本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月09日

吉田 直子 (よしだ なおこ) 助教 YOSHIDA Naoko

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系
助教

教育分野

所属研究室等

国際保健薬学

学歴

【出身大学院】
富山医科薬科大学 修士課程 薬学研究科 臨床薬学専攻 2005/03 修了
富山医科薬科大学 博士課程 薬学研究科 臨床薬学専攻 2008/03 修了
【出身大学】
富山医科薬科大学 薬学部 薬科学科 2003/03 卒業
【取得学位】
博士(臨床薬学)

職歴

生年月

所属学会

国際薬学連合
国際薬剤疫学会
日本薬剤疫学会
日本医療薬学会
日本薬物動態学会
日本臨床薬理学会
日本薬学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

環境・衛生系薬学、応用薬理学、医療社会学、医療系薬学

専門分野キーワード

医薬品安全性評価、医薬品使用実態調査、薬物動態、漢方薬、偽造医薬品

研究課題

偽造医薬品の蔓延実態と健康影響に関する調査研究

医薬品等の個人輸入における保健衛生上の危害に関する研究

漢方薬の適正使用を目的とした安全性評価研究

がん化学療法における併用薬の使用実態調査と安全性評価研究

著書

  • 説明力UP! 臨床で役立つ薬の知識 [改訂版] 学習研究社 2009/08 共著 折井孝男, 永田郁夫, 白石正, 澤田康文, 吉田直子, 川上純一, 山本康次郎, 豊口禎子, 東海林徹, 高橋修二, 植松和子
  • 説明力UP! 臨床で役立つ薬の知識 学習研究社 2006/10 共著 折井孝男, 澤田康文, 吉田直子, 川上純一, 豊口禎子, 中川義人, 東海林徹, 高橋修二

論文

  • Erroneous formulation of delayed-release omeprazole capsules: alert for importing countries. Rahman MS, Yoshida N, Tsuboi H, Keila T, Sovannarith T, Kiet HB, Dararth E, Zin T, Tanimoto T, Kimura K BMC Pharmacol Toxicol 18巻 1号 31頁 2017 査読有 原著論文
  • The Quality of Medicines in Community Pharmacies in Riyadh, Saudi Arabia: A Lot Quality Assurance Sampling (LQAS)-Based Survey Khojah HMJ, Pallos H, Yoshida N, Akazawa M, Tsuboi H, Kimura K Pharmacology & Pharmacy 4巻 7号 511頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Adherence of community pharmacies in Riyadh, Saudi Arabia, to optimal conditions for keeping and selling good-quality medicines. Pharmacology & Pharmacy 4巻 5号 431-437頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of packaging and storage conditions on the quality of amoxicillin-clavulanic acid - an analysis of Cambodian samples. BMC Pharmacol Toxicol 14巻 33頁 2013 原著論文
  • Public health concerns for anti-obesity medicines imported for personal use through the internet: a cross-sectional study. BMJ Open 2巻 3号 2012 査読有 原著論文 その他

