本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2021年06月16日

堀家 慎一 (ほりけ しんいち) 准教授 HORIKE Shin-ichi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

疾患モデル総合研究センター 疾患オミクス分野
准教授

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類 動物実験と再生医学
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科
【大学院後期課程】
連合大学院小児発達学研究科 協調運動障害学研究領域

所属研究室等

堀家研究室 TEL:076-265-2775 FAX:076-234-4537

学歴

【出身大学院】
鳥取大学 博士課程 医学系研究科 生命科学 2000/09 修了
島根大学 修士課程 理学研究科 化学専攻 1997/03 修了
【出身大学】
島根大学 理学部 化学科 1995/03 卒業
【取得学位】
医学(生命科学)博士

職歴

鳥取大学 博士研究員(2000/10/01-2001/07/14)
(米)ローレンスバークレイ国立研究所 博士研究員(2001/07/15-2004/06/30)
(加)トロント小児病院 博士研究員(2004/07/01-2006/09/30)
徳島大学 疾患酵素学研究センター 助教(2006/10/01-2007/10/31)
金沢大学 フロンティアサイエンス機構(2007/11/01-2012/03/31)

生年月

1972年12月

所属学会

日本エピジェネティクス研究会
日本人類遺伝学会
日本遺伝学会
International Society for Autism Research
日本生化学会
日本分子生物学会
RNA学会
The American Society of Human Genetics in USA

学内委員会委員等

○遺伝子組換え実験安全委員会 委員(2014-2022)
○臨床研究利益相反マネージメント委員会 委員(2012-2022)
○教育研究推進専門委員会 委員(2012-2022)
○ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会 委員(2012-2022)

受賞学術賞

○ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞(2018/07/02)

専門分野

エピジェネティクス

専門分野キーワード

クロマチン,ノンコーディングRNA,ヒト染色体工学,MeCP2重複症候群,レット症候群,自閉症,エピジェネティクス,インプリンティング

研究課題

染色体工学技術を用いた自閉症羅患遺伝子座の解析

15q11-q13刷り込み遺伝子領域のクロマチン動態の解析

PEG1/MEST刷り込み領域の遺伝子発現制御機構の解明

オキシトシンレセプター遺伝子の発現制御機構の解明

著書

  • ノンコーディングRNA ~RNA分子の全体像を俯瞰する~ 化学同人 2016/07 分担執筆 目黒牧子,堀家慎一 9784759817256
  • DNA Methylation - From Genomics to Technology 2012/03 分担執筆 Nagai, M,Meguro-Horike, M,Horike, S 9789535103202
  • エピジェネティクスの産業応用 シーエムシー出版 2014/04 分担執筆 目黒牧子,堀家慎一 9784781309330
  • 月刊細胞 49号 ニュー・サイエンス社 2017/07/20 原著書 分担執筆 堀家慎一,目黒牧子
  • 医学のあゆみ 医歯薬出版株式会社 2009/12/05 原著書 分担執筆 東田陽博,堀家慎一,小泉恵太,吉原亨

全て表示

  • 遺伝子医学 26号 メディカルドゥ 2018/10/01 分担執筆 目黒牧子,堀家慎一 978-4-944157-30-3
  • 実験医学増刊 ノンコーディングRNAテキストブック 羊土社 2015/12/02 原著書 分担執筆 目黒牧子,堀家慎一 978-4-7581-0351-0
  • Epigenetic defects related to assisted reproductive technologies: Large offspring syndrome (LOS) 2012/03 原著書 共著 978-953-51-0320-2
  • [How the methyl-CpG binding protein-related epigenetic disease turns on the genes that produce its symptoms]. 50巻 8号 978-84頁

