本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2019年04月21日

竹下 有美枝 (たけした ゆみえ) 助教 TAKESHITA, Yumie

所属組織・役職等

附属病院 金沢大学附属病院 内分泌代謝内科
助教

教育分野

所属研究室等

金沢大学附属病院 内分泌代謝内科 

学歴

職歴

生年月

所属学会

日本内分泌学会 女性専門医育成・再教育委員​会(JES We Can)北陸支部代表(2015-2065)
日本糖尿病学会
日本内科学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

内分泌器官としての肝臓病学の確立 、セレノプロテインPを介した脂肪酸によるインスリン抵抗性回復機序の解明

専門分野キーワード

糖尿病 内分泌代謝 脂肪肝

研究課題

著書

  • Vascular Medicine  先端医学社 2009 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • Diabetes Frontier  メディカルレビュ-社 2009 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • PRACTICE 文光堂 2009 翻訳書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • 糖尿病レクチャー  総合医学社 2009 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • 糖尿病レクチャー  総合医学社 2010 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 

全て表示

  • 最新インスリン療法 ビジュアル糖尿病臨床のすべて  中山書店 2011 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • ベッドサイドの臨床薬理学  診断と治療社 2011 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • 全身疾患としての非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD) 診断と治療 2011 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • 糖尿病 最新の治療  南江堂 2013 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • 月刊糖尿病 医学出版 2014 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁 俊成 
  • 糖尿病研修ノート  診断と治療社 2015 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • ビジュアル糖尿病臨床のすべて 最新インスリン療法 改訂第2版 中山書店 2015 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • 糖尿病診療マスター  医学書院 2015 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • ホルモンと臨床 肥満に伴う臓器障害 医学の世界社 2017 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成
  • 糖尿病治療薬 クリニカルクエスチョン120-多剤な薬剤をうまく使いこなすために 診断と治療社 2015 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 
  • 糖尿病 最新の治療  南江堂 2019 原著書 分担執筆 竹下有美枝 篁俊成 

論文

  • A novel PHEX mutation associated with vitamin D-resistant rickets. 2019/02/14 査読有
  • Circulating concentrations of insulin resistance-associated hepatokines, selenoprotein P and leukocyte cell-derived chemotaxin 2, during an oral glucose tolerance test in humans.  2018/12/28 査読有
  • Mealtime dosing of a rapid-acting insulin analog reduces glucose variability and suppresses daytime cardiac sympathetic activity: a randomized controlled study in hospitalized patients with type 2 diabetes. 6巻 1号 e000588頁 2018/10/31 査読有
  • Serum selenoprotein P, but not selenium, predicts future hyperglycemia in a general Japanese population 8巻 1号 16727頁 2018/11/13 査読有
  • Consuming Carbohydrates after Meat or Vegetables Lowers Postprandial Excursions of Glucose and Insulin in Nondiabetic Subjects. 64号 316-320頁 2018 査読有

全て表示

  • Vanishing of ruptured adrenal mass with takotsubo cardiomyopathy. 65巻 1155-1159頁 2018/12/28 査読有
  • Effects of metformin and alogliptin on body composition in people with type 2 diabetes. 2018/08/29
  • Ursodeoxycholic acid potentiates dipeptidyl peptidase-4 inhibitor sitagliptin by enhancing glucagon-like peptide-1 secretion in patients with type 2 diabetes and chronic liver disease: a pilot randomized controlled and add-on study. 6巻 e000469頁 2018/06 査読有
  • Deficiency of the hepatokine selenoprotein P increases responsiveness to exercise in mice through upregulation of reactive oxygen species and AMP-activated protein kinase in muscle. 4号 508-516頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Weight-adjusted lean body mass and calf circumference are protective against obesity-associated insulin resistance and metabolic abnormalities. 3号 e00347頁 2017 査読有
  • Eicosapentaenoic acid down-regulates expression of the selenoprotein P gene by inhibiting SREBP-1c protein independently of the AMP-activated protein kinase pathway in H4IIEC3 hepatocytes. 292巻 10791-10800頁 2017 査読有
  • Pleiotropic effects of sitagliptin versus voglibose in patients with type 2 diabetes inadequately controlled via diet and/or a single oral antihyperglycemic agent: a multicenter, randomized trial.  4巻 1号 e000190頁 2016/04/19 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Fat-free mass and calf circumference as body composition indices to determine non-exercise activity thermogenesis in patients with diabetes. 7巻 3号 352-358頁 2016/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Altered gene expression in T-cell receptor signalling in peripheral blood leucocytes in acute coronary syndrome predicts secondary coronary events. 3巻 1号 e000400頁 2016/06/30 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid response of the steatosis-sensing hepatokine LECT2 during diet-induced weight cycling in mice. 478巻 3号 1310-1316頁 2016/09/23 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○糖尿病治療(3年生臨床講義)(2018)
○糖尿病 病型分類と合併症検査(4年生系統講義) (2018)
○糖尿病の救急(5年生プラカン)(2018)
○6年生統括講義(2018)

大学院担当授業科目

○恒常性制御学特論(2018)
○恒常性制御学特論(2018)
○包括的代謝学特論(2018)
○包括的代謝学特論(2018)
○包括的代謝学特論(2017)
○恒常性制御学特論(2017)
○恒常性制御学特論(2017)
○包括的代謝学特論(2017)
○恒常性制御学特論(2017)
○包括的代謝学特論(2017)
○包括的代謝学特論(2017)
○恒常性制御学特論(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