全て表示

  • Detection of Fluoroquinolone-Induced Tendon Disorders Using a Hospital Database in Japan.  Pharmacoepidemiol Drug Saf 21巻 8号 886-889頁 2012 査読有 原著論文
  • Perceptions and practices of pharmaceutical wholesalers surrounding counterfeit medicines in a developing country: a baseline survey. BMC Health Serv Res 11巻 306頁 2011 査読有 原著論文
  • 薬の副作用・注意事項にはどんなものがある?  吉田直子, 川上純一 月刊ナーシング 25巻 10号 58-68頁 2005 査読無 解説 その他
  • [キーワードで解く]薬の体内動態 吉田直子, 川上純一 月刊ナーシング 25巻 10号 49-57頁 2005 査読無 解説 その他
  • 知識を深めよう 薬の副作用注意事項のなぜ?Q&A  吉田直子, 川上純一 月刊ナーシング 28巻 10号 112-123頁 2008 査読無 解説 その他
  • 和漢診療科病棟の入院患者に対する医薬品情報の提供と服薬指導を目的とした漢方薬データベースの作成とその評価 高木昭佳, 吉田直子, 渡部有貴, 中川洋子, 北澤英徳, 三村泰彦, 足立伊佐雄, 川上純一 医療薬学 33巻 1号 15-22頁 2007 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 口腔内崩壊錠の無包装での安定性と使用性に関する評価法:アムロジピンベシル酸塩製剤を用いた検討 堀雄史, 吉田直子, 奥村友則, 岡村康史, 川上純一 薬学雑誌 130巻 8号 1029-1040頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • インターネットで個人輸入した医薬品の保健衛生(2)-抗肥満薬による追跡- 木村和子, 本間隆之, 谷本剛, 高尾知里, 奥村順子, 吉田直子, 赤沢学  医療と社会 21巻 1号 55-67頁 2011 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by extracts of and monoterpenoids contained in Zanthoxyli Fructus Yoshida N, Takagi A, Kitazawa H, Kawakami J, Adachi I TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY 209巻 2号 167-173頁 2005 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Trends in new drug interactions for pharmaceutical products in Japan Yoshida N, Yamada A, Mimura Y, Kawakami J, Adachi I PHARMACOEPIDEMIOLOGY AND DRUG SAFETY 15巻 6号 421-427頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A cross-sectional investigation of the quality of selected medicines in Cambodia in 2010. BMC pharmacology & toxicology 15巻 13号 2014 査読有 原著論文 
  • Effects of citronellal, a monoterpenoid in Zanthoxyli Fructus, on the intestinal absorption of digoxin in vitro and in vivo Yoshida N, Takagi A, Kitazawa H, Kawakami J, Adachi I JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES 95巻 3号 552-560頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by terpenoids contained in herbal medicines and natural products Yoshida N, Koizumi M, Adachi I, Kawakami J FOOD AND CHEMICAL TOXICOLOGY 44巻 12号 2033-2039頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Investigation Into the Antinfluenza Agent Oseltamivir Distributed via the Internet in Japan. Takahashi N, Tsuboi H, Yoshida N, Tanimoto T, Khan MH, Kimura K Therapeutic Innovation & Regulatory Science 47巻 6号 699頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory effects of terpenoids on multidrug resistance-associated protein 2- and breast cancer resistance protein-mediated transport DRUG METABOLISM AND DISPOSITION 36巻 7号 1206-1211頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Counterfeit medicines in Cambodia—Possible causes PHARMACEUTICAL RESEARCH 28巻 3号 484-489頁 2011 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Study on health hazards through medicines purchased on the Internet: a cross-sectional investigation of the quality of anti-obesity medicines containing crude drugs as active ingredients. Yoshida N, Numano M, Nagasaka Y, Ueda K, Tsuboi H, Tanimoto T, Kimura K BMC Complement Altern Med 15巻 430頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • The quality of amoxicillin capsules and tablets in community pharmacies in Riyadh, Saudi Arabia: a lot quality assurance sampling (LQAS) survey.(会議名:FIP Centennial Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences)(2012)
  • Quality of sildenafil citrate tablets imported via the internet.(会議名:Asia Pacific Conference on National Medicines Policies)(2012)
  • A survey on the quality of medicines in Cambodia.(会議名:Asia Pacific Conference on National Medicines Policies)(2012)
  • Knowledge, attitude and practices of pharmaceutical wholesalers on counterfeit medicines in a developing country.(会議名:Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2010), 3nd World Congress of Board of Pharmaceutical Sciences of The International Pharmaceutical Federation/American Association of Pharmaceutical Scientists (AAPS) Annual Meeting and Exposition)(2010)
  • Quality of anti-obesity medicines imported via the internet.(会議名:The 23nd Federation of Asian Asian Pharmaceutical Associations Congress (FAPA2010))(2010)

