本文へジャンプ

研究者情報

データ更新日:2022年05月30日

棟居 聖一 (むねすえ せいいち) 助教 MUNESUE Seiichi

メール 研究室ウェブサイト

所属組織・役職等

医薬保健研究域 医学系 血管分子生物学
助教

教育分野

【学士課程】
医薬保健学域 医学類
医薬保健学域 医学類
医薬保健学域 医学類 血管分子生物学
【大学院前期課程】
医薬保健学総合研究科 医科学専攻 血管分子生物学
【大学院後期課程】
医薬保健学総合研究科 医学専攻

所属研究室等

血管分子生物学 TEL:076-265-2181 FAX:076-234-4217

学歴

【出身大学院】
京都産業大学 博士課程 工学研究科 生物工学専攻 2003/03 修了
【出身大学】
京都産業大学 工学部 生物工学 1999/03 卒業
【取得学位】
博士 生物工学

職歴

特定研究員 京都産業大学工学部 特定研究員(2002/04-2005/03)
特約講師 京都産業大学工学部 特約講師(2005/04-2007/03)
助教 医薬保健研究域血管分子生物学(2007/04-)

生年月

1971年08月

所属学会

日本メイラード学会 日本メイラード学会役員(2021-2022)
生化学会

学内委員会委員等

○金沢大学医薬保健学域医薬科学類専門部会 委員(2020-2022)
○金沢大学医学系動物飼育室運営WG委員 委員(2019-2022)
○金沢大学学力検査答案調査委員 委員(2019-2019)
○金沢大学医学系動物飼育室運営WG委員 委員(2018-2018)
○医学系長候補者意向投票管理委員会 委員(2017-2017)
○金沢大学学力検査答案調査委員 委員(2017-2017)
○金沢大学学力検査答案調査委員 委員(2015-2015)
○金沢大学医学系動物飼育室運営WG委員 委員(2007-2017)
○金沢大学医学系長候補者意向投票管理委員 委員(2016-)
○金沢大学先進予防学研究科長候補者意向投票管理委員 委員(2016-)
○金沢大学宝町・鶴間地区代議員 委員(2014-2015)
○金沢大学学力検査答案調査委員 委員(2008-)
○金沢大学入学試験学力検査問題作成委員 委員(2015-)
○金沢大学入学試験学力検査問題作成委員 委員(2008-)

受賞学術賞

専門分野

医化学一般

専門分野キーワード

生化学、分子生物学、糖尿病

研究課題

糖尿病合併症の発症・進展機構の解明

著書

  • グリケーションの制御とメイラード反応の利用 シーエムシー出版 2020 原著書 共著 棟居聖一、山本靖彦
  • HMGB1-RAGE系を標的とした抗腫瘍効果について 先端医学社 2018 原著書 共著 河野修平、棟居聖一、山本靖彦 978-4-86550-435-4
  • 糖尿病学2008第13章「RAGEと糖尿病合併症」 診断と治療社 2008 単著 村上菜穂、棟居聖一、山本博
  • AGEsと食品機能 講談社 2017/07/25 原著書 共著 棟居聖一、山本靖彦
  • 終末糖化産物受容体RAGE, 生体の化学 2013 原著書 共著 棟居聖一, 山本博

全て表示

  • メイラード反応の機構・制御・利用, 宮沢陽夫監修 2016 原著書 共著 棟居聖一,原島愛, 山本靖彦
  • A novel function of syndecan-2, suppression of MMP-2 activation, which causes suppression of metastasis. 2007 原著書 共著 棟居聖一, 岡山實ほか9名 282巻  28164-28174頁

論文

  • Dual Nature of RAGE in Host Reaction and Nurturing the Mother-Infant Bond.  Oshima Y, Harashima A, Munesue S, Kimura K, Leerach N, Goto H, Tanaka M, Niimura A, Hayashi K, Yamamoto H, Higashida H, Yamamoto Y. Int J Mol Sci. 2022 Feb 14;23(4):2086. doi: 10.3390/ijms23042086. Int J Mol Sci. 23巻 4号 2086頁 2022/02/14 査読有 原著論文
  • RAGE signaling antagonist suppresses mouse macrophage foam cell formation.  Biochem Biophys Res Commun. 555巻 74-80頁 2021/05/28 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Glycation reaction and the role of the receptor for advanced glycation end-products in immunity and social behavior.  Leerach N, Harashima A, Munesue S, Kimura K, Oshima Y, Goto H, Yamamoto H, Higashida H, Yamamoto Y. Glycoconj J 38巻 3号 303-310頁 2021/06 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Vascular RAGE transports oxytocin into the brain to elicit its maternal bonding behaviour in mice. Commun Biol. 2巻 76号 2019/02/25 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Transport of oxytocin to the brain after peripheral administration by membrane‐bound or soluble forms of receptors for advanced glycation end‐products  Munesue S, Liang M, Harashima A, Zhong J, Furuhara K, Boitsova BE, Cherepanov MS, Gerasimenko M, Yuhi T, Yamamoto Y, Higashida H.  J Neuroendocrinol.  2021/03 査読有 原著論文

