Score JIS Scoreと自験例の成績 TAE 肝胆膵, 48: 53-57, 2004  達 宏樹, 寺山 昇, 小林 聡, 眞田順一郎, 山城正司, 松井 修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝癌 今,わかっていること,わかっていないこと】 診断 血管造影,CT,MRI カレントテラピー, 2: 453-456, 2004  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 寺山 昇, 眞田順一郎, 南麻紀子, 山城正司 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝門部胆管癌の進展度診断 画像でどこまでわかるか】 肝門部胆管癌の進展度診断 血管造影と動注CT 消化器画像, 6: 391-399, 2004  小林 聡, 蒲田敏文, 松井 修, 北尾 梓, 眞田順一郎, 寺山 昇, 山城正司, 南麻紀子, 小坂一斗 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝胆膵領域の画像診断】 肝の微小循環動態 CTによる腫瘍血流の微小循環動態 臨床放射線, 49: 1581-1586, 2004  寺山 昇, 松井 修, 小林 聡, 眞田順一郎, 蒲田敏文, 川島博子, 山城正司, 香田 渉 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【良・悪性境界病変の画像診断】 肝細胞癌 画像診断 臨床画像, 20: 1408-1415, 2004  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 南麻紀子, 吉田耕太郎, 寺山 昇, 眞田順一郎, 山城正司, 上田和彦 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【転移性肝癌のすべて 診断と治療方法の選択】 転移性肝癌の病理所見と予後 外科治療, 92: 133-138, 2005  小坂一斗, 佐藤保則, 澤田星子, 小林 聡, 寺山 昇, 松井 修, 源 利成, 中沼安二 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【転移性肝癌のすべて 診断と治療方法の選択】 画像から見た転移性肝癌 原発臓器によって画像は違うか 外科治療, 92: 127-132, 2005  小林 聡, 蒲田敏文, 松井 修, 寺山 昇, 眞田順一郎, 山城正司 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝良性腫瘍および腫瘍類似病変の画像診断】 肝偽病変 画像診断, 25: 309-317, 2005  小林 聡, 蒲田敏文, 松井 修, 寺山 昇, 眞田順一郎, 山城正司 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【どう使うマルチスライスCT(MDCT)】 Angio CTによる血流動態分析と肝内転移診断 胆と膵, 26巻臨増: 253-258, 2005  寺山 昇, 松井 修, 小林 聡, 眞田順一郎, 蒲田敏文 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【末梢型肝内胆管癌】 臨床・疫学 末梢型肝内胆管癌の画像診断 肝胆膵, 50: 933-940, 2005  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 小坂一斗, 寺山 昇, 眞田順一郎 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【末梢型肝内胆管癌】 病態・病因・病理 末梢型肝内胆管癌の浸潤・増殖(画像との対比) 肝胆膵, 50: 833-838, 2005  小坂一斗, 佐藤保則, 澤田星子, 小林 聡, 松井 修, 中沼安二 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝転移 その特性からみた診断と治療】 肝転移の画像診断の進歩 動注CT 消化器画像, 7: 497-502, 2005  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 寺山 昇, 眞田順一郎 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝の循環動態 基礎から臨床への展開】 血流動態からみた肝の病態 その新たな展開 転移性肝癌 肝胆膵, 51: 427-432, 2005  寺山 昇, 蒲田敏文, 小林 聡, 眞田順一郎, 香田 渉, 松井 修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【早期肝細胞癌の画像診断基準に迫る】 血行動態からみた早期肝細胞癌の画像診断 ダイナミックCT,ダイナミックMRI,CTHA,CTAPについて 消化器画像, 8: 27-33, 2006  松井 修, 小林 聡, 寺山 昇, 眞田順一郎, 南麻紀子, 新村理絵子, 中田一恵, 蒲田敏文, 上田和彦 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝胆膵での粘液産生腫瘍と嚢胞性腫瘍】 類縁疾患 多発性胆管周囲嚢胞 肝胆膵, 52: 259-265, 2006  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 