本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

東 朋美 (ひがし ともみ) 助教 HIGASHI Tomomi

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 脳医科学専攻

所属研究室等

環境生体分子応答学講座 TEL:076-265-2212 FAX:076-234-4232

学歴

【出身大学院】
金沢大学 修士課程 薬学研究科 薬学 1997
【出身大学】
金沢大学 薬学部 薬学 1995
【取得学位】
博士(医学)
修士(薬学)

職歴

金沢大学 医学系研究科(1997/04/01-)

生年月

所属学会

日本衛生学会
日本癌学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○本陣奨励金(2003/09/01)
○日本衛生学会若手研究プロジェクト研究(2005/01/01)
○第42回北陸アレルギー研究会 最優秀演題賞(2015/12/05)

専門分野

衛生学、衛生学・公衆衛生学

専門分野キーワード

環境疫学、黄砂、PM2.5、アレルギー、花粉症

研究課題

大気中環境汚染物質の人への健康リスク評価

大気中環境汚染物質の人への健康リスク評価 大気中の環境物質が人の健康に及ぼす影響を疫学的に明らかにしようとしています。最近では、黄砂や微小粒子状物質(PM2.5)、多環芳香族炭化水素(PAH)類など越境大気汚染に対する社会的関心が高まっています。しかし、それらが健康に及ぼす影響については、まだ不明な部分が多く、健康リスク評価の必要性が増しています。
私たちは衛生学、公衆衛生学、呼吸器内科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科と共同研究で、黄砂によって呼吸器疾患(喘息など)の症状や花粉症などアレルギー疾患の症状が発生するリスクが高まることを明らかにしました。さらに薬学系や理工系の環境毒性学、大気化学との共同研究によって、大気環境中物質による健康リスクの総合的評価に取り組んでいます。

TGF-β結合蛋白質(LTBP-1)の遺伝子多型と発がんの関係

LTBP-1蛋白は、発癌や癌の進展に関与するTGF-β蛋白の発現量や活性化の調節を行っているとされています。私たちは,LTBP-1遺伝子に一塩基多型を発見し、がんの患者さんと健常者の遺伝子型を比べると、がんの患者さんで特定の遺伝子型の方が多いことを見出しました。また、LTBP-1蛋白の発現量にも違いがあることがわかり、この蛋白と発がんの関係を明らかにして、癌の診断や治療、予防に結び付けることを目指しています。

著書

  • Environmental Health and Education for Sustainable Development Kanazawa e-Publishing Co. Ltd., Kanazawa, Japan 2012/12 原著書 共著 東 朋美, 西條清史
  • Environmental Health and Education for Sustainable Development  Kanazawa e-Publishing Co. Ltd., Kanazawa, Japan, 2012/12 共著 西條清史, 東 朋美

論文

  • 黄砂とアレルギー疾患、 東 朋美, 神林康弘, 藤村政樹, 大倉徳幸, 吉崎智一, 中西清香, 西條清史, 早川和一, 小林史尚, 道上義正, 人見嘉哲, 中村裕之 エアロゾル研究 29巻 S1号 212-217頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Aberrant glycogen synthase kinase 3β is involved in pancreatic cancer cell invasion and resistance to therapy Kitano A, Shimasaki T, Chikano Y, Nakada M, Hirose M, Higashi T, Ishigaki Y, Endo Y, Takino T, Sato H, Sai Y, Miyamoto K, Motoo Y, Kawakami K, Minamoto T.  PLoS One 8巻 2号 e55289頁 2013 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Repeated Exposure to Cruciferous Allyl Nitrile Protects against Chemically Induced Skin Inflammation in the Mouse Tanii H, Higashi T, Demura M, Saijoh K.   Food and Nutrition Sciences 3巻 1037-1042頁 2012 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic analysis of atmospheric halotolerant bacterial communities at high altitude in an Asian dust (KOSA) arrival region, Suzu City T. Maki, S. Susuki, F. Kobayashi, M. Kakikawa, Y. Tobo, M. Yamada, T. Higashi, A. Matsuki, C. Hong, H. Hasegawa, Iwasaka Y, Science of the Total Environment 408巻 20号 4556-4562頁 2010/09 査読有 原著論文
  • Preconditioning with subneurotoxic allyl nitrile: Protection against allyl nitrile neurotoxicity.  Tanii H, Higashi T and Saijoh K Food and Chemical Toxicology  48巻 2号 750-754頁 2010/02 査読有 原著論文