全て表示

  • Detection of fluoroquinolone-induced tendon disorders using a hospital database.(会議名:26nd International Conference on pharmacoepidemiology and therapeutic Risk Management)(2010)
  • Inhibition of ABC transporter-mediated transport by herb extracts and terpenoids in the intestinal absorption process.(会議名:World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2008; 68th International Congress of FIP)(2008)
  • Inhibition of breast cancer resistance protein (BCRP)-mediated transport by terepenoids.(会議名:Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2007), 3nd World Congress of Board of Pharmaceutical Sciences of The International Pharmaceutical Federation)(2007)
  • Pharmaceutical practice and research approach of hospital pharmacists for the quality use of Japanese traditional medicine.(会議名:21st Congress of Federation of Asian Pharmaceutical Associations (FAPA2006))(2006)
  • Utilization study on Japanese traditional medicines in an academic hospital in Japan.(会議名:22nd International Conference on pharmacoepidemiology and therapeutic Risk Management)(2006)
  • Comparative utilization study on antibacterial agents in hospital settings in Japan.(会議名:22nd International Conference on pharmacoepidemiology and therapeutic Risk Management)(2006)
  • Drug interaction associated with herbal medicines: Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by terpenoids.(会議名:13th North American International Society for the Study of Xenobiotics Meeting and 20th Japanese Society for the Study of Xenobiotics Meeting)(2005)
  • Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by extracts of and monoterpenoids contained in Zanthoxyli Fructus.(会議名:USA-Japan Conference on Drug Development and Rational Drug Design)(2005)
  • Increase in bioavailability of oral digoxin by citronellal, a monoterpenoid, based on inhibition of P-glycoprotein.(会議名:8th World Congress on Clinical Pharmacology and Therapeutics)(2004)
  • Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by extract and monoterpenoids in Zanthoxyli Fructus.(会議名:Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004), 2nd World Congress of Board of Pharmaceutical Sciences of The International Pharmaceutical Federation)(2004)
  • 生活習慣病予防を目的とした一般用漢方製剤の使用実態調査と健康被害の発現リスクの評価(会議名:第34回日本臨床薬理学会学術総会)(2013/12/04)
  • インターネットを介して個人輸入された非視力補正用カラーコンタクトレンズの品質に関する調査(会議名:日本薬学会北陸支部平成25年度第1回総会及び第125回例会)(2013/11/17)
  • フィリピン共和国バタンガス州の特定地域における偽造医薬品の流通実態の評価(会議名:第28回日本国際保健医療学会学術大会)(2013/11/03)
  • カンボジアにおける偽造医薬品の蔓延防止~偽造医薬品と真正品の比較検討~(会議名:医薬品セキュリティ研究会第1回フォーラム)(2013/09/09)
  • 一般用医薬品販売における登録販売者教育の評価法確立(会議名:日本薬学会第133年会)(2013)
  • 偽造医薬品の最前線 忍び寄る脅威との戦い 偽造医薬品による健康被害と消費者意識、流入の背景(会議名:日本薬学会第133年会)(2013)
  • 偽造薬による健康被害調査(会議名:日本薬学会第133年会)(2013)
