本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年05月26日

正源寺 美穂 (しようげんじ みほ) 准教授 SHOGENJI Miho

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系 老年リハビリテーション看護学分野

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻 臨床実践看護学講座
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 看護科学領域
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 看護科学領域

所属研究室等

老年リハビリテーション看護学分野

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院 修士課程 医学系研究科 2002/03 修了
金沢大学大学院 博士課程 医学系研究科 2008/03 修了
【出身大学】
富山医科薬科大学  看護学科 2000/03 卒業
【取得学位】
修士(保健学)
博士(保健学)

職歴

金沢大学 医学部保健学科 助手(2002/04/01-)
金沢大学 医薬保健研究域保健学系 助教(2007/04/01-)
金沢大学 医薬保健研究域保健学系 准教授(2022/05/01-)

生年月

所属学会

日本創傷・オストミ―・失禁管理学会 評議員(2021-2022)
日本老年泌尿器科学会 評議員(2017-2020)
日本老年泌尿器科学会 監事(2021-2022)
日本転倒予防学会
日本看護技術学会
看護理工学会
日本リハビリテーション看護学会
看護実践学会
日本看護協会
日本看護科学学会
日本老年看護学会
日本看護研究学会
石川県看護協会

学内委員会委員等

○クラス担任 委員(2019-2022)
○教育委員 委員(2021-2021)

受賞学術賞

○優秀論文賞(2016/06/12)
○教員活動における優秀教員(2020/03/31)
○優秀合同ポスター賞(2019/06/06)
○優秀演題賞(2015/07/05)
○教員活動における優秀教員(2015/03/04)

専門分野

リハビリテーション看護学、高齢者看護学

専門分野キーワード

リハビリテーション看護学、老年看護学、コンチネンスケア、排尿自立支援、転倒予防

研究課題

高齢患者の下部尿路症状スクリーニングをふまえた地域包括的排尿自立支援システム構築

脳卒中患者に対する継続的排尿自立支援における薬剤師介入モデル -脳卒中地域連携パスを介した薬剤連携に必要な基盤指標の確立-

高齢者に対する地域包括的コンチネンスケア実現にむけた基盤指標の開発 ‐小松市における医療・介護連携による継続的支援モデル‐

高齢患者の長期的アウトカムと費用対効果をふまえた早期排尿自立支援システムの構築

急性期病院における高齢患者に対するコンチネンスケアプログラムの開発

排尿パターンと介護負担軽減を考慮した施設高齢者のためのおむつ選択基準の開発

腰痛発生リスクの高い状況における腰部負担を軽減するおむつ交換技術の開発と臨床評価

腰部負担軽減を考慮した要介護高齢者のおむつ交換技術の開発

高齢者施設におけるケアスタッフの夜勤帯の連続する排泄介助に伴う腰痛に関する研究

著書

  • 新版 排泄ケアガイドブック 照林社 2021 分担執筆 一般社団法人 日本創傷・オストミ―・失禁管理学会編集
  • 看護実践のための根拠がわかる 老年看護技術(第3版) メヂカルフレンド社 2015 分担執筆 泉キヨ子,小山幸代編集
  • フレイルの予防とリハビリテーション 医歯薬出版株式会社 2015 分担執筆 島田裕之編集
  • 老年看護学技術 南江堂 老年看護学技術 2011 原著書 共著 真田弘美・正木知恵編集

論文

  • Relationship between bowel/bladder function and discharge in older stroke patients in convalescent rehabilitation wards: a retrospective cohort study Shogenji M, Yoshida M, Sumiya K, Shimada T, Ikenaga Y, Ogawa Y, Hirako K, Sai Y Progress in Rehabilitation Medicine 7巻 2022 査読有 原著論文
  • Association of a continuous continence self-management program with independence in voiding behavior among stroke patients: a retrospective cohort study Shogenji M, Yoshida M, Sumiya K, Shimada T, Ikenaga Y, Ogawa Y, Hirako K, Sai Y Neurology and Urodynamics 1-12頁 2022 査読有 原著論文
  • Effects of consultation for voiding behavior on nighttime voiding status of older adults living alone: a preliminary study Shogenji M, Yoshida M, Kato M Drug Discoveries & Therapeutics 15巻 6号 325-330頁 2021 査読有 原著論文
  • Providing continence care for stroke patients in an acute phase general hospital using continuous ultrasound device monitoring to measure bladder urine volume Shogenji M, Takagi M, Toudo M, Yamaguchi K, Hutagi T, Yuno C, Maeda T, Nitta H Journal of Wellness and Health Care 45巻 1号 41-45頁 2021 査読有 原著論文
  • Ethical influence of fall prevention sensors on older adults, their families, nurses and care workers in long-term care facilities: A cross-sectional study comparing sensor types or experience of healthcare staff Shogenji M, Kato M, Yamashita T, Nishijima S, Kima M Japanese Journal of Fall Prevention 8巻 1号 15-24頁 2021 査読有 原著論文

