本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

尾崎 聡 (おざき さとる) 助教 OZAKI Satoru

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系
助教

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 検査技術科学専攻 病態検査学
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 病態検査学

所属研究室等

病態検査学講座 TEL:076-265-2608 FAX:076-234-4369

学歴

【出身大学院】
金沢大学 修士課程 自然科学研究科 生命薬学専攻 2000/03 修了
金沢大学 博士課程 医学研究科 がん医科学専攻 2005/03 修了
【取得学位】
修士(薬学)
博士(医学)

職歴

独立行政法人国立病院機構 金沢医療センター 臨床検査科(1985/04/01-2004/06/30)
金沢大学附属病院 病理部(2004/07/07-2013/05/31)

生年月

1961年09月

所属学会

日本臨床細胞学会 評議員(2015-)
日本病理学会
日本臨床検査医学会
日本臨床衛生検査技師会

学内委員会委員等

○つるま保健学会誌編集委員会 委員(2016-2017)
○保健学広報委員会 委員(2015-2016)
○つるまだより編集委員会 委員(2015-2015)
○保健学学生委員会 委員(2014-2015)
○保健学系長・保健学類長候補者選挙管理委員会 委員(2013-2013)

受賞学術賞

専門分野

病態検査学、人体病理学

専門分野キーワード

細胞診、液状化細胞診、子宮頸部細胞診、CINマーカー、HPV検査、子宮頸癌

研究課題

子宮頸管腺上皮細胞におけるHPV遺伝子状態を指標とした腺前癌病変の同定

著書

  • 液状化検体細胞診断マニュアル 篠原出版新社 2016/04 原著書 分担執筆 畠 榮,則松良明,亀井敏昭,金城 満,佐々木寛,尾崎 聡 他48名 978-4-88412-390-1
  • BD LBC Reference Book 子宮頸部編 日本ベクトン・ディッキンソン 2012/10 原著書 共著 井上正樹,尾崎 聡
  • カラーアトラス 子宮頚部腫瘍 医学書院 2009/04 原著書 共著 井上正樹,尾崎 聡 978-4260006972

