本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

今村 幸祐 (いまむら こうすけ) 准教授 IMAMURA Kosuke

メール

所属組織・役職等

理工研究域 電子情報学系 映像情報処理
准教授

教育分野

【学士課程】
理工学域 電子情報学類
【大学院前期課程】
自然科学研究科 電子情報科学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科 電子情報科学専攻

所属研究室等

映像情報処理研究室 TEL:076-234-4894 FAX:076-234-4894

学歴

【出身大学院】
長崎大学 博士課程 海洋生産科学研究科 海洋生産開発学 2000 修了
【出身大学】
長崎大学 工学部 電気情報工 1995 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

助手 工学部(2000/04/01-2005/01/31)
講師 自然科学研究科(2005/02/01-2010/07/31)
准教授 理工研究域(2010/08/01-)

生年月

1972年09月

所属学会

電子情報通信学会
情報処理学会
映像情報メディア学会
電子情報通信学会 支部委員(2011-2012)
情報処理学会 オーディオビジュアル複合処理研究会 運営委員(2010-2011)

学内委員会委員等

受賞学術賞

○The Best Paper in the Design Field(2015/04/24)
○Best paper Award(2011/12/09)

専門分野

通信・ネットワーク工学

専門分野キーワード

映像処理、画像処理

研究課題

Matching Pursuits を用いた高能率画像符号化

Matching Pursuits (MP)と呼ばれる波形符号化を適用した動画像符号化方式

映像からの動オブジェクト抽出

映像から意味のある情報として動オブジェクトを抽出する技術

著書

論文

  • K平均法を用いた動領域分割における初期値依存性の改善 宇城貴啓,今村幸祐 ほか1名 映像情報メディア学会誌 55巻 6号 912-916頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アフィン変換を用いた動領域分割とオブジェクトベース動き補償予測 宇城貴啓,今村幸祐 ほか1名 画像電子学会誌 29巻 6号 833-841頁 2000/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • フラクタル画像符号化におけるパターンインデックスを用いた高速ブロック探索法 今村幸祐,黒田英夫 ほか1名 画像電子学会誌 28巻 5号 576-584頁 1999/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • フラクタル画像符号化における可変ブロックを用いた高品質・高速復号法 黒田英夫,今村幸祐 ほか3名 情報処理学会論文誌 39巻 7号 2398-2401頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • フラクタル画像符号化における高速ブロックマッチング法 黒田英夫,デンポペスク,今村幸祐 ほか1名 情報処理学会論文誌 38巻 8号 1543-1553頁 1997/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • フラクタル画像符号化における新しいドメインブロック評価関数 今村幸祐,田中祐史 ほか1名 情報処理学会論文誌 40巻 12号 4277-4285頁 1999/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 時間的相関を用いた動領域境界決定によるオプティカルフローの精度改善 山本貴之,今村幸祐 ほか1名 映像情報メディア学会誌 55巻 6号 907-911頁 2001/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Fast Block Searching Method for Fractal Image Coding K.imamura, H.Kuroda and M.Fujimura Proceeding of 1999 International Workshop on Very Low Bitrate Video Coding(VLBV'99) 129-132頁 1999/10 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • Domain Block Estimation Function for Fractal Image Coding K.Imamura, Y.Tanaka and H.Kuroda Proceeding of 1999 International Workshop on Adcanced Image Technology(IWAIT'99) 57-62頁 1999/01 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • High Quality and Fast Decoding Method using Variable Domain Blocks for Fractal Image Coding H.Kuroda, K.Imamura, D.C.Popescu and H.Yan Proceeding of the 1998 International Conference on Curcuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC'98) 1巻 137-140頁 1998/07 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 動画像の時間・空間情報を利用した動領域セグメンテーションとトラッキング 池田研二,今村幸祐ほか1名 映像情報メディア学会誌 56巻 8号 1349-頁 2002/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Fast Search Algorithm for Vector Quantization Using Hyperplane Decision Rule Ahmed Swilem, Kousuke Imamura ほか1名 映像情報メディア学会誌 56巻 9号 1513-頁 2002/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 動領域分割におけるオブジェクト検出精度の改善 宮本慎一,今村幸祐,橋本秀雄 映像情報メディア学会誌 57巻 9号 1194-1198頁 2003/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A Fast Codebook Design Algorithm for ECVQ Based on Angular Constraint and Hyperplane