寺山 昇, 山城敬子, 香田渉, 新村理絵子, 川井恵一, 高松繁行, 扇尚弘 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【アルコール性肝障害における結節性病変 画像と病理】 CTHA後期相でコロナ様濃染を呈した慢性アルコール性肝疾患に生じた多発性多血性過形成結節の1例 消化器画像, 8: 567-572, 2006  小林 聡, 米田憲秀, 松井修, 蒲田敏文, 寺山昇, 眞田順一郎, 香田渉, 高松繁行, 扇尚弘, 荒井邦明, 山下竜也, 金子周一, 山本哲史, 加村毅 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝がん治療のすべて】 肝細胞癌 局所療法 肝細胞癌局所療法の効果判定 肝胆膵, 53: 805-810, 2006  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 寺山 昇, 香田 渉, 南 哲弥 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【コランギオサイト研究の最近の展開】 胆道系の発生、解剖、生理 胆管系の血行支配 胆管周囲毛細血管叢(peribiliary vascular plexus;PBP) 肝胆膵, 53: 1037-1042, 2006  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 寺山 昇, 眞田順一郎, 香田 渉 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝区域性・領域性異常の画像と病態】 門脈血流障害の画像と病態 消化器画像, 9: 145-151, 2007  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 寺山 昇, 眞田順一郎, 香田 渉, 南 哲弥 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 画像診断とIVRのための腹部血管解剖 肝・胆・膵・脾 門脈系(その2) 門脈主幹外から肝臓へ直接流入する静脈系(third inflow)について 日独医報, 52: 249-254, 2007  小林 聡, 松井 修, 吉川 淳 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝胆膵における画像診断の新展開】 膵臓疾患に対する新展開 占拠性病変 膵臓占拠性病変のCT/MRI画像所見 襄胞性腫瘍および膵管癌を中心に 肝胆膵, 55: 693-704, 2007  香田 渉, 蒲田敏文, 小林 聡, 南 哲弥, 龍 泰治, 松井 修. 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 門脈血流障害時に観察される肝実質画像所見と肝形態変化の予測. Central and peripheral zonal differentiationの意義について 日本門脈圧亢進症学会誌, 14: 225-229, 2008  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 香田 渉, 南 哲弥, 龍 泰治, 小坂一斗 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝脂肪沈着の病態と画像 肝脂肪沈着の臨床】 肝の限局性脂肪沈着と限局性非脂肪沈着 肝胆膵画像, 10: 45-52, 2008  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 香田 渉, 南 哲弥, 龍 泰治, 川井恵一, 小林 健 総説 研究論文(学術雑誌)
  • CT & MRIの最新技術と臨床応用の動向 腹部(肝胆膵) Innervision, 23: 14-15, 2008.  小林 聡 解説 その他
  • 【マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2008 臨床編 日常臨床における戦略と選択】 胆・膵 膵嚢胞性腫瘍の鑑別診断 金沢大学医学部附属病院 INNERVISION, 23: 46-50, 2008  南 哲弥, 蒲田敏文, 小林 聡, 香田 渉, 龍 泰治, 望月健太郎, 服部由紀, 松井 修 総説 その他
  • 【最新の肝胆膵の3Dイメージ】 MDCTによる膵臓の診断 膵癌の進展度診断を中心に 胆と膵, 29巻臨増特大:1271-1277, 2008  香田 渉, 蒲田敏文, 小林 聡, 眞田順一郎, 南 哲弥, 龍 泰治, 小坂一斗, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【CTHA/CTAPの今日的意義を考える】 動注CTにおける偽病変・偽腫瘍 病態解明に果たした動注CTの役割および画像診断時の注意点について 肝胆膵画像, 11巻: 51-56, 2009  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 香田渉, 南哲弥, 龍泰治, 川井恵一, 小坂一斗 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【CTHA/CTAPの今日的意義を考える】 早期肝癌の診断におけるCTHA/CTAPの意義 肝癌診療ガイドラインにおける位置づけ 肝胆膵画像, 11: 17-23, 