本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年09月20日

山本 洋 (やまもと ひろし) 准教授 YAMAMOTO Hiroshi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

国際機構 人間社会環境研究科

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 国際学類 日本・日本語教育コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 国際学専攻

所属研究室等

総合教育1号館306号室 TEL:076-264-5929 FAX:076-264-5929

学歴

【出身大学院】
広島大学 博士課程 社会科学研究科 2005/09 修了
【出身大学】
広島大学 総合科学部 1998/03 卒業
【取得学位】
博士(学術)

職歴

生年月

所属学会

軍記・語り物研究会
山口県地方史学会
広島史学研究会
関西軍記物語研究会
日本語教育学会
ビジネス日本語研究会
芸備地方史研究会
北陸史学会
中国四国歴史学地理学協会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

日本文学、日本史

専門分野キーワード

日本近世文学、日本近世史、留学生教育、戦国軍記、軍書、ビジネス日本語

研究課題

近世武家社会における軍書の成立背景に関する基礎的研究

著書

  • 『関ヶ原はいかに語られたか』 勉誠出版 2017/08 原著書 共著
  • 『吉川広家』 戎光祥出版 2016/11 原著書 共著
  • 『軍記物語の窓 第4集』(「『関ヶ原軍記大成』所載の吉川家関連史料をめぐって」) 和泉書院 2012/12 原著書 共著

論文

  • 「留学生のキャリア形成とビジネス日本語教育-ビジネス日本語講座受講生への追跡調査から-」 深川 美帆, 山本 洋, 太田 亨, 小島 荘一 『シンガポールビジネス日本語教育国際研究大会論文集』 2016/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「留学生と日本人学生を対象としたジョイントクラスにおける使用言語に対する学生の意識」 2016年国立高雄餐旅大学応用日語系国際学術研討会論文集 2016/12 査読有 原著論文
  • 「中・上級日本語学習者のアカデミック日本語運用をめぐる課題-日研生を対象とした4大学合同日本語テスト結果の分析を基に-」 ルチラ パリハワダナ, 鈴木 美加, 吉野 文, 山本 洋 『短期型留学プログラムにおける修了研究の教育的意義と有効性』平成26年度報告書 5-18頁 2015/03 査読無 原著論文 研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「台湾の大学における海外インターンシップと学生の意識」 『大学大衆化状況における日本語教育の可能性』(2012年国際学術研討会論文集 南台科技大学) 2012/10 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 「日研生教育に関わる事例研究-金沢大学の事例-」 『平成23年度第1回日研生教育研究会報告書』 2012/04 原著論文 その他

全て表示

  • 「総合日本語プログラムにおける履修登録・授業記録システムの構築」 深川 美帆, 山本 洋 『金沢大学留学生センター紀要』 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「近世中期における大名の家格と出版物」 『東アジア日本語教育・日本文化研究学会論文集』 2009/10 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 「『陰徳太平記』成立過程における記事の改変について」 『軍記と語り物』 44号 69-81頁 2008/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「近世武家社会における軍書と家格問題―吉川氏を事例として―」 『立徳管理学院外国語学群2006年国際学術検討会論文集』 308-313頁 2006/06 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 「毛利関係戦国軍記の系譜―『芸侯三家誌』について―」 『山口県地方史研究』 91号 1-18頁 2004/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「『陰徳太平記』の成立事情と吉川家の家格宣伝活動」 『山口県地方史研究』 93号 1-18頁 2005/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 「毛利関係戦国軍記の研究―成立とその背景―」 2005/09 査読有 原著論文 その他

講演・口頭発表等

  • 「統計データからみる日本の若者」 (会議名:台湾実践大学國際研討會議)(2017/05)
  • 「毛利関係戦国軍記の系譜─計量テキスト分析を用いた戦国軍記研究の方法論─」(会議名:関西軍記物語研究会第89 回例会)(2017/04)
  • 「江戸時代の軍書からみる関ヶ原合戦 -史実と虚構-」(会議名:金沢大学公開講座)(2016/09)
  • 「留学生と日本人学生を対象としたジョイントクラスにおける使用言語に対する学生の意識」(会議名:2016年國立高雄餐旅大學應用日語系國際學術研討會)(2016/05)
  • 「留学生のキャリア形成とビジネス日本語教育-ビジネス日本語講座受講生への追跡調査から-」(会議名:シンガポールビジネス日本語教育国際研究大会)(2015/11)