論文

  • Activation of ERK/IER3/PP2A-B56γ-positive feedback loop in lung adenocarcinoma by allelic deletion of B56γ gene. Ito T, Ozaki S, Chanasong R, Mizutani Y, Oyama T, Sakurai H, M ONCOLOGY REPORTS 35巻 5号 2635-2642頁 2016/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cytologic features of nipple adenoma: A report of four cases of adenoma of the nipple. Ozaki S, Mizukami Y, Kawahara E. DYAGNOSTIC CYTOPATHOLOGY 43巻 8号 664-668頁 2015/05 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Distinct allelic expression patterns of imprinted IGF2 in adenocarcinoma and squamous cell carcinoma of the lung SATORU OZAKI, EI KAWAHARA, SHIORI MAENAKA, NGUYEN VIET HOANG, TAKERU OYAMA, MIWA IMAI, MAKOTO ODA, SEIJI YANO ONCOLOGY LETTERS 8巻 2561-2564頁 2014/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Analytical Performance of Newly Developed Multiplex Human Papillomavirus Genotyping Assay Using Luminex xMAP™ Technology (Mebgen™ HPV Kit). Ozaki S, Kato K, Abe Y, Hara H, Kubota H, Kubushiro K, Kawahara E, Inoue M. JOURNAL OF VIROLOGICAL METHODS 204C巻 24号 73-80頁 2014/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cytologic features of the endometrial adenocarcinoma: Comparison of ThinPrep and BD surepath preparations Yoshiaki Norimatsu, Shingo Sakamoto, Hiroyuki Ohsaki, Satoru Ozaki, Toshiro Yokoyama, Keiko Shimizu, Kenji Yanoh, Minoru Akiyama, Masamichi Bamba, Tadao K Kobayashi DIAGNOSTIC CYTOPATHOLOGY 41巻 8号 673-681頁 2013/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Massive hemothorax due to diaphragmatic endometriosis after a laparoscopic cystectomy of an ovarian endometrioma in a patient without a history of thoracic endometriosis S Kyo, M Takakura, S Nishida, S Ozaki, M Oda, M Inoue ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS 286巻 2号 411-414頁 2012/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of 5α-reductase in apocrine carcinoma of the breast and its correlation with clinicopathological aggressiveness Kasashima S, Kawashima A, Ozaki S, Nakanuma Y. HISTOPATHOLOGY 60巻 6B号 E51-E57頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biomarker expression in cervical intraepithelial neoplasia: potential progression predictive factors for low-grade lesions Satoru Ozaki, Yoh Zen, Masaki Inoue HUMAN PATHOLOGY 42巻 7号 1007-1012頁 2011/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Androgen receptor and 5α‐reductase immunohistochemical profiles in extramammary Paget disease  Satomi Kasashima, Satoru Ozaki, Atsuhiro Kawashima, Yoh Zen, Takuya Moriya, Masaki Inoue BRITISH JOURNAL OF DERMATOLOGY 162巻 5号 1098-1102頁 2010/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bone marrow–derived cells from male donors can compose endometrial glands in female transplant recipients  Tomomi Ikoma, Satoru Kyo, Yoshiko Maida, Satoru Ozaki, Masahiro Takakura, Shinji Nakao, Masaki Inoue AMERICAN JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNECOLOGY 201巻 69号 608.e1-608.e8頁 2009/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Epithelial–mesenchymal transition induced by biliary innate immunity contributes to the sclerosing cholangiopathy of biliary atresia  Kenichi Harada, Yasunori Sato, Hiroko Ikeda, Kumiko Isse, Satoru Ozaki, Mio Enomae, Kazunori Ohama, Kazuyoshi Katayanagi, Hiroshi Kurumaya, Akira Matsui, Yasuni Nakanuma JOURNAL OF PATHOLOGY 217巻 5号 654-664頁 2009/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Matrix proteins of basement membrane of intrahepatic bile ducts are degraded in congenital hepatic fibrosis and Caroli's disease  Mitsue Yasoshima, Yasunori Sato, Shinichi Furubo, Kazuo Kizawa, Takahiro Sanzen, Satoru Ozaki, Kenichi Harada, Yasuni Nakanuma JOURNAL OF PATHOLOGY 217巻 3号 442-451頁 2009/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cholangiocytes with mesenchymal features contribute to progressive hepatic fibrosis of the polycystic kidney rat  Yasunori Sato, Kenichi Harada, Satoru Ozaki, Shinichi Furubo, Kazuo Kizawa, Takahiro Sanzen, Mitsue Yasoshima, Hiroko Ikeda, Motoko Sasaki, Yasuni Nakanuma AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 171巻 6号 1859-1871頁 