本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

宇根 義己 (うね よしみ) 講師 UNE, Yoshimi

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 人間科学系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 人文学類 人間科学コース 地理学
【大学院前期課程】
人間社会環境研究科 人文学専攻

所属研究室等

地理学教室 TEL:076-264-5332

学歴

【出身大学院】
広島大学 博士課程 修了
広島大学 修士課程 修了
【取得学位】
博士(文学)
修士(文学)

職歴

広島大学現代インド研究センター(2010/04/01-2014/11/30)

生年月

1980年02月

所属学会

日本地理学会
経済地理学会
人文地理学会 2014年大会実行委員(2014-2014)
地理科学学会 評議員(2016-2017)
地理科学学会 会計専門委員長(2010-2014)
地理科学学会 会計委員(2015-)
日本南アジア学会 理事(2016-)
地理情報システム学会
日本都市地理学会
地域地理科学会
愛媛地理学会
石川地理学会

学内委員会委員等

○学生生活委員会 委員(2016-)
○人文学類国際交流委員会 委員(2015-2015)
○人文学類広報委員会 委員(2015-)

受賞学術賞

専門分野

人文地理学

専門分野キーワード

経済地理学、工業地理学、産業集積論、アジア経済論、自動車産業、繊維・アパレル産業

研究課題

現代インドにおける繊維縫製産業の空間構造

東南アジアの自動車産業集積

北陸地方における繊維産業および繊維関連産業の地域的動態

著書

  • インドの産業発展と日系企業(研究叢書vol.77) 神戸大学経済経営研究所 2017/03 原著書 分担執筆 佐藤隆広
  • 現代インド4 台頭する新経済空間  東京大学出版会 2015/03 原著書 分担執筆 日野正輝, 宇根義己 978-4-13-034304-6
  • Urban Development Challenges, Risks and Resilience in Asian Mega Cities Springer 2014/11 原著書 分担執筆 R.B. Singh 978-4-431-55043-3
  • 世界地誌シリーズ7.東南アジア・オセアニア 朝倉書店 2014/06/20 原著書 分担執筆 宇根義己 978-4-254-16927-0
  • 現代インドにおける地方の発展—ウッタラーカンド州の挑戦— 海青社 2014/03 原著書 分担執筆 宇根義己, 岡橋秀典 978-4-86099-287-3

全て表示

  • 世界地誌シリーズ6.インド 朝倉書店 2013/10 原著書 分担執筆 宇根義己 978-4-254-16925-6
  • 帝国書院地理シリーズ日本のすがた2中国・四国地方 帝国書院 2013/03 原著書 分担執筆 宇根義己 978-4-8071-6089-1

論文

  • Spatial Characteristics of Japanese-affiliated Firms in India Yoshimi UNE Proceedings The International Seminar of Geography between Hiroshima University and University of Delhi "Promoting Economic Geography Studies on "Inclusive Growth" in Contemporary India' 11-24頁 2016/12/20 査読無 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • インド工業の発展過程と立地特性 宇根義己 歴史と地理 地理の研究 683号 30-39頁 2015/04 査読無 原著論文 その他
  • Building the India Geographic Photo Collection at Hiroshima University: A South Asian Photo Database by INDAS(NIHU Program in Contemporary India Area Studies) Proceedings of the Study on Information Resources of Human Science Vol.5 2014/03/29 原著論文 研究論文(プロシーディング)
  • インド北部山岳州における工業開発と工業集積―ヒマーチャル・プラデーシュ州バッディ地域を事例として― 宇根義己 地理科学 69巻 1号 1-16頁 2014/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • インドのテキスタイル・パーク 宇根義己 アジ研ワールド・トレード 19巻 5号 6-9頁 2013/05 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • 経済成長下のインド山岳州における社会経済指標の空間的特性―ウッタラーカンド州とヒマーチャル・プラデーシュ州を事例に― 宇根義己 広島大学現代インド研究—空間と社会 3号 47-62頁 2013/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • インドにおけるテキスタイルパークの開発と立地特性 宇根義己 広島大学現代インド研究—空間と社会 1号 47-58頁 2011/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • タイにおける工業団地の立地パターンと大手民間ディベロッパーの開発戦略 宇根義己 地域地理研究 15巻 1-19頁 2009/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • GISによるインド小地域単位データの地理学的分析—ウッタラカンド州の2001年センサスデータを用いて— 宇根義己 現代南アジアの地域システム 5巻 3-17頁 2009/12 査読無 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • タイ・アマタナコン工業団地における自動車部品企業の集積プロセスとリンケージの空間的特性 宇根義己 地理学評論 82巻 6号 548-570頁 2009/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • タイにおける日系自動車産業の外延的拡大とその集積構造 宇根義己 経済地理学年報 52巻 3号 113-137頁 2006/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Spatial Characteristics of Japanese-affiliated Firms in India(会議名:二国間交流事業セミナー「現代インドの「包摂的成長」にかかわる経済地理学的研究の推進」)(2016/12/23)
  • タイ自動車産業の生産規模拡大に伴う生産システムの変容 ―日系企業A社を事例に―(会議名:経済地理学会中部支部10月例会)(2016/10/15)
  • インド・タミルナードゥ州コインバトールの産業集積に関する予察的考察−紡績工業を中心に−(会議名:2016年度HINDAS(広島大学現代インド研究センター)第1回研究集会)(2016/05/14)
  • 工業関連統計からみたインドのメガ・リージョン(会議名:2015年度HINDAS(広島大学現代インド研究センター)第6回研究集会)(2016/01/23)
  • Expansion of the Agglomeration in the ASEAN Automotive Industry: A Case Study of Thailand and Indonesia in Recent years(会議名:第10回中日韓合同地理学会議(第1回アジア地理学会議))(2015/10/09)