2009  南 哲弥, 小林 聡, 香田渉, 龍泰治, 小坂一斗, 南麻紀子, 眞田順一郎, 蒲田敏文, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝細胞癌の画像診断と病理・病態 現状と将来展望】 早期肝細胞癌と鑑別を要する肝細胞性結節性病変の画像と病理 画像診断, 29: 592-600, 2009  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 香田 渉, 南 哲弥, 龍 泰治, 川井恵一, 新村理絵子, 小坂一斗, 油野裕之, 北川清秀 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【胆管上皮内腫瘍に関する話題】 胆管嚢胞性腫瘍と区別すべき非腫瘍性/過誤腫病変 肝胆膵, 58: 817-824, 2009  龍 泰治, 蒲田敏文, 松井 修, 小林 聡, 香田 渉, 南 哲弥, 眞田順一郎, 川井恵一, 小坂一斗, 上田和彦, 宮山士朗, 全 陽 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝細胞胆道系MRI造影剤のインパクト】 肝細胞胆道系MRI造影剤による診断 肝良性病変 肝胆膵画像, 11: 519-527, 2009  小坂一斗, 蒲田敏文, 小林 聡, 香田 渉, 南 哲弥, 龍 泰治, 北尾 梓, 米田憲秀, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 3T MRI装置Signa HDx 3Tの腹部への臨床応用の現状 映像情報Medical , 41: 62-67, 2009  小林 聡, 蒲田敏文, 松井 修, 香田 渉, 龍 泰治, 南 哲弥, 小坂一斗, 河原和博, 松浦幸広, 林 則夫, 清水俊博, 松岡慎一, 松田 豪 総説 研究論文(学術雑誌)
  • マルチスライスCTによる肝細胞癌の診断 臨床消化器内科 6月増刊号 消化器疾患の画像診断 飯沼 元 監修、臨床消化器内科編集委員会 編, 25; 933-940, 2010  小林 聡, 蒲田敏文, 松井 修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 門脈血行異常症の画像診断uptodate 肝胆膵, 61: 181-189, 2010  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 香田 渉, 南 哲弥, 龍 泰治, 小坂一斗 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝腫瘍画像診断 Rad Fan , 8 : 78-80, 2010  小林 聡, 松井 修, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 香田 渉, 南 哲弥, 龍 泰治, 川井恵一,新村理絵子, 小坂一斗, 米田憲秀, 杉盛夏樹, 五十嵐紗耶, 松原崇史 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝臓のEOB・プリモビスト造影MRI 本検査を有効に活用するための理解すべき課題】 EOB・プリモビスト造影MRI 取り込みおよび排泄に関するトランスポーター 日独医報, 55: 103-110, 2010  北尾梓, 全陽, 蒲田敏文, 小林聡, 香田渉, 小坂一斗, 米田憲秀, 山下竜也, 金子周一, 中沼安二, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 肝細胞癌のGd-EOB-DTPA造影MRI像 トランスポーターの発現を中心とする分子病理学的背景について The Liver Cancer Journal , 2: 291-296, 2010  北尾梓, 全陽, 蒲田敏文, 小林聡, 香田渉, 新村理絵子, 小坂一斗, 米田憲秀, 山下竜也, 金子周一, 中沼安二, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝胆膵の転移性腫瘍】 転移性肝腫瘍 胆膵悪性腫瘍 胆膵癌の肝転移の画像的特徴について 肝胆膵画像, 12: 604-612, 2010  蒲田敏文, 小林聡, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【胆道画像診断のコモンセンス】 悪性胆道拡張(IPNB)の画像診断 画像診断, 31: 316-325, 2011  中村功一, 蒲田敏文, 松原崇史, 小坂一斗, 小林聡, 全陽, 中沼安二, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【早期肝細胞癌:病理と画像のinterplay】 早期肝細胞癌(肝癌多段階発癌)の画像診断 肝臓, 52: 415-428,2011  松井修, 北尾梓, 小林聡, 眞田順一郎, 龍泰治, 南哲弥, 小坂一斗, 新村理絵子, 中村功一, 米田憲秀, 香田渉, 蒲田敏文 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝内胆管、胆道、膵の腫瘍分類 WHOの新たな試みを含めて】 肝内胆管・胆道 肝粘液性嚢胞性腫瘍(画像所見を中心に) 肝胆膵, 62: 141-147, 2011  米田憲秀, 松原崇史, 中村功一, 小坂一斗, 小林聡, 瀧圭一, 上田和彦, 蒲田敏文, 松井修, 中沼安二 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 