本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

原田 愛 (はらだ あい) 准教授 Harada Ai

所属組織・役職等

人間社会研究域 学校教育系 国語科専修

教育分野

所属研究室等

国語科漢文研究室 TEL:076-264-5537

学歴

【出身大学院】
九州大学大学院 人文科学府 修士課程 中国文学 2007/03 修了
九州大学大学院 人文科学府 博士課程 中国文学 2012/03 単位取得満期退学
【出身大学】
九州大学 文学部  人文学科 中国文学 2005/03 卒業
【取得学位】
博士(文学)

職歴

西南学院大学 国際文化学部 非常勤講師(2013/04/01-2015/03/31)
九州大学 基幹教育院 非常勤講師(2014/04/01-2015/03/31)
九州産業大学 非常勤講師(2014/04/01-2015/03/31)

生年月

所属学会

日本中国学会
東方学会
九州中国学会
日本宋代文学学会
九州大学中国文学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

宋代文学、蘇軾、出版文化、比較文学

研究課題

蘇軾文学研究

 中国の宋代は、文学・史学・哲学の人文学三分野それぞれにおいて集大成が為された時代であり、印刷技術および交通網の発展に伴い、それらの成果が伝播してゆく形態、範囲、速度に甚大なる変化が生じた時代でもある。
 蘇軾(号・東坡居士)は、その宋代を代表する文人である。蘇軾の文集は、生前にほぼ出版されていた〈東坡七集〉を基礎とするが、実は蘇軾は晩年に政争に敗れたことから、中国最南端の海南島にまで流謫され、これらの文集のうち文学作品を収めた『東坡集』『東坡後集』は発禁対象となっていた。こうした情況は蘇軾の歿後も続き、それが好転したのは南宋孝宗朝に至ってであり、その間、元祐党への報復政策である「元祐党禁」が広く行われたため、蘇軾の詩文は所有すら禁止された。この冬の時代に蘇軾の子孫は、「和陶詩」(蘇軾が陶淵明詩に感銘を受け、それに唱和した124篇の作品群)に表れる一族団結の思いを酌み、後世への継承に努めたのである。その結果、蘇軾の文学は、時代を越えて読み継がれた。
 本研究は、蘇軾自身の文学活動はもちろんのこと、それが如何にしてその宗族・弟子・党派に受け継がれたか、その流れを具体的にひとつひとつ究明し、蘇軾の文学の成り立ちと後世へ与えた影響を明らかにするものである。

著書

  • 蘇軾文学の継承と蘇氏一族―和陶詩を中心に 有限会社 中国書店 2015/02 原著書 単著 原田愛 9784903316390

論文

  • 蘇軾「代張方平諫用兵書」と幸田露伴 原田愛 中国研究論叢 11号 5-18頁 2011/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 蘇轍による蘇軾「和陶詩」の繼承 原田愛 日本中国学会報 63巻 48-62頁 2011/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 蘇軾「和陶詩」と蘇氏一族―蘇軾が子孫に遺したもの― 原田愛 九州中国学会報 50巻 16-30頁 2012/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 蘇軾と蜀の姻戚―程氏一族を中心に― 原田愛 九州中国学会報 52巻 31-45頁 2014/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手研究(B)「東アジアにおける蘇軾文集の成立と伝承に関する研究」(2014-2016) 代表者

学域・学類担当授業科目

○中国語A1(2017)
○中国語A1-2(2017)
○中国語A3(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○中国語A1-1(2017)
○中国語A3-1(2017)
○中国語A3-2(2017)
○漢文学概説(2017)
○漢文学概説(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○中国文学演習A(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○漢文講読(2017)
○漢文学基礎(2017)
○国語科カリキュラム研究Ⅰ(2017)
○国語科カリキュラム研究Ⅱ(2017)
○国語基礎(書写を含む)(2017)
○漢文学概説(2016)
○中国文学演習A(2016)
○国語基礎(書写を含む)(2016)
○漢文講読(2016)
○漢文学基礎(2016)
○国語科カリキュラム研究Ⅱ(2016)
○国語科カリキュラム研究Ⅰ(2016)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2016)
○初学者ゼミⅠ(2016)

大学院担当授業科目

○中国語A1-2(クォーター)/共通教育(2017)
○中国語A1-1(クォーター)/共通教育(2017)
○国語科教科内容研究特論A(2016)
○国語科教科内容研究演習A(2016)
○国語科教科内容研究演習A(2015)
○国語科教科内容研究特論A (2015)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○宋代文学について(キーワード:文学、文化、出版など)
○蘇軾「和陶詩」のこと(キーワード:蘇軾による陶淵明詩の継承)

その他公的社会活動

このページの先頭へ