全て表示

  • Abdominal stiffness evaluation in massage for constipation Wang Y, Sakakibara C, Shogenji M, Yoshida M Sensors 21巻 4号 2021 査読有 原著論文
  • Effects of task type and aging on translational body movements while walking under multiple task conditions Murakami Y, Shogenji M, Watanabe T Journal of Nursing Science and Engineering 8巻 1-10頁 2020 査読有 原著論文
  • Development of Professional Care Program for Nurses in Dementia Wards and Its Educational Effects Takeuchi Y, Kato M, Kitamura T, Toda D, Taniguchi Y, Shogenji M, Tsujiguchi H American Journal of Alzheimer’s Disease & Other Dementias 35巻 1-14頁 2020 査読有 原著論文
  • Factors Associated with Depression Among Family Caregivers of Stroke Patients in Indonesia: A Cross-Sectional Study Wahyuni Fauziah, Kato M, Shogenji M, Tsujiguchi H, Taniguchi Y Journal of Nursing Research 2021 査読有 原著論文
  • Effectiveness of an inpatient daycare for reducing physical restraint time by adjusting the rhythm of daily living among older adults with dementia in a regional comprehensive care ward. Shimizu N, Kato M, Shogenji M Journal of Wellness and Health Care 2021 査読有 原著論文
  • 排尿自立指導料導入における骨盤内手術患者と整形外科・脳血管疾患患者の排尿動作と下部尿路症状への効果に関する予備調査 加瀬昌子、吉田美香子、正源寺美穂、飯坂真司、渡邊千登世、谷口珠実、真田弘美、田中秀子 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌 24巻 3号 320‐327頁 2020 査読有
  • 看護師のとらえた院内デイケアの効果~患者と看護師の反応を通して~ 松田美紀、加藤真由美、谷口好美、正源寺美穂 看護実践看護学会誌 33巻 1号 36‐45頁 2020 査読有
  • Examining the factors of burden among family caregivers of older adults with diabetes mellitus regarding a development model 44巻 1号 19-31頁 2020 査読有
  • Heatstroke prevention with multi-device terminals via sensing of older adults living alone 44巻 1号 91-95頁 2020 査読有
  • 腰部加速度変化量に基づく多重課題が歩容バランスに与える影響評価 前田宏之、正源寺美穂、渡辺哲陽 看護理工学会誌 5巻 2号 110-117頁 2018 査読有 原著論文
  • 終末期がん患者の生存期間1か月間の転倒要因 油野規代、加藤真由美、桂英之、小泉由美、山崎松美、正源寺美穂 日本転倒予防学会誌 5巻 3号 29-41頁 2019 査読有 原著論文
  • 特別養護老人ホームの介護職員を対象とした 音楽活動教育プログラムの開発 -音楽療法士と介護職員からの評価- 段 冀州,加藤 真由美,正源寺 美穂,宮谷 早苗,菅谷内 友蔵 43巻 1号 79-90頁 2019 査読有 原著論文
  • 老人保健施設の看護師と介護職を対象とした転倒予防連携プログラム介入の効果検証-非ランダム化比較試験 牧野真弓、加藤真由美、冨田利香、浅川康吉、関井愛紀子、津田義正、岡部正興、中島ゆかり、正源寺美穂 日本転倒予防学会誌 6巻 3号 35-44頁 2020 査読有 原著論文
  • Validity of pocket ultrasound device to measure thickness of subcutaneous tissue for improving upper limb lymphoedema assessment, Lumphoedema Research and Practice 6巻 1号 10-20頁 2018 査読有 原著論文
  • Conditions of music provision for nursing home residents: A nationwide cross-sectional survey 43巻 1号 35-46頁 2019 査読有 原著論文
  • Feature Assessment of Toe Area Activity during Walking of Elderly People with Stumbling Experiences through Wearable Clog-Integrated Plantar Visualization System 10巻 2020 査読有 原著論文