造影CT検査が必要とされる症例】 腹部領域 日独医報, 56: 118-128, 2011  松井修, 小坂一斗, 中村功一, 小林聡, 眞田順一郎, 新村理絵子, 北尾梓, 龍泰治, 蒲田敏文, 米田憲秀, 南哲弥, 香田渉, 植田文明, 山下竜也 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【肝胆膵の外科解剖】 肝門部における肝動脈間の吻合について 胆と膵, 32: 1049-1054, 2011  南哲弥, 小林聡, 眞田順一郎, 小坂一斗, 香田渉, 北尾梓, 中村功一, 米田憲秀, 松原崇史, 蒲田敏文, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 【粘液が鍵となる腫瘍画像診断総まくり】 IPNBの画像診断 臨床画像, 27: 1337-1345, 2011  松原崇史, 蒲田敏文, 小坂一斗, 中村功一, 米田憲秀, 小林聡, 中沼安二, 谷卓, 太田哲生, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 薬物トランスポーターからみたGd-EOB-DTPA造影MRI 臨床画像, 27: 302-309, 2011  小林 聡, 北尾 梓, 松井 修, 蒲田敏文, 眞田順一郎, 香田 渉, 南 哲弥, 龍 泰治, 川井恵一, 新村理絵子, 小坂一斗, 中村功一, 米田憲秀 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 画像を用いた肝細胞性結節の悪性度推定および早期肝細胞がんの画像診断の進歩 最新医学, 66: 1760-1764, 2011  小林 聡、松井 修、蒲田敏文、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、小坂一斗、北尾 梓 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 目で見る肝癌 Budd-Chiari症候群に伴う血流修飾のため診断に難渋した肝細胞癌の1例 The Liver Cancer Journal, 3: 255-260, 2011  小林 聡、松井 修、蒲田敏文 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 【早期肝細胞癌の画像診断update】 Gd-EOB-DTPAの取り込みおよび排泄を規定する肝細胞膜トランスポーター 肝胆膵画像, 14: 339-343, 2012  北尾梓, 米田憲秀, 小坂一斗, 南哲弥, 龍泰治, 香田渉, 小林聡, 眞田順一郎, 蒲田敏文, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 分子標的治療効果判定におけるbiomarkerとしての画像診断 The Liver Cancer Journal, 4: 40-46, 2012  小林聡, 蒲田敏文, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 画像診断で肝細胞癌と鑑別を要する多血性腫瘤:EOB-MRIの立場から 肝胆膵画像, 14: 401-410, 2012  小坂一斗, 米田憲秀, 北尾梓, 香田渉, 南哲弥, 龍泰治, 眞田順一郎, 小林聡, 蒲田敏文, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 再発チェックを合理的に行うには:肝細胞癌 臨床画像, 28: 775-784, 2012  香田渉, 蒲田敏文, 小坂一斗, 北尾梓, 小林聡, 松井修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 早期診断、癌化診断: 最近のモダリティを用いて 肝胆膵, 65: 439-448, 2012  北尾梓、米田憲秀、小坂一斗、新村理絵子、南 哲弥、龍 泰治、香田 渉、眞田順一郎、小林 聡、蒲田敏文、荒井邦明、山下太郎、山下竜也、金子周一、中沼安二、松井 修 総説 研究論文(学術雑誌)
  • アルコール多飲者にみられる多血性結節と癌化 肝胆膵, 65: 457-462, 2012  小林 聡、米田憲秀、吉田耕太郎、小坂一斗、蒲田敏文、松井 修、加村 毅。中沼安二 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 骨髄移植例にみられたVOD剖検症例の検討 厚生省特定疾患 門脈血行異常症調査研究班 平成3年度研究報告書, 263-264, 1992  中沼安ニ、小林 聡 その他
  • 原発性胆汁性肝硬変(PBC)の脾病変 厚生省特定疾患 門脈血行異常症調査研究班 平成4年度研究報告書, 54-58, 1993  中沼安ニ、小林 聡、佐々木素子、片柳和義 その他
  • 消化器の検査(2) CT検査 消化器now, 8, 日本消化器病学会, 東京, 2004  小林 聡、松井 修 その他
  • 3D CTAPによる門脈大循環短絡の描出 臨床解剖研究会記録, 5 : 38-39, 2005  寺山 昇、小林 聡、眞田順一郎、川島博子、山城正司、蒲田敏文、小林 健、松井 修 研究論文(プロシーディング)
  • CT angiographyを用いた上甲状腺動脈,上喉頭動脈の検討 臨床解剖研究会記録, 7 : 10-11, 2007  寺山 昇、松井 修、眞田順一郎、小林 聡、南 哲弥、香田 渉 研究論文(プロシーディング)