論文

  • Oxytocin for Male subjects with autism spectrum Disorder and comorbid intellectual Disabilities: a randomized Pilot study FRONTIERS IN PSYCHIATRY 7巻 JAN号 2016/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Pancreatic solitary fibrous tumor causing ectopic adrenocorticotropic hormone syndrome MOLECULAR AND CELLULAR ENDOCRINOLOGY 436巻 C号 268頁 2016/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Neuron-specific impairment of inter-chromosomal pairing and transcription in a novel model of human 15q-duplication syndrome HUMAN MOLECULAR GENETICS 20巻 19号 3798頁 2011/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Localization of an hTERT repressor region on human chromosome 3p21.3 using chromosome engineering. Genome integrity 1巻 1号 6頁 2010/05/26 査読有
  • Screening of DNA Methylation at the H19 Promoter or the Distal Region of its ICR1 Ensures Efficient Detection of Chromosome 11p15 Epimutations in Russell-Silver Syndrome AMERICAN JOURNAL OF MEDICAL GENETICS PART A 149A巻 11号 2415頁 2009/11 査読有 研究論文(学術雑誌)

全て表示

  • Loss of silent-chromatin looping and impaired imprinting of DLX5 in Rett syndrome NATURE GENETICS 37巻 1号 31頁 2005/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Catalytic oxygenation of olefin with dioxygen and tetra-t-butylphthalocyanine complexes in the presence of sodium borohydride INORGANICA CHIMICA ACTA 283巻 1号 275頁 1998/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • MMCT-mediated chromosome engineering technique applicable to functional analysis of lncRNA and nuclear dynamics. Meguro-Horike M,Horike S Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 2014/12 査読有 
  • 15q11.2-13.3 chromatin analysis reveals epigenetic regulation of CHRNA7 with deficiencies in Rett and autism brain HUMAN MOLECULAR GENETICS 20巻 22号 4311頁 2011/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • A translocation t(6;7)(p11-p12;q22) associated with autism and mental retardation: localization and identification of candidate genes at the breakpoints PSYCHIATRIC GENETICS 18巻 3号 101頁 2008/06 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Construction of a novel human artificial chromosome vector for gene delivery BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 321巻 2号 280頁 2004/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Targeted disruption of the human LIT1 locus defines a putative imprinting control element playing an essential role in Beckwith-Wiedemann syndrome HUMAN MOLECULAR GENETICS 9巻 14号 2075頁 2000/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • DLX5 expression is monoallelic and Dlx5 is up-regulated in the Mecp2-null frontal cortex JOURNAL OF CELLULAR AND MOLECULAR MEDICINE 12巻 4号 1188頁 2008/08 査読有
  • An inversion inv(4)(p12-p15.3) in autistic siblings implicates the 4p GABA receptor gene cluster JOURNAL OF MEDICAL GENETICS 43巻 5号 429頁 2006/05 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Functional Investigation of a Non-coding Variant Associated with Adolescent Idiopathic Scoliosis in Zebrafish: Elevated Expression of the Ladybird Homeobox Gene Causes Body Axis Deformation PLOS GENETICS 12巻 1号 2016/01 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Identification of novel distant regulatory element in the OXTR gene locus GENES & GENETIC SYSTEMS 91巻 6号 351頁 2016/12 査読有
  • Pathologic Active mTOR Mutation in Brain Malformation with Intractable Epilepsy Leads to Cell-Autonomous Migration Delay AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY 187巻 5号 1177頁 2017/05 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Preparation and some properties of perfluoroalkoxy-substituted phthalocyanine complexes of iron(III), nickel(II) and zinc(II) INORGANICA CHIMICA ACTA 278巻 2号 253頁 1998/09 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Functional Investigation of a Non-coding Variant Associated with Adolescent Idiopathic Scoliosis in Zebrafish: Elevated Expression of the Ladybird Homeobox Gene Causes Body Axis Deformation PLoS Genetics 12巻 1号 e1005802頁 2016 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cumulative Impact of Polychlorinated Biphenyl and Large Chromosomal Duplications on DNA Methylation, Chromatin, and Expression of Autism Candidate Genes CELL REPORTS 17巻 11号 3035頁 2016/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Aberrant CpG methylation of the imprinting control region KvDMR1 detected in assisted reproductive technology-produced calves and pathogenesis of large offspring syndrome ANIMAL REPRODUCTION SCIENCE 122巻 3-4号 303頁 2010/12 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • UBE3A-mediated regulation of imprinted genes and epigenome-wide marks in human neurons EPIGENETICS 12巻 11号 982頁 2017 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Effect of potassium on DNA methylation of aldosterone synthase gene. Journal of hypertension 2021/03/03 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Disease-specific alteration of karyopherin-α subtype establishes feed-forward oncogenic signaling in head and neck squamous cell carcinoma. Oncogene 2019/12/10 査読有