  • Indwelling urinary catheterization in acute-phase neurosurgery patients and results of engagements towards establishing support for urinary independence, with sleep evaluations 2017 査読有
  • Evaluation of a daily life activity sensing model to determine risk of falls in the elderly living alone based frequency of excretion at night 2018 査読有
  • 急性期病院における高齢患者に対する早期排尿自立支援プログラムの効果-尿道カテーテル留置からの離脱と排尿行動の自立にむけた取り組み 正源寺美穂, 湯野智香子, 中田晴美, 下出弘美, 榊原千秋, 平松知子 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌 19巻 3号 336-345頁 2015 査読有 原著論文
  • 各種ポケットエコーによる経時的な膀胱容量および残尿評価の試み 正源寺美穂,臺美佐子,須釜淳子,福村友香,島田啓子 看護理工学会誌 3巻 2号 118-122頁 2016 査読有 原著論文
  • Longitudinal study examined to physiological and psychological transition for the development of sensing indicators of daily livings among solitude elderly persons Miho Shogenji, Mayumi Kato, Kazuyo Kitaoka, Yasuyoshi Asakawa, Sayoko Uemura, Motoko Kobayashi, Masayoshi Kai, Kazuo Ishida, Yoshinobu Inagaki Health Sci. Soc 40巻 2号 95-99頁 2017 査読有 原著論文
  • 一般病院に入院中の高齢患者における生活機能の変化に影響する要因 相川みづ江,泉キヨ子,正源寺美穂 老年看護学 16巻 2号 47-55頁 2012/03 査読有 原著論文
  • 回復期リハビリテーション病棟退院後在宅で生活する脳卒中後遺症者が抱く思い 風間菜々子、塩崎悦子、辻本七重、鳥居泰子、村中千沙、吉田恵美、泉キヨ子、平松知子、正源寺美穂 国際リハビリテーション看護研究会誌 7巻 1号 38-44頁 2008/03 査読有 原著論文
  • 金沢大学において看護学生が入学から卒業までに実施した看護技術 3.平松知子, 津田朗子, 稲垣美智子, 島田啓子, 須釜淳子, 田淵紀子, 河村一海, 泉キヨ子, 長谷川雅美, 坂井明美, 木村留美子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 多崎恵子, 松井希代子, 村角直子, 正源寺美穂, 長田恭子, 亀田幸枝, 関塚真美, 小藤幹恵, 広瀬育子, 干場順子, 千代恵子, 飛田敦子, 村上恵美 金沢大学つるま保健学会誌 31巻 2号 75-79頁 2008/03 査読有 原著論文
  • 一般病棟と回復期リハビリテーション病棟での転倒および排泄に関連した転倒の特徴 中西容子,井上孝子,正木ひろ子,山下珠代,山本和恵,米田明子,西井陽子,泉キヨ子,平松知子,正源寺美穂 看護実践学会誌 20巻 1号 74-82頁 2008/03 査読有 原著論文
  • 脳卒中患者の転倒予防とリスク管理 正源寺美穂、泉キヨ子、高畑有希 看護技術 55巻 12号 168-173頁 2009/10 査読無 解説
  • 石川県内100床以上の病院における転倒予測アセスメントツール使用の実態 東栄美子,地井和美,松本一美,松本信子,洞庭みゆき,高畠ひろ子,細田美和子,井口聡子,米田紀子,相川みづ江,白井かおる,山田尚美,尾崎寿美栄,泉キヨ子,平松知子,正源寺美穂 看護実践学会誌 21巻 1号 60-64頁 2009/03 査読有 原著論文
  • 寝たきり高齢者のおむつ交換時間の評価―間歇的及び持続的に膀胱内尿量を測定した1例― 尾坐麻理佳,泉キヨ子,平松知子,正源寺美穂 看護実践学会誌 21巻 1号 55-59頁 2009/03 査読有 原著論文
  • 入院患者の転倒・転落 なぜ起こる?もし起こったら 正源寺美穂,泉キヨ子 泌尿器ケア 16巻 7号 74-77頁 2011/07 査読無 解説
  • Relationship between foot problems and foot care, physical function and falls in community-dwelling elderly Hiramatsu T, Izumi K, Shogenji M J. Nursing Investigation 9巻 2号 25-32頁 2011/03 査読有 原著論文
  • 高齢者施設における看護・介護管理者のスタッフの職業性腰痛に対する問題意識と対策 辻口彩乃,正源寺美穂,井村亜希,佐藤啓子,長谷川佳菜,横山佳奈恵,戸田喜久,平松知子,泉キヨ子 看護実践学会誌 23巻 1号 66-72頁 2011/03 査読有 原著論文
  • Biomechanical analysis of the low back load on healthcare workers due to diaper changing Journal of Tsuruma Health Science Society 31巻 2号 57-69頁 2008 査読有 原著論文

