本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月04日

田中 志信 (たなか しのぶ) 教授 TANAKA Shinobu

メール

所属組織・役職等

理工研究域 機械工学系

教育分野

【学士課程】
理工学域 機械工学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 機械科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 システム創成科学専攻

所属研究室等

人間適応制御研究室 TEL:076-234-4736 FAX:076-234-4738

学歴

【出身大学院】
北海道大学 博士課程 工学研究科 生体工学 1987 修了
【出身大学】
早稲田大学 理工学部 応用化学 1980 卒業
【取得学位】
工学博士
工学修士

職歴

有限会社 安久工機(1980/04/01-1992/06/30)
英国キール大学客員研究員(1991/09/01-1992/08/31)
東京医科歯科大学 医用器材研究所 有機材料部門 助手(1992/09/01-1995/09/30)
山形大学 工学部 電子情報工学科 生体情報工学講座  助教授(1995/10/01-1998/09/30)
金沢大学 工学部 人間・機械工学科 助教授(1998/10/01-2002/03/31)
金沢大学 自然計測応用研究センター 助教授(2002/04/01-2007/03/31)
金沢大学 自然科学研究科 教授(2007/04/01-2008/03/31)
金沢大学 理工研究域機械工学系 教授(2008/04/01-)

生年月

所属学会

計測自動制御学会 計測自動制御学会 会誌編集委員会 委員(2014-2015)
日本バイオマテリアル学会 評議員(1999-2012)
IEEE MBE
日本心臓血管内視鏡学会 評議員(2011-)
日本生体医工学会北陸支部 幹事(2008-2011)
計測自動制御学会 生体・生理工学部会 主査(2010-2010)
日本生理人類学会
日本生活支援工学会 評議員(2000-)
日本生体医工学会 代議員(2005-)
国際医用物理・生体工学会

学内委員会委員等

○附属病院受託研究審査委員会 ④委員(2016-)
○附属病院受託研究審査委員会 ④委員(2013-)
○産学連携イノベータ―養成コース企画運営委員会 ④委員(2015-)
○産学連携イノベータ養成部門(イノ若)委員会 ④委員(2010-2014)
○理工系教育方法改善委員会 ④委員(2014-2014)
○教員養成委員会 ④委員(2012-2012)
○システム創成科学専攻幹事会 ⑥その他(2011-)
○理工系教育研究会議代議員会 ④委員(2016-2017)
○機械工学類FD委員会 ④委員(2014-2015)
○理工学域教育方法改善委員会 ④委員(2014-2014)

受賞学術賞

○平成19年度日本生体医工学会科学新聞賞(2008/05/08)
○平成19年度日本生体医工学会科学新聞賞(2008/05/08)
○平成19年度日本生体医工学会論文賞・坂本賞(2008/05/08)

専門分野

医用生体工学 生体材料学、生体医工学・生体材料学

専門分野キーワード

無侵襲計測、健康・福祉工学、医用センサー

研究課題

無侵襲・無拘束生体情報計測法の開発

高生体適合性生体内留置型センサの開発

体外循環用非容積式血液ポンプシステムの開発とその応用

著書

  • 健康・福祉工学ガイドブック 工業調査会 2001/07 ①原著書 ①単著 田中志信
  • Medical Diagnostic Techniques and Procedures Narosa Publishing House 2000/01 ①原著書 ②共著 K. Yamakoshi, M. Nakagawara & S. Tanaka