  • A novel urinary microRNA biomarker panel for detecting gastric cancer. Journal of gastroenterology 54巻 12号 1061頁 2019/12 査読有
  • Genetic and epigenetic analyses of aldosterone-producing adenoma with hypercortisolemia. Steroids 151巻 108470頁 2019/11 査読有
  • Amplicons in breast cancers analyzed by multiplex ligation-dependent probe amplification and fluorescence In Situ hybridization. Ooi A,Inokuchi M,Horike SI,Kawashima H,Ishikawa S,Ikeda H,Nakamura R,Oyama T,Dobash Y Human pathology 85巻 33頁 2018/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Bromodomain protein BRD4 inhibitor JQ1 regulates potential prognostic molecules in advanced renal cell carcinoma Oncotarget 9巻 33号 23003頁 2018/05/01 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • ROCK-dependent phosphorylation of NUP62 regulates p63 nuclear transport and squamous cell carcinoma proliferation EMBO Reports 19巻 1号 73頁 2018 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Baf53a is involved in survival of mouse ES cells, which can be compensated by Baf53b SCIENTIFIC REPORTS 7巻 1号 14059頁 2017/10 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Peripubertal High Fat Diet Promotes c-Myc Stabilization in Mammary Gland Epithelium. Cancer science 2020/05/21 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Genetic analysis of a compound heterozygous patient with congenital factor X deficiency and regular replacement therapy with a prothrombin complex concentrate. Togashi T,Nagaya S,Nagasawa M,Meguro-Horike M,Nogami K,Imai Y,Kuzasa K,Sekiya A,Horike SI,Asakura H,Morishita E International journal of hematology 2019/10 査読有
  • Molecular genetic analysis of inherited protein C deficiency caused by the novel large deletion across two exons of PROC. Thrombosis research 188巻 115頁 2020/03/10 査読有
  • Aging-associated impairment in metabolic compensation by subcutaneous adipose tissue promotes diet-induced fatty liver disease in mice. Taketani H,Nishikawa T,Nakajima H,Kodo K,Sugimoto S,Aoi W,Horike SI,Meguro-Horike M,Ishiba H,Seko Y,Umemura A,Yamaguchi K,Moriguchi M,Yasui K,Itoh Y Diabetes, metabolic syndrome and obesity : targets and therapy 12巻 1473頁 2019 査読有
  • Cortisol overproduction results from DNA methylation of CYP11B1 in hypercortisolemia SCIENTIFIC REPORTS 7巻 1号 11205頁 2017/09 査読有 研究論文(学術雑誌) 
  • Epigenetic Regulation of Aldosterone Synthase Gene by Sodium and Angiotensin II. Journal of the American Heart Association 7巻 10号 2018/05/08 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Biallelic KARS pathogenic variants cause an early-onset progressive leukodystrophy. Brain : a journal of neurology 142巻 3号 560頁 2019/03/01 査読有
  • Active K-RAS induces the coherent rotation of epithelial cells: A model for collective cell invasion in vitro. Hirata E,Ichikawa T,Horike SI,Kiyokawa E Cancer science 109巻 12号 4045頁 2018/10 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Activation-induced cytidine deaminase is a possible regulator of cross-talk between oocytes and granulosa cells through GDF-9 and SCF feedback system. Scientific reports 11巻 1号 3833頁 2021/02/15 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • The lack of terminal tubule cells in the submandibular gland of mice deficient in submandibular gland protein C. Cell and tissue research 2020/05/16 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a Highly Potent Analogue and a Long-Acting Analogue of Oxytocin for the Treatment of Social Impairment-Like Behaviors. Journal of medicinal chemistry 62巻 7号 3297頁 2019/04/11 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • Cancer stem-like properties and gefitinib resistance are dependent on purine synthetic metabolism mediated by the mitochondrial enzyme MTHFD2. Oncogene 38巻 14号 2464頁 2019/04 査読有 研究論文(学術雑誌)