全て表示

  • 生産拡大期における東南アジア自動車企業の立地展開―タイ,インドネシアを事例に(会議名:2015年日本地理学会秋季学術大会)(2015/09/18)
  • 書評(『シリーズ現代インド2 溶融する都市・農村』)(会議名:TINDAS(現代インド地域研究東京大学拠点)第2回書評会)(2015/06/19)
  • 書評(岡橋秀典・友澤和夫編著(2015):『シリーズ現代インド4 台頭する新経済空間』東京大学出版会)(会議名:2015年度HINDAS(広島大学現代インド研究センター)第1回研究集会)(2015/05/10)
  • インドの産業発展とその空間構造ー繊維・縫製産業を中心に—(会議名:石川地理学会第359回例会)(2015/05/16)
  • インド繊維・アパレル産業の空間構造と産業集積(会議名:日本地理学会2015年春季学術大会)(2015/03/29)
  • 経済成長下のインドにおける 婚礼用伝統衣服の流通構造―デリーのサリー類卸売業を事例に(会議名:日本地理学会2014年秋季学術大会)(2014/09/20)
  • デリーにおけるインフォーマルな工業労働市場の形成―ムスリム地区ジャミア・ナガールの零細繊維工場を事例に―(会議名:2014年人文地理学会大会)(2014/11/09)
  • デリー南郊におけるアーバン・ビレッジの居住者特性(会議名:日本地理学会2014年秋季学術大会)(2014/09/20)
  • 現代インド地域研究の5年間を振り返って—研究員からみた視点—(会議名:日本地理学会2014年秋季学術大会現代南アジア研究グループ研究集会)(2014/09/21)
  • インド・デリーにおける繊維業の空間的特性―ジャミア・ナガールを事例に―(会議名:国際金融・経済研究会)(2014/02/26)
  • インドにおける「もう一つの工業化」―デリーのムスリム地区ジャミア・ナガールにおける繊維生産―(会議名:日本地理学会2014年春季学術大会)(2014/03/27)
  • Introduction of “Hiroshima Univ. India Geographic Photo Collection”: As a part of INDAS (NIHU Program) Photograph Database of South Asia(会議名:Pacific Neighborhood Consortium Annual Conference and Joint Meetings 2013(PNC2013) NIHU Session “NIHU’s Activity of Research and Resource Sharing of Humanities”)(2013/12/12)
  • デリー南郊におけるアーバン・ビレッジの居住者特性(会議名:2014年度広島大学現代インド研究センター(現代インド地域研究広島大学拠点)第4回研究集会)(2014/08/09)
  • デリーにおける都市型産業集積の発展―JamiaNagarの縫製業を事例に(会議名:人間文化研究機構「現代インド地域研究」2013年度国内全体集会)(2013/11/23)
  • デリーにおける婚礼用衣服の流通構造(会議名:2014年度広島大学現代インド研究センター(現代インド地域研究広島大学拠点)第4回研究集会)(2014/08/09)
  • 『藤原健藏インド地理写真コレクション』構築の取り組み(会議名:2013年度日本地理学会秋季学術大会現代南アジア研究グループ研究集会)(2013/09/29)
  • Spatial Structure of the Apparel Industry in the National Capital Region, India(会議名:2013年京都国際地理学会議)(2013/08/06)
  • 都市化と都市システムの再編(会議名:2013年度広島大学現代インド研究センター(現代インド地域研究広島大学拠点)第1回研究集会)(2013/06/30)
  • アジアの産業地理研究におけるGISの利活用―インド・タイを対象とした調査・研究を事例に(会議名:2013年度アジア政経学会全国大会)(2013/06/16)
  • 産業立地からみた「地方」の変化(会議名:人間文化研究機構「現代インド地域研究」2012年度現代インド・南アジア次世代研究者合宿)(2013/03/02)
  • 膨張するデリー大都市圏の郊外開発(会議名:東北地理学会・東北都市学会合同研究例会)(2013/02/02)