論文

  • 圧-容積曲線変曲点に着目した容積振動法型収縮期・拡張期血圧決定法の提案 野川雅道, 山越健弘, 松村健太, 田中志信, 小川充洋, 本井幸介, 山越憲一, 生体医工学 49巻 6号 印刷中頁 2011/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of cardiovascular stress reaction using HPCD method on a beat-by-beat basis Advances in Natural Science 3巻 2号 128-132頁 2010/08 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ヒト血清アルブミンリン酸緩衝溶液の近赤外領域における分光学的特性およびその定量化の試み 小川 充洋,山越 健弘,田中 志信,山越憲一 生体医工学 48巻 3号 259-268頁 2010/06 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 容積補償型連続血圧測定のための加圧振動法によるサーボ制御目標値の短時間決定法 澤野井 幸哉,藤井 健司,松村 直美,藤田 麗二,野川 雅道,山越 健弘,田中 志信,山越 憲一 生体医工学 46巻 2号 218-225頁 2008/04 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 心臓血液駆出に伴う胸部インピーダンス変化検出による電気的インピーダンス心拍出量計測用至適スポット電極配置 五十嵐 朗,野川 雅道,山越 健弘,本井 幸介,田中 志信,山越 憲一 生体医工学 46巻 6号 587-594頁 2008/12 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Accuracy assessment of a noninvasive device for monitoring beat-by-beat blood pressure in the radial artery using the volume-compensation method IEEE Trans. Biomed. Eng 54巻 10号 1892-1895頁 2007/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ホームヘルスケアのための便座内蔵型血圧計測システムの試作 田中 志信,本井 幸介,野川 雅道,山越 健弘,山越 憲一 生体医工学 44巻 3号 467-474頁 2006/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ガススプリング式起立・着席動作支援システムの試作と性能評価 本井 幸介,柳原 裕一,東 祐二,岡本 明男,野川 雅道,田中 志信,山越 憲一 ライフサポート 17巻 4号 111-116頁 2005/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 要介護認定支援のための立ち上がり・起き上がりにおける補助有無判別システムの基礎的検討 本井 幸介,田中 志信,東 祐二,山越 憲一 生体医工学  42巻 4号 241-251頁 2004/12
  • 高齢者における日常の活動性と循環機能との関係について : 無拘束計測装置2種を用いた定量評価の試み 田中 志信,岸上 博俊,村田 和香,山越 憲一 日本生理人類学会誌 10巻 4号 185-194頁 2005/11
  • Adaptive Control with Self-tuning for Non-invasive Beat-by-beat Blood Pressure Measurement Proceedings of the 33rd Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 4344-4347頁 2011/08 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Development of a Ubiquitous Healthcare Monitoring System Combined with Non-conscious and Ambulatory Physiological Measurements and its Application to Medical Care Proceedings of the 33rd Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 8211-8214頁 2011/08 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Development of a New Aortoscope System for the Use of Endovascular Intervention Proceedings of the 34th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 5765-5768頁 2012/09 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Support Vector Machines as Multivariate Calibration Model for Prediction of Blood Glucose Concentration Using a New Non-invasive Optical Method Named Pulse Glucometry Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 4561-4563頁 2007/10 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A New Method for Determining the Servo Reference Value (V0) of the Volume-Compensation Method, Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2354-2356頁 2007/10 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Assessment of Slow-breathing Relaxation Technique in Acute Stressful Tasks Using a Multipurpose Non-invasive Beat-by-Beat Cardiovascular Monitoring System Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 5323-5325頁 2007/10 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Development of a fully automated network system for long-term health-care monitoring at home, Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 1826-1829頁 2007/10 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Experimental and Numerical Study on Optimal spot-electrodes Arrays in Transthoracic Electrical Impedance Cardiography Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 4580-4583頁 2007/10 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A Preliminary Study on Driver's Stress Index Using a New Method Based on Differential Skin Temperature Measurement Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 722-725頁 2007/10 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Wearable Monitoring System for Posture Changes and Walking Speed and its Application to Supporting Physical Therapist in Rehabilitation Proc. of the IFMBE/4th European Medical and Biological Engineering Conference  22巻 1632-1635頁 2008/11 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A New Calibration Method with Support Vector Machines for Pulse Oximetry Proc. of the IFMBE/4th European Medical and Biological Engineering Conference  22巻 1125-1127頁 2008/11 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • An Improved Local Pressurization-Cuff Technique for Non-Invasive Digital Arterial Pressure by the Volume-Compensation Method: Its Performance and Evaluation of Accuracy Proc. of the IFMBE/4th European Medical and