講演・口頭発表等

  • 排尿自立に導くチーム医療とアウトカム評価(会議名:木村看護教育振興財団 2019年度東京講演会)(2019/10/31)
  • 急性期から回復期への継続的排尿自立支援とアウトカム評価(会議名:第31回日本老年泌尿器科学会)(2018/05/11)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○Activity amount calculation system, activity amount calculation device, activity amount calculation method, and computer- readable recording medium(出願国名:WO)(特許番号:WO.2016159067.A1)
○Activity amount calculation system, activity amount calculation device, activity amount calculation method, and computer- readable recording medium(出願国名:KR)(特許番号:KR.20177031222.A)
○Activity amount calculation system, activity amount calculation device, activity amount calculation method, and computer- readable recording medium(出願国名:US)(特許番号:US.10559183.B2)
○Activity amount calculation system, activity amount calculation device, activity amount calculation method, and computer- readable recording medium(出願国名:EP)(特許番号:EP.3279879.B1)
○活動量算出システム、活動量算出装置、活動量算出方法、およびプログラム(特許番号:特許第6601881号)
○足裏観察装置および足裏観察方法(特許番号:特許第6960151号)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究C 「脳卒中患者の病型および病期に応じた排尿自立支援に必要な基盤指標の確立」(2022-2024) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「縦型オープンMRIによる骨盤底筋群と股関節周囲筋の共同収縮機序の解明」(2021-2023) 分担者
○基盤研究C 「認知症患者へ身体拘束を回避した転倒予防ケアを行う看護師チームメンタルモデルの構築」(2020-2023) 分担者
○基盤研究B 「要介護高齢者に対する排尿自立支援のICTを用いた地域連携システムの確立」(2020-2022) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「動機、意欲、パフォーマンス理論基盤の身体拘束回避・解除プログラム構築」(2020-2023) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「高齢患者の下部尿路症状スクリーニングをふまえた地域包括的排尿自立支援システム構築」(2019-2021) 代表者
○基盤研究(C)「急性期病院における高齢患者に対するコンチネンスケアプログラムの開発」(2013-2015) 代表者
○基盤研究(B)「臨床判断プロセスを基盤とした認知症高齢者のための転倒予防包括看護質評価指標の開発」(2010-2013) 分担者
○基盤研究(C)「入院高齢者の夜間の排泄と睡眠状態の解析による転倒リスク軽減へのストラテジー」(2012-2014) 分担者
○基盤研究(C)「要介護高齢者の排便ケアの質の向上を目指した地域包括的排便ケア支援システムの開発」(2012-2015) 分担者
○基盤研究(C)「急性期病院における認知症対応型看護実践能力の開発」(2010-2012) 分担者
○基盤研究(C)「高齢者の転倒予防に向けた立位姿勢保持能を高めるフットケアの確立と効果の検証」(2008-) 分担者
○基盤研究(C)「アセスメントツールと根本原因分析を統合した病院における転倒予防システムの構築」(2008-) 分担者
○基盤研究(B)「臨床判断プロセスを基盤とした認知症高齢者のための転倒予防包括看護質評価指標の開発」(2010-) 分担者
○若手研究(B)「排尿パターンと介護負担軽減を考慮した施設高齢者のためのおむつ選択基準の開発」(2011-2012) 代表者
○基盤研究(C)「高齢者の転倒予防に向けた立位姿勢保持能を高めるフットケアの確立と効果の検証」(2007-) 分担者
○基盤研究(C)「地域高齢者の転倒を予防する足部機能評価指標とフットケア教育プログラムの開発」(2010-2012) 分担者
○若手研究(B)「腰痛発生リスクの高い状況における腰部負担を軽減するおむつ交換技術の開発と臨床評価」(2008-) 代表者
○若手研究(B)「腰部負担軽減を考慮した要介護高齢者のおむつ交換技術の開発」(2005-) 代表者
○若手研究(B)「高齢者施設におけるケアスタッフの夜勤帯の連続する排泄介助に伴う腰痛に関する研究」(2003-) 代表者
○基盤研究(C)「ナースの直観による転倒予測の構造と過程」(2003-) 分担者
○基盤研究(C)「施設高齢者の転倒リスクに応じたエビデンスに基づく転倒予防プログラムの開発」(2005-) 分担者
○基盤研究(C)「ベンチマーキング作成に必要な急性期病院における転倒予測アセスメントツール」(2005-) 分担者
○基盤研究(C)「施設高齢者の転倒を予防するフットケア」(2005-) 分担者
○基盤研究(C)「高齢患者の長期的アウトカムと費用対効果をふまえた早期排尿自立支援システムの構築」(2016-2018) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2020-2021) 研究 脳卒中患者に対する継続的排尿自立支援における薬剤師介入モデル -脳卒中地域連携パスを介した薬剤連携に必要な基盤指標の確立- 研究助成 公益財団法人ユニベール
○競争的資金(学外) (2019-2020) 研究 高齢者に対する地域包括的コンチネンスケア実現にむけた基盤指標の開発 ‐小松市における医療・介護連携による継続的支援モデル‐ 在宅医療研究助成  公益財団法人勇美記念財団