全て表示

  • Purpurin is a key molecule for cell differentiation during the early development of zebrafish retina Brain Research 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Dustborne Microorganisms in the atmosphere over Asian dust (KOSA) source region, Dunhuang. Air Quality,. Atmosphere and Health 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Ecophysiological analysis of halobacteria in bioaerosol. Journal of Ecotechnology Research 13巻 4号 309-313頁 2008/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of iron stress on gene expression in harmful microalga Prymnesium parvum. Journal of Ecotechnology Research 14巻 1号 13-16頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of cruciferous allyl nitrile on phase 2 antioxidant and detoxification enzymes. Medical Science Monitor 14巻 10号 189-192頁 2008/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of Detoxication Enzymes in Mice by Naturally Occurring Allyl Nitrile. JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY 53巻 23号 8993-8996頁 2005/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic diversity and vertical distribution of a halobacterial community in the atmosphere of an Asian dust (KOSA) source region, Dunhuang City. Air Quality, Atmosphere and Health 1巻 81-89頁 2008/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Purpurin expression in the zebrafish retina during early development and after optic nerve lesion in adults. BRAIN RESEARCH 1153巻 34-42頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Novel functional single nucleotide polymorphisms in the latent TGF-ァ binding protein1-L (LTBP-1L) promoter which increase transcriptional activity of the gene and may affect prognosis of ovarian cancer. JOURNAL OF MOLECULAR DIAGNOSTICS 8巻 3号 342-350頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Fos induction in the brain of mice exhibiting behavioral abnormalities following administration of allylnitrile or crotononitrile. Tanii, H., Higashi, T., Oka, R. and Saijoh, K. Brain Research. 868巻 1号 141-146頁 2000/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Changes in ALDH2 gene expression in peripheral blood cells after alcohol ingestion in Japanese men with its genetic variation. Kimura Y, Nishimura F, Abe S, Fukunaga T, Higashi T, Li LH, Tanii H, Saijoh K: Clinical Experimental Research 30巻 140A頁 2006 研究論文(プロシーディング)
  • Allylnitrile: generation from cruciferous vegetables and behavioral effects on mice of repeated exposure H.Tanii, T. Higashi, S. K. Saijohほか2名 FOOD AND CHEMICAL TOXICOLOGY 42巻 453-458頁 2004/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of latent transforming growth factor-b1 (TGF-b1) binding protein 1 (LTBP1) in association with TGF-b1 in ovarian carcinoma. Higashi, T., Sasagawa, T., Inoue, M., Oka, R., Leng, SY. and Saijoh, K. Jpn. J. Cancer Res. 92巻 5号 506-515頁 2001/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Change in the second amino acid of cyclinH abolishes reconstitution of active CAK in vivo and in vitro. Higashi, T., Nagasawa, T., Masamune, Y. and Yamashita, K. J. Biochem. Mol. Biol. & Biophys. 2巻 4号 301-306頁 1999/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Behavioral abnormalities and apoptotic changes in neurons in mice brain following a single administration of allylnitrile. Zang, X-P., Tanii, H., Kobayashi, K., Higashi, T., Oka, R., Koshino, Y. and Saijoh, K. Arch Toxicol. 73巻 1号 22-32頁 1999/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 大気環境中物質とアレルギーの関係 東 朋美 アレルギーの臨床 36巻 14号 78-82頁 2016/12 査読有
  • Evaluation of Health Effects of Aerosol by Epidemiological Approach  Tomomi HIGASHI  Proceedings of First Seminar of the JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms) 42頁 2014/08 研究論文(プロシーディング)
