本文へジャンプ
印刷対象項目:        
印刷する

所属別一覧表

20名が検索されました。氏名をクリックすると研究者の詳細情報が表示されます。

人文学

言語学

キーワード 研究者名 研究情報
アイスランド語、フェーロー語 入江 浩司
研究課題
・アイスランド語の文法
・フェーロー語の文法

科研費採択テーマ
・アイスランド語における動詞の自他交替の研究
・アイスランド語における相互表現の研究
・古アイスランド語における所有表現の研究
・微視的類型論によるパラレル・コーパスを利用したバルト海周辺諸語の不定人称文の研究
・聞き取り調査を活用した北欧バルト海地域諸語の統語的ゆれに関する微視的類型論研究

中国語言語地理学、中国語音声学 岩田 礼
研究課題
・漢語方言の言語地理学的研究
・中国語の実験音声学的研究

科研費採択テーマ
・漢語諸方言における語声調の実験音声学的研究
・中国語方言の言語地理学的研究-新システムによる『漢語方言地図集』の作成-
・グロットグラムによる中国江蘇省南部方言の言語地理学的、社会言語学的研究
・漢語方言解釈地図
・日本語のアクセントとアクセント類型論
・漢語方言解釈地図(続集)
・中国語方言におけるtone sandhi生成メカニズムに関する通時的研究
・言語拡散及び言語変化のメカニズムに関する日中対照研究
・語史再構における言語地理学的解釈の再検討―類型的定式化の試み―

文法,モダリティ,語用論標識(談話標識) 大江 元貴
研究課題
・可能表現・難易表現の対照言語学的研究
・評価的な意味を持つ語・構文の研究
・語用論標識(談話標識)として機能する助詞の研究

科研費採択テーマ
・日中英の可能・難易構文の認知論的・語用論的研究ー叙述モードに基づく分析ー

日本語、ポルトガル語、スペイン語 太田 亨
共同研究希望テーマ
・日本語とスペイン語の対照研究
・日本語とポルトガル語の対照研究

研究課題
・日本語とスペイン語及びポルトガル語との対照研究
・日韓プログラムの通年予備教育カリキュラムに関する実践的研究
・遠隔教育による日本語教育

科研費採択テーマ
・日韓プログラム予備教育における総合的な「日韓共同(協働)教育」を目指す実践的研究
・日韓プログラムのシームレスな通年予備教育カリキュラムの開発研究
・遠隔ディスカッションの有用性に関する実証的研究

英語学、英語教育 數見 由紀子
研究課題
・英語の前置詞の意味的研究
・英語の動詞makeの意味的研究
・音声英語によるコミュニケーション能力を高める教育法の研究

科研費採択テーマ
・交渉教育理論を適用した英語教育の教材開発研究

現代日本語,方言,社会,言語変化,日本語教育 加藤 和夫
共同研究希望テーマ
・学校教育における方言学習
・小中学校国語科における言語事項の指導

研究課題
・北陸方言の社会言語学的研究
・北陸方言の記述的研究
・現代日本語研究の日本語教育への応用
・現代日本語の意味論的研究

科研費採択テーマ
・北陸地方の方言景観に関する社会言語学的研究―方言景観の多様性とその要因解明―
・方言分布変化の詳細解明―変動実態の把握と理論の検証・構築―
・誤用例の文脈分析に依拠した上級作文教材―日中両国語パラレルコーパスの活用
・北陸新方言の地理的社会的動態の研究
・日本海沿岸の新方言伝播の地理的歴史的研究
・現代方言の記述に基づく方言学習教材作成のための基礎的研究
・日本海新方言の地理的社会的動態の研究
・日本語音声における韻律的特徴:東京(及び放送関係者)における音声の収集と研究

理論言語学、言語と音楽のインターフェイス研究、外国語教育法(特にTOEFL受験準備教育) 斉木 麻利子
共同研究希望テーマ
・小中高大を一貫した英語教育法の考察
・留学生のための英語教育

科研費採択テーマ
・呼びかけチャントのメロディー形式を決定する言語と音楽の「バトル」
・言語と音楽の接点で何が起きているのか―新たな言語類型を求めて―
・ベトナム語の表層アクセントパターンを探る-となえうたの分析から-
・多文化間ディスカッション授業におけるファシリテーション要素の研究