  • カンボジアに流通するクラリスロマイシン錠の品質評価(会議名:第27回日本国際保健医療学会学術大会)(2012)
  • 発展途上国に流通する医薬品の品質実態調査~カンボジアに流通するスルファメトキサゾール/トリメトプリム合剤の品質調査~(会議名:第27回日本国際保健医療学会学術大会)(2012)
  • 開発途上国の流通医薬品を対象とする小規模化された品質試験法の提案(会議名:日本社会薬学会31年会)(2012)
  • インターネットを介した個人輸入~オセルタミビル製剤試買調査~(会議名:日本薬学会第132年会)(2012)
  • カンボジアに流通するオメプラゾール腸溶性製剤の品質実態調査(会議名:日本薬学会第132年会)(2012)
  • カンボジアにおける偽造医薬品の流通実態調査(会議名:日本薬学会第132年会)(2012)
  • 未承認HIV自己検査キット使用者における他検査の受検状況調査(会議名:第25回日本エイズ学会)(2011)
  • だ液および尿を検体とするHIV自己検査キットの試買調査(会議名:第26回日本エイズ学会)(2012)
  • カンボジアにおける勃起機能障害治療薬の流通実態調査~sildenafil citrate錠を指標として~(会議名:第52回日本熱帯医学会大会・第26回日本国際保健医療学会学術大会)(2011)
  • 「学生-指導薬剤師(薬局・病院)-大学教員」合同WS形式情報交換会にて見えてきた薬局実習の問題点と今後の改善策(会議名:第21回日本医療薬学会年会)(2011)
  • 医薬品個人輸入経験者の意識調査にみる不適切な個人輸入の抑止策(会議名:日本社会薬学会第30年会)(2011)
  • 一般用医薬品販売における薬剤師に対する教育と顧客による評価(会議名:日本社会薬学会第30年会)(2011)
  • 開発途上国で実施できる医薬品品質管理 ~カンボジアに流通する医薬品を用いた溶出試験の小規模化の検討~(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • 医薬品個人輸入経験者に対する消費者意識追跡調査(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • インターネットを介して個人輸入した医薬品の保健衛生上の危害に関する研究(その2)生薬を主成分とする抗肥満薬(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • インターネットを介して個人輸入した医薬品の保健衛生上の危害に関する研究(その1)オルリスタットを主成分とする抗肥満薬(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • 金沢大学における多施設型薬局実習への取り組み(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • がん化学療法におけるイリノテカンと半夏瀉心湯の併用実態と副作用発現との関連性の評価(会議名:第31回日本臨床薬理学会年会)(2010)
  • 未承認HIV自己検査キットの使用実態調査(会議名:第24回日本エイズ学会)(2010)
  • 開発途上国で実施できる医薬品品質管理~品質試験の小規模化を目的とした判定基準の検討~(会議名:日本薬学会北陸支部平成22年度第1回総会及び第122回例会)(2010)
  • 口腔内崩壊錠の崩壊・溶出に関する評価: アムロジピンベシル酸塩錠を用いた検討(会議名:第20回日本医療薬学会年会)(2010)
  • カンボジア王国における医薬品管理の実態調査~Amoxicillin/clavulanic acid合剤の品質管理の現状~(会議名:第25回日本国際保健医療学会学術大会)(2010)
  • 医療機器個人輸入の実態調査(会議名:第29回日本社会薬学会)(2010)
  • 一般用医薬品の薬剤師、登録販売者向け情報の充実に関する研究(会議名:日本薬学会第130回年会)(2010)
  • 浜松医科大学附属病院における定量噴霧式吸入薬およびドライパウダー吸入薬の使用実態調査(会議名:19回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成21年度日本薬学会東海支部例会)(2009)
  • がん化学療法における抗悪性腫瘍薬と漢方薬との相互作用の予測(会議名:第29回日本臨床薬理学会年会)(2008)
  • 抗悪性腫瘍剤による院内汚染と医療従事者被曝: ドキソルビシンを指標薬物とした評価法の確立と汚染状況の調査への応用(会議名:第18回日本医療薬学会年会)(2008)
  • 和漢診療科病棟における薬剤管理指導業務と和漢薬の使用状況(会議名:第16回日本医療薬学会年会)(2006)
  • 富山大学附属病院における漢方医薬品と併用薬の使用実態調査(会議名:第25回日本臨床薬理学会年会)(2005)
  • 生薬・天然物と医薬品との相互作用: テルペノイドによるP-糖蛋白質の阻害(会議名:医療薬学フォーラム2005・第13回クリニカルファーマシーシンポジウム)(2005)
  • 漢方薬と医薬品との薬物間相互作用: 消化管吸収過程における山椒含有成分によるP-glycoproteinの阻害(会議名:日本薬学会第125年会)(2005)
  • サンショウ(Zanthoxylum piperitum)エキスとその含有成分によるP糖蛋白質の阻害(会議名:第24回日本臨床薬理学会年会)(2003)
  • Public health concerns of substandard antidiabetic medicine: Quality estimation of pioglitazone by a cross-sectional survey.(会議名:6th FIP Pharmaceutical Sciences World Congress 2017)(2017)
  • カンボジアにおける Roxithromycin 製剤の品質実態調査(会議名:日本薬学会第137年会)(2017)
  • 開発途上国で流通している医薬品の品質に関する研究 その8:ミャンマー国内で流通しているメトホルミン塩酸塩錠(会議名:日本薬学会第137年会)(2017)