  • Factors associated with tuberculosis cases in Semarang District, Indonesia: case–control study performed in the area where case detection rate was extremely low. Rahayu SR, Katsuyama H, Demura M, Katsuyama M, Ota Y, Tanii H, Higashi T, Semadi NP, Saijoh K Environ Health Prev Med 20巻 253-261頁 2015/07 査読有 原著論文
  • Exacerbation of daily cough and allergic symptoms in adult patients with chronic cough by Asian Dust: A hospital-based study in Kanazawa. Higashi T, Kambayashi Y, Ohkura N, Fujimura M, Nakanishi S, Yoshizaki T, Saijoh K, Hayakawa K, Kobayashi F, Michigami Y, Hitomi Y, Nakamura H,  Atmospheric Environment 97巻 537-543頁 2014/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Asian dust on daily cough occurrence in patients with chronic cough: a panel study. Higashi T, Kambayashi Y, Ohkura N, Fujimura M, Nakai S, Honda Y, Saijoh K, Hayakawa K, Kobayashi F, Michigami Y, Anyenda EO, Hitomi Y, Nakamura H,  Atmospheric Environment 92巻 506-513頁 2014/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the toxicity of a Kosa (Asian dust storm) event from view of food poisoning: observation of Kosa cloud behavior and real-time PCR analyses of Kosa bioaerosols during May 2011 in Kanazawa, Japan. Kobayashi F, Iwata K, Maki T, Kakikawa M, Higashi T, Yamada M, Ichinose T, Iwasaka Y, Air Quality, Atmos Health 9巻 3-14頁 2016/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 黄砂やPM2.5とアレルギー 東 朋美 アレルギーの臨床 36巻 488号  72-76頁 2016/08
  • 長引く咳への黄砂やPM2.5の影響 東 朋美 アレルギーの臨床 35巻 472号 61-65頁 2015/06
  • Exposure to daily ambient particulate polycyclic aromatic hydrocarbons and cough occurrence in adult chronic cough patients: A longitudinal study. Anyenda, EO, Higashi, T, Kambayashi, Y , Thao, TT , Michigami, Y ,Fujimura, M, Hara, J ,Tsujiguchi, H, Kitaoka, M , Asakura, H , Hori, D ,Yamada, Y ,Hayashi, K ,Hayakawa, K, Nakamura, H.  Atmospheric Environment  140巻 34-41頁 2016/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Associations of Cough Prevalence with Ambient Polycyclic Aromatic Hydrocarbons, Nitrogen and Sulphur Dioxide: A Longitudinal Study. Anyenda EO, Higashi T, Kambayashi Y, Nguyen TT, Michigami Y, Fujimura M, Hara J, Tsujiguchi H, Kitaoka M, Asakura H, Hori D, Yamada Y, Hayashi K, Hayakawa K, Nakamura H. Int J Environ Res Public Health.  13巻 8号 800頁 2016/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Longitudinal Study of Association between Heavy Metals and Itchy Eyes, Coughing in Chronic Cough Patients: Related with Non-Immunoglobulin E Mediated Mechanism. Thao TT , Higashi T , Kambayashi Y, Anyenda EO , Michigami Y, Hara J, Fujimura, M , Tsujiguchi H, Kitaoka M , Asakura H, Hori D, Hibino Y, Konoshita T, Nakamura, H Int. J. Environ. Res. Public Health 13巻 110頁 2016/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 同定・解析結果からみた健康影響の可能性 (会議名:第2回 大気バイオエアロゾルシンポジウム)(2008/01/12)
  • 東朋美、黄砂とアレルギー疾患  南加賀地区耳鼻咽喉科研究会 2012.11.14.サンルート小松(小松市) (2012/11/14)
  • 東 朋美、これからの臨床と疫学の連携を求めて 第14回消化器外科カンファレンス 2015年5月11日(月)金沢大学附属病院宝ホール (2015/05/11)
  • Kambayashi Y, Higashi T, Michigami Y, Horii M, Okada G, Fujimura M, Ohkura N, Yoshizaki T, Nakanishi S, Saijoh K, Hayakawa K, Kobayashi F, Asakura H, Mitoma J, Yamazaki M, Hitomi Y and Nakamura H. Characteristics of polycyclic aromatic hydrocarbons and heavy metals in total suspended particulate during Asian dust period in Japan. International Symposium on Aerosols in East Asia and their Impacts on Plants and Human Health.2012.11.30. Koganei,Japan.(2012/11/30)
  • Higashi T, Kambayashi Y, Fujimura M, Ohkura N, Yoshizaki T, Nakanishi S, Saijoh K, Hayakawa K, Kobayashi F, Michigami Y, Hitomi Y, Asakura H, Yamazaki M, Mitoma J,Horii M and Nakamura H. Health Effect of Kosa Aerosol. International Symposium on Aerosols in East Asia and their Impacts on Plants and Human Health. 2012.12.1. Koganei, Japan.(2012/12/01)

