本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年09月11日

趙 菁 (ちよう せい) 准教授 CHO Sei

所属組織・役職等

教育分野

所属研究室等

国際基幹教育院

学歴

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

江戸時代の養生論

研究課題

著書

論文

  • 前田斉泰『申楽免廃論』について―能楽に養生的価値を見出す理由― 趙菁 金沢大学国語国文 44号 28-39頁 2019/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Place, sociality, health: Forms of relocation and recuperation in modern Japan 趙菁 Communication and the Public 3巻 4号 302-309頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌) 
  • 【書評】NUMBERS AND NERVES: Information, Emotion and Meaning in a World of Data Edited by Scott Slovic and Paul Slovic 趙菁 文学と環境 18号 2016/08 査読有
  • 汚染時代の保養―原発事故の対応を江戸の養生文化より考える 趙 菁 言語文化論叢 20 号 201-215頁 2016/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • -「欠食」時代の養生、「崩食」時代の保養―保養で子供を守るべしー 趙 菁 文学・環境学会  2015/06/30 査読有 その他

全て表示

  • 鈴木朖の養生論における人間形成   ―『養生要論』の「貧窮下賤の身のうへに倣(ならふ)にあり」の真意を追求して―  言語文化論叢 第17号号 2013/03 原著論文
  • 「鈴木朖の『続養生要論』(二)」 『言語文化論叢』 16号号 2012/03
  • 「江戸の健康観から学ぶもの―「不憂不懼」と「厠」―国学者の養生論」  『大地』 48号号 2011/12
  • 「鈴木朖の『続養生要論』(一)」 『言語文化論叢』15号 2011/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 江戸時代の国学者の「心ノ声」―「テニヲハ」との関連において 『漢日理論語言学研究』 2009/06 査読有 原著論文
  • 内なる他者との融合 ―鈴木朖の『離屋集初編』をめぐって― 趙菁 言語文化論叢 7号 2004/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 江戸時期的自他認識―以鈴木朖的“自然"“使然"為中心― 趙菁 日語研究 2号 2004/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 鈴木朖の国語学史上における評価の変遷について 趙菁 言語文化論叢 7号 174-191頁 2003/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 鈴木朖の『少女巻抄注』について 趙 菁 社会環境研究 6号 69-77頁 2001/03 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 鈴木朖の『少女巻抄注』における注釈の特性 趙 菁 金沢大学国語国文 26号 69-77頁 2001/02 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 健康観念までの「養生」多様像―教養、階級、環境からとらえていく―(会議名:人間文化研究機構 広領域連携型基幹研究プロジェクト、アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開、「健康」の歴史性 研究会)(2019/08/08)
  • 『養生問對上』について(会議名:第120回日本医史学会学術大会「医史学の新たな展望 健康長寿社会を拓いた先哲」)(2019/05/18)
  • Nurturing a Healthy Life for All by Involving All: The Publications of Yojo (nurturing life;養生) in Early Modern Japan(2018/10/25)
  • Place, Sociality, Health: Forms of Relocation and Recuperation in Modern Japan(2017/11/13)
  • 江戸時代の養生論についての研究(会議名:人間文化研究機構・広領域連携型基幹研究プロジェクト『アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開』― アジア健康研究の過去・現在・未来 ―)(2017/01/30)

全て表示

  • Searching for Therapeutic Landscapes in the Era of Health Endangerment(会議名:Symposium on S-F* and Planetary Healing)(2016/11/12)
  • Situating Healing in the Era of Nuclear Pollution: How wellbeing is sustained through PLACE(2016/11/04)
  • Place,Word,and Health: Yojo/Yangsheng (養生) Culture in the Pollution Era(2016/04/01)
  • 養生論の雅俗融合過程に見る人体認識の変遷:「家」に喩えられた身体を中心に(会議名:人間文化研究機構・広領域連携型基幹研究プロジェクト『アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開』)(2016/11/03)
  • 養生所・保養所の変遷から「養生」を考える(会議名:アジアにおける健康と環境研究会「東アジアにおける「健康」の歴史研究)(2015/10/26)
  • 「保養」考ー江戸時代から3.11震災後までのヘルスケアを辿ってー(会議名:第36回日本医学哲学・倫理学会大会)(2017/11/12)
  • 「養生」から「能」を観る―加賀藩を例として(会議名:日本比較文学会第53回関西大会)(2017/11/04)
  • 日本の保養をTherapeutic Landscapesの視点より考える(会議名:「健康」の歴史研究会、「人間文化研究機構 広領域連携型基盤研究プロジェクト アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開Asian Society for Social History of Medicine)(2017/07/01)
  • ミニ講演「江戸時代の健康観―養生論に見る人体認識をめぐって」(2017/04/02)
  • 近世の養生論における養生の目的の変遷 (会議名:「“健康”の歴史性:「健康」「衛生」概念の歴史的変遷」研究会、NIHU基幹研究プロジェクト予備研究(地球研)・「エコヘルス」                       )(2015/01/22)
  • 江戸時代の養生論における君子賢人―鈴木朖の場合―(会議名:日本比較文学会2013年度関西大会)(2013/11/16)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