本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年03月29日

原田 憲一 (はらだ けんいち) 教授 HARADA Kenichi

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 人体病理学

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 薬学専攻

所属研究室等

人体病理学 TEL:076-265-2195 FAX:076-234-4229

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学研究科 病理系 1996/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 医学 1991/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

金沢大学 形態機能病理学(1997/06/01-2007/01/31)
金沢大学 形態機能病理(2007/02/01-)
金沢大学 人体病理学 教授(2014/05/01-)

生年月

1966年12月

所属学会

日本病理学会 学術評議員(1999-)
日本肝臓学会 評議員(2014-)
日本病理医協会 評議員(2005-)
日本消化器免疫学会 評議員(2005-)
日本臨床分子形態学会 理事(2014-)
日本臨床細胞学会 評議員・学術議員(2013-)
日本肝癌研究会 肝内胆管癌診療ガイドライン作成委員会委員(2017-2020)
日本肝臓学会 演題選定委員会委員(2018-2020)
日本肝臓学会 評議員(代議員)(2018-2020)
日本肝臓学会 和文誌編集委員会委員(2018-2020)
日本肝癌研究会 幹事(2018-2022)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○日本病理学会学術奨励賞(2002)
○(財)金原一郎記念医学医療振興財団 第15回基礎医学医療研究助成金(2000)
○第16回北国がん基金助成(2002/09/01)
○Hepatology Research賞(2003/05/22)
○黒住医学研究振興財団研究助成金(2004/10/22)
○(財)金原一郎記念医学医療振興財団
○北国がん基金助成(2002)
○肝臓フォーラム(西部)奨励賞(大正富山アワード)(2006)
○日本病理学会学術研究賞(A演説)(2008/11/21)
○第6回 十全医学賞受賞(2010/07/09)
○米国肝臓学会AASLD Presidental Poster of Distinction(2013/11/03)
○JDDW2010KOBE ポスター演題優秀賞(2012/10/10)
○第27回北國がん基金 研究活動助成部門(2013/06/25)

専門分野

人体病理学、実験病理学、免疫学

専門分野キーワード

肝臓、病理、免疫

研究課題

肝病理学

肝細胞,胆管細胞の生理および肝免疫の解析を基に、肝胆道系疾患の病態解析および治療戦略への基礎的解析を行っている。

肝免疫

肝癌

著書

  • Biliary Diseases with Pancreatic Counterparts NOVA 2017 原著書 分担執筆 Kenichi Harada
  • Pathology of the Bile Duct  Springer 2017 原著書 分担執筆 Kenichi Harada
  • IgG4-Related Kidney Diseases  Springer 2016 原著書 分担執筆 Kenichi Harada, Yoshifumi Ubara
  • The Liver in Systemic Diseases  (Hiromasa Ohira Editor)   Chapter 15    IgG4-Related Diseases and the liver  Springer 2016 共著
  • 胆道疾患を診る医師のための胆道病理テキスト 2015 分担執筆

全て表示

  • 癌診療指針のための病理診断プラクティス 2015 分担執筆
  • NASH・NAFLDの診療ガイド2015 日本肝臓学会編 日本肝臓学会NASH診断WG病理医協議会  2015 分担執筆
  • IgG4関連疾患 実践的臨床から病因へ 2015 分担執筆
  • Autoimmune Liver Diseases 2014 分担執筆
  • HEPATOLOGY PRACTICE 第4巻 難治性肝疾患の診療を極める 基本から最前線まで  診断編  2014 分担執筆
  • IgG4関連腎臓病のすべて 2014 分担執筆
  • IgG4-Related Disease Sclerosing Cholangitis  2014 単著
  • 腺癌の鑑別:偽腺管・硬化型、転移との鑑別 文光堂 肝癌 2010/05
  • Mechanisms of the Sclerosing Cholangiopathy in Biliary Atresia: Association with Biliary Innate Immunity and Epithelial-Mesenchymal Transition Kodansha Shuppan Service Center, Biliary atresia 2009/11 原著書 編著 Yasuni Nakanuma