  • 開発途上国で流通している医薬品の品質に関する研究 その7:ミャンマー国内で流通しているレボフロキサシン注射液(会議名:日本薬学会第137年会)(2017)
  • 上海市の病院におけるピオグリタゾン製剤の真正性と品質に関する調査研究(会議名:日本薬学会第134年会)(2014)
  • 上海市の病院におけるカンデサルタンシレキセチル製剤の真正性と品質に関する調査研究(会議名:日本薬学会第134年会)(2014)
  • フィリピンおよびカンボジアに流通するamlodipine製剤の品質実態調査(会議名:日本薬学会第134年会)(2014)
  • 製造工程に着目した、カンボジアに流通するEsomeprazole製剤の品質に関する研究(会議名:日本薬学会第134年会)(2014)
  • 開発途上国で流通している医薬品の品質に関する研究 その2:シロスタゾール錠及びラベプラゾールナトリウム錠(会議名:日本薬学会第134年会)(2014)
  • 開発途上国で流通している医薬品の品質に関する研究 その1:オメプラゾール製剤(会議名:日本薬学会第134年会)(2014)
  • Impurity Profile による偽造医薬品の鑑別に関する研究 ―シルデナフィルクエン酸塩製剤―(会議名:日本薬学会第134年会)(2014)
  • フィリピンとカンボジアに流通するグリベンクラミドとメトホルミンの偽造性と品質実態調査(会議名:第29回日本国際保健医療学会学術大会)(2014)
  • カンボジアに流通するGentamicin 注射剤の品質実態調査(会議名:日本薬学会第135年会)(2015)
  • インターネットを介して個人輸入された生活習慣病治療薬の実態調査(会議名:日本薬学会第135年会)(2015)
  • Quality Assessment of Antimicrobial Medicines in Cambodia(会議名:第30回日本国際保健医療学会学術大会)(2015)
  • An Investigation of the status of counterfeit and substandard medicines in Myanmar 2014-quality estimation of Omeprazole and Donepezil.(会議名:第30回日本国際保健医療学会学術大会)(2015)
  • ミャンマー連邦共和国ヤンゴンにおける抗菌薬の流通実態の評価(会議名:第30回日本国際保健医療学会学術大会)(2015)
  • 健康診断における臨床検査値データを用いた一般用防風通聖散製剤の使用と肝機能障害の発現との関連性の評価(会議名:第36回日本臨床薬理学会学術総会)(2015)
  • インターネットを介して個人輸入されたオメプラゾールの真正性と品質に関する研究(会議名:日本薬学会第136年会)(2016)
  • インターネットを介して個人輸入されたフルコナゾール製剤の真正性と品質に関する研究(会議名:日本薬学会第136年会)(2016)
  • インターネットを介して個人輸入されたシアリスの真正性と品質に関する研究(会議名:日本薬学会第136年会)(2016)
  • 開発途上国で流通している医薬品の品質に関する研究 その5:カンボジア国内で流通するオフロキサシン製剤(会議名:日本薬学会第136年会)(2016)
  • 開発途上国で流通している医薬品の品質に関する研究 その6:カンボジア国内で流通するPhenoxymethyl penicillin製剤(会議名:日本薬学会第136年会)(2016)
  • Antibiotic utilization in dental teaching hospital: The importance of guideline.(会議名:The Inaugural Asian Conference on the Life Sciences and Sustainability)(2014)
  • 個人輸入レビトラの真正性と品質に関する研究(会議名:第26回日本医療薬学会年会)(2016)
  • 教育現場における医薬品情報の構築と取り組み(会議名:浜松医科大学 病院薬剤師オープンシンポジウム)(2016)
  • 個人輸入Cialisを対象とした各種分析による偽造医薬品検出の可能性と偽造パターンの把握(会議名:第26回日本医療薬学会年会)(2016)
  • 医薬品流通における偽造医薬品対策の評価に関する研究(会議名:第26回日本医療薬学会年会)(2016)
  • がん化学療法におけるイリノテカンと半夏瀉心湯の併用実態と副作用発現との関連性の評価(会議名:第31回日本臨床薬理学会年会)(2010)
  • Detection of fluoroquinolone-induced tendon disorders using a hospital database. (会議名:ICPE2010)(2010)
  • Quality of anti-obesity medicines imported via the internet.(会議名:FAPA2010)(2010)
  • Knowledge, attitude and practices of pharmaceutical wholesalers on counterfeit medicines in a developing country(会議名:PSWC2010)(2010)
  • 金沢大学における多施設型薬局実習への取り組み(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • インターネットを介して個人輸入した医薬品の保健衛生上の危害に関する研究(その1)オルリスタットを主成分とする抗肥満薬(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • インターネットを介して個人輸入した医薬品の保健衛生上の危害に関する研究(その2)生薬を主成分とする抗肥満薬(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • 医薬品個人輸入経験者に対する消費者意識追跡調査(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • 開発途上国で実施できる医薬品品質管理 ~カンボジアに流通する医薬品を用いた溶出試験の小規模化の検討~(会議名:日本薬学会第131回年会)(2011)
