本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

林 宜仁 (はやし よしひと) 教授 HAYASHI Yoshihito

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系 無機化学講座

教育分野

【学士課程】
理工学域 物質化学類 化学コース
【大学院前期課程】
自然科学研究科 物質化学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 物質科学専攻

所属研究室等

無機化学 TEL:076-264-5695 FAX:076-264-5742

学歴

【出身大学院】
大阪市立大学 博士課程 理学研究科 化学専攻
【取得学位】
理学博士

職歴

岡崎共同研究機構分子科学研究所 相関分子科学第一研究部門 技官(1987/12/01-)
金沢大学 理学部(1990/10/01-)
コロラド州立大学 化学科 博士研究員(1996/07/01-)
金沢大学 理学部(1990/05/01-)
金沢大学 理学部(2002/04/01-)
金沢大学 自然科学研究科(2004/04/01-)
金沢大学 自然科学研究科(2007/04/01-)

生年月

所属学会

日本化学会 近畿支部幹事(2001-2002)
錯体化学会
アメリカ化学会

学内委員会委員等

○学生募集・広報委員会 委員(2016-2017)
○共通教育委員会 委員(2014-2015)

受賞学術賞

専門分野

無機化学、無機化学

専門分野キーワード

ポリ酸、酸化物クラスター、バナジウム、無機錯体

研究課題

金属酸化物クラスターの合成と性質

金属酸化物クラスターの合成と性質 現代文明を支えるハイテク化合物の多くには酸化物が用いられる。最高の性質を求めると酸化物にたどり着き,その分子レベルでの理解が重要となる。そこで,金属を多数含む酸化物分子を作り出す研究を行っている。しかし,金属を10個含む分子の例をあげることは専門家にも難しく,炭素数10の正しい有機化合物を例示することが受験生にでも容易であるのとは対照的です。現在急速に発展中である酸化物を分子として切り出したポリオキソメタレートと呼ばれる化合物を有機化学のように自由に操れることを目指した基礎研究を進めている。

クラウンエーテル型バナジウム酸化物錯体の開拓

固体酸化物の表面にヘテロ原子が埋め込まれた状態がさまざまな物性を発現する鍵となる局所構造であると考えられ、化学的な理解のためにその部分構造を持つような物質の開発が必要となる。たとえば、触媒の活性中心は活性点となるヘテロ原子が酸化物に埋め込まれたモデルで考えることができる。そこで、環状の酸化物を無機配位子に見立てて中心にさまざまな遷移金属イオンをヘテロ原子として埋め込んだヘテロポリオキソバナデートと呼ばれる無機錯体の開発を行っている。

球状、半球状酸化物クラスターの合成研究

無機酸化物骨格を持つフラーレンのようなナノメーターサイズの球状分子を合成することができる。中心にさまざまな陰イオンなどを取り込むことができ、多段階の酸化還元能や触媒活性などを本質的に持つ化合物としておもしろい。お茶碗のような形をした酸化物分子を合成することで、ナノサイズのビーカーの中で特定の有機物を取り込んで選択的な酸化反応を行わせることや、骨格自体を不斉環境とすることで有機不斉合成への応用を研究している。

著書

  • Reduced polyoxovanadates in non-aqueous media: Condensation reaction of polyoxovanadates by reductive or oxidative coupling Research Signpost Vanadium Biochemistry 2007/10 共著 Yoshihito Hayashi, Yuki Koyama, Takayuki Shinguchi and Kiyoshi Isobe 978-81-308-0184-1 主題 15頁
  • Stepwise synthesis of disk- and ball-shaped polyoxovanadates: All-inorganic coordination chemistry of polyoxovanadates アメリカ化学会(Oxford University Press) ACS Symoposium series 2007/01 共著 978-0-8412-7446-4 主題 974巻 408頁