全て表示

  • 「上級・超級日本語学習者のアカデミック日本語運用をめぐる課題 ―日研生を対象とした4大学合同日本語テスト結果の分析を基に―」(会議名:第 6 回日本語教育学会研究集会)(2014/09)
  • 「『関ヶ原軍記大成』編纂と岩国藩」(会議名:岩国郷土史研究会)(2013/09)
  • 「台湾の大学における海外インターンシップと学生の意識」(会議名:2012年国際学術研討会議(於:台湾南台科技大学))(2012)
  • 「『関ヶ原軍記大成』所載の吉川家関連史料について」(会議名:県立広島大学中世史研究会)(2012/03)
  • 「『関ヶ原軍記大成』の成立過程に関する一考察」(会議名:北陸史学会)(2012)
  • 「近世中期における大名の家格と出版物」(会議名:東アジア日本語教育・日本文化研究学会(於:韓国全南大学))(2009)
  • 「近世武家社会における家格問題 -武鑑を題材として-」(会議名:関西軍記物語研究会)(2008)
  • 「『陰徳太平記』成立過程再考」(会議名:軍記語り物研究会大会)(2007)
  • 「近世武家社会における軍書と家格問題」(会議名:立德管理學院2006年外語學群国際學術研討會(台湾))(2006)
  • 「吉川家の軍書編纂活動について」(会議名:岩国郷土史研究会)(2005/04)
  • 「近世軍書と家格問題」(会議名:中国四国歴史学地理学協会大会)(2004)
  • 「『陰徳太平記』の成立事情と吉川家の家格宣伝活動」(会議名:山口県地方史研究大会)(2004)
  • 「毛利関係戦国軍記の系譜―『芸侯三家誌』について―」(会議名:山口県地方史研究大会)(2003)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○ 基盤研究(B)「戦国軍記・合戦図屏風と古文書・古記録をめぐる学際的研究」(2016-2019) 分担者
○若手研究(B)「近世武家社会における関ヶ原合戦関連軍書の研究」(2014-2016) 代表者
○若手研究(B)「近世武家社会における軍書の成立背景に関する基礎的研究」(2011-2012) 代表者

学域・学類担当授業科目

○日本語B(アカデミック・ライティングⅡB)(2017)
○日本文化体験B(日本の社会と伝統文化Ⅰ)(2017)
○いしかわ・金沢学(日本の社会と伝統文化Ⅱ)(2017)
○日本文化体験A(日本の社会と伝統文化Ⅱ)(2017)
○日本文化体験B(日本の社会と伝統文化Ⅰ)(2017)
○日本文化体験A(日本の社会と伝統文化Ⅱ)(2017)
○日本語教育史(2017)
○日本語B(アカデミック・ライティングⅡA)(2017)
○日本語B(アカデミック・ライティングⅡA)(2017)
○日本語B(アカデミック・ライティングⅡB)(2017)
○日本史概説E(2017)
○アカデミック・ライティングⅡB(2017)
○アカデミック・ライティングⅡA(2017)
○大学・社会生活論(2017)
○アカデミック・ライティングⅡA(2017)
○アカデミック・ライティングⅡB(2017)
○日本文化体験B(2016)
○日本研究演習B(2016)
○日本語B(アカデミック・ライティングⅡA)(2016)
○日本語B(アカデミック・ライティングⅡB)(2016)
○日本語B(アカデミック・ライティングⅡB)(2016)
○日本語B(アカデミック・ライティングⅡA)(2016)
○大学・社会生活論(2016)
○アカデミック・ライティングⅡA(2016)
○アカデミック・ライティングⅡB(2016)
○アカデミック・ライティングⅡB(2016)
○アカデミック・ライティングⅡA(2016)
○いしかわ・金沢学(日本の社会と伝統文化Ⅱ)(2016)
○日本研究演習B(2016)
○日本史概説E(2016)
○日本文化体験A(2016)
○日本語教育史(2016)
○大学・社会生活論(2015)
○日本語B(レポート作成)(2015)
○日本史概説E(2015)
○日本語教育史(2015)
○日本語B(レポート作成)(2015)
○いしかわ・金沢学(日本の社会と伝統文化Ⅱ)(2015)
○大学・社会生活論(2014)
○日本語B(レポート作成)(2014)
○日本語B(レポート作成)(2014)
○日本文化体験B(2014)
○日本文化体験A(日本の社会と伝統文化Ⅱ)(2014)
○日本語教育史(2014)
○日本史概説E(2014)
○いしかわ・金沢学(日本の社会と伝統文化Ⅱ)(2014)

大学院担当授業科目

○日本学研究特論Ⅰa(2017)
○日本学研究特論Ⅰb(2017)
○日本学研究特論Ⅱb(2017)
○日本学研究特論Ⅱa(2017)
○日本学研究特論Ⅱ(2016)
○日本学研究特論Ⅰ(2016)
○日本学研究特論Ⅱa(2016)
○日本学研究特論Ⅱb(2016)
○日本学研究特論Ⅰb(2016)
○日本学研究特論Ⅰa(2016)
○比較環境倫理学特論Ⅲb(2016)
○比較環境倫理学特論Ⅲb1(2016)
○比較環境倫理学特論Ⅲb2(2016)
○日本学研究特論Ⅰ(2015)
○比較環境倫理学特論Ⅲb(2015)
○比較環境倫理学特論Ⅲa(2014)
○日本学研究特論Ⅱ(2014)
○日本学研究特論Ⅰ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○古文書講座(キーワード:古文書)

その他公的社会活動

このページの先頭へ