  • 肝内門脈左内側区域枝から右葉前上亜区域を還流する門脈枝が分岐する変異をCT画像で確認した1症例 臨床解剖研究会記録, 8: 32-33, 2008  小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、川井恵一 研究論文(プロシーディング)
  • 【肝細胞癌の画像診断とIVRによる治療】 肝細胞癌の多段階発癌と画像 クリニシアン, 55: 162-169, 2008  小林 聡、松井 修、蒲田敏文 その他
  • 肝画像診断におけるDual Energy Imagingの意義 インナービジョン, 25 (11) 別冊: 11-12, 2010  小林 聡 その他
  • Liver VNCを応用した肝細胞癌血流評価 Dual Energy Case Report Vol.7 SOMATOM Definition Flash by Kanazawa University Hospital, シーメンス・ジャパン株式会社, 東京, 2011   小林 聡、蒲田敏文、松井 修 その他
  • 肝画像診断における4 Dimensional Imagingの意義 インナービジョン, 26(11) 別冊: 18-19, 2011  小林 聡 総説 その他
  • Local parenchymal changes of the liver caused by intrahepatic portal flow disturbance: Importance as a pseudotumor on liver imaging. (abstr.). In: Radiologic Society of North America Scientific assembly and annual meeting program, Oak Brook, Ill: Radiologic Society of North America, 1999; p518.  Kobayashi S, Matsui O, Kadoya M, Gabata T, Yoshikawa J, Kawamori Y. 研究論文(プロシーディング)
  • Modification of arteriographic findings by drainage flow from hepatic tumors: Analysis by single-level dynamic CT during hepatic arteriography and significance in differential diagnosis. (abstr.). In: Radiologic Society of North America Scientific assembly and annual meeting program, Oak Brook, Ill: Radiologic Society of North America, 2000; p171. Kobayashi S, Matsui O, Odashiro K, Ueda K, Kadoya M, Gabata T.  研究論文(プロシーディング)
  • Changes in hepatic perfusion and morphology after portal vein embolization. (abstr.). In: Radiologic Society of North America Scientific assembly and annual meeting program, Oak Brook, Ill: Radiologic Society of North America, 2002; p487. Kobayashi S, Kazama T, Faria SC, Madoff DC, Ng CS, Charnsangavej C. 研究論文(プロシーディング)
  • The radiological and histopathological manifestations of hepatocellular nodular lesions concomitant of various congenital and acquired hepatic hemodynamic abnormalities. (abstr.). In: Radiologic Society of North America Scientific assembly and annual meeting program, Oak Brook, Ill: Radiologic Society of North America, 2004; p773. Kobayashi S, Matsui O,Gabata T, Nakanuma Y, Terayama N, Sanada J. 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • MR findings of primary biliary cirrhosis: correlation with Scheuer’s histological staging. (abstr.). In: Radiologic Society of North America Scientific assembly and annual meeting program, Oak Brook, Ill: Radiologic Society of North America, 2003; p629. Kobayashi S, Matsui O,Gabata T, Terayama N, Sanada J, Nakanuma Y. 研究論文(プロシーディング)