Decision Rule アームッド スィレム,今村幸祐,橋本秀雄 IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUT E87-A巻 3号 732-739頁 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 動き補償予測誤差画像に対するサブバンド Matching Pursuits 符号化 今村幸祐,石崎智範,橋本秀雄 映像情報メディア学会誌 58巻 4号 580-583頁 2004/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 最急降下法を用いた動きベクトル検出における局所解の回避とその効果 今村幸祐,中西靖人,橋本秀雄 情報処理学会論文誌 45巻 11号 2528-2531頁 2004/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A High-Speed Closest Codeword Search Algorithm for Vector Quantization Using the Pyramid Structure of Codewords 画像電子学会誌 35巻 5号 653-662頁 2005/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • VLSI Architecture Study of a Real-Time Scalable Optional Flow Processor for Video Segmentation E89C巻 3号 230-242頁 2006/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 動画像符号化におけるサブバンド分割を用いた高速 Matching Pursuits アルゴリズム 今村幸祐,小場由雅,橋本秀雄 映像情報メディア学会誌 60巻 7号 1059-1067頁 2006/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 非低エネルギー領域多段探索法による Matching Pursuits の高速化 今村幸祐,永見利康,橋本秀雄 映像情報メディア学会誌 61巻 8号 1231-1235頁 2007/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 動的学習による辞書を用いたMatching Pursuits符号化 橋本秀雄 映像情報メディア学会誌 63巻 1号 105-109頁 2009/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • アフィン動きパラメータのロバスト推定に基づく動領域の統合 橋本秀雄 映像情報メディア学会誌 63巻 11号 1625-1629頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • エネルギー最小化項を組み込んだ地形図を用いた Watershed アルゴリズムによる動オブジェクト抽出 橋本秀雄 画像電子学会誌 39巻 2号 148-155頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 大域的輝度変化に対応したハードウェア実装が容易な高速オプティカルフロー演算 村椿祐治,黒川葵,深山正幸,松田吉雄 電子情報通信学会論文誌 J93-D巻 9号 1766-1777頁 2010/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Frame Rate Up-conversion Using HOE(Hierarchical Optical flow Estimation) Based Bidirectional Optical Flow Estimation Mamoru Ogaki, Tetsuya Matsumura, Koji Nii, Masayuki Miyama, Yoshio Matsuda International Journal of Computer Science and Network Security 12巻 6号 52-61頁 2012/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Image Content Detection Method Using Correlation Coefficient between Pixel Value Histograms 黒田英夫,藤村誠 An International Interdisciplinary Journal 16巻 1号 675-680頁 2013/01 査読有 原著論文
  • Moving Object Segmentation Method Based on Motion Information Classification by X-means and Spatial Region Segmentation 今村 幸祐 International Journal of Computer Science and Network Security 13巻 11号 1-7頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Study on elemental techniques of image search method using pixel value histograms for ornament attacked images 藤村誠, 今村幸祐, 黒田英夫 International Journal of Signal Processing, Image Processing and Pattern Recognition 8巻 3号 11-22頁 2015/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • High Quality and Fast Decoding Method using Variable Domain Blocks for Fractal Image Coding(会議名:ITC-CSCC98)(1998)
  • Domain Block Estimating Function for Fractal Image Coding(会議名:IWAIT'99)(1999)
  • A Novel Fast Block Searching Method for Fractal Image Coding(会議名:VLBV'99)(1999)
  • Comparison of Motion Vector Detection Based on Gradient Method for Video Sequences Including Large Motions(会議名:ICSP2002)(2002)
  • Matching Pursuits using Slant Patterns and Its Dictionary Design(会議名:ISCAS2005)(2005)