  • アジアの産業発展と空間構造(会議名:2012年度人間文化研究機構地域研究推進センター研究員研究発表会)(2012/12/02)
  • インドの地方小都市における繊維産業集積の形成―マハーラーシュトラ州イチャルカランジの事例(会議名:経済地理学会西南支部8月例会)(2012/08/10)
  • インド北部におけるメガ・リージョンの空間的形態―統計データと「夜の光」からのアプローチ―(会議名:2012年度広島大学現代インド研究センター(現代インド地域研究広島大学拠点)第1回研究集会)(2012/07/07)
  • インドの後進州における工業団地開発と企業集積メカニズム—ヒマーチャル・プラデーシュ州ソラン地域を事例として—(会議名:日本地理学会2012年春季学術大会現代南アジア研究グループ研究集会)(2012/03/29)
  • インドにおける日系企業の立地パターン(会議名:2011年度広島大学現代インド研究センター(現代インド地域研究広島大学拠点)第3回研究集会)(2011/08/10)
  • インド山岳州における工業団地開発と企業集積要因—ヒマーチャル・プラデーシュ州バディを事例として—(会議名:日本地理学会2011年春季学術大会)(2011/03/30)
  • 工業化と地域社会(会議名:人間文化研究機構「現代インド地域研究」2010年度現代インド・南アジア次世代研究者合宿)(2011/03/19)
  • タイにおける大手ローカル自動車部品企業の経営戦略(会議名:2010年度日本地理学会秋季学術大会国際経済経営地理学研究グループ研究集会)(2010/10/03)
  • 広島大学における外邦図の所蔵状況とGoogle Earthを用いた利活用(会議名:2010年度広島大学現代インド研究センター(現代インド地域研究広島大学拠点)第4回研究集会)(2010/08/23)
  • GISによるインド小地域単位データの空間分析とGoogle Earthの活用—ウッタラカンド州の2001年センサスを事例に—(会議名:2010年度広島大学現代インド研究センター(現代インド地域研究広島大学拠点)第4回研究集会)(2010/08/23)
  • タイ自動車産業の空間構造(会議名:2010年度経済地理学会第57回大会フロンティアセッション)(2010/05/23)
  • ミツビシモーターズ(タイランド)社における生産システムの革新—生産規模の拡大に伴う物流システムの変化に着目して(会議名:日本地理学会2010年春季学術大会)(2010/03/27)
  • 生産規模拡大に伴うタイ自動車産業の生産システムの再構築(会議名:2009年度中国四国歴史学地理学協会大会)(2009/07/05)
  • タイにおける工業団地の立地展開とディベロッパーの立地・経営戦略(会議名:2009年度地理科学学会春季学術大会)(2009/05/30)
  • バンコク大都市圏郊外における日系自動車部品企業の集積メカニズムと部品取引構造(会議名:経済地理学会西南支部8月例会)(2008/08/02)
  • タイにおける日本自動車・部品企業の進出と自動車産業集積の形成(会議名:第129回東南アジア談話会)(2008/02/09)
  • アジアの工業化とローカル企業の技術キャッチアップ戦略—インドの民族系自動車企業を中心に—(会議名:日本地理学会2006年秋季学術大会)(2006/09/23)
  • タイにおける日系自動車部品企業の集積構造—アマタナコン工業団地の事例を中心に—(会議名:2006年度中国四国歴史学地理学協会大会)(2006/06/04)
  • タイにおける日系自動車企業の立地展開と部品取引特性(会議名:日本地理学会2004年秋季学術大会)(2004/09/26)
  • タイにおける日系自動車企業の立地展開と部品取引ネットワークの構築(会議名:経済地理学会西南支部4月例会)(2004/04/24)
  • 松山市におけるコンビニエンスストアの立地展開(会議名:2002年度地理科学学会春季学術大会)(2002/06/02)
  • 松山市におけるコンビニエンスストアの立地展開と配送システム(会議名:愛媛地理学会第95回例会)(2002/03/02)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(A)「現代インドの経済空間構造とその形成メカニズム」(2014-2017) 分担者
○若手研究(B)「域内自由貿易の進展下における東南アジア自動車産業の空間構造」(2015-2017) 代表者