講演・口頭発表等

  • 造影剤による診断法の変遷(会議名:第75回日本医学放射線学会総会)(2016/04/17)
  • 肝病変の画像と病理 ―門脈域とその周辺に着目して―(会議名:第16回山形デジタル画像セミナー)(2017/03/11)
  • グリソン鞘の画像診断 up to date(会議名:第7回 びまん性肝疾患の画像研究会)(2017/02/18)
  • 17th Conference of the Asian Pacific Association for the Study of the Liver (APASL) 2007年3月27-30日 (Kyoto) Imaging of benign hypervascular hepatocellular nodules in alcoholic liver cirrhosis Satoshi Kobayashi, Osamu Matsui, Takeshi Kamura, Satoshi Yamamoto, Norihide Yoneda, Toshifumi Gabata, Noboru Terayama, Junichiro Sanada 第66回日本医学放射線学会学術集会 平成19年4月13-15日 (横浜)  門脈血行異常による求肝性門脈血流減少が肝実質濃染に及ぼす影響について 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、寺山 昇、眞田順一郎、香田 渉 第36回日本インターベンショナルラジオロジー学会総会 平成19年5月24-26日 (金沢) イブニングセミナー Aquilion 64 搭載Toshiba IVR-CTシステムの初期使用経験 小林 聡 松井 修 蒲田敏文 寺山 昇 眞田順一郎 香田 渉 南哲弥 龍 泰治 1st Asian congress of abdominal radiology (ACAR) 2007年6月1-2日 (宮崎) Imaging of benign hypervascular hepatocellular nodules in alcoholic liver cirrhosis Satoshi Kobayashi, Osamu Matsui, Takeshi Kamura, Satoshi Yamamoto, Norihide Yoneda, Toshifumi Gabata, Noboru Terayama, Junichiro Sanada Multi-step hepatocarcinogenesis: Correlation with intranodular blood supply evaluated by angiography-assisted CT and angiogenesis Satoshi Kobayashi, MD, Osamu Matsui, MD, Toshifumi Gabata, MD, Junichiro Sanada, MD, Wataru Koda, MD, Tetsuya Minami, MD, Yasuji Ryu, MD, Koichi Nakamura, MD, Yi Liu, MD. 第43回日本肝癌研究会 6月21-22日 (東京) 小型の限局性肝リンパ増殖性病変の動注CT所見 小林 聡、 松井 修、 蒲田敏文、 寺山 昇、 眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、 龍 泰治 第11回臨床解剖研究会 平成19年7月7日 富山 肝内門脈左内側区域枝から右葉前上亜区域を還流する門脈枝が分岐する変異をCT 画像で確認した1症例 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、 川井恵一 ILCA (International liver cancer association) First annual conference 2007年10月5-7日 (Barcelona, Spain) Detection of hypervascular foci in hypovascular borderline lesion upon cirrhotic liver: Comparison of dynamic contrast enhanced multi-detector row CT, dynamic contrast enhanced MR, and SPIO-enhanced MR imaging. Satoshi Kobayashi, Rieko Shinmura, Osamu Matsui, Toshifumi Gabata, Junichiro Sanada, Wataru Koda, Tetsuya Minami, Yasuji Ryu. Haemodynamic analysis of small hepatic lymphoid tumours with angiography assisted CT Satoshi Kobayashi, Osamu Matsui, Toshifumi Gabata, Junichiro Sanada, Wataru Koda, Tetsuya Minami, Yasuji Ryu. Imaging of benign hypervascular hepatocellular nodules in alcoholic liver cirrhosis: Differentiation from hypervascular hepatocellular carcinoma. Osamu Matsui, Satoshi Kobayashi, Takeshi Kamura, Satoshi Yamamoto, Norihide Yoneda, Toshifumi Gabata, Junichiro Sanada. 