本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月14日

鏡 真美 (かがみ なおみ) 准教授 KAGAMI (SEKIZUKA) Naomi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 看護学専攻
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 2009/09 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 保健学科 2000/03 卒業
【取得学位】
修士(保健学)
博士(保健学)

職歴

金沢大学 医学部保健学科(2001/04/01-)
東京女子医科大学 看護部 助産師(2000/04/01-2001/03/31)

生年月

所属学会

日本看護科学学会
日本助産学会
日本衛生学会
日本母性衛生学会
日本女性心身医学会
日本思春期学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○平成21年度日本衛生学会最優秀論文賞(2010/05/10)
○平成20年度日本母性衛生学会学術奨励賞(2008/11/06)
○平成21年度日本助産学会研究助成
○2007-2010年度文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)
○2004-2006年度文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)

専門分野

臨床看護学

専門分野キーワード

母性 助産

研究課題

妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指したストレス評価指標の開発

心理社会的ストレスが周産期の女性に与える影響

著書

  • 妊婦の首尾一貫感覚とストレス対処能力 助産雑誌 2007/11 原著書 共著 関塚真美,坂井明美
  • 助産婦の養成方法と継続教育および卒後教育 産婦人科の世界 2000/04 原著書 共著 坂井明美,島田啓子,田淵紀子,亀田幸枝,関塚真美

論文

  • Preceptor Ship導入による臨床実習の成果と改善に関する研究 島田啓子, 亀田幸枝, 丸山彩香, 津田朗子, 坂井明美, 田淵紀子, 関塚真美, 古田ひろみ 金沢大学つるま保健学会誌 27巻 1号 23-31頁 2003 査読有 原著論文
  • 助産実践における概念モデル及び診断類型の調査研究 島田啓子, 名取初美, 三村あかね, 田淵紀子, 亀田幸枝, 関塚真美, 丸山彩香, 坂井明美 金沢大学つるま保健学会誌 26巻 1号  7-13頁 2002 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 妊婦における出産を機会とした離職・退職に関するエゴグラムを中心とした心理的研究 坂井明美, 島田啓子, 田淵紀子, 亀田幸枝, 笹川寿之, 林千寿子, 岡澤孝雄, 関塚真美 金沢大学医学部保健学科紀要 24巻 2号  55-60頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 婦人科通院中の中年期女性の自我状態に影響する因子 坂井明美, 関塚真美, 島田啓子, 田淵紀子, 亀田幸枝, 笹川寿之, 小池浩司, 保田ひとみ 日本更年期医学会雑誌 12巻 1号 42-47頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 中高年女性における乳房自己検診の実態と関連要因の検討 田淵紀子, 坂井明美, 亀田幸枝, 石黒加奈子, 市川敦子, 岩島あけみ, 柏木佐江子, 川村美芳, 巴山実香, 沼田知子, 松尾梓早, 丸山彩香, 島田啓子, 関塚真美, 笹川寿之 日本更年期医学会雑誌 12巻 2号 247-256頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Health impact of disaster-related stress on pregnant women living in the affected area of the Noto Peninsula earthquake in Japan 63巻 1号 107-115頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between the Noto-Peninsula earthquake and maternal postnatal depression and child-rearing 14巻 5号 255–260頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Association between the incidence of premature rupture of membranes in pregnant women and seismic intensity of the Noto Peninsula earthquake 15巻 5号 292-298頁 2010 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 金沢大学において看護学生が入学から卒業までに実施した看護技術 平松知子, 津田朗子, 稲垣美智子, 島田啓子, 須釜淳子, 田淵紀子, 河村一海, 泉キヨ子, 長谷川雅美, 坂井明美, 木村留美子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 多崎恵子, 松井希代子, 村角直子, 正源寺美穂, 長田恭子, 亀田幸枝, 関塚真美, 小藤幹恵, 広瀬育子, 干場順子, 千代恵子, 飛田敦子, 村上恵美 金沢大学つるま保健学会誌 31巻 2号 75-79頁 2008
  • 出産満足度と出産後ストレス反応の関連  関塚真美 日本助産学会誌 19巻 2号 19-27頁 2005
  • 妊娠末期におけるストレス対処能力と出産満足度・産後うつ傾向の関連 関塚真美, 坂井明美, 島田啓子, 田淵紀子, 亀田幸枝 母性衛生 48巻 1号 106-113頁 2007
  • 出産に対するSelf-Efficacyと出産体験の関係 亀田幸枝, 島田啓子, 田淵紀子, 関塚真美, 坂井明美 金沢大学つるま保健学会誌 29巻 2号  93-100頁 2006
  • 出産に対する自己効力感尺度の検討 結果予期と効力予期の判別の試み 亀田幸枝, 島田啓子, 田淵紀子, 関塚真美, 坂井明美 母性衛生 46巻 1号 201-210頁 2005
  • 新型インフルエンザに対する大学生の予防行動の変化と影響要因 小池郁美, 関塚真美, 織田初江, 城戸照彦 北陸公衆衛生学会誌 37巻 1号 12-16頁 2010
  • 大学生の避妊行動とSTD予防行動における自己決定意志 関塚真美, 関秀俊, 笹川寿之, 三本松恵, 伊藤千春, 小野真希, 芳賀絵里子, 若田知子, 稲垣利矢子, 岩中美季 思春期学 22巻 1号 149-156頁 2004
  • 能登半島地震による妊産婦への健康影響 黒田かおり, 日比野由利, 関塚真美, 坂井明美, 中村裕之 日本予防医学会雑誌 4巻 1号 25-30頁 2009
  • 生後1ヵ月児の泣きに対する母親の困難感と関連要因 田淵紀子, 島田啓子, 亀田幸枝, 関塚真美, 坂井明美 日本助産学会誌 22巻 1号 25-36頁 2008 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between Sense of Coherence in Final Stage of Pregnancy and Postpartum Stress Reactions 11巻 4号 199-205頁 2006 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low serum secretory immunoglobulin A level and sense of coherence score at an early gestational stage as indicators for subsequent threatened premature birth 14巻 5号 276-283頁 2009 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Association between the sense of coherence 13-item version scale score of pregnant women in the second trimester of pregnancy and threatened premature birth 20巻 90-96頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「妊婦の心理社会的ストレスと早産発生率の関連―神経内分泌免疫学の観点から―」(2004-2006) 代表者
○若手研究(B)「妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指したストレス評価指標の開発」(2007-2011) 代表者