論文

  • Biliary Innate Immunity in the Pathogenesis of Biliary Diseases  Nakanuma Y Inflamm Allergy Drug Targets 1巻 9号 83-90頁 査読有
  • ケモカイン受容体からみたTh1 /Th2 細胞の解析ムウイルス性慢性肝炎および原発性胆汁性肝硬変でのRT-PCRによる検討 原田 憲一,常山 幸一,中沼 安二 消化器と免疫 37巻 12-15頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biliary Innate Immunity:Function and Modulation Mediators Inflamm Volume 2010, Article頁
  • 原発性胆汁性肝硬変(PBC)におけるCD30陽性細胞浸潤の意義 原田 憲一,中沼 安二 消化器と免疫 35巻 43-46頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cell-kinetic study of proliferating bile ductules in various hepatobiliary diseases K. Harada, ほか3名 Liver 18巻 4号 277-284頁 1998/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Distribution of apoptotic cells and expression of apoptosis-related proteins along the intrahepatic biliary tree in normal and non-biliary diseased liver K. Harada, ほか5名 Histopathology 37巻 4号 347-354頁 2000/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced apoptosis relates to bile duct loss in primary biliary cirrhosis K. Harada, ほか3名 Hepatology 26巻 6号 1399-1405頁 1997/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced expression of basement-membrane-type heparan sulfate proteoglycan in tumor fibromyxoid stroma of intrahepatic cholangiocarcinoma H. Sabit, K. Tsuneyama, ほか5名 Pathol Int 51巻 4号 248-256頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Epithelioid cell granulomas in chronic hepatitis C: Immunohistochemical character and histological marker of favourable response to interferon alpha therapy K. Harada, ほか3名 Histopathology 33巻 3号 216-221頁 1998/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Frequent molecular identification of Campylobacter but not Helicobacter genus in bile and biliary epithelium in hepatholithiasis K. Harada, S. Ozaki, ほか5名 J Pathol 193巻 2号 218-223頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Human Reg l is up-regulated in intrahepatic cholangiocarcinoma and its precursor lesions K. Harada, Y. Zen, Y. ほか6名 Hepatology 33巻 5号 1036-1042頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In situ nucleic acid detection of PDC-E2, BCOADC-E2 OGDC-E-2, PDC-E l alpha, BCOADC-E l alpha, and the E3 binding protein (Protein X) in primary biliary cirrhosis K. Harada, ほか6名 Hepatology 30巻 1号 36-45頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In situ nucleic acid hybridization of cytokines in primary biliary cirrhosis: predominance of the Th1 subset K. Harada, ほか6名 Hepatology 25巻 4号 791-796頁 1997/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In situ nucleic acid hybridization of pyruvate dehydrogenase complex-E2 in primary biliary cirrhosis: pyruvate dehydrogenase complex-E2 messenger RNA is expressed in hepatocytes but not in biliary epithelium K. Harada, ほか5名 Hepatology 25巻 1号 27-32頁 1997/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased expression of WAF1 in intrahepatic bile ducts in primary biliary cirrhosis relates to apoptosis K. Harada, S. Furubo, S. ほか4名 J Hepatol 34巻 4号 500-506頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular identification of bacterial 16S ribosomal RNA gene in liver tissue of primary biliary cirrhosis: Is Propionibacterium acnes involved in granuloma formation ? K. Harada, ほか4名 Hepatology 33巻 3号 530-536頁 2001/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PCR and in situ hybridization studies of telomerase subunits in human non-neoplsatic livers K. Harada, M. Yasoshima, S. ほか3名 J Pathol 193巻 2号 210-217頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Significance of CD30-positive lymphocytes in primary biliary cirrhosis K. Harada, ほか3名 J Gastroenterol Hepatol 14巻 12号 1197-1202頁 1997/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Accumulating CD57 + CD3 + natural killer T cells are related to intrahepatic bile duct lesions in primary biliary cirrhosis. Isse K, Tsuneyama K, Ohta H, Nakanuma Y LIVER 23巻 2号 94-100頁 2003/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Osteopontin is involved in the formation of epithelioid granuloma and bile duct injury in primary biliary cirrhosis. Ozaki S, Sudo Y, Tsuneyama K, 他 PATHOLOGY INTERNATIONAL 35巻 1号 8-17頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lipopolysaccharide activates nuclear factor-kappaB through toll-like receptors and related molecules in cultured biliary epithelial cells. Harada K, Ohira S, ほか4名. LABORATORY INVESTIGATION 83巻 11号 1657-1667頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Reduced expression of syndecan-1 correlates with histologic dedifferentiation, lymph node metastasis, and poor prognosis in intrahepatic cholangiocarcinoma. Harada K, Masuda S, Hirano M, Nakanuma Y HUMAN PATHOLOGY 34巻 9号 857-863頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Type1 and type2 memory T cells imbalance shown by expression of intrahepatic chemokine receptors relates to pathogenesis of primary biliary cirrhosis. Harada K, Tsuneyama K, ほか7名 Hepatology Reserch 24巻 3号 290-299頁 2002/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Th1 cytokine-induced downregulation of PPARgamma in human biliary cells relates to cholangitis in primary biliary cirrhosis. Harada K, Isse K, 他3名 HEPATOLOGY 41巻 6号 1329-1338頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peptide Antibiotic Human Beta-Defensin-1 and -2 Constitute Antimicrobial Defense in the Intrahepatic Biliary Tree Harada K, Ohba K,他5名 HEPATOLOGY 40巻 4号 925-932頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Innate immune response to double-stranded RNA in biliary epithelial cells is associated with the pathogenesis of biliary atresia. 27;46(4)巻 1146-1154頁 2007/07 原著論文