  • 漢方薬の適正使用を目指した副作用・相互作用研究(会議名:富山県病院薬剤師会第346回学術研修会)(2005)
  • 医薬品の品質管理に貢献する分析—偽造医薬品鑑別における分析手法の活用—(会議名:Matching HUB Kanazawa 2015)(2015/02/23)
  • 偽造医薬品の脅威と撲滅に向けた取り組み(会議名:平成27年度Hokuriku Women Researchers’ Network シンポジウム)(2015/12/05)
  • OTC医薬品の安全性―忍び寄る偽造医薬品の脅威―(会議名:2015年度 日本OTC医薬品協会安全性情報部会)(2015/11/13)
  • 途上国における医薬品事情(会議名:日本国際保健医療学会第34回西日本地方会)(2016/02/27)
  • 田畑仁美, 吉田直子, 赤沢学, 木村和子: 医療機器個人輸入の実態調査. 第29回日本社会薬学会, 千葉, 2010 年9月.(2010)
  • 徳田貴裕, 腰山豊, 本間隆之, 吉田直子, 赤沢学, 木村和子: 一般用医薬品の薬剤師、登録販売者向け情報の充実に関する研究. 日本薬学会第130回年会, 岡山, 2010年3月.(2010)
  • 割田慧, 山川花朱美, 吉田直子, 堀雄史, 鈴木康裕, 鈴木吉成, 川上純一: 浜松医科大学附属病院における定量噴霧式吸入薬およびドライパウダー吸入薬の使用実態調査. 第19回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会・平成21年度日本薬学会東海支部例会, 四日市, 2009年11月(2009)
  • 松本圭司, 兼松直人, 吉田直子, 山田浩, 川上純一: がん化学療法における抗悪性腫瘍薬と漢方薬との相互作用の予測. 第29回日本臨床薬理学会年会, 東京, 2008年12月.(2008)
  • 松本圭司, 内藤隆文, 宮本康敬, 堀雄史, 高科嘉章, 吉田直子, 山田浩, 川上純一: 抗悪性腫瘍剤による院内汚染と医療従事者被曝: ドキソルビシンを指標薬物とした評価法の確立と汚染状況の調査への応用. 第18回日本医療薬学会年会, 札幌, 2008年9月.(2008)
  • Yoshida N, Kawakami J, Takada T, Suzuki H, Adachi I: Inhibition of ABC transporter-mediated transport by herb extracts and terpenoids in the intestinal absorption process. World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2008; 68th International Congress of FIP, Bazel (Switzerland), August 2008.(2008)
  • 吉田直子, 小島みなみ, 竹村麻耶, 三村泰彦, 川上純一, 足立伊佐雄: 富山大学附属病院における漢方医薬品と併用薬の使用実態調査. 第25回日本臨床薬理学会年会, 大分, 2005年12月(2005)
  • 吉田直子, 小泉まりや, 川上純一, 足立伊佐雄: 生薬・天然物と医薬品との相互作用: テルペノイドによるP-糖蛋白質の阻害. 医療薬学フォーラム2005・第13回クリニカルファーマシーシンポジウム, 鹿児島, 2005年7月.(2005)
  • 吉田直子, 高木昭佳, 北澤英徳, 川上純一, 足立伊佐雄: 漢方薬と医薬品との薬物間相互作用: 消化管吸収過程における山椒含有成分によるP-glycoproteinの阻害. 日本薬学会第125年会, 東京, 2005年3月.(2005)
  • 吉田直子, 高木昭佳, 北澤英徳, 足立伊佐雄, 川上純一: サンショウ(Zanthoxylum piperitum)エキスとその含有成分によるP糖蛋白質の阻害. 第24回日本臨床薬理学会年会, 横浜, 2003年12月.(2003)
  • 中川洋子, 渡部有貴, 阿部浩美, 吉田直子, 三村泰彦, 足立伊佐雄, 川上純一: 和漢診療科病棟における薬剤管理指導業務と和漢薬の使用状況. 第16回日本医療薬学会年会, 金沢, 2006年9月.(2006)
  • Yoshida N, Takada T, Adachi I, Suzuki H, Kawakami J: Inhibition of breast cancer resistance protein (BCRP)-mediated transport by terepenoids. Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2007), 3nd World Congress of Board of Pharmaceutical Sciences of The International Pharmaceutical Federation, Amsterdam (The Netherlands), April 2007.(2007)
  • Yoshida N, Nakagawa Y, Mimura Y, Adachi I, Kawakami J: Pharmaceutical practice and research approach of hospital pharmacists for the quality use of Japanese traditional medicine. 21st Congress of Federation of Asian Pharmaceutical Associations (FAPA2006), Yokohama (Japan), Nov 2006.(2006)
  • Yoshida N, Takemura M, Abe H, Kojima M, Adachi I, Tsutani K, Kawakami J: Utilization study on Japanese traditional medicines in an academic hospital in Japan. 22nd International Conference on pharmacoepidemiology and therapeutic Risk Management, Lisbon (Portugal), Aug 2006.(2006)