講演・口頭発表等

  • 遺伝子スイッチ(エピゲノム)が壊れると・・・(会議名:日本遺伝学会第91回大会 公開市民講座)(2019/09/14)
  • 高次遺伝子発現制御機構へのブレイクスルー(会議名:日本分子生物学会 第12回春季シンポジウム)(2012/04/23)
  • A noncoding imprinted RNA, MESTIT1 is essential for the repression in cis of KLF14(会議名:62th Annual Meeting; The American Society of Human Genetics)(2012/11/06)
  • 神経疾患のジェネティクスとエピジェネティクス(会議名:日本心理学会 第77回大会)(2013/09/19)
  • 発達障害におけるエピジェネティクス研究(会議名:第36回日本生物的精神医学会・第57回日本神経化学会合同年会)(2014/09/29)

全て表示

  • 核内ダイナミクスと遺伝子発現(会議名:第1回名市大エピジェネティクス研究会)(2014/09/04)
  • エピジェネティクス制御と生命機能,畜産への応用(会議名:第31回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会)(2016/02/04)
  • ジェネティクスとエピジェネティクス(会議名:高教研大会化学部会)(2016/09/27)
  • レット症候群の発症機序の解明:神経疾患における高次クロマチンループ構造の破綻(会議名:レット症候群 国際シンポジウム2017 in 神戸)(2017/03/18)
  • プラダーウィリ症候群の発症機序におけるSNORD116HGの役割(会議名:第41回日本神経科学大会)(2018/07/26)
  • The spliced lncRNA SNORD116HG is essential for the high order chromatin dynamics of the MAGEL2 and NDN locus over long distance.(会議名:日本遺伝学会第90回大会)(2018/09/19)
  • 「広汎性神経発達障害に関連する15q11-q13ゲノム刷り込み領域のアレル特異的クロマチンダイナミクスの解析」日本人類遺伝学会第57回大会,京王プラザホテル,東京,2012年10月24日〜27日(2012)
  • “A novel model of human 15q-duplication syndrome: neuron-specific impairment of inter-chromosomal pairing and transcription” Cell Symposia: Autism Spectrum Disorders: From Mechanisms to Therapies, Nov. 9-Nov. 11, 2011, Arlington, USA.(2011)
  • “Neuron-specific impairment of inter-chromosomal pairing and transcription in a novel model of human 15q-duplication syndrome” 12th International Congress of Human Genetics and 61th Annual Meeting; The American Society of Human Genetics, Oct. 11-Oct. 15, 2011, Montreal, Canada.(2011)
  • “Higher order inter-chromosomal association of maternal and paternal alleles of 15q11-q13” ICC on Genomic Imprinting and Beyond, Sep. 21- Sep. 23, 2011, Barcelona, Spain.(2011)
  • “MeCP2- and CTCF-mediated homologous 15q11-q13 pairing is essential for neuronal gene expressions.” Keystone symposia, Environmental Epigenomics and Disease Susceptibility, March 27-April 1, 2011, Asheville, USA.(2010)
  • “Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression in human maternal chromosome 15 microcell transferred neurons.” A Brain Research Meeting; The Emerging Neuroscience of Autism Spectrum Disorders, Nov. 11-Nov. 12, 2010, San Diego, USA.(2010)
  • “Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression in human maternal chromosome 15 microcell transferred neurons.” 60th Annual Meeting; The American Society of Human Genetics, Nov. 2-Nov. 6, 2010, Washington DC, USA.(2010)
  • “Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression in human maternal chromosome 15 microcell transferred neurons.” Epigenetics Europe, Sep. 14-Sep. 15, 2010, Dublin, Ireland.(2010)
