本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年04月01日

中嶋 理帆 (なかじま りほ) 助教 NAKAJIMA Riho

メール

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系 医薬保健研究域 保健学系 リハビリテーション科学領域
助教

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 医学系研究科 保健学 2013/03 修了
【出身大学】
金沢大学 医学部 保健学科 2005/03 卒業
【取得学位】
保健学博士

職歴

医療法人社団福久会介護老人保健施設福久ケアセンター(2005/04/01-2006/02/28)
医療法人社団博洋会藤井脳神経外科病院(2006/03/01-2008/03/31)
独立行政法人国立病院機構石川病院(2008/04/01-2010/10/31)
金沢大学医薬保健研究域保健学系リハビリテーション科学領域 助教(2010/11/01-)
モンペリエ大学,脳神経外科(留学) リサーチフェロー(2016/04/01-2017/03/31)

生年月

1982年04月

所属学会

日本作業療法士協会
日本作業療法研究学会
日本高次脳機能障害学会
日本神経心理学会
日本神経科学学会
日本脳腫瘍学会
日本脳腫瘍の外科学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

リハビリテーション,高次脳機能,運動制御,神経機能ネットワーク,脳腫瘍,覚醒下手術

研究課題

ヒトの高次脳機能,運動制御ネットワークの解明

ヒトの高次脳機能,運動制御ネットワークの解明 画像統計解析(Neuro-imaging analysis)テクニックや覚醒下手術における脳機能マッピングを用いることにより,ヒトの様々な機能と関連する脳領域,神経線維などを調べることができる.我々の研究グループでは,高次脳機能,運動制御ネットワークの解明,および損傷後の脳の再組織化の解明を試みている.

著書

論文

  • Chronic spatial working memory deficit associated with the superior longitudinal fasciculus: a study using voxel-based lesion-symptom mapping and intraoperative direct stimulation in the right prefrontal glioma surgery Kinoshita M*, Nakajima R*, Shinohara H, Miyashita K, Tanaka S, Okita H, Nakada M, Hayashi Y (* MK and RN contributed equally to this paper) Journal of Neurosurgery 19巻 1-9頁 2016/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 上前頭回,中前頭回,帯状回,脳梁を含む領域の脳腫瘍摘出術と補足運動野の梗塞により手指に限局する特徴的な運動症状を認めた1例 中嶋理帆,中田光俊,沖田浩一,八幡徹太郎,林 裕 高次脳機能研究 35巻 4号 363-369頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intraoperative Motor Symptoms during Brain Tumor Resection in the Supplementary Motor Area (SMA) without Positive Mapping during Awake Surgery Neurologia medico-chirurgica 55巻 442-450頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 作業技術の学習機能に関わる評価指標 —段通作業を用いてー 米田貢,菊池ゆひ,中嶋理帆,砂原伸行 金大医保つるま保健学会誌 39巻 2号 145-153頁 2015 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Direct evidence for the causal role of the left supplementary motor area in working memory: a preliminary study Clinical Neurology and Neurosurgery 126巻 201-204頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 軽症くも膜下出血患者に対する自動車運転能力評価の必要性−アンケート調査と経時的な神経心理学的検査よりー 中嶋理帆,西悦子,柴田克之,林裕,八幡徹太郎 作業療法 33巻 442-450頁 2014 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • くも膜下出血患者の自動車運転再開に関する小規模実態調査 八幡徹太郎,中嶋理帆,中川敬夫,西悦子,毛利正直,内山尚之,濱田潤一郎,土屋弘行 脳神経外科速報 24巻 7号 2-6頁 2004 査読有 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • 他科で役立つこんな時のリハ処方 眼科−視覚障害のリハビリテーション− 中嶋理帆,八幡徹太郎,堀江翔,竹原詩織 J Clin Reha 23巻 10号 981-986頁 2014 査読無 解説 研究論文(プロシーディング)
  • Motion adjustment in the pegboard task: Motor analysis of obstacle avoidance behavior in the transport-to-insertion movement Nakajima R, Shibata K Journal of the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University 36巻 2号 1-13頁 2012/12 査読有 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • ペグを掴む動作における上肢手指運動の調整 障害物の位置が関節角度、手の軌道および速度に及ぼす影響 中嶋理帆, 柴田克之, 米田貢, 犬丸敏康, 西村誠次, 千葉馨,清水順市 日本作業療法研究学会雑誌 14巻 2号 1-7頁 2012/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ペグボード課題における障害物の配置に応じた上肢の運動調整 中嶋理帆, 柴田克之, 犬丸敏康, 西村誠次, 清水順市 日本作業療法研究学会雑誌 15巻 2号 19-25頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 頸髄損傷患者の食事動作自立に向けた認知運動学的アプローチ − 認知的介入がパフォーマンス,自立度,心理面に及ぼす影響 − 中嶋理帆,柴田克之 日本作業療法研究学会雑誌 13巻 1号 29-34頁 2010/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 座面の前傾が姿勢,筋活動及び主観評価に及ぼす影響 − 高齢群と若年群の比較 − 中嶋理帆,柴田克之,生田宗博 日本作業療法研究学会雑誌 12巻 2号 31-37頁 2009/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○文部科学省科学研究費若手(B)「感情の種類と大脳神経線維の関連の解明」(2016-2018) 代表者
○文部科学省科学研究費若手研究(B)「上肢手指の動作解析による巧緻性の新規定量化法の開発」(2013-2015) 代表者
○文部科学省科学研究費基盤(C)「介助動作re-positioningを頸部・腰部の圧迫力から判定する基礎的研究」(2014-2016) 分担者

学域・学類担当授業科目

○リハビリテーション医学実習(2016)
○情報処理基礎(2016)
○評価学実習Ⅱ(2015)
○評価学実習Ⅰ(2015)
○作業療法評価学(2015)
○作業療法評価学実習(2015)
○運動学実習(2015)
○基礎作業学実習(2015)
○基礎作業学演習(2015)
○基礎作業学(2015)
○身体障害作業療法学実習Ⅱ(2015)
○身体障害作業療法学実習Ⅰ(2015)
○作業療法臨床セミナーⅠ(2015)
○人体構造学実習(2015)
○情報処理基礎(2015)
○情報処理基礎(2014)
○評価学実習Ⅰ(2014)
○評価学実習Ⅱ(2014)
○作業療法臨床セミナーⅠ(2014)
○作業療法評価学(2014)
○身体障害作業療法学実習Ⅰ(2014)
○身体障害作業療法学実習Ⅱ(2014)
○作業療法評価学実習(2014)
○運動学実習(2014)
○基礎作業学(2014)
○基礎作業学実習(2014)
○基礎作業学演習(2014)
○人体構造学実習(2014)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○高次脳機能,神経機能ネットワーク,覚醒下手術

その他公的社会活動

このページの先頭へ