  • Induction of innate immune response and absence of subsequent tolerance to dsRNA in biliary epithelial cells relate to the pathogenesis of biliary atresia. 28(5)巻 614-21頁 2008/05 原著論文
  • Epithelial-mesenchymal transition induced by biliary innate immunity contributes to the sclerosing cholangiopathy of biliary atresia. 217(5)巻 654-64頁 2009 原著論文
  • Periductal interleukin-17 production in association with biliary innate immunity contributes to the pathogenesis of cholangiopathy in primary biliary cirrhosis. 157(2):261-70巻 2009/08 原著論文
  • 胆管周囲付属腺に発生する腫瘍 佐藤 保則、原田 憲一 肝胆膵 75巻 6号 1133-1142頁 2017 査読有 総説
  • AIHの病理 原田 憲一 肝胆膵  74巻 6号 899-906頁 2017 査読有 原著論文
  • 病理~何がわかる?どんなときに必要?~ 原田 憲一、吉村 かおり、池田 博子 内科 119巻 6号 1097-1100頁 2017 査読有 原著論文
  • 原発性胆汁性胆管炎の病理学的特徴 原田 憲一、大内 啓史 消化器・肝臓内科 1巻 6号 628-634頁 2017 査読有 原著論文
  • 自己免疫性肝炎の病理学的特徴  原田 憲一  佐藤 保則 Modern physician 37巻 3号 2017 査読有 原著論文
  • 肝血流に由来するびまん性病変  佐藤 保則,  原田 憲一 病理と臨床 35巻 3号 242-248頁 2017 査読有 原著論文
  • Unclassified hepatocellular adenoma in a middle-aged woman with glucose intolerance. Ozaki K, Harada K, Yamamoto T, Aoyagi H, Kaizaki Y, Yoshikawa J.  Clin J Gastroenterol.  2017 査読有 原著論文
  • Usefulness of laparoscopy and intraductal ultrasonography in a patient with isolated immunoglobulin G4-related sclerosing cholangitis.  Ohno Y, Kumagi T, Imamura Y, Kuroda T, Koizumi M, Watanabe T, Yoshida O, Tokumoto Y, Takeshita E, Abe M, Harada K, Hiasa Y.  Clin J Gastroenterol.  2017 査読有 原著論文
  • Role for Neutrophil Extracellular Traps (NETs) and Platelet Aggregation in Early Sepsis-induced Hepatic Dysfunction.  Sakurai K, Miyashita T, Okazaki M, Yamaguchi T, Ohbatake Y, Nakanuma S, Okamoto K,Sakai S, Kinoshita J, Makino I, Nakamura K, Hayashi H, Oyama K, Tajima H, Takamura H, Ninomiya I, Fushida S, Harada K, Harmon JW, Ohta T.  In Vivo.  31巻 6号 1051-1058.頁 2017 査読有 原著論文
  • BRAF V600E, TERT promoter mutations and CDKN2A/B homozygous deletions are frequent in epithelioid glioblastomas: A histological and molecular analysis focusing on intratumoral heterogeneity.  Nakajima N, Nobusawa S, Nakata S, Nakada M, Yamazaki T, Matsumura N, Harada K, Matsuda H, Funata N, Nagai S, Nakamura H, Sasaki A, Akimoto J, Hirato J, Yokoo H.  Brain Pathol.  2017 査読有 原著論文
  • Clinicopathological Study of Autoimmune Hepatitis Cases That Were Difficult to Differentiate from Drug-Induced Liver Injury. Tsutsui A, Harada K, Tsuneyama K, Senoh T, Nagano T, Takaguchi K, Ando M, Nakamura S, Mizobuchi K, Kudo M. Dig Dis. 35巻 6号 506-514.頁 2017 査読有 原著論文
  • Sclerosing and obstructive cholangiopathy in biliary atresia: mechanisms and association with biliary innate immunity Kenichi Harada Pediatr Surg Int 2017 査読有 原著論文
  • Clinical features of cystatin A expression in patients with pancreatic ductal adenocarcinoma. Komura T, Takabatake H, Harada K, Yamato M, Miyazawa M, Yoshida K, Honda M, Wada T, Kitagawa H, Ohta T, Kaneko S, Sakai Y. Cancer Sci. 2017 査読有 原著論文
  • A case of ruptured hepatocellular carcinoma (HCC) in resolving non-alcoholic steatohepatitis associated with type 2 diabetes: Is early detection of diabetes-related HCC feasible? Ikura Y, Tiniakos DG, Tanaka T, Harada K. J Diabetes. 9巻 3号 311-313.頁 2017 査読有 原著論文
  • Gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging reflects co-activation of β-catenin and hepatocyte nuclear factor 4α in hepatocellular carcinoma. Kitao A, Matsui O, Yoneda N, Kozaka K, Kobayashi S, Koda W, Minami T, Inoue D, Yoshida K, Yamashita T, Yamashita T, Kaneko S, Takamura H, Ohta T, Ikeda H, Sato Y, Nakanuma Y, Harada K, Kita R, Gabata T.  Hepatol Res. 2017 査読有 原著論文
  • Diagnostic sensitivity of cutoff values of IgG4-positive plasma cell number and IgG4-positive/CD138-positive cell ratio in typical multiple lesions of patients with IgG4-related disease. Mizushima I, Yamada K, Harada K, Matsui S, Saeki T, Kondo S, Takahira M, Waseda Y, Hamaguchi Y, Fujii H, Yamagishi M, Kawano M. Mod Rheumatol. 22巻 1-7頁 2017 査読有 原著論文
  • Challenges and difficulties in pathological diagnosis of autoimmune hepatitis. Harada K, Hiep NC, Ohira H. Hepatol Res.  47巻 10号 963-971頁 2017 査読有 原著論文
  • Safety, Tolerability, and Preliminary Efficacy of the Anti-Fibrotic Small Molecule PRI-724, a CBP/β-Catenin Inhibitor, in Patients with Hepatitis C Virus-related Cirrhosis: A Single-Center, Open-Label, Dose Escalation Phase 1 Trial Kimura K, Ikoma A, Shibakawa M, Shimoda S, Harada K, Saio M, Imamura J, Osawa Y, Kimura M, Nishikawa K, Okusaka T, Morita S, Inoue K, Kanto T, Todaka K, Nakanishi Y, Kohara M, Mizokami M.  E Bio Medicine 2017 査読有 原著論文
  • The simultaneous inhibition of the mTOR and MAPK pathways with Gnetin-C induces apoptosis in acute myeloid leukemia Espinoza JL, Elbadry MI , Taniwaki M , Harada K ,Trung LQ , Nakagawa N , Takami A , Ishiyama K ,Yamauchi T, Takenaka K , Nakao S.  Cancer Letters 400号 127-136頁 2017 査読有 原著論文
