本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

田邊 浩 (たなべ ひろし) 教授 TANABE Hiroshi

メール 研究室ウェブサイト
研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

人間社会研究域 人間科学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 地域創造学類 福祉マネジメントコース
人間社会学域 人文学類 人間科学コース
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 経済学専攻
【大学院後期課程】
人間社会環境研究科 人間社会環境学専攻

所属研究室等

福祉マネジメントコース TEL:076-264-6002 FAX:076-264-6002

学歴

【出身大学院】
中央大学 博士課程 文学研究科 社会学専攻 1995/03 単位取得満期退学
【出身大学】
中央大学 文学部 哲学科社会学専攻 1987/03 卒業
【取得学位】
文学修士

職歴

生年月

1964年02月

所属学会

日本社会学会
関東社会学会
関西社会学会
地域社会学会
日本社会学史学会

学内委員会委員等

○教務・学生生活委員会 委員(2014-2014)
○教務・学生生活委員会 委員長(2013-2013)
○財務委員会 委員(2012-2013)
○学生生活部会 委員(2013-2013)
○人間社会環境研究科代議員会 その他(2012-2013)
○広報・学生募集委員会 委員長(2011-2011)
○広報・学生募集委員会 委員(2010-2010)
○広報・学生募集委員会 委員(2007-2008)
○教務・学生生活委員会 委員(2012-2012)

受賞学術賞

専門分野

社会学

専門分野キーワード

社会学理論、社会変動論、現代社会論,社会計画論,福祉国家論

研究課題

構造化理論に関する研究

発達障害の社会的排除と社会的包摂に関する社会学的研究

「第三の道」の可能性に関する社会学的研究

社会計画の理論的・実証的研究

著書

  • 公正な社会とは 人文書院 2012/03 原著書 共著 宮島喬・杉原名穂子・本田量久編
  • 社会学ベーシックス別巻 社会学的思考 世界思想社 2011/05 原著書 共著 井上俊・伊藤公雄編
  • 数学嫌いのための社会統計学 法律文化社 2010/07 原著書 編著 津島昌寛・山口洋・田邊浩編
  • 文化社会学入門 ミネルヴァ書房 2010/10 原著書 分担執筆 井上俊・長谷正人編
  • 精神保健福祉士・社会福祉士養成基礎セミナー3 社会学 社会理論と社会システム へるす出版 2009/02 原著書 分担執筆 石原邦雄, 南山浩二

全て表示

  • 社会学ベーシックス2 社会の構造と変動 世界思想社 2008/07 原著書 分担執筆 井上俊・伊藤公雄編
  • テキスト社会学 学文社 2007/03 原著書 分担執筆 星野潔・杉浦郁子編
  • 現代社会学のアジェンダ 学文社 2006/03 原著書 分担執筆 吉岡雅光編
  • 高齢化社会と生活選択-金沢市・岡崎市調査 多賀出版 2002/02 原著書 分担執筆 橋本和幸・碓井崧・三上勝也・交野正芳編
  • 現代社会学のパースペクティブ 学文社 2000/04 原著書 分担執筆 田野崎昭夫編
  • 地域社会計画の研究 学文社 1996/02 原著書 分担執筆 田野崎昭夫編
  • 文化の社会学 1995/05 原著書 分担執筆 宮島喬編

論文

  • スウェーデンにおける発達障害の人びとのための社会的支援:マルモ調査報告 竹内慶至, 田邊浩, 松田洋介 子どものこころと脳の発達 7巻 1号 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 個人情報保護に対応する社会調査の技法-全国自治体調査から 俵希實,田邊浩,轟亮 社会と調査 1巻 84-88頁 2008/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 学説研究の可能性-Jeffery C. AlexanderとCharles Camicの論争から 田邊浩 金沢大学文学部論集行動科学・哲学篇 28号 2008/04 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 公的年金制度の社会学的研究-人々の意識の分析から 金沢大学文学部論集行動科学・哲学篇 26頁 2006/03 査読無 原著論文
  • 「第三の道」の可能性-市場・国家・市民社会の新たな関係 田邊 浩 金沢大学文学部論集行動科学・哲学篇 23号 2003/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

全て表示

  • 社会統合とシステム統合・再考-構造化理論 VS. 社会的実在論を中心として 田邊浩 金沢大学文学部論集行動科学・哲学篇 19号 35-60頁 1999/03 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 構造化論における行為と構造 田邊浩 年報社会学論集 1995/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 社会の再生産と変形-ロイ・バスカーの社会活動の変形モデルについて 田邊浩 論究文学研究科篇 27号 65-79頁 1995/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 社会の構成における時間-A・ギデンズの所論をめぐって 田邊浩 中央大学大学院研究年報文学研究科篇 23号 109-122頁 1994/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Time and Social Reproduction-Some remarks on Anthony Giddens' approach to time 田邊浩 中大学大学院 研究年報文学研究科篇 21号 195-202頁 1992/03 査読無 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • A・ギデンズの構造化理論における構造概念 田邊浩 中央大学大学院研究年報文学研究科篇 20号 175-186頁 1991/03 査読無 原著論文 研究論文(大学・研究所等紀要)