全て表示

  • A Fast Matching Pursuits Algorithm Using Sub-band Decomposition of Video Signals(会議名:ICME2006)(2006)
  • Moving Object Extraction by Watershed Algorithm Considering Energy Minimization(会議名:ACIVS2007)(2007)
  • Watershed Algorithm for Moving Object Extraction Considering Energy Minimization by Snakes(会議名:AVSS2007)(2007)
  • A Fast Multi-step Atom Searching in Non-low Signal Energy Regions for Matching Pursuits(会議名:EUSIPCO2008)(2008)
  • Improvement of Convergence and Stability in Moving Object Extraction by the Level Set Method(会議名:ISPA2009)(2009)
  • An Adaptive Speed Function of Level Set Method for Moving Object Extraction(会議名:ISCAS2010)(2010)
  • Automatic Motion Object Extraction using X-means Clustering(会議名:PCS2010)(2010)
  • Image Content Detection Method Using Correlation Coefficient between Pixel Value Histograms(会議名:SIP2011)(2011)
  • Study on Seam Carving for Image Fingerprint(会議名:CISIS2012)(2012/07/04)
  • Criterial Image Preparation for a Search Method for Digital Watermarking Image Using Correlation Coefficient between Pixel Value Histograms(会議名:ICICS2013)(2013/12/12)
  • Mosaic-like Reconfiguration Scheme of Video for Resistance to Average Value Attack(会議名:GCCE2014)(2014/10/07)
  • Search Method using the Pixel Value Histogram of ROI for Illegal Copy Image with Geometric Attacks(会議名:SIP2014)(2014/12/21)
  • Adaptive Determination Method of Threshold Value for Correlation Coefficient in Digital Watermarked Image Search(会議名:IWAIT and IFMIA 2015)(2015/01/13)
  • 100-MHz 51.2-Gb/s Packet Lookup Engine LSI Based on Missmatch Detection Circuit Combined with Linked-List Hash Table(会議名:ISPACS2015)(2015/11/09)
  • Fast Atom Selection Method Based on the Order of Initial Inner Product Values for Image Denoising Using Sparse Representation(会議名:ISPACS2015)(2015/11/09)
  • A Design for the 178-MHz WXGA 30-fps Optical Flow Processor Based on the HOE Algorithm(会議名:DDECS2015)(2015/04/22)
  • Easy Search Method of Suspected Illegally Video Signal Using Correlation Coefficient for each Silent and Motion regions(会議名:COMCOMS2015)(2015/10/22)
  • ・K.Imamura, H.Hashimoto: An Adaptive Speed Function of Level Set Method for Moving Object Extraction, Proc ISCAS2010 (2010 IEEE International Symposium on Circuits and Systems), pp.3637-3640, 2010.5.30-6.2 (France) ・K.Imamura, N.Kubo, H.Hashimoto: Automatic Motion Object Extraction using X-means Clustering, Proc PCS2010 (28th Picture Coding Symposium), pp.246-249, 2010.12.8-10, (Nagoya, Japan)(2010)
  • ・K.Imamura, T.Oota, H.Hashimoto: Improvement of Convergence and Stability in Moving Object Extraction by the Level Set Method, Proc ISPA2009 (6th International Symposium on Image and Signal Processing and Analysis), pp.414-419, 2009.9.16-18, (Salzburg, Austria) (2009)