  • Acute presentation of autoimmune hepatitis: a multicentre study with detailed histological evaluation in a large cohort of patients. Hiep NC, Harada K, Ouchi H, Sato Y,Tsuneyama , Kage M, Nakano M, Yoshizawa K, Takahashi A, Abe , Kang JH, Koike K, Inui A, Fujisawa T, Takaki A, Arinaga-Hino T, Torimura T, Suzuki Y, Fujiwara K, Zeniya Ohira H, Tanaka A, Takikawa H; Intractable Liver and Biliary Diseases Study Group of Japan.  J Clin Pathol. 2017 査読有 原著論文
  • Rathke Cleft Cyst with Entirely Ossified Cyst Wall and Partially Solid Cyst Content: A Case Report and Literature Review Hayashi Y, Oishi M, Fukui I, Sasagawa Y, Harada K, Nakada M. World Neurosurg.  2017 Feb;98:882.e15-882.e20. 頁 2017
  • The PD-1/PD-L1 axis may be aberrantly activated in occupational cholangiocarcinoma Sato Y, Masahiko Kinoshita M, Takemura S, Tanaka S, Hamano G, Nakamori S, Fujikawa M, Sugawara Y, Yamamoto T, Arimoto A, Yamamura M, Sasaki M, Harada K, Nakanuma Y and Kubo S.  Pathol Int. 67巻 3号 163-170頁 2017 査読有 原著論文
  • Genetic analyses of isolated high-grade pancreatic intraepithelial neoplasia (HG-PanIN) reveal paucity of alterations in TP53 and SMAD4. Hosoda W, Chianchiano P, Griffin JF, Pittman ME, Brosens LA, Noë M, Yu J, Shindo K, Suenaga M, Rezaee N, Yonescu R, Ning Y, Albores-Saavedra J, Yoshizawa N, Harada K, Yoshizawa A, Hanada K, Yonehara S, Shimizu M, Uehara T, Samra JS, Gill AJ, Wolfgang CL, Goggins MG, Hruban RH, Wood LD. J Pathol. 242巻 1号 16-23頁 2017 査読有 原著論文
  • Expression and localization of sterile alpha motif domain containing 5 is associated with cell type and malignancy of biliary tree. Yagai T, Matsui S, Harada K, Inagaki F, Saijou E, Miura Y, Nakanuma Y, Miyajima A, Tanaka M.  PLoS One. 12巻 4号 e0175355.頁 2017 査読有 原著論文
  • Genome-wide association studies identify PRKCB as a novel genetic susceptibility locus for primary biliary cholangitis in the Japanese population. Kawashima M, Hitomi Y, Aiba Y, Nishida N, Kojima K, Kawai Y, Nakamura H, Tanaka A,Zeniya M, Hashimoto E, Ohira H, Yamamoto K, Abe M, Nakao K, Yamagiwa S, Kaneko S, Honda M, Umemura T, Ichida T, Seike M, Sakisaka S, Harada M, Yokosuka O, Ueno Y, Senju M, Kanda T, Shibata H, Himoto T, Murata K, Miyake Y, Ebinuma H, Taniai M, Joshita S, Nikami T, Ota H, Kouno H, Kouno H, Nakamuta M, Fukushima N, Kohjima M,Komatsu T, Komeda T, Ohara Y, Muro T, Yamashita T, Yoshizawa K, Nakamura Y, Shimada M, Hirashima N, Sugi K, Ario K, Takesaki E, Naganuma A, Mano H, Yamashita H, Matsushita K, Yamauchi K, Makita F, Nishimura H, Furuta K, Takahashi N, Kikuchi M, Masaki N, Tanaka T, Tamura S, Mori A, Yagi S, Shirabe K, Komori A, Migita K, Ito M, Nagaoka S, Abiru S, Yatsuhashi H, Yasunami M, Shimoda S, Harada K, Egawa H, Maehara Y, Uemoto S, Kokudo N, Takikawa H, Ishibashi H, Chayama K, Mizokami M, Nagasaki M, Tokunaga K, Nakamura M.  Hum Mol Genet. 26巻 3号 650-659頁 2017 査読有 原著論文
  • Pathological findings of nonalcoholic steatohepatitis and nonalcoholic fatty liver disease. Sakamoto M, Tsujikawa H, Effendi K, Ojima H, Harada K, Zen Y, Kondo F, Nakano M, Kage M, Sumida Y, Hashimoto E, Yamada G, Okanoue T, Koike K.  Pathol Int. 67巻 1号 1-7頁 2017 査読有 原著論文
  • 正常肝に発生した細胆管細胞癌の1例 北見 智恵、河内 保之、五十嵐 俊彦、牧野 成人、西村 淳、川原 聖佳子、新国 恵也、原田 憲一 日本消化器外科学会雑誌 49巻 10号 1006-1015頁 2016 査読有
  • Adult bile duct strictures: differentiating benign biliary stenosis from cholangiocarcinoma Nguyen Canh Hiep, Kenichi Harada. Medical Molecular Morphology 2016
  • Hepatocyte nuclear factor 1α-inactivated hepatocellular adenomas exhibit high 18F-fludeoxyglucose uptake associated with glucose-6-phosphate transporter inactivation Kumi Ozaki, Kenichi Harada, Noboru Terayama, Osamu Matsui, Satoshi Saitoh, Yoshito Tomimaru, Takeshi fujii, Toshifumi Gabata. Br J Radiol 2016
  • Characterization of intraductal papillary neoplasm of bile duct with respect to histopathologic similarities to pancreatic intraductal papillary mucinous neoplasm. Hum Pathol. 51巻 103-13頁 2016 査読有
  • 原発性胆汁性肝硬変の新しい病期分類・活動度分類 原田 憲一、 中沼 安二 病理と臨床 31巻 2号 210-12頁 2013 査読有
  • Application and Validation of a New Histologic Staging and Grading System for Primary Biliary Cirrhosis. J Clin Gastroenterol  47巻 2号 174-81頁 2013 査読有
  • Participation of natural killer cells in the pathogenesis of bile duct lesions in biliary atresia Journal of Clinical Pathology 66巻 2号 99-108頁 2013 査読有 
  • Tissue culture correlational study of genetic cholangiopathy of autosomal recessive polycystic kidney disease Methods in Molecular Biology 945巻 303-318頁 2013 査読有 
  • Clinicopathological significance of S100 protein expression in cholangiocarcinoma Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia) 28巻 8号 1422-1429頁 2013 査読有 
  • 胆管と共に歩んできた20余年研究史 原田憲一 肝臓 54巻 12号 854頁 2013 査読無
  • オルセイン染色の実態調査結果と標準化への試み 角田 優子、 斉川 邦和、 松下 信之、 原田 憲一、 中沼 安二 肝臓 54巻 10号 716-9頁 2013 査読無
  • 特集:IgG4と肝胆膵 胆道癌とIgG4関連病態  原田 憲一、 中沼 安二 肝胆膵 67巻 3号 415-24頁 2013 査読有
  • PBCの最近の話題 大平 弘正、 原田 憲一、 下田 慎治、 中村 稔 日消誌 110巻 29-43頁 2013 査読無
  • 特集:胆道癌診療の最前線 胆道癌の病理診断  中沼 安二、 佐々木 素子、 佐藤 保則、 原田 憲一 消化器外科 36巻 7号 1097-108頁 2013 査読有
  • 特集:自己免疫性消化器疾患の病態にせまる 原発性硬化性胆管炎と潰瘍性大腸炎はなぜ合併するのか  中沼 安二、 原田 憲一、 佐藤 保則 分子消化器病 10(2)巻 17号 125頁 2013 査読有