Biological Engineering Conference  22巻 1141-1144頁 2008/11 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Development of a New Vascular Endoscopic System for Observing Inner Wall of Aorta Using Intermittent Saline Jet World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, IFMBE Proceedings, 2009 25巻 6号 217-219頁 2009/10 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Invasive and Non-Invasive Measurement in Medicine and Biology: Calibration Issues Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering 7544巻 1-8頁 2010/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a Vascular Endoscopic System for Observing Inner Wall of Large Arteries for the Use of Endovascular Intervention  Proceedings of ITAB2010 (CD-ROM), ), IEEE Catalog Number: CFP10ITA-ART paper No.123 頁 2010/09 査読有 ①原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • A Novel Hip Protector Material With High Impact Force Attenuation: Leak-Allowed Air Cushion Journal of Biomechanical Science and Engineering 4巻 3号 443-455頁 2009/09 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a near-infrared spectroscopic system for monitoring urine glucose level for the use of long-term home healthcare Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering 7544巻 1-6頁 2010/11 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Non-invasive measurement of instantaneous radial artery blood pressure: An instrument based on the volume-compensation method IEEE Engineering in Medicine and Biology Magazine 32-37頁 2005/07 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A fully automated health-care monitoring at home without attachment of any biological sensors and its clinical evaluation. Motoi Kosuke,Ogawa Mitsuhiro,Ueno Hiroshi,Kuwae Yutaka,Ikarashi Akira,Yuji Tadahiko,Higashi Yuji,Tanaka Shinobu,Fujimoto Toshiro,Asanoi Hidetsugu,Yamakoshi Ken-ichi Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference 2009巻 0号 4323-4326頁 2009/09 査読有 研究論文(プロシーディング)
  • An optimal spot-electrodes array for electrical impedance cardiography through determination of impedance mapping of a regional area along the medial line on the thorax Igarashi Akira,Nogawa Masamichi,Yamakoshi Takehiro,Tanaka Shinobu,Yamakoshi Ken-ichi Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings 3202-3205頁 2006
  • Development of an Ambulatory Device for Monitoring Posture Change and Walking Speed for Use in Rehabilitation Motoi Kosuke,Ikeda Kazushi,Kuwae Y.,Yuji T.,Higashi Y.,Nogawa Masamichi,Tanaka Shinobu,Yamakoshi Ken-ichi Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings 2006 5940-5943頁 2006
  • Development of a vascular endoscopic system for observing inner wall of large arteries for the use of endovascular intervention Tanaka Shinobu,Tokugi K.,Ogawa Mitsuhiro,Motoi Kousuke,Nogawa Masamichi,Ohtake H.,Watanabe Go,Yamakoshi Kenichi Proceedings of the IEEE/EMBS Region 8 International Conference on Information Technology Applications in Biomedicine, ITAB 2010
  • (7)製作体験を重視した創造設計教育(教育,日本機械学会賞〔2005年度(平成17年度)審査経過報告〕) 米山 猛,松井 良雄,田中 志信,岩田 佳雄 日本機械学會誌 109巻 1050号 2006/05
  • 姿勢・歩行速度の無拘束同時計測法に関する基礎的検討 本井 幸介,田中 志信,野川 雅道,山越 憲一 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 41巻 4号 273-279頁 2003/12
  • Physical and biological properties of compound membranes incorporating a copolymer with a phosphorylcholine head group S.F. Zhang, P. Rolfe, G. Wright, W. Lian, A.J. Milling, S. Tanaka and K. Ishihara J. Colloid and Interface Science 19巻 691-700頁 1998 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Recent advances in non-invasive and ambulatory monitoring of cardiovascular haemodynamic parameters K. Yamakoshi, M. Nakagawara & S. Tanaka Biocybern. & Biomed. Eng. 17巻 3-4号 181-202頁 1997/10 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stabilization of liposomes attached to polymer surfaces having phosphorylcholine Y. Iwasaki, S. Tanaka, M. Hara, K. Ishihara and N. Nakabayashi J. Colloid and Interface Science 192巻 2号 432-439頁 1997 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Toward a Wearable Core Body Temperature Monitor -Preliminary Study for Reduction of Power Consumption- (会議名:13th International Conference on Ubiquitous Healthcare (u-Healthcare 2016))(2016/10/29)
  • 組織酸素代謝モニタリングに向けた非侵襲血中飽和度計測法の開発(会議名:第55回日本生体医工学会大会)(2016/04/26)
  • 磁性粒子複合エラストマーを用いた体腔鏡下手術支援用多関節マニピュレータの開発(会議名:第55回日本生体医工学会大会)(2016/04/26)
  • 心拍出量計測による無侵襲簡易体力評価に関する基礎的検討(会議名:第55回日本生体医工学会大会)(2016/04/26)
  • Development of a multi-joint manipulator for laparoscopic-assisted surgery using magneto-rheological elastomer(会議名:38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society)(2016/08/16)