テンス、接続詞 阪上 るり子
共同研究希望テーマ
・フランス語における数量表現
・不定代名詞の機能

研究課題
・フランス語におけるテンス・アスペクト表現
・フランス語の接続詞の機能について

接辞、項交替、話しことばの文法論 澤田 茂保
研究課題
・語の語彙意味論的研究
・日・英語の項交替の研究

科研費採択テーマ
・新しい文法教育のためのリアル・タイムと場面の制約のある言語形式の基礎的研究
・新しい文法教育のためのリアル・タイムと場面の制約にある言語形式の基礎的研究

日本語 髙山 知明
共同研究希望テーマ
・日本語の歴史に関する研究
・文字言語に関する研究

研究課題
・日本語音韻史・音韻論に関する研究

科研費採択テーマ
・濁音始まりの付属形式に関する基礎的研究
・音変化の変容過程に関する文献言語史研究
・近世期音韻史文献基礎研究
・漢語の変容と音韻変化との関連性についての基礎研究
・濁音の鼻音要素消滅の諸相と動因

認知、メタファー、身体 竹内 義晴
共同研究希望テーマ
・認知的に動機づけられた外国語教育ノウハウの開発

研究課題
・言語の意味構造,人間の知識,身体の関係についての研究
・進化論的に裏づけられた認知認知コミュニケーション学
・メタファー論的認知言語論

科研費採択テーマ
・否定表現の認知的・身体的基盤についての動画を用いた反応実験に基づく研究

第二言語習得 教育学 ダガン さがの
ポライトネス、相互行為、カフカ 西嶋 義憲
共同研究希望テーマ
・コミュニケーション行動原則に関する共同研究
・カフカ作品の言語学的分析

研究課題
・社会言語学的研究
・社会言語学的研究
・「ポライトネス」の日常的概念
・カフカ作品のテクスト言語学的分析
・カフカ作品のテクスト言語学的分析

科研費採択テーマ
・コミュニケーション行動制御慣用表現の日独対照研究
・標識・看板・ステッカー慣用表現の日独対照研究
・サイン表現における対人配慮の日独比較研究
・機能的に対応するが意味的には対応しないサイン表現の日独比較

アクセント、日本語諸方言 新田 哲夫
研究課題
・北陸諸方言の記述的研究
・日本語諸方言のアクセント研究

科研費採択テーマ
・福井三型アクセントの調査研究
・石川県輪島市海士町方言の調査研究
・福井県安島方言の調査研究
・日本語諸方言コーパスの構築とコーパスを使った方言研究の開拓
・日本語諸方言のプロソディーとプロソディー体系の類型
・ 日本語のアクセントとアクセント類型論
・ N型アクセントに関する総合的調査研究
・石川県白峰方言の調査研究と方言語彙のデータベース化

形式意味論、形式語用論、生成文法、言語哲学 橋本 将
BROWN DALE COLIN
シュメール語統語論、日本語語用論 峯 正志
研究課題
・シュメール語の言語類型論的研究

モダリティ、否定、文法化 守屋 哲治
研究課題
・時制・相に関する研究
・否定に関する研究
・文法化に関する研究

科研費採択テーマ
・単文構造と複文構造の連続性に関する日英語対照研究:認知類型論の観点から
・英語関係節・補文節の認知類型論的応用研究:日本人大学生の作文データの分析を通じて
・事態把握の認知枠が第二言語習得に与える影響:英語・日本語・韓国語の対照的研究
・名詞表現の空間性と述語表現の時間性の関連に関する研究
・名詞表現の空間性と述語表現の時間性の関連に関する研究
・否定現象の文法化に関する研究:認知言語学および言語類型論の観点から

心理言語学、言語の理解、事象関連電位 安永 大地
Sociolinguistics, Applied Linguistics, Language of Media, Language of Advertising, Oral and Written German, Different Concepts of Politeness and Communication in Germany, the German Language (Usage) in East and West, Contemporary German between Care and Criticism, Interdisciplinary and Intercultural Aspects of German Linguistics, Specific Demands of Academic Work in German Linguistics, German as a Foreign Language RANDHAGE SABINE MARTHA MARIA
研究課題
・Error analysis within first and second languages.
・Analysis and Comparison of International Communication Strategies in Advertisements
・Motives and Intentions of the Use of foreign Languages in the Japanese Language.
・The Language in Art. Analyses on the Language in Paintings of Expressionism, Surrealism and Art Nouveau.
・International Concepts of Politeness in interpersonal Communication

このページの先頭へ