論文

  • 2CH3CNフ(n-Bu4N)2[{Ir(1,5-COD)}6W4O16]・2CH3CN: A Hybrid Inorganic-Organometallic, Flexible Cavity Host, Acetonitrile-Guest Complex Composed of a [W4O4]n+ Tetratungstate Cube and Six Polyoxoanion-Supported (1,5-COD)Ir+ Organometallic Groups. Y. Hayashi, F. Muler, Y. Lin, S. M. Miller, O. P. Anderson, and R. G. Finke J. Am. Chem. Soc., 119, 11401-11407 (1997). 119巻 11401-11407頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Polyoxoanion-Based Iron(II) Catechol Extradiol Dioxygenase: Oxygenation of 3,5-Di-tert-butylcatechol by the Polyoxoanion-supported Iron(II) Complex (n-Bu4N)7[(CH3CN)xFeIIP2W15Nb3O62] H. Weiner, Y. Hayashi, and R. G. Finke Inorg. Chim. Acta, 291, 426-437 (1999). 291巻 426-437頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Stepwise Growth of Polyoxovanadate by Reductive Coupling Reaction with Organometallic Palladium Complex: Formation of [{(h3-C4H7)Pd}2V4O12]2-, [V10O26]4-, and [V15O36(Cl)]4- Y. Hayashi, N. Miyakoshi, T. Shinguchi, and A. Uehara Chem. Lett., 2001, 170-171. 4巻 170-171頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formation of Metal-Oxygen Chain Structures by Bridging Dichromate and Coordination Compounds: [MLnCr2O7]・ (MLn=Cu2+(bipy), Ni2+(en)2, and Ni2+(bipy)2) Y. Hayashi, H. Mano, and A. Uehara Chem. Lett., 1998, 899-900. 9巻 899-900頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Oxygenation Catalysis by All-Inorganic, Oxidation-Resistant, Dawson-Type Polyoxoanion-Supported Transition Metal Precatalysts, [(CH3CN)xM]n+ Plus P2W15Nb3O629- (M = MnII, FeII, CoII, NiII, CuI, CuII, ZnII) H. Weiner, Y. Hayashi, and R. G. Finke Inorg. Chem., 38, 2579-2591 (1999). 38巻 2579-2591頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Synthesis and Properties of Di-m-superoxo Dinuclear Cobalt(II, III) Complex. Y. Hayashi, M. Obata, M. Suzuki, and A. Uehara Chem. Lett., 1997, 1255-1256. 12巻 1255-1256頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Structure of a New Reduced Isopolyvanadate, [V17O42]4- Y. Hayashi, K. Fukuyama, T. Takatera, and A. Uehara Chem. Lett., 2000, 770-771. 9巻 770-771頁 2000/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Three-Dimensional Polymers with Metal-Oxygen and Metal-Ligand Chains: [Mn(II)(4,4'-bipy)2(Cr2O7)(H2O)2] and [Co(II)(4,4'-bipy)2(Cr2O7)] Y. Hayashi, T. Tagami, H. Mano, and A. Uehara Chem. Lett., 2001, 562-563. 562-563頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Stepwise Synthesis of Disk and Ball Shaped Polyoxovanadates: All-Inorganic Coordination Chemistry of Polyoxovanadates" in Vanadium the Versatile Metal 974頁 2007/06 査読有 原著論文
  • Self-assembled All-inorganic Chiral Polyoxovanadate: Spontaneous Resolution of Nitrate-incorporated Octadecavanadate 578頁 2008 査読有 原著論文
  • Synthesis of a bowl-type dodecavanadate by the coupling reaction of alkoxohexavanadate and discovery of a chiral octadecavanadate Pure and Applied Chemistry 81巻 7号  1323-1330頁 2009/10 査読有 
  • Formation of V(V) Spherical Polyoxovanadates and Interconversion Reactions of Dodecavanadate Species Eur. J. Inorg. Chem. 34巻  5156-5163頁 2009/09 査読有  研究論文(学術雑誌)
  • A chloride capturing system via proton-induced structure transformation between opened- and closed-forms of dodecavanadates Y. Inoue, Y. Kikukawa, S. Kuwajima and Y. Hayashi Dalton Trans. 45巻 7563-7569頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Discretew Spherical Hexadecavanadates Incorporating a Bromide with Oxidative Bromination Activity N. Kato, Y. Hayashi Dalton Trans. 42巻 33号 11804-11811頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lanthanide Complexes of Macrocyclic Polyoxovanadates: Synthesis, Characterization, and Structure Elucidation by X-ray Crystallography and EXAFS Spectroscopy M. Nishio S. Inami M. Katayama K. Ozutsumi Y. Hayashi  Inorg. Chem. 51巻 2号 784-793頁 2012/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Early-Lanthanide Complexes with All-Inorganic Macrocyclic Polyoxovanadate Ligands M. Nishio S. Inami Y. Hayashi  Eur. J. Inorg. Chem. 2013巻 10号 1876-1881頁 2013/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cyclic Polyvanadates Incorporating Template Transition Metal Cationic Species: Synthesis and Structures of Hexavanadate [PdV6O18]4–, Octavanadate [Cu2V8O24]4–, and Decavanadate [Ni4V10O30(OH)2(H2O)6]4– Inorg. Chem. 44号 2524頁 2005/05 査読有
  • Hetero and lacunary polyoxovanadate chemistry: Synthesis, reactivity and structural aspects. Coord. Chem. Rev. 2011/08 査読有 
  • Synthesis and Characterization of Chloride-incorporated Deodecavanadate from Dicopper Complex of Macrocyclic Octadecavanadate Chem. Lett. 708頁 2010/06 査読有 
  • Dinuclear Manganese and Cobalt Complexes with Cyclic Polyoxovanadate Ligands: Synthesis and Characterization of [Mn2V10O30]6– and [Co2(H2O)2V10O30]6–. Eur. J. Inorg. Chem. 34巻 34号 5156頁 2009/10 査読有 
  • Tetrahedral Cobalt(II) and Zinc(II) Chloride with Tetravanadate through a Tripod Coordination Mode Chem. Lett. 218頁 2009/03 査読有 