  • “Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression in human maternal chromosome 15 microcell transferred neurons.” Wellcome Trust Scientific Conferences; Signalling to Chromatin, Sep. 7-Sep. 10, 2010, Cambridge, UK.(2010)
  • “Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression in human maternal chromosome 15 microcell transferred neurons.” Sweden-Japan Joint Colloquium, Sep. 6-Sep. 7, 2010, Stockholm, Sweden.(2010)
  • “Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression in human maternal chromosome 15 microcell transferred neurons.” The 9th Annual International Meeting for Autism Research, May 20-May 22, 2010, Philadelphia, USA.(2010)
  • “An animal model for 15q dup syndrome” Dup 15q Research Meeting, May 19, 2010, Philadelphia, USA.(2010)
  • “Characterization of regulatory sequences essential for homologous pairing of chromosome 15q11-q13.” 59th Annual Meeting; The American Society of Human Genetics, Oct. 20-Oct. 24, 2009, Honolulu, USA.(2009)
  • “Characterization of regulatory sequences essential for homologous pairing of chromosome 15q11-q13.” 18th Lake Shirakaba Conference, June 20-June 21, 2009, Vedbaek, Denmark.(2009)
  • 「Neuron-specific inter-chromosomal pairing and transcription at the GABAaR subunit genes cluster」第34回日本分子生物学会年会,パシフィコ横浜,横浜,2011年12月13日〜16日(2011)
  • 「ヒト15q11-q13領域におけるアレル特異的クロマチン脱凝集の解析」日本分子生物学会 第11回春季シンポジウム,石川県立音楽堂 金沢,2011年5月25日〜26日(2011)
  • ヒト15q11-q13領域におけるアレル特異的クロマチン脱凝集の解析」第5回日本エピジェネティクス研究会年会,KKRホテル熊本,熊本,2011年5月19日〜20日(2011)
  • 「Acquisition of a germline methylation imprint at the SNRPN DMR」International Symposium on Epigenome Network, Development and Reprogramming of Germ Cells,九州大学医学部 百年講堂,福岡,2010年11月22日〜24日(2010)
  • 「母方15番染色体重複細胞株における15q11-q13領域の遺伝子発現および染色体ペアリングの解析」第4回日本エピジェネティクス研究会年会,米子市文化ホール,米子,2010年5月28日〜29日(2010)
  • 「Epigenetics in Autism Research」International Conference on Social Brain: Autism and Neuroethics,金沢,2010年3月24日〜25日(2009)
  • 「Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression in human maternal chromosome 15 microcell transferred neurons」日本人類遺伝学会第55回大会,大宮ソニックシティ,さいたま市,2010年10月27日〜30日(2010)
  • 「Homologous pairing of chromosome 15q11-q13 is associated with significant disruption of gene expression within the paired region」第32回日本分子生物学会年会,パシフィコ横浜,横浜,2009年12月9日〜12日(2009)
  • 「ヒト染色体工学を用いた15q11-13の染色体ペアリングの解析」第3回日本エピジェネティクス研究会年会,学術総合センター,東京,2009年5月22日〜23日(2009)
  • 「PEG1/MEST遺伝子領域のゲノム刷り込み制御機構の解明」第6回日本エピジェネティクス研究会年会,学術総合センター,東京,2012年5月14日〜15日(2012)
  • MeCP2とクロマチンダイナミクス(会議名:第53回日本小児神経学会総会)(2011/05)
  • 自閉症とエピジェネティクス(会議名:第21回日本臨床精神神経薬理学会・第41回日本神経精神薬理学会 合同年会)(2011/10)
  • 自閉症とエピジェネティクス(会議名:応用動物科学セミナー「エピジェネティクスの深淵」)(2012/07)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○細胞判定装置、細胞判定方法及びプログラム