2007/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Expression of aberrant mucins in lobular carcinoma with histiocytoid feature of the breast  Satomi Kasashima, Atsuhiro Kawashima, Yoh Zen, Satoru Ozaki, Masako Kobayashi, Akihiko Tsujibata, Hiroshi Minato VIRCHOWS ARCHIV-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF PATHOLOGY 450巻 4号 397-403頁 2007/04 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of Intrahepatic Bile Duct Dilation of the Polycystic Kidney Rat with a Novel Tyrosine Kinase Inhibitor Gefitinib  Yasunori Sato, Kenichi Harada, Shinichi Furubo, Kazuo Kizawa, Takahiro Sanzen, Mitsue Yasoshima, Satoru Ozaki, Kumiko Isse, Motoko Sasaki, Yasuni Nakanuma AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 169巻 4号 1238-1250頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endotoxin tolerance in human intrahepatic biliary epithelial cells is induced by upregulation of IRAK‐M  Kenichi Harada, Kumiko Isse, Yasunori Sato, Satoru Ozaki, Yasuni Nakanuma Liver International 26巻 8号 935-942頁 2006/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Diffuse expression of heparan sulfate proteoglycan and connective tissue growth factor in fibrous septa with many mast cells relate to unresolving hepatic fibrosis of congenital hepatic fibrosis Satoru Ozaki, Yasunori Sato, Mitsue Yasoshima, Kenichi Harada, Yasuni Nakanuma Liver International 25巻 4号 817-828頁 2005/08 査読有 原著論文
  • Activation of the MEK5/ERK5 cascade is responsible for biliary dysgenesis in a rat model of Caroli's disease  Yasunori Sato, Kenichi Harada, Kazuo Kizawa, Takahiro Sanzen, Shinichi Furubo, Mitsue Yasoshima, Satoru Ozaki, Masahiko Ishibashi, Yasuni Nakanuma AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 166巻 1号 49-60頁 2005/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Peptide antibiotic human beta‐defensin‐1 and‐2 contribute to antimicrobial defense of the intrahepatic biliary tree  Kenichi Harada, Kazuo Ohba, Satoru Ozaki, Kumiko Isse, Toshiya Hirayama, Akihiro Wada, Yasuni Nakanuma HEPATOLOGY 40巻 4号 925-932頁 2004/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Lipopolysaccharide activates nuclear factor-kappaB through toll-like receptors and related molecules in cultured biliary epithelial cells  Kenichi Harada, Shusaku Ohira, Kumiko Isse, Satoru Ozaki, Yoh Zen, Yasunori Sato, Yasuni Nakanuma LABORATORY INVESTIGATION 83巻 11号 1657-1667頁 2003/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Osteopontin is involved in the formation of epithelioid granuloma and bile duct injury in primary biliary cirrhosis Kenichi Harada, Satoru Ozaki, Yoshiko Sudo, Koichi Tsuneyama, Hajime Ohta, Yasuni Nakanuma PATHOLOGY INTERNATIONAL 53巻 1号 8-17頁 2003/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Primary hepatic leiomyosarcoma in a woman after renal transplantation: report of a case  Hideto Fujita, Masato Kiriyama, Taiichi Kawamura, Toru Ii, Shigeru Takegawa, Shotaro Dohba, Yasuhiko Kojima, Mitsuhiro Yoshimura, Akihiko Kobayashi, Satoru Ozaki, Kishichiro Watanabe SURGERY TODAY 32巻 5号 446-449頁 2002/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Increased expression of WAF1 in intrahepatic bile ducts in primary biliary cirrhosis relates to apoptosis  Kenichi Harada, Shinichi Furubo, Satoru Ozaki, Katsushi Hiramatsu, Yoshiko Sudo, Yasuni Nakanuma JOURNAL OF HEPATOLOGY 34巻 4号 500-506頁 2001/04 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • PCR and in situ hybridization studies of telomerase subunits in human non‐neoplastic livers  Kenichi Harada, Mitsue Yasoshima, Satoru Ozaki, Takahiro Sanzen, Yasuni Nakanuma JOURNAL OF PATHOLOGY 193巻 2号 210-217頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Frequent molecular identification of Campylobacter but not Helicobacter genus in bile and biliary epithelium in hepatolithiasis  Kenichi Harada, Satoru Ozaki, Naoko Kono, Koichi Tsuneyama, Kazuyoshi Katayanagi, Katsushi Hiramatsu, Yasuni Nakanuma JOURNAL OF PATHOLOGY 193巻 2号 218-223頁 2001/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Absence of Epstein-Barr virus (EBV) in intrahepatic cholangiocarcinoma confirmed by lack of