講演・口頭発表等

  • A New Cyclic-Decavanadate as Crown-ether Type Ligands(会議名:The 10th International Vanadium Symposium(V10))(2016/11/06)
  • PACIFICHEM2010, All-inorganic chemistry of polyoxovanadates as macrocyclic ligands, 2011. Dec.(2010)
  • PACIFICHEM2010, Structural Studies of Ln Series All-inorganic Macrocyclic Polyoxovanadate Complexes by X-ray Structures and EXAFS, 2011, Dec.(2010)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○ヘテロ原子を含むバナジウム酸化物分子の応用

科研費

○基盤研究(C)「クラウンエーテル型バナデート配位子を有するランタニド錯体の化学」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「テンプレートを利用した半球状バナジウム酸化物分子の構築反応」(2004-2007) 代表者

学域・学類担当授業科目

○構造無機化学(2017)
○物質化学実験B(2017)
○無機化学Ⅱ(2017)
○安全化学(2017)
○無機化学基礎(2017)
○教職化学(2016)
○教職化学(2016)
○無機化学Ⅱ(2015)
○構造無機化学(2015)
○物質化学実験B(2015)
○無機化学基礎(2015)
○物質化学序論(2015)
○化学実験(2014)
○無機化学基礎(2014)
○構造無機化学(2014)
○無機化学Ⅱ(2014)
○物質化学実験B(2014)

大学院担当授業科目

○物質創成セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○無機構造化学(2017)
○物質創成化学Ⅱ(2017)
○物質創成セミナー平成29年度入学生用(2017)
○無機合成化学(2017)
○無機合成化学(2017)
○無機合成化学(2017)
○無機合成化学(2017)
○物質創成セミナー平成27年10月入学者用(2015)
○物質創成セミナー平成27年度入学生用(2015)
○無機構造化学(2015)
○物質創成化学Ⅱ(2015)
○無機合成化学(2015)
○無機合成化学(2014)
○無機クラスター化学(2014)
○無機反応化学(2014)
○物質創成セミナー平成26年10月入学者用(2014)
○物質創成セミナー平成26年度入学生用(2014)
○無機構造化学(2014)
○物質創成化学Ⅱ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○バナジウム酸化物分子

その他公的社会活動

○石川県教育センター(2008-2008) 金沢大学連携研修高校理科(化学)ゼミ

このページの先頭へ