本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2018年12月05日

菅 拓也 (すが たくや) 助教 SUGA, Takuya

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系

教育分野

所属研究室等

学歴

職歴

生年月

所属学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Low-Valent Titanium-Mediated Radical Conjugate Addition Using Benzyl Alcohols as Benzyl Radical Sources  Organic Letters 20巻 5389頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Formal Total Synthesis of Manzacidin C Based on Assymmetric 1,3-Dipolar Cycloaddition of Azomethine Imines Thu Ming Thi Tong, Takahiro Soeta, Takuya Suga, Keisuke Kawamoto, Yoshihito Hayashi, Yutaka Ukaji The Journal of Organic Chemistry 82巻 1969頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Mechanistic study of rhodium-catalyzed carboxylation of simple aromatic compounds with carbon dioxide Chemical Science 8巻 2号 1454頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Sterically Fixed Phytochrome Chromophore Derivatives Bearing a 15E-Fixed or 15E-Anti-Fixed CD-Ring Component Takahiro Soeta, Nobuhiko Ohashi, Toshiharu Kobayashi, Yoko Sakata, Takuya Suga, Yutaka Ukaji The Journal of Organic Chemistry 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Niobium( v )-catalyzed defluorinative triallylation of α,α,α-trifluorotoluene derivatives by triple C–F bond activation Kodai Saito, Taishi Umi, Takayuki Yamada, Takuya Suga, Takahiko Akiyama Organic & Biomolecular Chemistry 15巻 1767頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Direct Carboxylation of Simple Arenes with CO2 through a rhodium-catalyzed C-H bond activation Chemical Communications 50巻 14360頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Palladium-catalyzed C–H Alkenylation of C-Aryl Nitrones Chemistry Letters 46巻 45頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Versatile and highly efficient oxidative C(sp3)–H bond functionalization of tetrahydroisoquinoline promoted by bifunctional diethyl azodicarboxylate (DEAD): scope and mechanistic insights 菅拓也, 飯塚淳, 秋山隆彦 Organic Chemistry Frontiers 3巻 1259頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Construction of Cycohepta[b]indoles via Platinum-Catalyzed Intermolecular Formal [4+3]-Cycloaddition Reaction of a,b-Unsaturated Carbene Complex Intermediates with Siloxydienes Synlett 24巻 1364頁 2013 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Platinum(II)-Catalyzed Generation and [3+2] Cycloaddition Reaction of a,b-Unsaturated Carbene Complex Intermediates for the Preparation of Polycyclic Compounds Journal of The American Chemical Society 133巻 689頁 2011 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 低原子価チタン錯体によるC-O結合ホモリシスを利用したアルコールとハロゲン化物のクロスカップリング反応(会議名:平成30年度有機合成化学北陸セミナー)(2018/09/13)
  • 低原子価チタンによるC-OH結合切断を用いたアルコールと電子不足アルケンの還元的カップリング反応(会議名:日本化学会春季年会)(2018/03/20)
  • 低原子価チタンによるC-OH結合切断を用いたアルコールと電子不足アルケンの還元的カップリング反応の開発(会議名:平成30年度有機合成化学北陸セミナー)(2018/09/13)
  • Low-Valent Titanium-Mediated Radical Conjugate Addition Using Benzyl Alcohols as Benzyl Radical Sources(会議名:The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry)(2018/11/12)
  • Nickel-Catalyzed Reductive Cross Coupling between Benzyl Alcohols and Aryl Halides Assisted by Titanium Co-Reductant(会議名:The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry)(2018/11/12)

全て表示

  • Low-Valent Titanium Mediated Radical Conjugate Addition Using Benzyl Alcohol as Benzyl Radical Sources(会議名:4th International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules)(2018/10/18)
  • 1,2,4-トリアゾリン-3,5-ジオンの不斉ヘテロDiels-Alder反応の開発(会議名:平成30年度有機合成化学北陸セミナー)(2018/09/13)
  • 立体選択的Paterno-Buchi反応の開発(会議名:日本化学会春季年会)(2018/03/20)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○物質化学実験B(2017)
○物質化学実験A(2017)
○物質化学実験B(2016)

大学院担当授業科目

○物質創成セミナー平成29年10月入学者用(2017)
○物質創成セミナー平成29年度入学生用(2017)
○物質創成セミナー平成28年10月入学者用(2016)
○物質創成セミナー平成28年度入学生用(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