第37回 日本肝臓学会西部会 2007年12月7-8日 (長崎) 門脈血行異常による求肝性門脈血流減少が肝実質濃染に及ぼす影響について 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、香田 渉 中日友好TACEセミナー in 金沢大学 2008年1月19日 (金沢) Etiology detection and characterization of HCC in Japan Satoshi Kobayashi, Osamu Matsui 第14回 肝血流イメージ研究会 2008年1月26, 27日 (横浜) 高度のperitumoral pseudolesionを伴った膵島腫瘍肝転移の1例:動脈造影および動脈造影下CTによる腫瘍血行動態の解析を中心に 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治 金沢大学消化器外科 木下 淳、高村博之、谷 卓、太田哲生 金沢大学医学部附属病院病理部 全 陽 シンポジウム1 肝癌の組織学的分化度診断と生物学的悪性度の予知 動注CTを中心とした肝細胞性結節性病変の悪性度診断 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲哉、龍 泰治 ECR 2008 ウイーン 2008.3.7-11 Functional CT for quantifying tumor perfusion during tumor growth and antiangiogenic therapy in a rat model. Z. Kan, J. Huang, S. Phonkitkarun, S. Kobayashi, J. Yao, C. Charnsangavej Blood supply of intrahepatic bile duct: Histopathological findings of peribiliary plexus and its significance on hepatic imaging. S. Kobayashi, O. Matsui, T. Gabata, J. Sanada, W. Koda, Y. Nakanuma 市民公開講座 平成20年3月30日 (金沢) 肝がんの画像診断 小林 聡 第67回日本医学放射線学会学術集会 平成20年4月4-6日 (横浜)  経動脈性門脈造影下CT(CTAP)で高吸収を呈する結節の経静脈性造影CT所見について 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治 第44回日本肝癌研究会 平成20年5月22,23日(大阪) 小型の細胆管細胞癌の造影画像所見の特徴について 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、小坂一斗、瀧 圭一、井上 大、上田和彦、全 陽、原田憲一、中沼安二、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治 北陸EOB・プロモビストセミナー 平成20年7月19日(金沢) EOB・プリモビストが肝血流画像診断に与えるインパクト. -当院における初期使用経験を中心に- 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、川井恵一、小坂一斗 先端医用画像技術講演会 in 金沢 2008 平成20年9月13日(金沢) Gd-EOB-DTPA造影MRIによる肝病変の画像診断;初期経験症例を中心に 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、川井恵一、小坂一斗 韓国ウルサン大学医学部・金沢大学医学系研究科 部局間交流協定記念シンポジウム Commemorative symposium on hepatobiliary disease in Kanazawa. 2008年10月25日 金沢 Multi-step hepatocarcinogenesis: Correlation with intranodular blood supply evaluated by angiography-assisted CT and angiogenesis Satoshi Kobayashi, Osamu Matsui, Toshifumi Gabata, Makiko Minami, Koichi Nakamura, Yasuni Nakanuma, 第15回肝血流動態イメージ研究会 平成21年1月31日 2月1日 横浜 多発結節性病変を伴った静脈管開存症の1例 :結節部画像所見およびMRIによる経過画像の提示を中心に  小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、川井恵一、小坂一斗、荒井邦明、山下竜也、全陽 動注CTによる混合型肝癌、細胆管細胞癌、硬化型肝細胞癌の鑑別の試み 小林 聡、松井 修、蒲田敏文、眞田順一郎、香田 渉、南 哲弥、龍 泰治、川井恵一、小坂一斗、全陽、原田憲一、中沼安二 ECR 2009平成21年3月6-10日 (オーストリア ウイーン) Gd-EOB-DTPA-enhanced MR imaging of the liver: Overview from functional and hemodynamic aspects of hepatocellular nodular lesions and pitfalls in image interpretation. Satoshi Kobayashi, Osamu Matsui, Toshifumi Gabata, Junichiro Sanada, Wataru Koda, Tetsuya Minami, Yasuji Ryu, Keiichi Kawai, Kazuto Kozaka. (2008)
  • Hepatobiliary phase Gd-EOB-DTPA enhanced MR findings of hepatic pseudolesions observed in the third inflow area(会議名:European Society of Gastrointestinal and Abdominal Radiology 2012, Edinburgh, UK)(2012)