全て表示

  • Kobayashi F, Maki T, Kakikawa M, Yamada M, Matsuki A, Naganuma T, Higashi T, Iwasaka Y. The research of atmosphere bioaerosol over Antarctica, 5th International Symposium on the Environment of the Rim-Japan Sea Regions, 2012.2.3. Kanazawa, Japan.(2012/02/03)
  • 神林康弘, 東 朋美、藤村政樹、吉崎智一、早川和一、西條清史、人見嘉哲、小林史尚、道上義正、中村裕之(2012). 大気粉塵中多環芳香族炭化水素類と重金属の月変動および黄砂日の特徴, 第82回日本衛生学会総会 2012.3.25.京都大学(京都府)(2012/03/25)
  • 東 朋美、神林康弘、藤村政樹、吉崎智一、早川和一、西條清史、人見嘉哲、小林史尚、道上義正、中村裕之(2012). 黄砂による慢性咳嗽の症状への影響, 第82回日本衛生学会総会 2012.3.25. 京都大学吉田キャンパス(京都府)(2012/03/25)
  • 神林康弘、東 朋美、藤村政樹、大倉徳幸、吉崎智一、中西清香、西條清史、早川和一、人見嘉哲、小林史尚、道上義正、朝倉大貴,山崎政美,三苫純子、岡田源作、中村裕之(2012). 大気粉塵中多環芳香族炭化水素類と重金属の月変動および黄砂日の特徴、:東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクトシンポジウム 2012.1.25. 京都大学百周年時計台記念館(2012/01/25)
  • 東 朋美、神林康弘、藤村政樹、大倉徳幸、吉崎智一、中西清香、西條清史、早川和一、人見嘉哲、小林史尚、道上義正、朝倉大貴,山崎政美,三苫純子、岡田源作、中村裕之(2012). 黄砂による健康影響-慢性咳嗽の症状への影響―,: 東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクトシンポジウム 2012.1.26. 京都大学百周年時計台記念館(2012/01/26)
  • 岩坂泰信,山田 丸,小林史尚,牧 輝弥,柿川眞紀子,東 朋美 (2011). 黄砂とともに長距離輸送する微生物, 日本農業工学会第27回シンポジューム・日本学術会議公開シンポジューム「地球環境・気候変動と農業環境工学」2011.9.21.  タワーホール船堀(東京都)(2011/09/21)
  • 岩坂泰信,松木 篤,小林史尚,牧 輝弥,柿川真紀子,東 朋美,山田 丸,定永靖宗 (2011). 東アジアの大気研究:地理的条件と研究活動,北陸地域における環境の計測と保全に関する研究拠点形成 第1回シンポジューム 2011.10.29. 福井工業大学(福井県)(2011/10/29)
  • 小林史尚、岩坂泰信、牧 輝弥、柿川真紀子、山田 丸、東 朋美、長沼毅、松木 篤(2011). 南極域の風送バイオエアロゾル実相調査:第5回南極観測シンポジウム 2011.10.6. 国立統計数理研究所(東京都)(2011/10/06)
  • 東 朋美 (2011). 黄砂バイオエアロゾルの健康影響調査、黄砂現象の環境・健康影響, 微生物および化学物質の長距離移動, 総合地球環境学研究所中国環境問題研究拠点, 地球研プロジェクト 2011.4.15. 総合地球環境学研究所(京都府)(2011/04/15)
  • Tomomi Higashi, Hiroyuki Nakamura, Masaki Fujimura, Johsuke Hara, Yasuhiro Kambayashi, Anyenda Enoch Olando, Takayoshi Ueno,Yasuhito Imai, Shizuko Takahara, and Kiyofumi Saijoh. Clinical Epidemiological Study about Asian dust(kosa) effect on chronic cough patients 9th Asian Aerosol Conference (AAC2015) Jun. 24 – Jun. 27, 2015 @Kanazawa Tokyu Hotel, Kanazawa, Japan(2015/06/25)
  • 東 朋美 黄砂はアレルギー性気道疾患の臨床症状を修飾するかvol.3 ~慢性咳嗽患者の咳症状への黄砂やPM2.5の影響~ 第42回北陸アレルギー研究会2015年12月5日(土) 金沢都ホテル (最優秀演題賞)(2015/12/05)
