本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

平尾 敦 (ひらお あつし) 教授 HIRAO Atsushi

メール

所属組織・役職等

がん進展制御研究所
がん進展制御研究所副所長

教育分野

【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 がん医科学専攻

所属研究室等

遺伝子・染色体構築 TEL:076-264-6755 FAX:076-234-4508

学歴

【出身大学】
自治医科大学 医学部 医学科 1988/03 卒業
【取得学位】
博士(医学)

職歴

熊本大学 発生医学研究センター 助手(2001/08/16-2002/03/31)
慶應義塾大学 医学部 助手(2002/04/01-2004/10/31)
慶應義塾大学 医学部 助教授(2004/11/01-2005/03/31)
トロント大学 オンタリオがん研究所 博士研究員(1997/06/03-2001/08/15)
徳島大学 小児科 医師、研究専攻生(1988/06/01-)
日本学術振興会(熊本大学) 特別研究員(1995/04/01-1998/03/31)

生年月

1963年10月

所属学会

日本癌学会 評議員
日本血液学会 代議員
日本分子生物学会

学内委員会委員等

○共同研究運営協議会(2011-2014)
○財務企画委員会 委員(2011-2014)
○共同研究専門委員会(2013-2014)

受賞学術賞

○平成23年度文部科学大臣表彰(2011/04/01)
○第4回 日本学術振興会賞(2008/03/03)
○第41回(2004年度)エルウィン・フォン・ベルツ賞(2004/11/20)

専門分野

幹細胞 自己複製、造血幹細胞、血液内科学、実験病理学

専門分野キーワード

幹細胞、発がん

研究課題

幹細胞の自己複製制御機構の解明

ゲノム安定性の維持機構の解明

著書

  • Foxo3a is essential for maintenance of the hematopoietic stem cell pool. 2007/06 原著書 共著 1巻 1号 101-112頁
  • Regulation of reactive oxygen species by atm is essential for proper response to DNA double-strand breaks in lymphocytes. 2007/01 原著書 共著 178巻 1号 103-10頁
  • Visualizing the dynamics of p21Waf1/Cip1 cyclin-dependent kinase inhibitor expression in living animals 2007/08 原著書 共著 104巻 38号 15034-9頁
  • Neural-specific ablation of the scaffold protein JSAP1 in mice causes neonatal death. 2007/11 原著書 429巻 1号 43-8頁
  • Reactive oxygen species act through p38 MAPK to limit the lifespan of hematopoietic stem cells 2006/04 原著書 共著 12巻 4号 446-51頁

全て表示

  • Premeiotic germ cell defect in seminiferous tubules of Atm-null testis 2006/12 原著書 共著 351巻 4号 993-8頁
  • A quantitative matrigel assay for assessing repopulating capacity of prostate stem cells. 2005/12 原著書 共著 338巻 2号 1164-70頁
  • Collaboration of Brca1 and Chk2 in tumorigenesis 2004/05 原著書 共著 18巻 10号 1144-53頁
  • Identification of stem cells during prepubertal spermatogenesis via monitoring of nucleostemin promoter activity. 2008 原著書 共著 12頁
  • Identification of tumor-initiating cells in a highly 2009/09 原著書 共著 in press頁
  • Stem cell defects in ATM-deficient undifferentiated spermatogonia through DNA damage-induced cell cycle arrest. 2008 原著書 共著 2巻 170-182頁
  • Activated macrophages promote Wnt signalling through tumour necrosis factor-alpha in gastric tumour cells. 2008 原著書 共著 27巻 1671-81頁
  • Real-time in vivo imaging of p16Ink4a reveals cross talk with p53. 2009 原著書 共著 186(3)巻 393-407頁