  • Takemura M, Yoshida N, Adachi I, Tsutani K, Kawakami J: Comparative utilization study on antibacterial agents in hospital settings in Japan. 22nd International Conference on pharmacoepidemiology and therapeutic Risk Management, Lisbon (Portugal), Aug 2006.(2006)
  • Yoshida N, Koizumi M, Kawakami J, Adachi I: Drug interaction associated with herbal medicines: Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by terpenoids. 13th North American International Society for the Study of Xenobiotics Meeting and 20th Japanese Society for the Study of Xenobiotics Meeting, Maui (USA), Oct 2005.(2005)
  • Yoshida N, Kawakami J, Adachi I: Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by extracts of and monoterpenoids contained in Zanthoxyli Fructus. USA-Japan Conference on Drug Development and Rational Drug Design, Los Angeles (USA), Aug 2005.(2005)
  • Yoshida N, Takagi A, Kitazawa H, Adachi I, Kawakami J: Increase in bioavailability of oral digoxin by citronellal, a monoterpenoid, based on inhibition of P-glycoprotein. 8th World Congress on Clinical Pharmacology and Therapeutics, Brisbane (Australia), Aug 2004.(2004)
  • Yoshida N, Takagi A, Kitazawa H, Adachi I, Kawakami J: Inhibition of P-glycoprotein-mediated transport by extract and monoterpenoids in Zanthoxyli Fructus. Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004), 2nd World Congress of Board of Pharmaceutical Sciences of The International Pharmaceutical Federation, Kyoto (Japan), May 2004.(2004)
  • 栁瀬未季, 吉田直子, 赤沢学, 木村和子, 加藤真吾: 未承認HIV自己検査キットの使用実態調査. 第24回日本エイズ学会, 東京, 2010年11月.(2010)
  • 敦賀剛気, 清水寛将, 高橋奈津美, 吉田直子, 赤沢学, 木村和子: 開発途上国で実施できる医薬品品質管理~品質試験の小規模化を目的とした判定基準の検討~. 日本薬学会北陸支部平成22年度第1回総会及び第122回例会, 金沢, 2010年11月.(2010)
  • 堀雄史, 稲川和香, 吉田直子, 川上純一: 口腔内崩壊錠の崩壊・溶出に関する評価: アムロジピンベシル酸塩錠を用いた検討. 第20回日本医療薬学会年会, 千葉, 2010年11月.(2010)
  • 木村和子, 畑仲希良々, Cecilia Cadena, 吉田直子, 赤沢 学: カンボジア王国における医薬品管理の実態調査~Amoxicillin/clavulanic acid合剤の品質管理の現状~. 第25回日本国際保健医療学会学術大会, 福岡, 2010年9月.(2010)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス総合研究事業「医薬品等の個人輸入における保健衛生上の危害に関する研究」(2010-2010) 分担者
○医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業「国際流通する偽造医薬医品等の実態と対策に関する研究」(2017-2019) 分担者
○地球規模保健課題解決推進のための行政施策に関する研究事業「インターネットを通じて国際流通する医薬品の保健衛生と規制に関する調査研究」(2014-2016) 分担者
○地球規模保健課題推進研究事業「地球規模の模造薬(カウンターフィット薬)蔓延に対する規制と健康影響に関する調査研究」(2011-2013) 分担者
○若手研究(B)「不純物プロファイル分析による偽造医薬品鑑別法の精度向上に関する研究」(2014-2015)
○基盤研究(B)「カウンターフィットドラッグのグローバル化とその対策に関する研究」(2010-2012) 分担者
○奨励研究「漢方薬による薬物トランスポーターの誘導作用に起因した相互作用の予測法の確立」(2008-2008) 代表者
○奨励研究「薬物トランスポーターを介した漢方薬・生薬と医薬品との相互作用の予測法の開発」(2007-2007) 代表者
○若手研究(B)「がん化学療法における併用薬の使用実態調査と相互作用の予測に基づく安全性の確立」(2010-2011) 代表者

