本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年05月23日

西村 達也 (にしむら たつや) 准教授 Tatsuya Nishimura

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系 高分子合成講座
准教授

教育分野

所属研究室等

高分子合成講座 FAX:076-234-4800

学歴

【出身大学院】
名古屋大学 博士課程 物質制御工学専攻 2004/03 修了
【出身大学】
名古屋大学 工学部 応用化学および物質化学科 1999/03 卒業
【取得学位】
博士(工学)

職歴

東京大学 大学院工学系研究科化学生命工学専攻 助教(2007/04/01-2016/02/28)
東京大学 大学院工学系研究科化学生命工学専攻 助手(2006/05/01-2007/03/31)
東京大学 大学院工学系研究科化学生命工学専攻 日本学術振興会特別博士研究員(2005/04/01-2006/04/30)
東京大学 大学院理学系研究科 研究拠点形成特任研究員(2004/04/01-2005/03/31)
金沢大学 理工研究域物質化学系 准教授(2016/03/01-)

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○オレオサイエンス賞(2015/08/03)

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Heterogeneous Growth of Calcite at Aragonite {001}- and Vaterite {001}-Melt Interfaces: A Molecular Dynamics Simulation Study Hiroki Nada, Tatsuya Nishimura, Takeshi Sakamoto, Takashi Kato J. Cryst. Growth 450巻 148頁 2016/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • One-dimensional supramolecular hybrids: self-assembled nanofibrous materials based on a sugar gelator and calcite developed along an unusual axis Haruka Sukegawa, Tatsuya Nishimura, Masafumi Yoshio, Satoshi Kajiyama and Takashi Kato CrystEngComm 2017/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • バイオミネラルに倣いそれを超える融合マテリアルの構築 飯村美慧 中山真成 西村達也 加藤隆史 月刊地球 2017/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Rapid and topotactic transformation from octacalcium phosphate to hydroxyapatite (HAP): a new approach to self-organization of free-standing thin-film HAP-based nanohybrids Satoshi Kajiyama, Takeshi Sakamoto, Moe Inoue, Tatsuya Nishimura, Taishi Yokoi, Chikara Ohtsuki and Takashi Kato CrystEngComm 8巻 8388頁 2016/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Use of Amorphous Calcium Carbonate for New Materials Design Bram Cantaert, David Kuo, Shunichi Matsumura, Tatsuya Nishimura, Takeshi Sakamoto, and Takashi Kato ChemPlusChem 2017/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Biomineralization- Inspired Synthesis of Functional Organic/Inorganic Hybrid Materials: Organic Molecular Control of Self-Organization of Hybrids Atsushi Arakaki, Tatsuya Nishimura, and Takashi Kato Organic Biomolecular Chemistry 13巻 974頁 2015/01 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Biomineralization-Inspired Preparation of Zinc Hydroxide Carbonate/Polymer Hybrids and Their Conversion to Zinc Oxide Thin-Film Photocatalysts Shunichi Matsumura, Yoshimasa Horiguchi, Tatsuya Nishimura, Hideki Sakai, and Takashi Kato Chem. Eur. J 22巻 7094頁 2016/05 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 高分子鋳型を用いる有機無機複合体の開発 西村達也 高分子 62巻 89頁 2013/02 査読無 総説 学位論文(その他)
  • バイオミネラリゼーションに学ぶ次世代有機/無機複合材料の開発 西村達也, 加藤隆史 ゲルテクノロジーハンドブック 2014/10 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • 自然界のちゃんぽんーバイオミネラルにまなぶ次世代材料の開発 西村達也 月刊みんぱく 37巻 2頁 2013/07 査読無 総説 研究論文(大学・研究所等紀要)
  • Formation of Helically Structured Chitin/CaCO3 Hybrids through an Approach Inspired by the Biomineralization Processes of Crustacean Cuticles Shunichi Matsumura, Satoshi Kajiyama, Tatsuya Nishimura, Takashi Kato, Small 11巻 5127頁 2015/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Liquid-Crystalline Biomacromolecular Templates for the Formation of Oriented Thin-Film Hybrids Composed of Ordered Chitin and Alkaline-Earth Carbonate Tatsuya Nishimura, Ken Toyoda, Takahiro Ito, Yuya Oaki, Yukiko Namatame, Takashi Kato Chemistry an Asian Journal 10巻 2356頁 2015/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Magnesium Ions and Water Molecules on the Structure of