全て表示

  • Hepatobiliary phase Gd-EOB-DTPA enhanced MR findings of hepatocellular nodules during multistep hepatocarcinogenesis: Relationship between signal intensity and outcome of the nodule(会議名:AOCR 2012,(14th Asian Oceanian Congress of radiology combined with The Royal Austrarian and New Zealand College of Radiologists (RANZCR) 63rd Annual Scientific Meeting), Sydney, Australia)(2012)
  • Image Based Analysis of Reduction Effect On Multicentric Type Recurrence of Hepatocellular Carcinoma With Peretinoin”(会議名:International Liver Cancer Association (ILCA) 2012, Berlin, Germany)(2012)
  • Radiologic manifestation of hepatic pseudolesions and pseudotumors in the third inflow area(会議名:9th Barcan Congress of Radiology, Cluj Napoca, Romania)(2011)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○臓器血流の非侵襲的測定

科研費

○奨励研究(A)「動脈塞栓術に関する実験的研究 塞栓物質の組成が血行動態に及ぼす影響について」(2000-2001) 代表者
○基盤研究(C)「生体顕微鏡を用いたウサギ肝内微小血行動態観察に基づく肝動脈塞栓術の至適条件の検討」(2005-2007) 代表者
○基盤研究(C)「固形癌分子標的治療の早期客観的治療効果判定法の確立」(2010-2012) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「肝細胞膜トランスポーターイメージングによる早期肝細胞癌スクリーニング手技の確立」(2014-2016) 代表者

学域・学類担当授業科目

○MRI情報学(2017)
○臨床医学入門(2017)
○臨床実習Ⅱ(2017)
○病理学(2017)
○X線CT情報学(2017)
○臨床実習Ⅰ(2017)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○MRI情報学(2016)
○病理学(2016)
○臨床医学入門(2016)
○地域概論(2016)
○X線CT情報学(2016)
○放射能・放射線とその利用(2015)
○放射能・放射線とその利用(2014)
○X線CT情報学(2014)
○MRI情報学(2014)
○臨床医学入門(2014)

大学院担当授業科目

○量子診療技術学課題研究(2017)
○保健学研究方法論(臨床)(2017)
○量子診療技術学特講演習(2017)
○量子診療技術学特別研究(2017)
○量子診療技術学特講(2017)
○臨床画像技術学特論(2017)
○臨床画像技術学演習(2017)
○医用放射線科学研究方法論(2017)
○量子診療技術学課題研究(2016)
○臨床画像技術学特論(2016)
○臨床画像技術学演習(2016)
○医用放射線科学研究方法論(2016)
○量子診療技術学特講(2016)
○量子診療技術学特別研究(2016)
○量子診療技術学特講演習(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

○ミャンマー国医学教育強化プロジェクト 調査団員独立行政法人国際協力機構(JICA)(2014-2014)
○日本放射線科専門医会(JCR)国際貢献事業; バルカン放射線学会(ルーマニア)(2011-2011)日本放射線科専門医会国際貢献事業に協力し、ルーマニアで行われたバルカン放射線学会に参加、肝臓画像診断に関する教育講演を行った。

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○金沢市感染症診査協議会委員(2016-)
○金沢市感染症診査協議会委員(2015-)

講演可能なテーマ

○肝臓の画像診断(キーワード:肝細胞癌,肝腫瘍,肝転移)
○腹部画像診断
○血管内治療

その他公的社会活動

○NPO法人 北陸画像診断支援センター(2009-2016) 僻地病院の遠隔画像診断システム事業に協力
○石川県成人病予防センター(2012-2016) 検診マンモグラフィ事業に協力
○Japanese Journal of Radiology(2008-2016) Reviewer
○The Scientific World Journal(2011-2016) Editorial Board Member
○European Radiology(2012-2016) Reviewer
○Journal of Magnetic Resonance Imaging(2012-2016) Reviewer
○第74回日本医学放射線学会総会(2014-2015) プログラム委員
○第76回日本医学放射線学会総会(2016-2017) プログラム委員
○第75回日本医学放射線学会総会(2015-2016) プログラム委員
○第73回日本医学放射線学会総会(2013-2014) プログラム委員
○第72回日本医学放射線学会総会(2012-2013) プログラム委員
○第71回日本医学放射線学会総会(2011-2012) プログラム委員
○北陸画像診断勉強会(2006-2016) 事務局担当
○日本肝臓学会「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン」改訂委員会(2015-2017) 委員

このページの先頭へ