学域・学類担当授業科目

○母性看護論(2016)
○母性看護実習(2016)
○母性看護対象論(2016)
○看護研究概論(2016)
○母性看護技術演習(2016)
○看護基礎統計(2016)
○母性看護論(2015)
○母性看護技術演習(2015)
○母性看護実習(2015)
○初学者ゼミ(2014)
○母性看護技術演習(2014)
○母性看護論(2014)
○母性看護実習(2014)
○看護研究概論(2014)

大学院担当授業科目

○女性発達看護学特論(2016)
○助産学特論(2016)
○助産学概論(2016)
○周産期助産診断演習Ⅰ(2016)
○国際助産学(2016)
○国際・比較助産実習(2016)
○周産期助産診断演習Ⅱ(2016)
○助産学実習Ⅲ(2016)
○ハイリスク助産実践・応用学(2016)
○助産学実習Ⅱ(2016)
○助産管理実習(2016)
○助産学実習Ⅰ(2016)
○助産管理学(2016)
○助産学演習(2016)
○ローリスク助産診断学(2016)
○女性発達看護学演習(2016)
○出産教育・コンサルテーション(2016)
○助産管理実習(2015)
○助産学実習Ⅲ(2015)
○助産学実習Ⅱ(2015)
○助産学実習Ⅰ(2015)
○周産期助産診断演習Ⅱ(2015)
○周産期助産診断演習Ⅰ(2015)
○国際・比較助産実習(2015)
○助産学実習Ⅱ(2014)
○国際・比較助産実習(2014)
○助産学実習Ⅲ(2014)
○助産学実習Ⅰ(2014)
○周産期助産診断演習Ⅱ(2014)
○助産管理実習(2014)
○周産期助産診断演習Ⅰ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