全て表示

  • Development of an optical system for multi-component analysis of urine for Home Healthcare -Reduction of the number of wavelength for concentration estimation-(会議名:38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society)(2016/08/16)
  • 外耳道を検出部位とした容積振動型血圧法の検討(会議名:第55回日本生体医工学会大会)(2016/04/26)
  • 在宅健康管理のための光学式尿成分計測システムの試作 -LEDシステム移行を考慮した使用波長数削減の検討-(会議名:第55回日本生体医工学会大会)(2016/04/26)
  • 第50回日本生体医工学会大会,東京,4月(一般演題8件) 33rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Boston, USA(一般演題4件) 第26回 生体・生理工学シンポジウム,滋賀,9月(一般演題1件) (2011)
  • 第51回日本生体医工学会大会,福岡,4月(一般演題9件) 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, SanDiego, USA(一般演題2件) 第27回 生体・生理工学シンポジウム,札幌,9月,OS1件,一般演題1件) (2012)
  • 第49回日本生体医工学会大会,大阪,6月(一般演題14件) 10th IEEE International Conference on Information Technology and Applications in Biomedicine, Corfu, Greece(一般演題2件) 第25回 生体・生理工学シンポジウム,岡山,9月(OS1件、一般演題1件) (2010)
  • 第48回日本生体医工学会大会,東京,4月(一般演題9件) World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Munich, Germany(一般演題2件) 第24回 生体・生理工学シンポジウム,仙台,9月(OS1件) (2009)
  • 第46回日本生体医工学会大会,神戸,5月(一般演題12件) 29th Annual International Conference of the IEEE EMBS, Vancouver, Canada(一般演題1件) 4th European Medical and Biological Engineering Conference, Antwerp, Belgium(一般演題2件) (2007)
  • 第47回日本生体医工学会大会,仙台,4月(一般演題13件) 30th Annual International Conference of the IEEE EMBS, Lyon, France, August(一般演題6件) 第23回 生体・生理工学シンポジウム,名古屋,9月(OS1件) (2008)
  • 第44回日本エム・イー学会大会,つくば,4月(一般演題7件) 第53回日本生理人類学会,長崎,6月(一般演題1件) 27th Annual International Conference of the IEEE EMBS, ShangHai, Chine, September(一般演題4件) 第20回 生体・生理工学シンポジウム,東京,9月(OS1件) 平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会,金沢,9月(特別講演1件)(2005)
  • 第45回日本生体医工学会大会,福岡,5月(一般演題4件) 28th Annual International Conference of the IEEE EMBS, New York, USA, September(一般演題5件) World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August(一般演題6件) 第21回 生体・生理工学シンポジウム,鹿児島,11月(OS1件、一般演題1件) (2006)

芸術・フィールドワーク

特許

○撮像機能を有するカテーテルおよびそれを用いた血管内観察システム(特許番号:5736621)
○多関節マニピュレータ (公開年月:2016/05/26)
○血圧測定装置、血圧測定プログラム及び血圧測定方法