  • Alteration of energy metabolism in the pathogenesis of bile duct lesions in primary biliary cirrhosis. 2013 査読有
  • Clinicopathological significance of serum fractalkine in primary biliary cirrhosis. 58巻 10号 3037-43頁 2013 査読有
  • Histological characteristics of biliary intraepithelial neoplasia-3 and intraepithelial spread of cholangiocarcinoma. 462巻 4号 421-7頁 2013 査読有
  • 穿刺経路播種を認めた甲状腺低分化癌の1例 市橋 匠、 木船 孝一、 原田 憲一 日本臨床外科学会雑誌 75巻 7号 1794-1798頁 2014 査読有
  • nilotinib内服加療中に小腸多発性GISTを発症した神経線維腫症1型の1例 守護 晴彦、方堂 祐治、渡邉 剛史、上藤 聖子、杉森 順二、林 泰生、 日本消化器病学会雑誌 111巻 1579-1586頁 2014 査読有
  • メディカルインフォメーション 医療up-to-date 良性胆管狭窄を来す胆道系炎症性疾患  原田憲一 石川医報 10(2)巻 1573号 22-29頁 2014 査読有
  • 特集:PSCとPBC-診断と治療の進歩 原発性胆汁性肝硬変(PBC), (2)PBCの病理組織所見:新分類を中心に  角田 優子、 原田 憲一、 中沼 安二 臨床消化器内科 29巻 11号 1477-1483頁 2014 査読有
  • 今月の話題 胆管癌と鑑別を要する良性胆管狭窄  原田憲一 病理と臨床 32巻 4号 446-447頁 2014 査読無
  • 原発性胆汁性肝硬変の胆管障害機序:エネルギー代謝の変化と細胞死の関与 原田 憲一、 中沼 安二 消化器と免疫 50巻 13-16頁 2014 査読有
  • 化学療法中止後7年以上CRを維持しているブラ壁発生のstage Ⅳの大細胞肺癌の1例 市橋 匠、 木村 圭一、 田中 良男、 木船 孝一、 西辻 雅、 原田 憲一 癌の臨床 60巻 2号 219-224頁 2014 査読有
  • 特集:臨床・画像・病理トライアングル 肝細胞癌と鑑別を要する疾患 病理学的に肝細胞癌と鑑別を要する疾患  原田憲一 映像情報メディカル 46巻 5号 418-420頁 2014 査読有
  • 特集:PSC・IgG4-SC PSCの病理診断  中沼 安二、 佐々木 素子、 佐藤 保則、 原田 憲一 肝胆膵 68巻 1号 9-17頁 2014 査読有
  • Biliary adenofibroma with ominous features of imminent malignant changes 2014 査読有
  • What Are the Precursor and Early Lesions of Peripheral Intrahepatic Cholangiocarcinoma? 2014 査読有
  • Extrahepatic Malignancies in Primary Biliary Cirrhosis: A Comparative Study at Two Europian Centers.  2014 査読有
  • Histological characterization of biliary intraepithelial neoplasia with respect to pancreatic intraepithelial neoplasia. 2014 査読有
  • Systemic and local expression levels of TNF-like ligand 1A and its decoy receptor 3 are increased in primary biliary cirrhosis 34巻 679-688頁 2014 査読有
  • Different carcinogenic process in cholangiocarcinoma cases epidemically developing among workers of a printing company in Japan 7巻 8号 4745-4754頁 2014 査読有
  • Clinical course after corticosteroid therapy in IgG4-related aortitis/periaortitis and periarteritis: a retrospective multicenter study  16巻 4号 R156頁 2014 査読有
  • Cholangiocarcinoma with respect to IgG4 Reaction : Review Article 2014 査読有
  • Significance of oestrogen-related receptor γon biliary epithelial cells in the pathogenesis of primary biliary cirrhosis. 67巻 566-572頁 2014 査読有
  • Clinicopathological study of primary biliary cirrhosis with interface hepatitis compared to autoimmune hepatitis. 20巻 13号 3597-3608頁 2014 査読有
  • A condition closely mimicking IgG4-related disease despite the absence of serum IgG4 elevation and IgG4-positive plasma cell infiltration. 2巻 1-6頁 2014 査読有
  • Prevalence and risk factors of hepatocellular carcinoma in Japanese patients with primary biliary cirrhosis. 44巻 2号 133-40頁 2014 査読有
  • Activation of the PI3K/mTOR Pathway Is Involved in Cystic Proliferation of Cholangiocytes of the PCK Rat. 30巻 9(1)号 e87660.頁 2014 査読有
  • Cystic and micropapillary epithelial changes of peribiliary glands might represent a precursor lesion of biliary epithelial neoplasms. 464巻 2号 157-63頁 2014 査読有
  • Guidelines for the management of primary biliary cirrhosis: The Intractable Hepatobiliary Disease Study Group supported by the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan. S1巻 71-90頁 2014 査読有
  • Proposal of a new disease concept "biliary diseases with pancreatic counterparts". Anatomical and pathological bases. 29巻 1号 1-10頁 2014 査読有
  • 腫瘍性コランギオパチー(胆管腫瘍) 胆管癌とオートファジー 新田 健雄, 佐藤 保則, 佐々木 素子, 原田 憲一, 平野 聡, 中沼 安二 肝・胆・膵 71巻 5号 905-910頁 2015 査読有
  • B型慢性肝炎に合併した肝MALTリンパ腫の1例 高田 昇、 寺崎 修一、 岩田 章、 原田 憲一 日本消化器病学会雑誌 112巻 880-887頁 2015 査読有
  • 特集 胆道疾患の画像診断―基本から最近の進歩まで 臨床病理  原田憲一 画像診断 35巻 6号 637-648頁 2015 査読無
  • 胆道における自然免疫 原田憲一 病理と臨床 33巻 3号 324-326頁 2015 査読無
  • 第2章 肝臓研究・診断・治療の発展と肝臓学会の貢献 PBC,PSC研究の変遷  中沼 安二、 原田 憲一 日本肝臓学会創立50周年記念誌 111-120頁 2015 査読無
  • 特集 肝良性腫瘍および類似病変の病理・画像診断update 肝良性腫瘍の病理診断  原田憲一 画像診断 35巻 2号 148-157頁 2015 査読有
  • Multicentric Castleman Disease With Tubulointerstitial Nephritis Mimicking IgG4-related Disease: Two Case Reports. 40巻 4号 495-501頁 2016/04 査読有
  • IgG4-related stomach muscle lesion with a renal pseudotumor and multiple renal rim-like lesions: A rare manifestation of IgG4-related disease.  18巻 1-5頁 2015/09 査読有
  • Natural killer cells regulate T cell immune responses in primary biliary cirrhosis. 2015/08 査読有
  • Altered intrahepatic microcirculation of idiopathic portal hypertension in relation to glutamine synthetase expression  2015 査読有
  • Autoantibody status and histological variables influence biochemical rewsponse to treatment and long-term outcomes in Japanese patients with primary biliary cirrhosis  45巻 846-855頁 2015 査読有
  • Inflammatory Features of Pancreatic Cancer Highlighted byMonocytes/Macrophages and CD4+ T cells with Clinical Impact. 106巻 6号 672-86頁 2015/06
  • A variant of multicystic biliary hamartoma presenting as an intrahepatic cystic neoplasm. 2015/05 査読有
  • Autophagy and senescence in fibrosing cholangiopathies 62巻 934-945頁 2015 査読有
  • Growth arrest and DNA damage-inducible 34 regulates liver regeneration in hepatic steatosis in mice. 2015巻 61(4)号 1343-56頁 2015/04 査読有 総説