講演・口頭発表等

  • 地方都市における市民の発達障害認識−金沢市,白山市調査のデータ分析から(会議名:第85回日本社会学会大会)(2012/11/03)
  • 大学生の自閉症認識と社会観−『大学生の障害と病に関する意識調査』より(1)(会議名:第62回関西社会学会大会)(2011/05/28)
  • 地域社会調査の可能性と課題-災害時要援護者リスト作成と抽出台帳の閲覧(会議名:第81回日本社会学会大会)(2008/11/24)
  • 大規模災害と避難支援-災害時要援護者リストの現状と課題(会議名:第59回関西社会学会大会)(2008/05/24)
  • 計画行政の現状とその課題-全国自治体調査から(会議名:第33回地域社会学会大会)(2008/05/10)

全て表示

  • 地方自治体による住民意識調査の諸問題-全国自治体調査の分析(会議名:第80回日本社会学会大会)(2007/11/17)
  • 社会学理論の二つの読み方-J. C. AlexanderとC. Camicの論争について(会議名:第57回関西社会学会大会)(2006/05/27)
  • 構造化理論と調査研究(会議名:第76回日本社会学会大会)(2003/10/12)
  • 公的年金の負担感(会議名:第73回日本社会学会大会)(2000/11/12)
  • 超越論的実在論と社会学(会議名:第72回日本社会学会大会)(1993/10/10)
  • 地域計画と住民参加(会議名:第66回日本社会学会大会)(1992/10/11)
  • Justice in Income Differentials in Japan(会議名:The International Workshop on Market Economy and Social Justice)(1993/07/01)
  • 所得格差に関する公正観(会議名:第65回日本社会学会大会)(1992/10/31)
  • Considerations on Giddens' Approach to Time and Space(会議名:30th International Congress of The International Institute of Sociology)(1991/08/07)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的萌芽研究「労働組合組合員調査にみる再帰的近代における労働者意識の変容」(2016-) 代表者
○基盤研究(B)(一般)「発達障害者の社会的排除に関するシステム論的解明と社会的包摂に向けた国際比較研究」(2014-2016)
○基盤研究(C)「現代社会における自閉症スペクトラム障害に関する社会認識と医療化に関する総合的研究」(2011-2013) 代表者
○奨励研究(A)(1968-2001)「近代社会における「監視」についての社会学的研究」(2000-2001) 代表者

学域・学類担当授業科目

○社会学(2017)
○社会学(2017)
○地域創造学Ⅰ(2017)
○公共社会学Ⅱ(2017)
○卒業研究(2017)
○地域創造学(2017)
○公共社会学(2017)
○公共社会学Ⅰ(2017)
○社会計画論(2017)
○公共社会学(2017)
○福祉国家論(2017)
○地域福祉論Ⅰ(2017)
○地域創造学Ⅱ(2017)
○公共社会学演習(2017)
○公共社会学Ⅰ(2017)
○卒業演習(2017)
○公共社会学Ⅱ(2017)
○情報処理基礎(2017)
○卒業論文演習A(社会学)(2017)
○公共社会学Ⅱ(2017)
○公共社会学Ⅰ(2017)
○社会学(2017)
○公共社会学(2017)
○社会学(2017)
○学域GS言語科目Ⅱ(2017)
○教育実習事後指導Ⅲ(2017)
○学域GS言語科目I(2017)
○教育実習事後指導Ⅲ(2016)
○公共社会学(2016)
○卒業演習(2016)
○地域創造学Ⅰ(2016)
○社会学(2016)
○グローバル時代の社会学(2016)
○社会学(2016)
○卒業論文演習B(社会学)(2016)
○卒業論文演習A(社会学)(2016)
○福祉国家論(2016)
○公共社会学(2016)
○社会学(2016)
○福祉国家論(2016)
○高齢者福祉論(2016)
○社会計画論(2016)
○地域創造学(2016)
○卒業研究(2016)
○公共社会学(2016)
○公共社会学演習(2016)
○社会学(2016)
○地域福祉論Ⅰ(2016)
○地域創造学Ⅱ(2016)
○心理学概論(2016)
○卒業研究(2015)
○社会学(2015)
○心理学概論(2015)
○高齢者福祉論(2015)
○社会学(2015)
○社会学(2015)
○社会学(2015)
○地域創造学(2015)
○公共社会学演習(2015)
○公共社会学(2015)
○福祉国家論(2015)
○卒業演習(2015)
○社会計画論(2015)
○公共社会学(2015)
○社会学(2014)
○福祉国家論(2014)
○社会学(2014)
○教職実践演習B(中・高)(2014)
○社会計画論(2014)
○公共社会学(2014)
○卒業論文演習B(社会学)(2014)
○卒業論文演習A(社会学)(2014)
○卒業演習(2014)
○卒業研究(2014)
○社会学(2014)
○地域福祉論Ⅱ(2014)
○高齢者福祉論(2014)
○地域福祉論Ⅰ(2014)
○福祉国家論(2014)
○心理学概論(2014)
○地域創造学(2014)
○公共社会学(2014)
○公共社会学演習(2014)
○社会計画論演習(2014)
○社会学(2014)
○公共社会学(2014)
○社会計画論(2014)
○社会学(2014)