共同研究希望テーマ

○新らしい生体計測法の開発
○福祉機器研究開発

科研費

○挑戦的研究(萌芽)「温度標準を内蔵した自動較正式電子体温計の開発」(2017-2018) ①代表者
○基盤研究(B)(一般)「近赤外領域の陰性吸光度を利用した試薬レス在宅尿成分分析システムの開発」(2014-2017) ①代表者
○基盤研究(B)「計算機シミュレーションを援用した義足の適合・設計技術確立のための基礎的研究」(2015-2019) ②分担者
○基盤研究(C)「姿勢及び循環生理情報の在宅収集装置を用いた高齢者の生活リズム解析」(1997-1998) ①代表者
○基盤研究(B)「在宅ヘルスケアのための便器内蔵型光学式尿成分自動計測システムの開発 」(2008-2011) ①代表者
○基盤研究(C)「近赤外分光法による局所組織酸素代謝量計測法の開発」(2001-2004) ①代表者
○基盤研究(C)「近赤外光による非侵襲的子宮内胎児機能診断システムの臨床評価」(2012-2015) ②分担者
○挑戦的萌芽研究「無侵襲的に簡易に計測可能で、かつ嫌気的代謝閾値の代替となり得る体力指標創出の試み」(2012-2013)
○挑戦的萌芽研究「無侵襲的に簡易に計測可能で、かつ嫌気的代謝閾値の代替となり得る体力指標創出の試み」(2012-2013) ①代表者
○基盤研究(A)「超高速近赤外差分分光スペクトル解析による非観血的血中成分計測法の開発研究 」(2009-2011) ②分担者
○基盤研究(B)「携帯型循環調節機能計測・解析システムによる生体ストレス評価に関する研究 」(2005-2007) ②分担者
○萌芽研究(2002-2008)「瞬時差分分光スペクトル分析による非観血的血糖計測法に関する基礎研究 」(2004-2005) ②分担者
○挑戦的萌芽研究「健康寿命延伸のための新規健康指標創出に関する研究」(2010-2011) ①代表者

学域・学類担当授業科目

○創造デザイン実習(2017)
○制御工学Ⅱ(2017)
○福祉機器(2017)
○創造デザイン実習(2017)
○福祉機器(2017)
○人体科学B(2017)
○人体科学A(2017)
○生物工学(2017)
○人体科学B(2017)
○人体科学A(2017)
○人体科学(2016)
○人体科学(2016)
○制御工学Ⅱ(2016)
○福祉機器(2016)
○創造デザイン実習(2016)
○創造デザイン実習(2016)
○人体科学(2015)
○ロボット制御(2015)
○放射能・放射線とその利用(2015)
○創造デザイン実習(2015)
○創造デザイン実習(2015)
○人体科学(2015)
○放射能・放射線とその利用(2014)
○人体科学(2014)
○人体科学(2014)
○生物工学(2014)
○ロボット制御(2014)
○創造デザイン実習(2014)
○機械工学特別講義(2014)
○福祉機器(2014)
○創造デザイン実習(2014)

大学院担当授業科目

○バイオサイバネティクス特論(2017)
○国際コミュニケーション演習(2017)
○バイオサイバネティクス特論(2017)
○バイオサイバネティクス特論(2017)
○バイオサイバネティクス特論(2017)
○国際コミュニケーション演習(GS-イノ若)(2017)
○探索イメージング学(2017)
○医用生体工学概論B(2017)
○医用生体工学概論A(2017)
○国際コミュニケーション演習(2016)
○国際コミュニケーション演習(GS-イノ若)(2016)
○国際コミュニケーション演習(2016)
○バイオサイバネティクス特論(2016)
○国際コミュニケーション演習(GS-イノ若)(2016)
○探索イメージング学(2016)
○医用生体工学概論B(2016)
○医用生体工学概論A(2016)
○医用生体工学概論(2015)
○バイオサイバネティクス特論(2015)
○国際コミュニケーション演習(2014)
○バイオサイバネティクス特論(2014)
○バイオサイバネティクス特論(2014)
○バイオミメティクス特論(2014)
○バイオサイバネティクス特論(2014)
○医用生体工学概論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○科学研究費委員会専門委員(2012/12/01-2013/11/30)
○科学研究費委員会専門委員(2011/12/01-2013/11/30)
○科学研究費委員会専門委員(2009/12/01-2010/11/30)
○科学研究費委員会専門委員(2008/12/08-2010/11/30)
○石川県バリアフリー社会推進賞審査委員会審査委員(2013/10/25-2014/03/31)
○石川県バリアフリー社会推進賞審査委員会審査委員(2014/10/01-2015/03/31)

講演可能なテーマ

○生体計測
○医療・福祉機器開発
○医用生体工学

その他公的社会活動

このページの先頭へ