  • ・K.Imamura, M.Hiraoka, H.Hashimoto: Moving Object Extraction by Watershed Algorithm Considering Energy Minimization, In ACIVS 2007 - Advanced Concepts for Intelligent Vision Systems, J.Nlanc-Tailon et al.(Eds.), LNCS4678, pp.711-719, 2007. Springer-Verlag. 2007.8.28-31, (Delft, the Netherlands) ・K.Imamura, M.Hiraoka, H.Hashimoto: Watershed Algorithm for Moving Object Extraction Considering Energy Minimization by Snakes, Proc AVSS 2007 (2007 IEEE International Conference on Advanced Video and Signal based Surveillance), CD-ROM, 2007.9.5-7, (London, United Kingdom)(2007)
  • ・K.Imamura, Y.Koba, H.Hashimoto: Fast Matching Pursuits Algorithm Using Sub-band Decomposition of Video Signals, Proc ICME 2006 (2006 IEEE International Conference on Multimedia and Expo), pp.729-732, 2006.6.9-12, (Tronto, Canada)(2006)
  • ・K.Imamura, S.Kako, H.Hashimoto: Matching Pursuits using Slant Patterns and Its Dictionary Design, Proc ISCAS 2005 (2005 IEEE International Symposium on Circuits and Systems), pp.2080-2083, 2005.5.23-26, (Kobe, Japan)(2005)
  • ・A.Swilem, K.Imamura, H.Hashimoto: Fast Search Algorithm for ECVQ Using Projection Pyramids and Variance of Codewords Proc ISCAS 2004 (2004 IEEE International Symposium on Circuits and Systems), Vol.3, pp.877-880, 2004.5.23-26 (Vancouver, Canada) ・A.Swilem, K.Imamura, H.Hashimoto: A High-Speed Codebook Design Algorithm for ECVQ Using Angular Constraint with Search Space Partitioning, Proc ICME 2004 (2004 IEEE International Conference on Multimedia and Expo), cdrom, 2004.6.27-30, (Taipei, Taiwan) ・K.Imamura, A.Awilem, H.Hashimoto: Fast VQ Encoding Algorithms using Angular Constraint, Proc ICIP 2004 (2004 IEEE International Conference on Image Processing), pp.3161-3164, 2004.10.24-27 (Singapore) (2004)
  • ・K.Imamura, A.Swilem, H.Hashimoto: Fast Codeword Search Algorithm for ECVQ using Hyperplane Decision Rule, Proc. ISCAS 2003 (2003 IEEE Intarnational Symposium on Circuits and Systems), Vol.2, pp.476-479, 2003.5.25-28 (Bangkok, Thailand)(2003)
  • ・K.Imamura, M.Takabayashi, H.Hashimoto: Comparison of Motion Vector Detection Based on Gradient Method for Video Sequences Including Large Motions, Proc. ICSP'02 (2002 6th International Conference on Signal Processing Proceedings), Vol.1, pp.800-803, 2002.8.26-30 (Beijing, China)(2002)
  • ・K.Imamura, H.Hashimoto: A Fast Multi-step Atom Searching in Non-low Signal Energy Regions for Matching Pursuit, Proc EUSIPCO 2008 (The 2008 European Signal Processing Conference), CD-ROM, 2008.8.25-29, (Lausanne, Switzerland)(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

○通信用入出力装置(公開年月:2016/09/01)
○通信用入出力装置(公開年月:2016/09/01)

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「MPにおける最適辞書設計と低ビットレート画像符号化システムの開発」(2004-2006) 代表者
○若手研究(B)「MPを用いた適応的動画像符号化システムの開発」(2007-2010) 代表者
○若手研究(B)「奥行き距離を考慮した動オブジェクト抽出法とその応用技術の開発」(2011-2013) 代表者
○基盤研究(C)「画素統計量の相関に基づく汎用・簡易・高速画像検索方式・電子透かし方式と実験的検証」(2012-2014) 分担者

学域・学類担当授業科目

○情報システム工学実験第2(2017)
○論理回路(2017)
○工業概論(2017)
○自主課題研究(2017)
○自主課題研究(2016)
○論理回路(2016)
○工業概論(2016)
○情報システム工学実験第2(2016)

大学院担当授業科目

○映像情報処理学(2017)
○ディジタル映像処理論(2017)
○ディジタル映像処理論(2017)
○ディジタル映像処理論(2017)
○ディジタル映像処理論(2017)
○映像情報処理学(2016)
○ディジタル映像処理論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