EBV-coded nuclear RNA and latent membrane protein-1  S Ozaki, K Harada, K Watanabe, S Furubo, WM Tsui, Y Nakanuma HISTOPATHOLOGY 36巻 1号 50-53頁 2000/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In situ nucleic acid detection of PDC‐E2, BCOADC‐E2, OGDC‐E2, PDC‐E1α, BCOADC‐E1α, OGDC‐E1, and the E3 binding protein (protein X) in primary biliary cirrhosis  Kenichi Harada, Yoshiko Sudo, Naoko Kono, Satoru Ozaki, Koichi Tsuneyama, M Eric Gershwin, Yasuni Nakanuma HEPATOLOGY 30巻 1号 36-45頁 1999/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • In situ nucleic acid detection of human telomerase in intrahepatic cholangiocarcinoma and its preneoplastic lesion Satoru Ozaki, Kenichi Harada, Takahiro Sanzen, Kishichiro Watanabe, Wilson Tsui, Yasuni Nakanuma HEPATOLOGY 30巻 4号 914-919頁 1999/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced apoptosis relates to bile duct loss in primary biliary cirrhosis  Kenichi Harada, Satoru Ozaki, M Eric Gershwin, Yasuni Nakanuma HEPATOLOGY 26巻 6号 1399-1405頁 1997/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 細胞診の精度向上を目指して ー直接塗抹法・LBC法の基本と要点を整理するー 症例から学ぶ 細胞診のポイント 婦人科(子宮頸部) 尾崎 聡 Medical Technology 42巻 7号 674-679頁 2014/07 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 子宮体癌での液状化検体細胞診3方法における細胞像の比較 則松良明,坂本真吾,大崎博之,尾崎 聡,横山俊朗,清水恵子,小林忠男 医学検査 62巻 4号 383-390頁 2013/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 液状化検体細胞診標本作製法 則松良明,大﨑博之,尾崎 聡,平紀代美,河原明彦,畠 榮 病理と臨床【臨時増刊号】細胞診の基本から実践へ 31巻 16-22頁 2013/05 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Luminex xMAP technologyを用いた新規HPV genotyping試薬の臨床的検討 日本臨床検査医学会誌 60巻 7号 621-626頁 2012/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 腹水中に腫瘍細胞が出現した胎児型横紋筋肉腫の1例 尾崎 聡,北村星子,池田博子,梶井美里,河原 栄 金沢大学つるま保健学会誌 36巻 2号 73-77頁 2012/07 査読有 解説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 頸部腫瘤穿刺細胞診において扁平上癌との鑑別が問題となったワルチン腫瘍の1例 尾崎 聡,北村星子,池田博子,河原 栄 金沢大学つるま保健学会誌 36巻 1号 33-36頁 2012/01 査読有 解説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 小児に発生した肺硬化性血管腫の1例 尾崎 聡,北村星子,池田博子,中沼安二,河原 栄 金沢大学つるま保健学会誌 35巻 2号 79-82頁 2011/07 査読有 解説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • 女性診療科外来プラクティス 感染症外来 膣・外陰炎 京 哲,尾崎 聡 臨床婦人科産科 60巻 4号 631-633頁 2006/04 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)
  • Epstein-Barr Virus (EBV) 関連肝内胆管癌 肝胆膵 50巻 6号 887-893頁 2005/06 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 胃転移をきたした乳癌の1例 原発性及び転移性Borrmann 4型胃癌の免疫染色による鑑別について 川畑圭子, 渡辺騏七郎, 尾崎 聡, 安藤さおり, 竹川茂, 小島靖彦, 川村泰一, 佐藤保則, 中沼安二 乳癌の臨床 19巻 2号 162-167頁 2004/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glassy cell carcinoma を考えた子宮頚癌の1例 佐藤保則,中沼安二,丹後正紘,尾崎 聡,渡辺騏七郎 診断病理 20巻 2号 175-178頁 2003/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • 転移性腺癌と鑑別が困難であった左鼠径部子宮内膜症の1例 川畑圭子, 渡辺騏七郎, 尾崎 聡, 石山進, 安藤さおり, 丹後正紘 日本臨床細胞学会雑誌 39巻 6号 536-540頁 2000/12 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 乳癌の診断と治療-最新の研究動向-:Bcl-2 渡辺騏七郎,川畑圭子,尾崎 聡,藤田秀人,小島靖彦,津田宏信 日本臨床 58巻 423-428頁 2000/09 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • パラフィン切片法での乳癌組織からのEstrogen Receptor検出の有用性 -パラフィン切片法(6F11,1D5)と凍結切片(H222)およびDCC法との比較- Kawabata K, Watanabe K, Ozaki S, Ishiyama S 日本臨床検査医学会誌 47巻 8号 767-773頁 1999/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 術後19年目に肺転移巣が切除された乳癌の1例 -乳癌術後に切除された単発性肺癌巣の鑑別について- 渡辺騏七郎,川畑圭子,尾崎 聡,石山 進,安藤さおり,道場昭太郎,小島靖彦,津田宏信 医療 52巻 10号 609-613頁 1998/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 乳癌におけるpS2蛋白の発現について 川畑圭子,渡辺騏七郎,尾崎 聡 日本臨床検査医学会誌 44巻 7号 647-652頁 1996/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 甲状腺硝子化索状腺腫の1例 尾崎 聡,川畑圭子,渡辺騏七郎 日本臨床細胞学会雑誌 34巻 1号 54-57頁 1995/01 査読有 解説 研究論文(学術雑誌)
  • 乳癌組織からの免疫組織化学的Estrogen Receptor検出の検討 -パラフィン切片と凍結切片との比較- 川畑圭子,渡辺騏七郎,尾崎 聡 日本臨床検査医学会誌 43巻 9号 960-964頁 1995/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 乳癌の臨床病理と治療に関する最近の進歩:乳腺外科病理の実際 当院における実践 4. 渡辺騏七郎, 川畑圭子, 尾崎 聡, 石山進, 安藤さおり, 道場昭太郎, 小島靖彦, 津田宏信 日本臨床病理学会誌 41巻 10号 1081-1090頁 1993/10 査読無 解説 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「卵管上皮に対する月経と排卵に伴う液性因子の発がん誘導作用の解析」(2016-2018) 分担者
○基盤研究 (C)「末梢血中における子宮内膜癌幹細胞の検出とその臨床的意義の検討」(2015-2017) 分担者
○基盤研究(C)「婦人科癌におけるテロメラーゼ活性化機転に基づく末梢血腫瘍細胞の検出・解析法の確立」(2014-2017) 分担者
○基盤研究(C)「サイトカインバランスからみたIgG4関連血管病変の病態解析」(2014-2016) 分担者