共同研究希望テーマ

科研費

○挑戦的研究(萌芽)「生後早期の母子関係を評価する新規バイオマーカーの開発 -発達障害回避を目指して-」(2019-2020) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「Y染色体微小重複が男性不妊症に与える影響-Y染色体は微小欠失だけではない-」(2019-2021) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「性特異的なエピゲノム制御による自閉症発症機序の解明」(2019-2021) 代表者
○若手研究(B)「染色体の空間的配置と組織特異的遺伝子発現制御機構の解明」(2011-2012) 代表者
○基盤研究(C)「LINE1配列のストランド特異的分布とMARを介したクロマチン制御機構の解明」(2016-2018) 代表者
○基盤研究(C)「神経細胞特異的なクロマチンダイナミクスを司る分子の同定」(2013-2015) 代表者
○基盤研究(C)「性特異的なエピゲノム制御による自閉症発症機序の解明」(2019-2021) 代表者
○若手研究(B)「15q11-13染色体ペアリングに着目した自閉症発症機構の解明」(2009-2010) 代表者
○新学術領域研究(研究領域提案型)「核マトリックスを介した長鎖ncRNA,UBE3A-ATSのクロマチン制御機構」(2010-2011) 代表者
○特定領域研究「ヒトDMRにおける母性メチル化インプリント確立メカニズムの解明」(2011-2012) 代表者
○新学術領域研究(公募)「インプリント長鎖非コードRNAの核内動態とクロマチンダイナミクスの解析」(2012-2013) 代表者
○基盤研究(C)「エピジェネティック因子MBD5による発達障害発症機序の解明」(2014-2016) 分担者
○新学術領域研究(公募)「核内足場クロマチン構造を介したncRNA, IPWの作動機序の解明」(2015-2016) 代表者
○厚生科研「レット症候群の診断と予防・治療法確立のための臨床および生物科学の集学的研究」(2009-2011) 分担者
○厚生科研「レット症候群の早期診断と治療を目指した統合的研究」(2013-) 分担者

競争的資金・寄付金等

○競争的資金(学外) (2020-2020) 社会貢献 命をつなぐ染色体〜遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう〜 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 日本学術振興会
○競争的資金(学外) (2014-2014) 社会貢献 命をつなぐ染色体〜遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう〜 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 日本学術振興会
○競争的資金(学外) (2015-2015) 社会貢献 命をつなぐ染色体〜遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう〜 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 日本学術振興会
○競争的資金(学外) (2016-2016) 社会貢献 命をつなぐ染色体〜遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう〜 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 日本学術振興会
○競争的資金(学外) (2017-2017) 社会貢献 命をつなぐ染色体〜遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう〜 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 日本学術振興会
○競争的資金(学外) (2018-2018) 社会貢献 命をつなぐ染色体〜遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう〜 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 日本学術振興会
○競争的資金(学外) (2013-2013) 教育,社会貢献 命をつなぐ染色体〜遺伝子の運び屋である染色体を観察しよう〜 ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI(研究成果の社会還元・普及事業) 日本学術振興会

共同研究・受託研究実績

○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2010-2010)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2011-2011)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2012-2012)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2013-2013)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2014-2014)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2015-2015)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2016-2016)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2017-2017)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2009-2009)
○ウシ体外受精胚の遺伝子レベルでの品質評価(2018-2018)

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○神経・生理心理学A(2020)
○神経心理学A(2020)
○動物実験と再生医学(2020)

大学院担当授業科目

○動物実験学演習(2017)
○学際センターセミナー(2017)
○遺伝子工学基礎技術コース(2017)
○動物実験学演習(2016)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

○ヒト染色体工学
○自閉症の遺伝学
○エピジェネティクス

その他公的社会活動

○富山県高教研化学部会(20160927-20160927) 富山県立富山中部高校にて,高校化学担当教員約100名に対し,「ジェネティクスとエピジェネティクス」の演題で講演を行った。
○日本学術振興会(20160729-20160729) JSPSの委託事業として小学生向けのプログラム「ひらめきときめきサイエンス」を執り行う。本年度は、近隣の小学生22名に対し、染色体とは何かについて、優しく実習・講義を行った。
○日本学術振興会(20150731-20150731) JSPSの委託事業として小学生向けのプログラム「ひらめきときめきサイエンス」を執り行う。本年度は、近隣の小学生26名に対し、染色体とは何かについて、優しく実習・講義を行った。
○日本学術振興会(20140801-20140801) JSPSの委託事業として小学生向けのプログラム「ひらめきときめきサイエンス」を執り行う。本年度は、近隣の小学生27名に対し、染色体とは何かについて、優しく実習・講義を行った。
○日本学術振興会(20130730-20130730) JSPSの委託事業として小学生向けのプログラム「ひらめきときめきサイエンス」を執り行う。本年度は、近隣の小学生25名に対し、染色体とは何かについて、優しく実習・講義を行った。

このページの先頭へ