本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

堀口 智美 (ほりぐち ともみ) 助教 HORIGUCHI, Tomomi

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系 看護科学領域 臨床実践看護学講座 慢性創傷看護学分野

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院医学系研究か保健学専攻 修士課程 2008 修了
金沢大学大学院医学系研究か保健学専攻 博士課程 2013 修了
【出身大学】
金沢大学医学部保健学科看護学専攻  2002 卒業
【取得学位】
修士(保健学)
博士(保健学)

職歴

金沢大学附属病院(2008-2015)

生年月

所属学会

日本糖尿病教育・看護学会 専任査読者
看護実践学会 専任査読者 事務局ウエブサイト担当(2015-)

学内委員会委員等

○クラス担任(2017-)
○看護FD委員(2016-)
○学生相談委員(2016-)

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • 糖尿病看護認定看護師の活動の実態と役割認識 多崎恵子、稲垣美智子、松井希代子、堀口智美 看護実践学会誌 27巻 2号 52-28頁 2015 査読有
  • 日本人2型糖尿病患者の家族サポート感取・対応力尺度-重度の合併症のない時期- 37巻 1号 23-32頁 2013 査読有 原著論文
  • 重度の合併症のない2型糖尿病患者が家族に思いを抱くという体験 堀口智美、稲垣美智子、多崎恵子 日本糖尿病教育・看護学会誌 14巻 2号 130-137頁 2010 査読有
  • 2型糖尿病患者への家族介入に対する看護師の認識 横堀智美、岡野英里、角真代、樋口麻衣子、柳澤絵美、多崎恵子、稲垣美智子 日本糖尿病教育・看護学会誌 12巻 2号 128-135頁 2008 査読有
  • 看護師の糖尿病チーム医療を促進する実践およびチーム連携状況の実態 多崎恵子、稲垣美智子、松井希代子、堀口智美 日本糖尿病教育・看護学会誌 19巻 2号 139-147頁 2015 査読有

講演・口頭発表等

  • 2型糖尿病患者への家族介入に対する看護師の認識(2006)
  • 重度の合併症のない2型糖尿病患者が家族に思いを抱くという体験(2008)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○若手(B)「2型糖尿病患者が家族サポート感取・対応力を発揮するための患者教育プログラムの開発」(2017-2020) 代表者

学域・学類担当授業科目

○基礎看護実習(2017)
○成人看護技術演習(2017)
○看護基礎統計(2017)
○地域概論(2017)
○基礎看護技術演習(2017)
○看護生態アセスメント演習(2017)
○初学者ゼミⅠ(2017)
○慢性・終末期看護論(2017)
○慢性・終末期看護実習(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○プレゼン・ディベート論(初学者ゼミⅡ)(2017)
○基礎看護技術演習(2017)
○看護基礎統計(2017)
○慢性・終末期看護論(2017)
○慢性・終末期看護実習(2017)
○成人看護技術演習(2017)
○看護生態アセスメント演習(2017)
○基礎看護実習(2017)
○基礎看護実習(2016)
○看護生態アセスメント演習(2016)
○成人看護技術演習(2016)
○慢性・終末期看護実習(2016)
○看護基礎統計(2016)
○基礎看護技術演習(2016)
○慢性・終末期看護論(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

○糖尿病看護ケア研究会(2015-) 理事
○看護実践学会(2016-) 事務局
○北陸小児糖尿病サマーキャンプ(2015-) 生活行事班担当

このページの先頭へ