本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年08月10日

坂江 広基 (さかえ ひろき) 助教 SAKAE, Hiroki

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

理工研究域 物質化学系 分析化学研究室

教育分野

所属研究室等

分析化学研究室

学歴

職歴

金沢大学 理工研究域 物質化学系 助教(2022/04-)
福井県立大学 生物資源学部生物資源学科 助教(2019/04-2022/03)
岡山理科大学 理学部化学科 助教(2016/04-2019/03)
金沢大学大学院 自然科学研究科物質科学専攻 日本学術振興会特別研究員(DC2)(2015/04-2016/03)

生年月

所属学会

日本分析化学会
日本ポーラログラフ学会
International Society of Electrochemistry
日本化学会
電気化学会

学内委員会委員等

受賞学術賞

○優秀討論賞(2014/11)
○Best Poster Award(2014/09)
○金沢大学自然科学研究科長賞(2013/03)
○優秀ポスター賞(2013/08)

専門分野

分析化学

専門分野キーワード

生体関連物質,分光分析化学,電気分析化学,液液界面

研究課題

生体膜透過性タンパク質キャリアの創製と膜反応・包接反応の制御

生体膜透過性タンパク質キャリアの創製と膜反応・包接反応の制御 薬効を最大限に引き出すためのドラッグデリバリーシステム(DDS)では、包接能を持った物質が薬剤キャリアとして注目されている。タンパク質は、生体適合性と標的指向性を有するキャリアとしての可能性を秘めているが、一般的に生体膜を透過しない。我々は、生体膜透過性ペプチドとタンパク質を組み合わせた、膜透過性を飛躍的に向上させたキャリアの創製を目指すとともに、その分子包接特性や生体膜透過機構の解明を行い、タンパク質キャリアの機能的なDDSへの応用を進めている。

著書

論文

  • Spectroscopic Analysis of Apoferritin Associates with the Water‐Soluble Porphyrins Photochemistry and Photobiology 97巻 930頁 2021/07 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Fluorination Effect on the Gibbs Transfer Energy for Methylene Group from 1,2-Dichloroethane or 1,1,1,2,3,4,4,5,5,5-Decafluoropentane to Water Analytical Sciences 2021/06 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Interfacial association of ferritin with anionic fluorescent probe at the 1,2-dichloroethane/water interface Journal of Electroanalytical Chemistry 115175頁 2021/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Electrochemical behavior of ferritin at the polarized water|1,2-dichloroethane interface Electrochemistry Communications 90巻 83頁 2018/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular association between flavin derivatives and dendritic polymers at the water vertical bar 1,2-dichloroethane interface JOURNAL OF ELECTROANALYTICAL CHEMISTRY 782巻 288頁 2016/12 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Ion transfer and adsorption behavior of ionizable drugs affected by PAMAM dendrimers at the water vertical bar 1,2-dichloroethane interface ELECTROCHIMICA ACTA 191巻 631頁 2016/02 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Photoinduced Electron Transfer of PAMAM Dendrimer-Zinc(II) Porphyrin Associates at Polarized LiquidlLiquid Interfaces LANGMUIR 31巻 22号 6237頁 2015/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Communication: Coordination structure of bromide ions associated with hexyltrimethylammonium cations at liquid/liquid interfaces under potentiostatic control as studied by total-reflection X-ray absorption fine structure JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS 140巻 10号 101101頁 2014/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Spectroelectrochemical Characterization of Dendrimer-Porphyrin Associates at Polarized Liquid vertical bar Liquid Interfaces LANGMUIR 30巻 3号 937頁 2014/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Laser-induced fluorescence and infrared spectroscopic studies on the specific solvation of tris(1-(2-thienyl)-4,4,4-trifluoro-1,3-butanedionato)europium(III) in an ionic liquid POLYHEDRON 31巻 1号 748頁 2012/01 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • Spectroelectrochemical study of ferritin-anionic fluorescent probe association at the 1,2-dichloroethane/water interface(会議名:72nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry)(2021/09)
  • ケージ状物質による分子包接と液液界面反応の制御(会議名:日本分析化学会中部支部・北陸地区講演会)(2021/07)
  • Identification of formaldehyde derivatized with N,N’-bis(9-anthrylmethyl)-propane-1,3-diamine(会議名:Flow Analysis XIV)(2018/12)
  • 液液界面における多分岐高分子の分子包接挙動と分離試薬への応用(会議名:第54回フローインジェクション分析講演会)(2017/12)
  • 分極液液界面における電荷移動・吸着反応機構と多分岐高分子の分子包接挙動(会議名:日本分析化学会中国四国支部・岡山地区講演会)(2017/03)

全て表示

  • 液液界面における多分岐高分子の界面反応機構と分子包接挙動の分光電気化学解析(会議名:岡山地区高分子懇話会第1回講演会)(2016/11)
  • Interfacial behavior of fluorescent species associated with dendritic polymers at polarized liquid|liquid interfaces(会議名:PRiME 2016)(2016/10)
  • Charge transfer mechanism of organic molecules associated with dendrimers at polarized liquid/liquid interfaces(会議名:Pittcon 2016)(2016/03)
  • Ion transfer and adsorption behavior of organic ions associated with PAMAM dendrimers at liquid|liquid interfaces(会議名:65th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry)(2014/09)
  • 多分岐高分子化合物による分子包接挙動と界面反応機構の分光電気化学解析(会議名:第34回分析化学中部夏期セミナー)
  • Spectroelectrochemical analysis of encapsulation behavior of anionic porphyrins in PAMAM dendrimers at liquid|liquid interfaces(会議名:ASIANALYSIS XII)(2013/08)
  • Total-reflection XAFS analysis at polarized liquid|liquid interfaces(会議名:ASIANALYSIS XII)(2013/08)

その他(報告書など)

  • フルオラスケミストリーを基軸とした分析化学 坂江広基 ぶんせき 542巻 2号 60頁 2020/02 査読無
  • 効果的ながん治療を目指したホウ素化合物の液液界面における反応挙動の解明 坂江 広基 平成29年度 公益財団法人ウエスコ学術振興財団 事業報告書・研究成果報告書集 2018/03
  • 百聞は一見に如かず 坂江 広基 ぶんせき 518巻 2号 73頁 2018/02 査読無
  • (Conference Report) Pacific Rim Meeting (PRiME 2016) / 230th ECS Meeting 坂江 広基 Review of Polarography 63巻 1号 37頁 2017 査読無
  •  66巻 2号 121頁 2017/02 査読有

全て表示

  • (Conference Report) The 65th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry (ISE2014) 永谷 広久,坂江 広基 Review of Polarography 61巻 1号 46頁 2015 査読無
  • 全反射X線吸収分光法による2-オクタノン/水界面における吸着化学種の直接測定 永谷 広久,原田 誠,谷田 肇,坂江 広基,井村 久則 ポーラログラフィー 58巻 3号 2012/11/21 査読無

芸術・フィールドワーク

特許

共同研究希望テーマ

○ナノキャリア、膜透過、分子包接・放出、DDS

科研費

○若手研究「生体膜透過性タンパク質キャリアの創製と膜反応・包接反応の制御」(2021-2022) 代表者
○特別研究員奨励費「液液界面におけるデンドリティック分子による生体関連物質の分配制御」(2015-2015) 代表者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学内) (2020-2020) 研究 戦略的課題研究推進支援 福井県立大学
○競争的資金(学内) (2019-2019) 研究 戦略的課題研究推進支援 福井県立大学
○助成金 (2017-2017) 研究 研究活動助成 ウエスコ学術振興財団

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

大学院担当授業科目

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