学域・学類担当授業科目

○臨床薬学演習Ⅱ(2017)
○薬物治療演習(2017)
○総合薬学演習(2017)
○薬物治療モニタリング演習(2017)
○薬局実習Ⅱ(2017)
○薬局実習Ⅰ(2017)
○医療における薬を学ぶⅢ(2017)
○病院実習Ⅰ(2017)
○臨床薬学演習Ⅰ(2016)
○臨床薬学演習Ⅱ(2016)
○医療における薬を学ぶⅢ(2016)
○薬物治療演習(2016)
○病院実習Ⅰ(2016)
○薬局実習Ⅱ(2016)
○薬局実習Ⅰ(2016)
○臨床薬学演習Ⅰ(2015)
○医療における薬を学ぶⅢ(2015)
○病院実習Ⅰ(2015)
○薬物治療演習(2015)
○臨床薬学演習Ⅱ(2015)
○薬局実習Ⅰ(2015)
○薬局実習Ⅱ(2015)
○薬局実習Ⅱ(2014)
○病院実習Ⅰ(2014)
○薬物治療演習(2014)
○医療における薬を学ぶⅢ(2014)
○臨床薬学演習Ⅱ(2014)
○総合薬学演習(2014)
○臨床薬学演習Ⅰ(2014)
○薬局実習Ⅰ(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