本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2020年03月26日

石田 奈津子 (いしだ なつこ) 助教 Natsuko Ishida

所属組織・役職等

医薬保健研究域 薬学系 臨床薬学研究室

教育分野

所属研究室等

臨床薬学研究室

学歴

【出身大学院】
金沢大学 博士課程 自然科学研究科 生命科学専攻 2014/03 修了
金沢大学 修士課程 自然科学研究科 医療薬学専攻 2004/03 修了
【出身大学】
近畿大学 薬学部 薬学科 2002 卒業
【取得学位】
博士(薬学)

職歴

生年月

所属学会

日本臨床栄養代謝学会
日本神経治療学会
日本薬学会
日本医療薬学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

専門分野キーワード

研究課題

著書

論文

  • Pharmacokinetics and tissue distribution of 3,4-diaminopyridine in rats. Natsuko Ishida, Yuya Kondo, Yuri Chikano, Erina Kobayashi-Nakade, Yukio Suga, Junko Ishizaki, Kiyonobu Komai, Ryo Matsushita Biopharmaceutics & Drug Disposition 40巻 8号 294-301頁 2019/10/20 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between Pain and Functional Status in Patients with Amyotrophic Lateral Sclerosis: A Multicenter Cross-Sectional Study. Natsuko Ishida, Shuya Hongo, Ayaka Kumano, Hiroyuki Hatta, Nobuyuki Zakoji, Makiko Hirutani, Yoshiaki Yamamoto, Hirohumi Aono, Moe Tuigi, Ryohei Suzuki, Hiroshi Hanamitsu, Eisaku Wakasugi, Masaaki Takahashi, Akimasa Yamatani Journal of Palliative Medicine 2018/01/10 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacokinetics and safety of 3,4-diaminopyridine base in healthy Japanese volunteers. Natsuko Ishida, Erina Kobayashi, Yuya Kondo, Ryo Matsushita, Kiyonobu Komai International Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics 53巻 8号 674-680頁 2015/08 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • 神経難病病棟における簡易懸濁法の有益性 山本吉章, 野口祥紀, 石田奈津子, 中神育代, 舟木弘, 堀部千治, 饗場郁子 医療 62巻 7号 394-399頁 2007/07 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)(一般)「神経筋難病患者の薬物動態変動に及ぼす筋肉量減少の影響の定量的解明」(2019-2021) 分担者
○若手研究(B)「ALS患者の疼痛に対する適切な薬物治療法の探索:多施設共同前方視的研究」(2017-2019) 代表者

学域・学類担当授業科目

○医療統計学(2019)
○薬局薬学(2019)
○薬剤疫学(2019)
○薬局経営論(2019)
○病院実習Ⅰ(2019)
○医薬品経済学(2019)
○実務実習Ⅳ(2019)
○薬局実習Ⅱ(2019)
○薬局実習Ⅰ(2019)
○薬物治療演習(2019)
○症例演習(2019)
○病院実習Ⅰ(2018)
○医薬品経済学(2018)
○薬局薬学(2018)
○薬局経営論(2018)
○症例演習(2018)
○薬局実習Ⅰ(2018)
○薬物治療演習(2018)
○薬局実習Ⅱ(2018)
○病院実習Ⅱ(2018)
○薬局実習Ⅱ/医薬保健学域・薬学類(2017)
○薬局経営論(2017)
○病院実習Ⅰ/医薬保健学域・薬学類(2017)
○医薬品経済学(2017)
○薬剤疫学(2017)
○薬局実習Ⅰ/医薬保健学域・薬学類(2017)
○薬剤疫学(2017)
○医療統計学(2017)
○薬物治療演習(2017)
○薬局実習Ⅰ(2017)
○薬局実習Ⅱ(2017)
○病院実習Ⅱ(2017)
○薬剤疫学(2017)
○薬局薬学(2017)
○医療統計学(2017)
○病院実習Ⅰ(2017)
○病院実習Ⅰ(2016)
○薬局経営論(2016)
○薬局実習Ⅱ(2016)
○薬局実習Ⅰ(2016)
○薬物治療演習(2016)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