本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年04月18日

藤澤 美惠子 (ふじさわ みえこ) 教授 FUJISAWA, Mieko

研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

人間社会研究域 経済学経営学系

教育分野

所属研究室等

学歴

【出身大学院】
東京工業大学大学院 博士課程 社会工学専攻 2006/06 修了
【取得学位】
博士(工学)

職歴

生年月

所属学会

都市住宅学会
エネルギー・資源学会
日本地域学会
日本都市計画学会
日本経済学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○都市住宅学会論文賞(2006/06)

専門分野

経済政策、理論経済学

専門分野キーワード

実験経済学・都市経済学

研究課題

著書

論文

  • 住環境が子どもの心身と行動に及ぼす影響-21世紀出生児縦断調査データ分析- 藤澤美恵子 都市住宅学 99巻 pp.154-161頁 2017/11/01 査読有
  • 東京圏の持家居住者の住宅満足度と住替え意向分析-都心と郊外エリアの差異に着目した調査-  地域学研究会 47巻 1号 pp.35-48頁 2017/06/01 査読有
  • 既存住宅市場における質の情報開示量と価格に関する実験  藤澤 美恵子 行動経済学 9巻 1-11頁 2016/10/03 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • エネルギーラベル効果の比較と検証(会議名:第13回日本LCA学会研究発表会)(2018/03/08)
  • 「でんき家計簿」の継続要因と退会要因の分析(会議名:第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス )(2018/01/25)
  • 消費者の環境関心度とHEMSに対する価値の調査(会議名:第21回実験社会科学カンファレンス)(2017/10/21)
  • EMPIRICAL STUDY ON CONSUMER UNDERSTANDING AND SATISFACTION FOR SUBSIDIZED HOME INSULATION PERFORMANCE (会議名:15 th IAEE Europen Conference 2017)(2017/09/08)
  • 環境ラベル認知の程度と環境配慮行動の関係(会議名:第36回エネルギー・資源学会研究発表会)(2017/06/08)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C) 「「でんき家計簿」の省エネ行動誘導効果の計測 」(2015-2017) 代表者
○基盤研究(C) 「省エネ住宅の普及に関する政策効果測定と最適政策の考察 」(2012-2014) 代表者
○基盤研究(C)「超高齢時代の住宅地の選択と集中に向けた郊外住宅地の構造分析と対応策の検討」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(C)「生活の質(QOL)を組み込んだ住宅ストックの帰属家賃の推計法に関する研究」(2017-2019) 分担者
○基盤研究(B) 「幼少期における社会・生活環境、学習方法が人的資本の蓄積に与える影響の分析 」(2014-2016) 分担者

学域・学類担当授業科目

○理論経済学ⅢB(2017)
○理論経済学ⅢA(2017)
○演習/理論経済学Ⅲ(2017)
○インターンシップ(2017)
○経済学特講C(2017)
○インターンシップ(2016)
○理論経済学ⅢA(2016)
○演習/理論経済学Ⅲ(2016)
○理論経済学ⅢB(2016)

大学院担当授業科目

○応用ミクロ経済学特論b-2(2017)
○応用ミクロ経済学演習a-2(2017)
○応用ミクロ経済学特論a-1(2017)
○応用ミクロ経済学特論a-2(2017)
○応用ミクロ経済学特論b-1(2017)
○応用ミクロ経済学演習b-1(2017)
○応用ミクロ経済学演習b-2(2017)
○応用ミクロ経済学演習a-1(2017)
○応用ミクロ経済学特論a-2(2016)
○応用ミクロ経済学特論b-1(2016)
○応用ミクロ経済学特論b-2(2016)
○応用ミクロ経済学演習a-1(2016)
○応用ミクロ経済学演習a-2(2016)
○応用ミクロ経済学演習b-2(2016)
○応用ミクロ経済学特論a-1(2016)
○応用ミクロ経済学演習b-1(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

○経済学の講義でおこなう実験に関する研究(2017)

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○石川県いしかわ流エコリビング研究会委員(2012/04/01-2019/03/31)
○内閣府経済社会総合研究所研究協力者(2011/04/01-2012/09/30)

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