全て表示

  • Citrullinated Histone H3: Early Biomarker of Neutrophil Extracellular Traps in Septic Liver Damage. J Surg Res. 234巻 132-138.頁 2019 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • CD38, CD157, and RAGE as Molecular Determinants for Social Behavior. Cells 9巻 1号 2019 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Targeting RAGE: a viable strategy for cancer prevention and treatment?  S Munesue, Y Yamamoto IMARS Highlights 2017/11/26 査読無 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Monitoring of Heat Shock Response and Phenotypic Changes in Hepatocellular Carcinoma After Heat Treatment. 39巻 10号 5393-5401頁 2019 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • In vitro anticancer effects of a RAGE inhibitor discovered using a structure-based drug design system Munesue S, El-Far AHAM, Harashima A, Sato A, Shindo M, Nakajima S, Inada M, Tanaka M, Takeuchi A, Tsuchiya H, Yamamoto H, Shaheen HME, El-Sayed YS, Kawano S, Tanuma SI, Yamamoto Y. Oncol Lett 15巻 4627-4634頁 2018/04/15 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Soluble Thrombomodulin Attenuates Endothelial Cell Damage in Hepatic Sinusoidal Obstruction Syndrome. In Vivo. 32巻 6号 1409-1417頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Contribution of methylglyoxal to delayed healing of bone injury in diabetes. Aikawa T, Matsubara H, Ugaji S, Shirakawa J, Nagai R, Munesue S, Harashima A, Yamamoto Y, Tsuchiya H. Mol Med Rep 16巻 1号 403-409頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Anti-tumor effects of a nonsteroidal anti-inflammatory drug zaltoprofen on chondrosarcoma via activating peroxisome proliferator-activated receptor gamma and suppressing matrix metalloproteinase-2 expression. Cancer Med. 7巻 5号 1944-1954頁 2018 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Endogenous secretory receptor for advanced glycation end-products inhibits amyloid-beta1-42 uptake into mouse brain.  Sugihara T, Munesue S, Yamamoto Yほか9名  J Alzheimer’s Dis 28巻 3号 409-420頁 2012/11 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Intestinal transepithelial permeability of oxytocin into the blood is dependent on the receptor for advanced glycation end products in mice. Higashida H, Furuhara K, Yamauchi AM, Deguchi K, Harashima A, Munesue S, Lopatina O, Gerasimenko M, Salmina AB, Zhang JS, Kodama H, Kuroda H, Tsuji C, Suto S, Yamamoto H, Yamamoto Y. Sci Rep. 7巻 1号 7883頁 2017 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Preventive Effect of Salicylate and Pyridoxamine on Diabetic Nephropathy.  Abouzed TK, Munesue S, Harashima A, Masuo Y, Kato Y, Khailo K, Yamamoto H, Yamamoto Y. J Diabetes Res. 2016;2016:1786789 1786789頁 2016 査読有
  • Tumor-associated macrophages of the M2 phenotype contribute to progression in gastric cancer with peritoneal dissemination. Yamaguchi T, Fushida S, Yamamoto Y, Tsukada T, Kinoshita J, Oyama K, Miyashita T, Tajima H, Ninomiya I, Munesue S, Harashima A, Harada S, Yamamoto H, Ohta T. Gastric Cancer 19 巻 1052-1065頁 2016 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Induction of receptor for advanced glycation end-products by insufficient leptin action triggers pancreatic β-cell failure in type 2 diabetes. Dong H, Yamamoto Y, Munesue Sほか6名 Genes to Cells 2013/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Low-molecular weight heparin suppresses RAGE-mediated expression of the malignant phenotype in human fibrosarcoma cells. Takeuchi A, Yamamoto Y, Munesue Sほか5名  Cancer science 104巻 6号 740-749頁 2013/06 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Septic shock is associated with receptor for advanced glycation endproducts (RAGE) ligation of LPS. Yamamoto Y, Harashima A, Saito Hほか12名 J Immunol  186巻 5号 3248-3257頁 2011/01 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of RAGE for Attenuating Progression of Diabetic Vascular Complications. Win MT, Yamamoto Y, Munesue S ほか7名 Exp Diabetes Res 2012/11 査読有 総説 研究論文(学術雑誌)
  • Maltitol endows foods with lower 3-deoxyglucosone content and less RAGE agonism as a sweetener against sucrose. Kuretani A, Kawamura R, Munesue S, Yamamoto Y, Honda J, Yamamoto H.  Glycative Stress Res, 1巻 25-31頁 査読有 研究論文(学術雑誌)
  • cAMP ameliorates inflammation by modulation of macrophage receptor for advanced glycation end-products. Motoyoshi S, Yamamoto Y, Munesue S, Igawa H, Harashima A, Saito H, Han D, Watanabe T, Sato H, Yamamoto H. Biochem J 463巻 75-82 頁 2014 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)
  • Septic Shock Is Associated with Receptor for Advanced Glycation End Products Ligation of LPS Yamamoto, Yasuhiko;Harashima, Ai;Saito, Hidehito;Tsuneyama, Koichi;Munesue, Seiichi;Motoyoshi, So;Han, Dong;Watanabe, Takuo;Asano, Masahide;Takasawa, Shin;Okamoto, Hiroshi;Shimura, Satoshi;Karasawa, Tadahiro;Yonekura, Hideto;Yamamoto, Hiroshi JOURNAL OF IMMUNOLOGY 186巻 5号 3248-3257頁 2011
  • Pancreatic beta cell dysfunction in diabetes through induction of RAGE expression Han, Dong;Yamamoto, Yasuhiko;Munesue, Seiichi;Motoyoshi, Soh;Saito, Hidehito;Watanabe, Takuo;Yamamoto, Hiroshi AMINO ACIDS 41巻 0号 S31-S31頁 2011
  • Inhibitory effects of food-derived components on AGE-RAGE signaling Munesue, Seiichi;Yamamoto, Yasuhiko;Motoyoshi, So;Hidehito, Saito;Watanabe, Takuo;Yamamoto, Hiroshi AMINO ACIDS 41巻 0号 S55-S55頁 2011
  • Inhibition of Allergic Bronchial Asthma by Thrombomodulin Is Mediated by Dendritic Cells Takagi, Takehiro;Taguchi, Osamu;Toda, Masaaki;Ruiz, Daniel Boveda;Bernabe, Paloma Gil;D'Alessandro-Gabazza, Corina N.;Miyake, Yasushi;Kobayashi, Tetsu;Aoki, Shinya;Chiba, Fumiko;Yano, Yutaka;Conway, Edward M.;Munesue, Seiichi;Yamamoto, Yasuhiko;Yamamoto, Hiroshi;Suzuki, Koji;Takei, Yoshiyuki;Morser, John;Gabazza, Esteban C. AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE 183巻 1号 31-42頁 2011
  • Sivelestat sodium hydrate inhibits neutrophil migration to the vessel wall and suppresses hepatic ischemia-reperfusion injury Digestive Diseases and Sciences 59巻 4号 787-794頁 2014/01/01 
  • Induction of receptor for advanced glycation end products by insufficient leptin action triggers pancreatic β-cell failure in type 2 diabetes Genes to Cells 18巻 4号 302-314頁 2013/04/01 
  • Validated liquid culture monitoring system for lifespan extension of Caenorhabditis elegans through genetic and dietary manipulations Aging and Disease 4巻 4号 178-185頁 2013/01/01 
  • Thrombomodulin modulates dendritic cells via both antagonism of high mobility group protein B1 and an independent mechanism Allergology International 63巻 1号 57-66頁 2014/03/17 
  • Low-molecular weight fractions of Japanese soy sauce act as a RAGE antagonist via inhibition of RAGE trafficking to lipid rafts Food and Function 4巻 12号 1835-1842頁 2013/12/01 
  • Regulation of RAGE for attenuating progression of diabetic vascular complications Experimental Diabetes Research 2012巻 2012/01/03 
  • Low molecular weight heparin suppresses receptor for advanced glycation end products-mediated expression of malignant phenotype in human fibrosarcoma cells Cancer Science 104巻 6号 740-749頁 2013/06/01 
  • RAGE mediates vascular injury and inflammation after global cerebral ischemia Neurochemistry International 60巻 3号 220-228頁 2012/02/01 