  • 中村裕之、東 朋美 “黄砂を含む環境中化学物質の呼吸器疾患への影響”第25回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会 シンポジウム「PM2.5の環境問題の現状と今後」 2015年9月16日(水)-19日(土) 周南市文化会館(山口県)(2015/09/16)
  • Nguyen Thi Thu Thao,神林康弘,東朋美,Anyenda Enoch Olando,道上義正,原丈介, 藤村政樹,辻口博聖,北岡政美,朝倉大貴,堀大介,三苫純子1),中村剛,木戸康人, 能登裕幸,日比野由利,中村裕之. 慢性咳嗽患者における重金属と目のかゆみと咳との関連-IgEレベルによる違い 第13回日本予防医学会学術集会 平成27年6月20日(土)~21日(日) フレンドパーク石川(石川県勤労者福祉文化会館)(2015/06/21)
  • Anyenda Enoch Olando,神林康弘,東朋美,Nguyen Thi Thu Thao,道上義正,原丈介, 藤村政樹,辻口博聖,北岡政美,朝倉大貴,堀大介,三苫純子,中村剛,木戸康人, 能登裕幸,日比野由利,中村裕之. 大気粒子状物質中PAHやPM2.5やSO2と成人慢性咳嗽患者における咳症状との関連 第13回日本予防医学会学術集会 平成27年6月20日(土)~21日(日) フレンドパーク石川(石川県勤労者福祉文化会館)(2015/06/21)
  • 中村裕之,神林康弘,東 朋美 黄砂を含む環境中化学物質の呼吸器疾患への影響に対するゼロ次予防 第13回日本予防医学会学術集会 平成27年6月20日(土)~21日(日) フレンドパーク石川(石川県勤労者福祉文化会館)(2015/06/20)
  • 東朋美、神林康弘、藤村政樹、早川和一、西條清史、杉本伸夫、中井里史、本田靖、小林史尚、人見嘉哲、中村裕之,   越境大気汚染の慢性咳嗽への影響評価Impact of long-range transported air pollutants on patients with chronic cough 第55回大気環境学会年会 健康影響分科会「越境大気汚染の健康影響評価とその課題」 2014年(平成26)年9月17日(水)〜19日(金) 愛媛大学城北キャンパス 招待講演(2014/09/18)
  • 東 朋美 “Evaluation of Health Effects of Aerosol by Epidemiological Approach” JSPS研究拠点形成事業「アジアダストと環境レジームシフトに関する研究拠点の構築」(コーディネーター甲斐憲次・名古屋大学)第1回セミナー 2014年8月4日(月)-9日(土)名古屋大学環境総合館レクチャーホール(2014/08/09)
  • 中村裕之、東 朋美 マクロ環境の話題(0次予防の取り組み例)~ 黄砂を含む環境中化学物質によるアレルギー疾患のゼロ次予防 第12回 日本予防医学会学術集会 特別企画シンポジウム「革新的な予防医学の0次予防を加えた教育・研究の取り組み」 2014年6月28日(土)-29日(日) 日本科学未来館(2014/06/28)
  • 東朋美、神林康弘、藤村政樹、西條清史、早川和一、杉本伸夫、中井里史、本田靖、人見嘉哲、中村裕之,  黄砂と慢性咳嗽に関する臨床疫学 Clinical epidemiology of association between Asian dust (kosa) and chronic cough 第84回日本衛生学会学術総会 大気環境と健康に関する連携研究会シンポジウム「PM2.5と黄砂の健康影響update」 2014年 5月25-27日 岡山コンベンションセンター 招待講演(2014/05/26)
  • 東 朋美・中村裕之 “黄砂の健康影響と予防法としてのサクランの活用”第5回サクラン研究会 年次大会 第12回 高資源循環ポリマーセンターシンポジウム 2014年1月10日(金)-11日(土) 会 場 北陸先端科学技術大学院大学マテリアルサイエンス研究科(2014/01/11)
  • 堀井雅恵 福冨友馬、東馬智子、東朋美、北岡政美,三苫純子、朝倉大貴,神林康弘、人見嘉哲、谷地江昭宏、中村裕之. アスピリンが好塩基球のIgE依存的活性化に及ぼす影響. JSIT2013第20回日本免疫毒性学会学術大会2013.9.13.東海大学代々木キャンパス(2013/09/13)
  • 東朋美、神林康弘、大倉徳幸、藤村政樹、西條清史、早川和一、小林史尚、道上義正、人見嘉哲、中村裕之. 慢性咳嗽患者における黄砂のアレルギー症状への影響. 第83回日本衛生学会総会 2013.3.26 金沢 (2013/03/26)