講演・口頭発表等

  • 基調講演 「肝線維化の病態と治療戦略」(会議名:第21回日本肝臓学会大会)(2017/10/12)
  • 教育講演 「自己免疫性肝疾患のトピック」(会議名:第125回日本消化器病学会北陸支部例会 第38回教育講演会)(2017/11/05)
  • 原発性胆汁性胆管炎における胆管細胞の老化と病態形成(会議名:第17回日本抗加齢医学会総会)(2017/06/02)
  • 教育講演 「自己免疫性肝炎の病理」(会議名:第45回「Liver Disease Working Group(基臨の会)」)(2017/11/09)
  • Mechanisms of the sclerosing and obstructive cholangiopathy in biliary atresia: Association with biliary innate immunity. (会議名:第7回胆道閉鎖症仙台国際シンポジウム ISSBA シンポジウム2 Etiology and Pathophysiology)(2017/05/12)

全て表示

  • 自己免疫性肝炎と薬物性肝障害に対する臨床病理学的検討(会議名:第42回日本肝臓学会西部会)(2017/11/30)
  • ヒト肝癌細胞株に対するCBP/β-catenin阻害剤の抗腫瘍効果(会議名:第42回日本肝臓学会西部会)(2017/11/30)
  • 肝細胞癌合併症例からみた現行NAFLD/NASH診断基準の問題点(会議名:第21回日本肝臓学会大会)(2017/10/12)
  • 原発性胆汁性胆管炎におけるCD68/IgM共陽性細胞の意義(会議名:第49回日本臨床分子形態学会総会)(2017/09/15)
  • 原発性胆汁性胆管炎の障害胆管における非古典的HLA発現(会議名:第49回日本臨床分子形態学会総会)(2017/09/15)
  • The essence of the bile ductular carcinoma from the viewpoint of surgeon(会議名:第53回日本肝癌研究会)(2017/07/06)
  • CT findings of cholangiolocellular carcinoma in comparison with those of HCC and CCC(会議名:第53回日本肝癌研究会)(2017/07/06)
  • 胆道癌における脂肪酸結合蛋白5(FABP5)の発現(会議名:第53回日本肝癌研究会)(2017/07/06)
  • KL-6 mucinおよびCEACAM1の胆管内乳頭状腫瘍を含む前癌病変と胆管悪性腫瘍における異なる発現パターン (会議名:第53回日本肝癌研究会)(2017/07/06)
  • 原発性胆汁性胆管炎(PBC)の初期には1型IFN経路が重要な役割を果たす(会議名:第13回広島肝臓プロジェクト研究センター シンポジウム)(2017/07/01)
  • 原発性胆汁性胆管炎(PBC)の新規治療開発に向けて(会議名:第53回日本肝臓学会総会)(2017/06/08)
  • 原発性胆汁性胆管炎の重症化にカテプシンの果たす役割の検討(会議名:第53回日本肝臓学会総会)(2017/06/08)
  • 急性肝炎様発症を呈した自己免疫性肝炎の病理像(会議名:第53回日本肝臓学会総会)(2017/06/08)
  • 原発性胆汁性胆管炎における胆管細胞の老化と病態形成(会議名:第17回日本抗加齢医学会総会)(2017/06/02)
  • Placental site trophoblastic tumor(PSTT)の1例(会議名:第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会))(2017/05/26)
  • 胆膵領域のEUS-FNAにおいてコンタミネーションにより診断が困難であった症例の細胞像(会議名:第58回日本臨床細胞学会総会(春期大会))(2017/05/26)
  • 2型糖尿病とHBcAb陽性は非アルコール性脂肪性肝疾患関連肝癌の危険因子である(会議名:第103回日本消化器病学会総会)(2017/04/20)
  • Histologic characterization of autoimmune hepatitis with clinically acute presentations(会議名:第106回日本病理学会総会)(2017/04/27)
  • 血清学的にHBV既感染パターンを示す非アルコール性脂肪性肝疾患関連肝細胞癌患者 肝組織におけるHBV DNA 検出(会議名:第106回日本病理学会総会)(2017/04/27)
  • 硬化性胆管炎の病態と診断(会議名:第106回日本病理学会総会)(2017/04/27)
  • 細胞診標本によるALK要請肺癌の検討(会議名:第33回石川県臨床細胞学会学術集会)(2017/02/21)
  • 経過で増大を示した乳児FNHの1例(会議名:第23回肝血流動態・機能イメージ研究会)(2017/02/24)
  • Imatinib Induces Apoptosis of NK/T Cell Neoplasms by Inhibitiong Hematopoietic Cell Kinase and NQO2 (2017/12/09)
  • Increased expression and altered localization of cathepsis Z is associated with progression to jaundice-stage in primary biliary cholangitis (2017/10/20)
  • A cute presentation ofo autoimmune hepatitis in adults and children: histological Spectrum and features distinguishing it from drug-induced liver injury and acute Viral hepatitis.(2017/10/20)
  • Immune-mediated cystatin A expression in patients with pancreatic Ductal adenocarcinoma(2017/12/07)
  • 胆管細胞腺腫におけるglucose transporter 1発現 -悪性ポテンシャルの解析―(会議名:第49回日本肝癌研究会)(2013/07/11)
  • 初学者のための病理(会議名:School of AutoImmune Liver Disease(SAIL) )(2017/01/07)
  • 原発性胆汁性胆管炎の病態(会議名:慶應大学医学部 病理学教室セミナー)(2016/10/14)
  • 特別講演: 原発性胆汁性胆管炎の最近の知見(会議名:第43回臨床医のための神奈川肝臓病理研究会)(2016/03/19)
  • 教授就任講演:胆管に魅せられた四半世紀の研究史(会議名:平成28年度十全同窓会総会/新任教授就任記念講演会)(2016/07/02)
  • 教育講演:肝臓の病理(会議名:平成28年度日本肝臓学会教育講演会(単独開催))(2016/08/07)
  • 肝臓フォーラム「名医のおはなし-肝臓-」:肝臓のはたらき(会議名:平成28年度公益財団法人ウイルス肝炎研究財団 市民公開講座)(2016/10/23)
  • 肝胆道系疾患の新潮流 「肝胆道系疾患の多様性」(会議名:2016年IAP日本支部病理学教育セミナー 病理診断講習会)(2016/11/12)
  • 胆道癌に出現するIgG4組織反応とその意義(会議名:第47回日本臨床分子形態学会 総会・学術集会)(2015/09/18)
  • 特別講演 「IgG4組織反応-胆道系疾患を中心に-」(会議名:Total Care Management Forumこれからの地域医療を考える)(2015/02/20)
  • Pathology Update 「Recent Pathological Concept of Pancreaticobiliary Diseases」(会議名:第74回日本医学放射線学会総会「Pathology Update 胆・膵」)(2015/04/18)
