本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2017年06月13日

上森 さくら (うえもり さくら) 准教授 UEMORI Sakura

メール

所属組織・役職等

人間社会研究域 学校教育系

教育分野

【学士課程】
人間社会学域 学校教育学類
【大学院前期課程】
教育学研究科

所属研究室等

学歴

【取得学位】
博士(文学)

職歴

金沢大学 准教授(2017/04-)
島根大学 講師(2013/04-2017/03)
大阪市立大学 特任講師(2011/04-2013/03)

生年月

所属学会

日本教育方法学会
日本生活指導学会
日本教師教育学会
日本特別活動学会
関西教育学会
中国四国教育学会
大阪市立大学教育学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

専門分野

教育学

専門分野キーワード

教育方法学、生活指導論

研究課題

著書

  • 特別支援教育のための子ども理解と授業づくり-豊かな授業を創造するための50の視点- ミネルヴァ書房 2013 ②共著 湯浅恭正編著
  • 新しい時代の教育の方法 ミネルヴァ書房 2012 ②共著 山下政俊、湯浅恭正編著
  • 特別支援教育を変える授業づくり学級づくり2:子ども集団の変化と授業づくり・学級づくり(小学校中学年~小学校高学年) 明治図書 2009 ②共著 湯浅恭正編

論文

  • 溝上泰子による生活論の展開:社会と個人の捉え方に着目して 島根大学教育学部附属教育支援センター『島根大学教育臨床総合研究』 15号 91-105頁 2016 査読無
  • よりよい教員養成に求められる状況把握の在り方:新しい教師力育成システムの構築に向けた検討 橋爪一治,冨安慎吾,上森さくら,辻本彰,畑智子 島根大学教育学部附属教育支援センター『島根大学教育臨床総合研究』 15号 47-61頁 2016 査読無
  • 「困らす子」と社会を語ろう 高校生活指導研究協議会編『高校生活指導』 202号号 128-129頁 2016
  • ゆらぐ存在として共に成長を 高校生活指導研究協議会編『高校生活指導』 201号 124-125頁 2016
  • 大阪市立大学における教職課程履修カルテを用いた面接指導の実践報告 上森さくら,平野拓朗,添田晴雄 大阪市立大学大学教育センター『大阪市立大学大学教育』 12巻 2号 1-6頁 2015 査読有

全て表示

  • 小学校特別活動におけるルーブリック開発とその導入効果の一考察 島根大学教育学部附属教育支援センター『島根大学教育臨床総合研究』 14号 89-97頁 2015 査読無
  • 島根大学教育学部2014年度入学生の入学時学力調査結果の分析 上森さくら,橋爪一治,冨安慎吾,辻本彰,畑智子 島根大学教育学部附属教育支援センター『島根大学教育臨床総合研究』 14号 27-36頁 2015 査読無
  • 現入試体制にみる島根大学教育学部生の状況:就職状況と入試形態、教職志向性、GPA、1000時間体験学修との関連 辻本彰,冨安慎吾,上森さくら,橋爪一治,畑智子 島根大学教育学部附属教育支援センター『島根大学教育臨床総合研究』 14号 37-49頁 2015 査読無
  • 教師を気遣う子どもに気づくことから 高校生活指導研究協議会編『高校生活指導』 200号 120-121頁 2015
  • 思いを聴きながら活動をつくる 高校生活指導研究協議会編『高校生活指導』 199号号 121-122頁 2015
  • 東日本大震災後の教師の指導観の変容に関する一考察 大阪市立大学教育学会『教育学論集』 3(通号40)号 1-17頁 2014 査読有
  • 学校教育における自治的活動の指導に関する教育方法学的研究 : 公共性に着目して(博士論文) 2013
  • 文学の読みの指導における学習の共同化 平田知美・今井理恵・上森さくら・福田敦志・湯浅 恭正 大阪市立大学大学院文学研究科編『人文研究』 64巻 37-59頁 2013 査読有
  • 学校教育における自治的活動の指導と公共論 大阪市立大学大学院文学研究科教育学教室編『教育学論集』 第39号号 39-48頁頁 2012 査読有
  • 一般大学の教育実習が学生の自己評価に与える影響―大阪市立大学の教職課程における教育実習の位置づけの明確化にむけて― 上森さくら・添田晴雄・滝沢潤・辻野けんま 大阪市立大学大学教育センター『大阪市立大学大学教育』 9巻 1号 1-13頁 2011 査読有
  • 協働的関係を構築しようとする教師の働きかけの戦略-教師への面接調査のM-GTA質的分析を通じて- 大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター編『都市文化研究』 13号 13-22頁 2011 査読有
  • K.ツァイヒナーにおける多文化教育と教員養成プログラム ―社会正義を志向する教員養成プログラムの特徴と意義― 日本教育方法学会『教育方法学研究』 36巻 73-87頁 2011 査読有
  • 「いじめ」と「bullying」の比較検討―子どもが描くいじめ防止啓発ポスターの日米比較より 比較教育風俗研究会編『研究談叢 比較教育風俗』 11号 180-186頁 2010 査読無
  • 「学習の共同化」論の枠組みに関する検討-学習集団論・「学びの共同体」論を中心に- 福田敦志・今井理恵・上森さくら 日本生活指導学会編『生活指導研究』 26号 137-158頁 2009 査読有
  • 教室づくりを通した自治活動の可能性 大阪市立大学大学院文学研究科教育学教室編『教育学論集』 35号 32-39頁 2009 査読有

講演・口頭発表等

  • 共同の表現活動を支える学級づくり(2017)
  • .教員免許状の取得を目指す学習実態の把握と指導の在り方:「教職カルテ面接」を通して(2014)
  • 集団の物語を織る特別活動(2013)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

学域・学類担当授業科目

○特別活動論(2017)
○生活指導論(2017)
○生活指導論特殊講義(2017)
○生活指導論演習Ⅰ(2017)
○生活指導論演習Ⅱ(2017)
○生徒の生活と進路の指導論(2017)
○生活指導論演習Ⅱ(2017)
○生徒の生活と進路の指導論(2017)
○生活指導論演習Ⅰ(2017)
○生活指導論特殊講義(2017)
○生活指導論(2017)
○特別活動論(2017)
○特別活動論(2017)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

○島根県教育総合審議会委員(2016/01-2017/03)
○島根県教科用図書採択選定委員会委員(2015-2016)
○島根県安来市一中校区「魅力ある学校づくり」調査研究事業委員(2014/04-2016/03)

講演可能なテーマ

○生活指導
○学校教育における集団指導

その他公的社会活動

このページの先頭へ