本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年04月02日

笠島 里美 (かさしま さとみ) 教授 KASASHIMA, Satomi

所属組織・役職等

医薬保健研究域 保健学系
教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 保健学類 検査技術科学専攻 病態検査学
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 医療科学病態検査学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 保健学専攻 医療科学 病態検査学

所属研究室等

金沢大学医薬保健研究域保健学系病態検査学 TEL:076-265-2602 FAX:076-264-4369

学歴

【出身大学院】
金沢大学大学院医学研究科病理学課程 博士課程 修了
【出身大学】
金沢大学医学部  卒業
【取得学位】
医学博士

職歴

生年月

所属学会

石川県臨床細胞学会 役員(2018-2020)
日本病理学会
日本臨床細胞学会
日本臨床検査医学会 学会賞委員会委員(2020-2022)
厚生労働科学研究費補助金(難知性疾患対策研究事業) 「IgG4関連疾患の診断基準ならびに診療指針の確立を目指す研究」班 班員(2014-2020)

学内委員会委員等

○図書委員 委員長(2021-2022)
○北信がんプロ多職種連携委員会 委員(2018-2020)

受賞学術賞

○日本病理学会中部支部交見会 学術奨励優秀発表賞(2017/12/23)
○日本臨床検査医学会 学術賞(2017/11/18)

専門分野

人体病理学

専門分野キーワード

病理組織学

研究課題

著書

論文

講演・口頭発表等

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(C)「サイトカインバランスからみたIgG4関連血管病変の病態解析」(2014-2016) 代表者
○基盤研究(C)「IgG4 関連血管病変の進展・予後因子の解明」(2017-2020) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「子宮頚部腺癌の進展過程における免疫抑制性癌微小環境の経時的解析」(2018-2020) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「IgG4関連血管病変の標的部位によるTLRサブタイプ分布の相違」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(C)「血管リンパ濾胞の発達消退からみたIgG4関連血管病変の病態解析」(2020-2022) 分担者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2018-2018) 研究 IgG4関連血管病変の進展・予後とサイトカイン及びマトリックスメタロプロテアーゼの関連 性研究者等研究支援制度 スタートアップ 国立大学法人金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー
○競争的資金(学外) (2017-2019) 研究 IgG4関連血管病変の進展・予後因子の解明 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(C)
○競争的資金(学外) (2018-2020) 研究 子宮頸部線がんの進展過程における免疫抑制性癌微小環境の経時的解析 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(C)
○競争的資金(学内) (2019-2019) 研究 IgG4関連血管病変の進展・予後とサイトカイン及びマトリックスメタロプロテアーゼの関連 女性研究者等研究支援制度 スタートアップ 国立大学法人金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー
○競争的資金(学外) (2020-2022) 研究 血管リンパ濾胞の発達消退からみたIgG4関連血管病変の病態解析 日本学術振興会科学研究費
○競争的資金(学外) (2020-2022) 研究 I gG4関連血管病変の標的部位によるTLRサブタイプ分布の相違 日本学術振興会科学研究費 

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○病理学(2017)

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