本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年07月11日

瀧 健太郎 (たき けんたろう) 准教授 TAKI, Kentaro

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 自然システム学系
准教授

教育分野

【学士課程】
理工学域 自然システム学類 物質循環工学コース 環境安全工学
理工学域 自然システム学類 物質循環工学コース 移動現象基礎
【大学院前期課程】
自然科学研究科 自然システム学専攻
【大学院後期課程】
自然科学研究科

所属研究室等

高分子反応システム工学 TEL:076-264-6257 FAX:076-264-6257

学歴

【出身大学院】
京都大学 修士課程 化学工学専攻 2005/03 修了
京都大学 博士課程 化学工学専攻 2005/03 修了
【出身大学】
国立沼津工業高等専門学校  物質工学科 1998/03 卒業
京都大学 工学部 工業化学科 2000/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

京都大学 工学研究科化学工学専攻 助手(2005/04/01-2007/03/31)
京都大学 工学研究科化学工学専攻 助教(2007/04/01-2013/03/31)
山形大学 理工学研究科機械システム工学専攻 准教授(2013/04/01-2014/10/31)
金沢大学 理工研究域自然システム学系 准教授(2014/11/01-)

生年月

所属学会

公益社団法人化学工学会 材料界面部会幹事(2015-)
一般社団法人プラスチック成形加工学会 編集副委員長(2016-)
公益社団法人高分子学会
一般社団法人ラドテック研究会 幹事
一般社団法人日本鉄鋼協会

学内委員会委員等

○学生生活委員会 ④委員(2016-2016)

受賞学術賞

専門分野

高分子化学工学

専門分野キーワード

紫外線重合、UV硬化、反応成形、リアクティブプロセッシング、コークス、多孔フィルム、光学フィルム、二軸押出機、リアルタイムFT-IR、コーティング、塗布、3Dプリンター、高分子成形加工

研究課題

多孔ポリイミドの新規製造プロセスの開発

紫外線硬化樹脂の硬化過程の解析

著書

  • 多孔質フィルム/膜の製造技術 S&T出版 2016/06/23 ②共著 瀧健太郎他 978-4-907002-56-5

論文

  • Oxygen concentration and conversion distributions in a layer-by-layer UV-cured film used as a simplified model of a 3D UV inkjet printing system Kentaro Taki, Yoshihito Watanabe, Tadao Tanabe, Hiroshi Ito, Masahiro Ohshima Chemical Engineering Science 158巻 569-579頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of UV Intensity, Line-speed, and Light distribution on Conversion and Surface Elastic Modulus of Roll-to-roll UV-cured Film Kentaro Taki, Shunsuke Kondo, Hiroshi Ito Journal of Photopolymer Science and Technology 2017 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Photopolymerization kinetics of different chain sizes of bi-functional acrylic monomers using real time FT-IR Kentaro Taki, Takehiro Taguchi, Ryota Hayashi, Hiroshi Ito Journal of Photopolymer Science and Technology 29巻 1号 133-137頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • ポリプロピレン/モンモリロナイト複合材料の力学特性に及ぼす炭酸カルシウム微粒子分散の影響 志賀野明, 高山哲生, 瀧健太郎, 伊藤浩志 日本機械学会論文集 80巻 819号 14-00274頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Oxygen Inhibition on the Kinetic Constants of the UV-Radical Photopolymerization of Diurethane Dimethacrylate/Photoinitiator Systems Kentaro Taki, Yoshihito Watanabe, Hiroshi Ito, Masahiro Ohshima Macromolecules 47巻 6号 1906-1913頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • A Simplified Bubble Nucleation, Growth and Coalescence Model for Coke Production Process Kentaro Taki, Hideyuki Hayashizaki, Kiyoshi Fukada ISIJ International 54巻 11号 2493-2502頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of the molecular weight between crosslinks of thermally cured epoxy resins on the CO2-bubble nucleation in a batch physical foaming process Akihiro Ito, Takeshi Semba, Kentaro Taki, Masahiro Ohshima Journal of Applied Polymer Science 131巻 12号 40407頁 2014 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • A kinetic model of viscosity development for in situ ring-opening anionic polymerization of ϵ-caprolactam Kentaro Taki, Naoko Shoji, Masatoshi Kobayashi, Hiroshi Ito Microsystem Technologies 1-9頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Cover-layering a Porous Polyimide Flexible Print Circuit with a Porous Polyimide Layer Kentaro Taki, Akira Mizoguchi, Hiroshi Ito Journal of Photopolymer Science and Technology 29巻 3号 459-464頁 2016 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Direct joining of a laser-ablated metal surface and polymers by precise injection molding Kentaro Taki, Shuhei Nakamura, Tetsuo Takayama, Akihiko Nemoto, Hiroshi Ito Microsystem Technologies 22巻 1号 31-38頁 2015 査読有 ①原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • ラジカル系紫外線硬化樹脂の暗反応解析と硬化過程の反応工学的モデル(会議名:ポリマー材料フォーラム)(2016/11/11)
  • Photopolymerization kinetics of different chain sizes of bi-functional acrylic monomers using real time FT-IR(会議名:RadTech Asia 2016)(2016/10/26)
  • Kinetic Analysis of UV Curing System and Its Application(会議名:International Commemorative Symposium of GMAP Center (Completion for Research Center) – Joint Symposium of Research Center of NGAP(YUCOE(E)))(2015/01/24)
  • UV curing technology: fundamentals and applications for numerical simulation of 3D UV printer(会議名:The 7th China-Japan Symposium on Chemical Engineering)(2015/10/18)
  • ラジカル系紫外線硬化樹脂の暗反応解析と硬化過程の反応工学的モデル化(会議名:第63回高分子学会年次大会)(2014/05/29)

芸術・フィールドワーク

特許

○低反射材の製造方法
○多孔質ポリイミド膜の製造方法、多孔質ポリスチレン膜の製造方法、多孔質電極の製造方法及び多孔質電極(特許番号:5867798)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「光誘起リアクティブプロセッシングによるCO2分離膜の開発」 ①代表者

学域・学類担当授業科目

○物質循環プロセス創成(2017)
○移動現象論基礎1(2017)
○環境安全工学(2017)
○インターンシップ実習(2017)
○移動現象論基礎2(2017)
○インターンシップ実習(2016)
○物質循環プロセス創成(2016)
○専門英語B(2016)
○環境安全工学(2016)
○移動現象論基礎(2016)
○環境安全工学(2015)
○移動現象論基礎(2015)
○物質循環プロセス創成(2015)

大学院担当授業科目

○反応工学特論B(2017)
○化学工学基礎A(2017)
○応用熱力学特論A(2017)
○化学工学基礎B(2017)
○応用熱力学特論B(2017)
○光誘起高分子反応工学特論(2017)
○光誘起高分子反応工学特論(2017)
○光誘起高分子反応工学特論(2017)
○光誘起高分子反応工学特論(2017)
○応用熱力学特論B(2016)
○化学工学基礎B(2016)
○応用熱力学特論A(2016)
○光誘起高分子反応工学特論(2016)
○化学工学基礎A(2016)
○化学工学基礎(2015)
○応用熱力学特論(2015)
○応用熱力学特論(2014)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