学域・学類担当授業科目

○臨床細胞学実習(2017)
○検体検査概論(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○卒業研究(2016)
○臨床細胞学実習(2016)
○検体検査学実習(2016)
○検体検査概論(2016)
○病理検査学臨地実習(2016)
○病理検査学(2016)
○病理検査学実習(2016)
○病理学(2016)
○卒業研究(2015)
○検体検査概論(2015)
○検体検査学実習(2015)
○遺伝子診断学(2015)
○病理検査学(2015)
○病理検査学実習(2015)
○臨床細胞学実習(2015)
○病理検査学臨地実習(2015)
○情報処理基礎(2015)
○情報処理基礎(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○病理検査学臨地実習(2014)
○遺伝子診断学(2014)
○検体検査学実習(2014)
○臨床細胞学実習(2014)
○病理検査学実習(2014)
○病理検査学(2014)
○病理検査学(2014)
○病理検査学実習(2014)
○検体検査学実習(2014)
○初学者ゼミ(2014)
○情報処理基礎(2014)
○遺伝子診断学(2014)

大学院担当授業科目

○臨地マネージメント病理演習(2017)
○腫瘍分子生物学演習(2017)
○腫瘍分子生物学特論(2017)
○細胞診断学演習(2017)
○腫瘍分子生物学特論(2016)
○腫瘍分子生物学演習(2016)
○臨地マネージメント病理演習(2016)
○細胞診断学演習(2016)
○臨地マネージメント病理演習(2016)
○細胞診断学演習(2016)
○腫瘍分子生物学演習(2016)
○腫瘍分子生物学特論(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○日本臨床細胞学会(2015-2017) 倫理委員会幹事
○日本臨床細胞学会(2015-2016) 評議員
○日本臨床細胞学会(2013-) 細胞検査士資格認定試験出題委員
○日本臨床細胞学会(2015-) 細胞検査士会 総務委員
○日本臨床細胞学会(2013-2014) 細胞検査士会 精度保証委員
○日本臨床細胞学会北陸支部連合会(2013-) 役員
○日本臨床細胞学会石川県支部(2013-) 役員
○日本臨床細胞学会細胞検査士会(2013-) 精度保証委員
○日本細胞診断学推進協会細胞検査士会石川県支部(2003-2009) 役員
○日本細胞診断学推進協会細胞検査士会石川県支部(2010-2012) 会長
○石川県臨床衛生検査技師会(2000-2010) 病理・細胞研究班班長

このページの先頭へ