大学院担当授業科目

○社会システム論演習(2017)
○福祉国家論研究Ⅰ(2017)
○社会福祉調査研究(2017)
○現代社会学理論(2017)
○公共社会学特論Ⅰ(2017)
○公共社会学特論Ⅱ(2017)
○現代社会特論(2017)
○課題型インターンシップ(短期)(2017)
○社会福祉調査研究Ⅱ(2017)
○現代社会学理論演習(2017)
○社会福祉調査研究Ⅰ(2017)
○課題型インターンシップ(長期)(2017)
○先端地域創造講義(2017)
○福祉国家論研究(2017)
○福祉国家論研究Ⅱ(2017)
○社会システム論Ⅱ(2017)
○現代社会特論Ⅱ(2017)
○社会システム論演習Ⅰ(2017)
○社会システム論演習Ⅱ(2017)
○社会システム論Ⅰ(2017)
○社会システム論(2017)
○公共社会学特論(2017)
○現代社会特論Ⅰ(2017)
○社会システム論Ⅰ(2016)
○先端地域創造講義(2016)
○福祉国家論研究(2016)
○現代社会特論Ⅱ(2016)
○福祉国家論研究Ⅰ(2016)
○社会福祉調査研究(2016)
○公共社会学特論Ⅱ(2016)
○社会システム論演習(2016)
○社会福祉調査研究Ⅰ(2016)
○公共社会学特論Ⅰ(2016)
○現代社会特論Ⅰ(2016)
○現代社会特論(2016)
○社会システム論演習Ⅱ(2016)
○社会福祉調査研究Ⅱ(2016)
○公共社会学特論(2016)
○社会システム論演習Ⅰ(2016)
○課題型インターンシップ(短期)(2016)
○社会システム論Ⅱ(2016)
○福祉国家論研究Ⅱ(2016)
○課題型インターンシップ(長期)(2016)
○地域フィールドワーク(2015)
○論文指導Ⅱ(2015)
○福祉国家論研究(2015)
○論文指導Ⅳ(2015)
○論文指導Ⅲ(2015)
○公共社会学特論(2015)
○現代社会特論(2015)
○論文指導Ⅰ(2015)
○課題型インターンシップ(長期)(2015)
○課題型インターンシップ(短期)(2015)
○社会福祉調査研究(2015)
○先端地域創造講義(2015)
○現代社会学理論演習(2014)
○現代社会学理論(2014)
○社会システム論演習(2014)
○現代社会学理論演習(2014)
○社会システム論(2014)
○福祉国家論特論(2014)
○社会計画論特論(2014)
○社会計画論演習(2014)
○先端地域創造講義(2014)
○課題型インターンシップ(長期)(2014)
○課題型インターンシップ(短期)(2014)
○社会福祉調査研究(2014)
○福祉国家論研究(2014)
○地域フィールドワーク(2014)
○論文指導Ⅱ(2014)
○現代社会特論(2014)
○公共社会学特論(2014)
○論文指導Ⅲ(2014)
○論文指導Ⅳ(2014)
○論文指導Ⅰ(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○社会福祉法人石川県社会福祉協議会福祉教育・ボランティア学習実態調査アドバ(2013/07/01-2014/03/31)
○金沢市障害者施策推進協議会専門委員(2013/07/01-2014/03/31)

講演可能なテーマ

○現代日本社会の構造改革:イギリスを参考にして(キーワード:構造改革,第三の道,日本再生)
○年金問題を考える:公平な負担をめざして(キーワード:公的年金,福祉改革,少子・高齢社会)
○最近の若者事情:なぜ大人になれないのか(キーワード:若者,パラサイト・シングル,フリーター)

その他公的社会活動

このページの先頭へ