  • 教育講演 「胆道系腫瘍の病理学的多様性 」(会議名:第33回日本消化器病学会甲信越支部教育講演会)(2015/06/06)
  • 教育講演 「肝胆道系疾患の病態生理とその治療戦略」(会議名:第17回大学院医学研究セミナー)(2015/10/27)
  • 特別講演 「原発性胆汁性肝硬変の病態および診断に関する最近の話題」(会議名:第7回福島県自己免疫性肝疾患研究会)(2015/11/07)
  • Cholangiocarcinoma with respect IgG4 Reaction(2014/10/05)
  • 胆道系腫瘍および前癌病変における glucose transporter1の発現(会議名:第103回日本病理学会総会)(2014/04/24)
  • 原発性胆汁性肝硬変の障害胆管における自然免疫応答とエネルギー代謝の変化(会議名:第50回日本肝臓学会総会)(2014/05/29)
  • IgG4関連硬化性胆管炎-胆道と膵臓の潜在的可塑性からの考察-(会議名:第51回日本消化器免疫学会総会)(2014/07/10)
  • 自己免疫性肝疾患からの発癌 -疫学的調査結果からの発癌機序に関する考察-(会議名:第46回日本臨床分子形態学会総会・学術集会 )(2014/10/17)
  • 教育講演:肝胆膵 肝細胞癌と鑑別を要する疾患:病理(会議名:第33回日本画像医学会)(2014/02/22)
  • 特別講演:PBCの病態および診断に関する最近の知見(会議名:第10回新潟PBC研究会)(2014/06/26)
  • IgG4 reaction in biliary intraepithelial neoplasia and cholangiocarcinoma arising from sclerosing cholangitis(2013/03/02)
  • Energy metabolic change induced by ERRα-PGC-1α axis in chronic non-suppurative destructive cholangitis of primary biliary cirrhosis(2013/03/02)
  • Pathological Differences between IgG4-Related Sclerosing Cholangitis with and without Autoimmune Pancreatitis(2013/03/02)
  • Alteration of energy metabolism and subsequent oxidative stress in the pathogenesis of cholangiopathy in primary biliary cirrhosis (2013/11/01)
  • Clinicopathological significance of serum fractalkine and its regulation by ursodeoxycholic acid in primary biliary cirrhosis (2013/11/01)
  • 自己免疫性膵炎合併の有無からみたIgG4硬化性胆管炎の病態の違い(会議名:第99回日本消化器病学会総会)(2013/03/21)
  • 原発性胆汁性肝硬変の障害胆管におけるエネルギー代謝の変化(会議名:第99回日本消化器病学会総会)(2013/03/21)
  • IgG4関連疾患に見られる末梢肝組織病変(会議名:第49回日本肝臓学会総会)(2013/06/07)
  • 原発性胆汁性肝硬変におけるFractalkine発現とursodeoxycholic acidによる発現制御(会議名:第49回日本肝臓学会総会)(2013/06/07)
  • 原発性胆汁性肝硬変の障害胆管と細胞内エネルギー代謝の関連(会議名:第49回日本肝臓学会総会)(2013/06/07)
  • 自己免疫性膵炎の有無からみたIgG4硬化性胆管炎の病態の相違(会議名:第102回日本病理学会総会)(2013/06/06)
  • 原発性胆汁性肝硬変の胆管におけるendocytosis関連蛋白の発現(会議名:第102回日本病理学会総会)(2013/06/06)
  • IgG4関連硬化性胆管炎に出現するBiliary intraepithelial neoplasia (BiIIN) 病変(会議名:第49回日本肝癌研究会)(2013/07/11)
  • 原発性胆汁性肝硬変の胆管障害機序:エネルギー代謝の変化と細胞死の関与(会議名:第50回日本消化器免疫学会総会)(2013/08/01)
  • 原発性胆汁性肝硬変の胆管傷害とエネルギー代謝との関連性(会議名:第45回日本臨床分子形態学会総会・学術集会)(2013/09/13)
  • IgG4関連硬化性胆管炎に見られるBilIN病変の解析(会議名:第49回日本胆道学会学術集会)(2013/09/19)
  • 原発性胆汁性肝硬変の障害胆管におけるエネルギー代謝と細胞死との関連(会議名:第17回日本肝臓学会大会)(2013/10/09)
  • 原発性胆汁性肝硬変の障害胆管におけるendocytosis機能の低下(会議名:第17回日本肝臓学会大会)(2013/10/09)
  • 原発性胆汁性肝硬変の障害胆管におけるendocytosis関連分子の解析(会議名:第40回日本肝臓学会西部会)(2013/12/06)
  • 原発性胆汁性肝硬変の障害胆管におけるエネルギー代謝の変化―脂肪酸代謝系への偏位 による胆管細胞アポトーシス感受性の亢進― (会議名:第40回日本肝臓学会西部会)(2013/12/06)
  • 特別講演:原発性胆汁性肝硬変の病態・診断に関する最近の知見(会議名:第38回福岡肝疾患治療研究会)(2013/09/28)
  • 特別講演:PBCの病態解明と治療への応用(会議名:第5回Hepatology Research Academy in 静岡)(2013/10/04)
  • Epithelial-mesenchymal transition induced by biliary innate immunity contributes to the sclerosing c(会議名:延辺大学建校60周年記念医学部国際交流学術会)(2009/08)
  • 胆道系自然免疫機構と原発性胆汁性肝硬変の病態形成への関与(会議名:第21回肝類洞壁細胞研究会)(2007/12)
  • 胆道癌に出現するIgG4免疫反応(会議名:第8回肝免疫・ウイルス・フロンティア -肝疾患研究の新潮流-)(2012/04)
  • 「胆管における自然免疫機構と病態形成の解析」(会議名:金沢大学十全医学会総会・学術集会)(2010/07)
  • ランチョンセミナー:原発性胆汁性肝硬変の新病期分類と活動度分類(会議名:第113回日本消化器病学会北陸支部例会)(2011/11)
  • Cholangiocarcinoma and IgG4 reaction(会議名:The 7th Asian Pacific IAP Congress)(2011/05)
  • Biliary innate immunity and cholangiopathy(会議名:The Fifth JSH Single Topic Conference)(2006/09)
  • レクチャーⅡ“私の履歴書”(会議名:日本病理学会中部支部 第4回「夏の学校2010 富山」)(2010/08)
  • 「胆道系腫瘍の新しい概念BilINについて」(会議名:平成21年度第2回細胞検査士会石川県支部症例検討会)(2010/03)
  • 系統的病理診断講習会1 「肝炎」 肝炎の病理(会議名:第97 回 日本病理学会総会)(2008/05)
  • PBCの病態形成における胆道系自然免疫の関与について(会議名:第18回若手PBCフォーラム)(2007/02)
  • PBCとinnate immunity(会議名:第18回 肝臓フォーラム(西部))(2006/03)
  • 胆道系疾患の病態形成における自然免疫の関与(会議名:第42回肝形態科学研究会)(2006/05)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○肝臓病理
○肝臓免疫