  • 神林康弘、道上義正、東朋美、堀井雅恵、大倉徳幸、藤村政樹、早川和一、小林史尚、人見嘉哲、中村裕之. 浮遊粒子状物質濃度や多環芳香族炭化水素類濃度に影響する気象因子の検討. 第83回日本衛生学会総会 2013.3.25 金沢(2013/03/25)
  • Tanii H., Higashi T. and Saijoh K. Preconditioning with cruciferous allyl nitrile protects against neurotoxicity of its own. 22nd Biennial Joint Meeting of the Int. Soc. for Neurochemistry and the Asian Pacific Soc. for Neurochemistry; Busan, BEXCO Convention Hall, Korea, August 23-28, 2009(2009/08/23)
  • 北野綾子,島崎猛夫,東 朋美,近野祐里,石垣靖人,元雄良治,宮本謙一,川上和之,源 利成 GSK3βによる膵がん細胞の増殖と浸潤の制御 第20回 日本消化器癌発生学会総会2009年11月 広島 (2009)
  • Suzuki T., Maki T., Kido K., Nakahara A., Higashi T., Hasegawa H., Ueda K, Saijoh K., Effect of iron stress on gene expression in harmful microalga Prymnesium parvum, 14th Asian Symposium on Ecotechnology(2007.10)Korea (2007/10)
  • Maki T., Susuki S., Kobayashi F., Kakikawa M., Yamada M., Higashi T., Hong C., Toubou Y., Hasegawa H., Ueda K., Iwasaka Y.. Ecophysiological analysis of halophilic bacteria in bioaerosol, 14th Asian Symposium on Ecotechnology(2007.10)Korea (2008)
  • Kimura Y, Nishimura F, Abe S, Fukunaga T, Higashi T, Li LH, Tanii H, Saijoh K: Changes in ALDH2 gene expression in peripheral blood cells after alcohol ingestion in Japanese men with its genetic variation. International Society for Biomedical Research on Alcoholism (2006.9)Australia(2006/09)
  • Ayako Kitano, Takeo Shimasaki, Yuri Chikano, Mitsutoshi Nakada, Tomomi Higashi, Yasuhito Ishigaki, Yoshio Endo, Yoshimichi Sai, Ken-ichi Miyamoto, Yoshiharu Motoo, Kazuyuki Kawakami, Toshinari Minamoto Pathological role for deregulated glycogen synthase kinase (GSK) 3b in pancreatic cancer proliferation and invasion 69th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association. Sep22-24,2010. Osaka,Japan. (2010)
  • Maki T., Susuki S., Kobayashi F., Kakikawa M., Yamada M., Higashi T., Hong C., Toubou Y., Hasegawa H., Ueda K., Iwasaka Y., Ecophysiological Analysis of Halophilic Bacteria in Bioaerosol, Biomicroworld2007(2007.12)Spain (2007)
  • (会議名:日本衛生学会総会)