学域・学類担当授業科目

○卒業論文演習B(地理学)(2017)
○人文地理学実習2(2017)
○地理学概論B(2017)
○人文地理学実習(2017)
○地域調査基礎実習1(2017)
○地域調査基礎実習(2017)
○地域調査基礎演習(2017)
○地域調査応用演習(2017)
○地理学概論B(2017)
○人文地理学演習A1(2017)
○人文地理学演習A2(2017)
○地域調査基礎演習2(2017)
○地域調査基礎実習2(2017)
○地域分析実習Ⅰ(2017)
○地域分析実習(2017)
○地域分析実習Ⅱ(2017)
○日本地誌A(2017)
○人文地理学実習1(2017)
○人文地理学演習A(2017)
○卒業論文演習A(地理学)(2017)
○地域調査野外実習A(2017)
○日本地誌A(2017)
○地域調査応用実習(2017)
○地域調査基礎演習1(2017)
○地域調査基礎実習(2016)
○人文地理学演習A(2016)
○地理学概論B(2016)
○日本地誌B(2016)
○人文地理学実習(2016)
○地域調査基礎演習(2016)
○日本地誌B(2016)
○卒業論文演習B(地理学)(2016)
○地域調査応用演習(2016)
○地域調査応用実習(2016)
○地理学概論B(2016)
○卒業論文演習A(地理学)(2016)
○地域分析実習(2016)
○現代日本の文化と社会(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)
○地域調査基礎実習(2015)
○地域調査応用実習(2015)
○卒業論文演習B(地理学)(2015)
○地理学概論B(2015)
○人文地理学実習(2015)
○日本地誌A(2015)
○日本地誌A(2015)
○地域調査応用演習(2015)
○地域調査基礎演習(2015)
○人文地理学演習A(2015)
○卒業論文演習A(地理学)(2015)
○地域分析実習(2015)
○地理学概論B(2014)

大学院担当授業科目

○地理学特論Ⅵ1(2017)
○地理学特論Ⅵ2(2017)
○地理学演習Ⅰ1(2017)
○地域調査演習1(2017)
○地理学実習1(2017)
○地理学演習Ⅰ2(2017)
○地域調査演習2(2017)
○地域調査実習1(2017)
○地域調査実習2(2017)
○地理学実習2(2017)
○日本地誌A/人間社会学域(2017)
○地理学演習Ⅰ1(2016)
○地域調査実習2(2016)
○地理学演習Ⅰ2(2016)
○地理学実習1(2016)
○地理学実習2(2016)
○地域調査演習1(2016)
○地理学特論Ⅴ2(2016)
○地理学特論Ⅴ1(2016)
○地理学実習(2016)
○地理学特論Ⅴ(2016)
○地誌学特論Ⅰ(2016)
○地域調査演習(2016)
○地理学演習Ⅰ(2016)
○地域調査実習(2016)
○地域調査実習1(2016)
○地域調査演習2(2016)
○地域調査実習(2015)
○地誌学特論Ⅱ(2015)
○地理学演習Ⅰ(2015)
○地域調査演習(2015)
○地理学実習(2015)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