科研費

○厚生労働科学研究:難治性疾患克服事業「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」(2017-2019) 分担者
○文部科学省 平成28年度基盤研究(C)「肝内胆管癌の遺伝子・分子生物学的機構に基づいたイメージバイオマーカーの研究」(2016-2018) 分担者
○厚生労働科学研究:難治性疾患等政策研究事業「小児期発症の希少難治性肝胆膵疾患における包括的な診断・治療ガイドライン作成に関する研究」(2014-2015) 分担者
○厚生労働科学研究:肝炎等克服緊急対策研究事業「C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変に対する抗線維化治療薬の開発に関する研究」(2013-2015) 分担者
○基盤研究(C)「胆道閉鎖症の病態解明-胆道系自然免疫から獲得免疫への連携と自己免疫現象の解析」(2008-2010) 代表者
○基盤研究(C)「原発性胆汁性肝硬変の胆管細胞アポトーシスにおける自然免疫の関与」(2007-2007) 代表者
○基盤研究(C)「原発性胆汁性肝硬変の胆管細胞アポトーシスにおける自然免疫の関与」(2007-2007) 代表者
○基盤研究(C)「原発性胆汁性肝硬変の胆管細胞アポトーシスにおける自然免疫の関与」(2006-2006) 代表者
○若手研究(B)「原発性胆汁性肝硬変の肝内胆管細胞培養株の樹立と病態解析への応用」(2005-2005) 代表者
○若手研究(B)「原発性胆汁性肝硬変の肝内胆管細胞培養株の樹立と病態解析への応用」(2004-2004) 代表者
○若手研究(B)「原発性胆汁性肝硬変における肝内胆管破壊の分子機構」(2003-2003) 代表者
○若手研究(B)「原発性胆汁性肝硬変における肝内胆管破壊の分子機構」(2002-2002) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「原発性胆汁性肝硬変の肝組織内における疾患特異的抗原成分の検出の試み」(1998-1998) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「原発性胆汁性肝硬変の肝組織内における疾患特異的抗原成分の検出の試み」(1997-1998) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「原発性胆汁性肝硬変の胆管病変におけるエネルギー代謝の解析と治療戦略」(2014-2016) 代表者
○基盤研究(C)「原発性胆汁性肝硬変の胆管病変における性ホルモンの関与と治療戦略」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「胆道閉鎖症の病態解明-胆道系自然免疫から獲得免疫への連携と自己免疫現象の解析」(2009-2010) 代表者
○日本学術振興会 基盤研究(B)(一般)「包括的1細胞遺伝子解析法を用いた自己免疫性肝疾患の病理学的解析」(2017-2019) 代表者
○日本学術振興会 平成29年度基盤研究(C)「肝細胞癌の分子・遺伝子的亜分類に基づいたradiogenomics」(2017-2019) 分担者
○日本学術振興会 科学研究費(基盤研究(B))「原発性胆汁性胆管炎模倣培養系からのゲノム・脂質情報を利用した新規治療法の開発」(2017-2019) 分担者

学域・学類担当授業科目

○初学者ゼミⅠ(2018)
○栄養消化器(臨床医学)(2018)
○栄養消化器(臨床医学)(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○病態の形態と機構機序(2017)
○医薬保健学基礎(2017)
○栄養消化器(臨床医学)(2016)
○病態の形態と機構機序(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○病態の形態と機構機序(2016)
○医薬保健学基礎(2016)
○初学者ゼミ(2015)
○病態の形態と機構機序(2015)
○初学者ゼミ(2014)

大学院担当授業科目

○メディカルサイエンスセミナー(最新医科学英語)(2017)
○病理病態学(2017)
○形態機能病理学特論(2017)
○形態機能病理学特論(2017)
○形態機能病理学特論(2017)
○基礎系領域融合セミナー(2016)
○基礎系教育セミナー (2016)
○形態機能病理学特論(2016)
○形態機能病理学特論(2016)
○病理病態学(2016)
○形態機能病理学特論(2016)
○基礎系教育セミナー(2015)
○形態機能病理学特論(2015)
○形態機能病理学特論(2014)
○基礎系教育セミナー(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