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○老年・リハビリテーション看護技術演習(2021)
○老年・リハビリテーション看護実習(2021)
○老年・リハビリテーション看護論(2021)
○ライフサイクル理学療法学(2021)
○海外研修(2021)
○老年看護対象論(2021)

大学院担当授業科目

○老年・リハビリテーション看護学特論(2020)
○老年・リハビリテーション看護学演習(2020)
○老年リハビリテーション・精神看護学課題研究(2020)
○老年リハビリテーション・精神看護学特講(2020)
○老年リハビリテーション・精神看護学特講演習(2020)
○老年リハビリテーション・精神看護学特別研究(2020)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○排尿自立支援
○コンチネンスケア
○リハビリテーション看護
○排泄と転倒

その他公的社会活動

○金沢大学公開講座(2013-) 「ロコモティブ・シンドロームを予防し転倒しない身体をつくる」(金沢大学鶴間キャンパス, 2013年8月31日)
○金沢大学・珠洲市共同公開講座(2014-) 「ロコモティブ・シンドロームを予防し転倒しない身体をつくる」(珠洲市公民館, 2014年3月15日)
○金沢大学薬学系公開講座(2015-) 「ロコモティブ・シンドロームを予防し転倒しない身体をつくる」(金沢大学鶴間キャンパス, 2013年8月31日)
○金沢大学老年・リハビリテーション看護分野公開講座(2016-) 「高齢者の方々への健康支援-住み慣れた家で住み続けるコツ-」(石川県政記念しいのき迎賓館, 2016年9月3日)
○金沢大学・小松市役所・小松市民病院共同開催公開講座(2019-) 「健康いきいきライフ講座 尿もれの予防・対策」(小松市民病院, 2019年9月8日)
○金沢大学公開講座(2018-) 「健康いきいきライフ講座 尿もれの予防・対策」(金沢大学サテライト・プラザ, 2018年9月15日)
○小松市コンチネンスケア検討委員会(2018-) 有識者・専門職とともに「コンチネンスケア(排泄や失禁のケア)先進都市こまつ」を目指しています。

このページの先頭へ