Amorphous Calcium Carbonate: A Molecular Dynamics Study  H. Tomono, H. Nada, F. Zhu, T. Sakamoto, T. Nishimura, and T. Kato:  Chemistry an Asian Journal 8巻 3002頁 2013/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formation of Rectangular Plate-like α-MnOOH and Sheet-like γ-MnOOH by Slow Diffusion of Ammonia Vapor S. Kajiyama, H. Kumagai, T. Nishimura, and T. Kato Chem Lett 42巻 341頁 2013/09 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Tuning the Stability of CaCO3 Crystals with Magnesium Ions for Formation of Aragonite Thin Films on Organic Polymer Templates F. Zhu, T. Nishimura*, T. Sakamoto, H. Tomono, H. Nada, Y. Okumura, H. Kikuchi, and T. Kato Chemistry an Asian Journal 8巻 3002頁 2013/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Aragonite Nanorods in Calcium Carbonate/Polymer Hybrids Formed through Self-Organization Processes from Amorphous Calcium Carbonate Solution S. Kajiyama, T. Nishimura, T. Sakamoto, and T. Kato Small 10巻 1634頁 2014/03 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Bioinspired Stiff and Flexible Composites of Nanocellulose-Reinforced Amorphous CaCO3 T. Saito, Y. Oaki, T. Nishimura, A. Isogai, and T. Kato Materials Horizon 1巻 321頁 2014/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology Tuning in the Formation of Vaterite Crystal Thin Films with Thermoresponsive Poly(N-isopropylacrylamide) Brush Matrices Y. Han, T. Nishimura*, and T. Kato CrystEngComm 16巻 3540頁 2014/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Biomineralization-Inspired Approach to the Development of Hybrid Materials: Preparation of Patterned Polymer/Strontium Carbonate Thin Films Using Thermoresponsive Polymer Brush Matrices Y. Han, T. Nishimura*, and T. Kato Polymer Journal 46巻 499頁 2014/12 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Organic/inorganic Fusion Materials: Cyclodextrin-Based Polymer/CaCO3 Hybrids Incorporating Dye Molecules Through Host-Guest Interactions F. Zhu T. Nishimura*, and T. Kato polymer Journal 47巻 122頁 2015/02 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Hydroxyapatite Formation on Oxidized Cellulose Nanofibers in a Solution Mimicking Body Fluid Polymer Journal 47巻 158頁 2015/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Liquid-Crystalline Calcium Carbonate: Biomimetic Synthesis and Alignment of Nanorod Calcite 中山真成, 梶山智司, 西村達也, 加藤隆史 Chemical Science 6巻 6230頁 2015/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Macromolecular Templates for the Development of Organic/inorganic Hybrid Materials 西村達也 Polymer Journal 47巻 3号 235-243頁 2015/03 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • バイオミネラリゼーションに学ぶ次世代有機/無機融合材料の開発(会議名:化学工学会ソフトマター工学分科会シンポジウム)(2016/07/22)
  • 液晶の自己組織化を用いる有機/無機融合マテリアルの開発(会議名:韓国高分子学会2016春季大会)(2016/04/07)
  • Development of Organic/Inorganic Hybrids by Using Macromolecular Templates (会議名:10th Asia-Pacific Chitin & Chitosan Symposium)(2013/10/10)
  • 液晶の自己組織化を用いる有機/無機融合マテリアルの開発 (会議名:第11回バイオミネラリゼーションワークショップ)(2016/11/12)
  • 液晶の自己組織化を用いる有機/無機融合マテリアルの開発(会議名:液晶若手勉強会)(2016/09/24)

全て表示

  • Development of Organic/inorganic Hybrid Materials by Using a Biomineralization-inspired Method(会議名:nanospace2016)(2016/12/18)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○応用化学実験Ⅴ(2017)
○工業概論(2017)
○応用化学実験Ⅴ(2017)
○応用化学実験Ⅴ(2016)
○応用化学実験Ⅴ(2016)
○課題探究ゼミナールⅢ(2016)
○応用化学実験V(2016)
○課題探求ゼミナール(2016)

大学院担当授業科目

○精密高分子合成化学(2017)
○マテリアルプログラム序論(2017)
○高分子材料合成化学(2017)
○高分子材料化学概論(2017)
○高分子材料化学概論(2017)
○高分子材料化学概論(2017)
○高分子材料化学概論(2017)
○精密高分子合成化学(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