芸術・フィールドワーク

特許

○遺伝子多型およびその用途(出願国名:日本)(特許番号:5167539)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「大陸から飛来する黄砂のアレルギー症重症化への影響評価とその予防」(2013-2016) 代表者
○厚生科研「成人独自のアナフィラキシーの実態と病態に関する研究(免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業)」(2012-2013) 分担者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「黄砂による健康影響に関する病態の解析(東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト研究領域)」(2011-2012) 代表者
○若手研究(B)「発癌に関わるTGF‐β1結合蛋白質の亜型に着目した発現・機能解析と癌診断への応用」(2010-2011) 代表者
○若手研究(B)「癌細胞におけるLTBP-1L蛋白の機能解明と癌分子マーカーとしての応用」(2008-2009) 代表者
○若手研究(B)「卵巣癌に特異的に発現する蛋白の発現調節解析と悪性化・予後への作用機序の解明」(2006-2007) 代表者
○若手研究(B)「卵巣癌の微細環境決定因子としてのTGF-ß1結合蛋白と悪性度の評価」(2003-2005) 代表者

学域・学類担当授業科目

○生命・医療倫理(2017)
○生命・医療倫理(2016)
○英語Ⅲ(専門セミナー)(2014)

大学院担当授業科目

○環境生体分子応答学特論(2017)
○環境と健康総論(2017)
○環境生体分子応答学特論(2017)
○環境衛生化学(2016)
○衛生学及び公衆衛生学/予防医学(2016)
○生命倫理学・研究倫理(2016)
○環境と健康総論(2016)
○衛生学及び公衆衛生学/予防医学(2015)
○環境と健康(2015)
○環境衛生化学(2015)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○石川県立金沢泉丘高等学校SSHプログラム(20090130-) 石川県立金沢泉丘高等学校SSHプログラムで金沢大学医薬保健研究域における講義補助・研修(研究室案内他)
○石川県立金沢泉丘高等学校SSHプログラム(20100122-) 石川県立金沢泉丘高等学校SSH(Super Science High School)プログラムで金沢大学医薬保健研究域 研修(研究室案内他)
○石川県立金沢泉丘高等学校SSHプログラム(20111216-) 石川県立金沢泉丘高等学校SSH(Super Science High School)プログラムにおける金沢医科大学での講義・研修の補助
○石川県立金沢泉丘高等学校SSHプログラム(2008-) 石川県立金沢泉丘高等学校SSH(Super Science High School)プログラムで金沢大学研究室の案内を担当
○石川県立金沢泉丘高等学校SSHプログラム(2007-) 石川県立金沢泉丘高等学校SSH(Super Science High School)プログラムで研究室の案内を担当

このページの先頭へ