論文

  • mTORC1 is essential for leukemia propagation but not stem cell self-renewal.  星居孝之ほか9名  J Clin Invest. 122巻 2114-29頁 2012/06 査読有
  • NKX2.2 suppresses self-renewal of glioma-initiating cells. Muraguchi T, Tanaka S, Yamada D, Tamase A, Nakada M, Nakamura H, Hoshii T, Ooshio T, Tadokoro Y, Naka K, Ino Y, Todo T, Kuratsu J, Saya H, Hamada J, Hirao A Cancer Res 2011/01 査読有 原著論文
  • TGF-FOXO signalling maintains leukaemia-initiating cells in chronic myeoid leukaemia.  Naka K, Hoshii T, Muraguchi T, Tadokoro Y, Ooshio T, Kondo Y, Nakao S, Motoyama N, Hirao A NATURE 2010/02 査読有 原著論文
  • Identification of tumor-initiating cells in a highly aggressive brain tumor using promoter activity of nucleostemin. Tamase A, Muraguchi T, Naka K, Tanaka S, Kinoshita M, Hoshii T, Ohmura M, Shugo H, Ooshio T, Nakada M, Sawamoto K, Onodera M, Matsumoto K, Oshima M, Asano M, Saya H, Okano H, Suda T, Hamada JI, Hirao A.  PNAS 査読有 原著論文
  • Identification of Stem Cells During Prepubertal Spermatogenesis Via Monitoring of Nucleostemin Promoter Activity Ohmura M, Naka K, Hoshii T, Muraguchi T, Shugo H, Tamase A, Uema N, Ooshio T, Arai F, Takubo K, Nagamatsu G, Hamaguchi I, Takagi M, Ishihara M, Sakurada K, Miyaji H, Suda T, Hirao A. STEM CELLS 査読有 原著論文

全て表示

  • Foxo3a is essential for maintenance of the hematopoietic stem cell pool. Cell Stem Cell.  Miyamoto K, Araki YK, Naka K, Arai F, Takubo K, Yamazaki S, Matsuoka S, Miyamoto T, Ito K, Ohmura M, Chen C, Hosokawa K, Nakauchi H, Nakayama K, Nakayama KI, Harada M, Motoyama N, Suda T, and Hirao A. CELL STEM CELL 査読有 原著論文
  • Regulation of oxidative stress by ATM is required for the self-renewal of haematopoietic stem cells. Ito K, Hirao A 他11名 NATURE 431巻 997-1002頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tie2/Angiopoietin-1 Signaling Regulates Hematopoietic Stem Cell Quiescence in the Bone Marrow Niche. Arai F, Hirao A 他7名 CELL 118巻 149-61頁 2004/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • DNA damage-induced activation of p53 by the checkpoint kinase Chk2. Hirao A, 他8名 SCIENCE 287巻 1824-7頁 2000/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

○脳腫瘍治療組成物 (公開年月:2016/12/15)
○骨髄性白血病の治療剤 (公開年月:2016/04/28)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)「核小体分子の発現・機能解析による正常および白血病幹細胞の未分化性維持機構の解明」(2006-) 代表者
○「がん病理・病態学的特性の分子基盤の解析とそれに基づく診断・治療法の開発に関する研究」(2007-) 分担者
○基盤研究(B)「細胞老化・寿命制御シグナルによる白血病幹細胞の発生・維持・分化」(2009-) 代表者
○特定領域研究「普遍的幹細胞制御機構と腫瘍細胞分化」(2008-) 代表者
○基盤研究(A)「がんの幹細胞特性を支える栄養シグナル制御機構の解明」(2012-2014) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「がん幹細胞性獲得・維持機構とニッチシグナルのクロストーク」(2011-2012) 代表者
○挑戦的萌芽研究「マルチオミクス解析システムによる白血病幹細胞分化制御機構の解明」(2011-2011) 代表者
○挑戦的萌芽研究「腫瘍悪性度進展における未分化性獲得メカニズムの解明」(2010-2010) 代表者
○基盤研究(B)「細胞老化・寿命制御シグナルによる白血病幹細胞の発生・維持・分化」(2009-2011) 代表者

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

○幹細胞生物学特論(2017)
○先端医科学・薬学セミナー(2017)
○幹細胞生物学特論(2017)
○先端医科学・薬学セミナー(2017)
○がん進展制御学2B(2017)
○がん分子病理学2(2017)
○がん分子病理学2(2017)
○がん分子病理学2(2017)
○がん分子病理学2(2017)
○幹細胞生物学特論(2017)
○分子腫瘍学(2017)
○がん研セミナー(2017)
○がん研セミナー(2017)
○分子腫瘍医科学(2017)
○がん進展制御学2A(2017)
○メディカルサイエンスセミナー(2016)
○幹細胞生物学特論(2016)
○幹細胞生物学特論(2016)
○がん進展制御学2B(2016)
○幹細胞生物学特論(2016)
○がん分子病理学2(2016)
○分子腫瘍学(2016)
○がん進展制御学2A(2016)
○がん進展制御学2(2015)
○分子腫瘍学(2015)
○幹細胞生物学特論(2015)
○がん分子病理学2(2015)
○がん分子病理学2(2014)
○分子腫瘍学(2014)
○幹細胞生物学特論(2014)
○がん進展制御学2(2014)
○生命高次情報学(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○幹細胞制御
○発がん制御

その他公的社会活動

このページの先頭へ