講演・口頭発表等

  • グリケーションとその最終産物受容体RAGE ― 病態形成における意義について ― (会議名:第94回日本生化学会大会)(2021/11/04)
  • 可溶型RAGEは脳血管内皮細胞上の膜型RAGEによる血中オキシトシンの脳内輸送を阻害しない(会議名:日本メイラード学会総会)(2020/11/06)
  • In vitro anticancer effects of a novel RAGE inhibitor on suppression of tumor malignant phenotypes in human fibrosarcoma cells(会議名:第13回 国際メイラード学会)(2018/09/10)
  • Drug library screening to identify new compounds for inducing ectodomain shedding of RAGE and formation of soluble RAGE(会議名:第13回 国際メイラード学会)(2018/09/10)
  • RAGE細胞内シグナル伝達阻害剤によるマクロファージ浸潤・泡沫化抑制効果(会議名:第28回日本メイラード学会年会)(2018/10/08)

全て表示

  • 新規RAGE阻害薬による線維肉腫細胞の悪性化抑制効果の検討(会議名:代18回日本抗加齢医学学会総会)(2018/05/25)
  • 抗炎症薬サリチル酸と抗糖化薬ピリドキサミンによるマウス糖尿病腎症予防効果の検討(会議名:第90回日本生化学会大会)(2017/12/06)
  • Novel polymorphisms in promoter region of human glyoxalase 1 regulate its transcription and are associated with aging-related diseases(会議名:Keystone Symposia Conference Aging and Mechanisms of Aging-Related Disease)(2017/05/15)
  • 新規RAGE阻害薬による線維肉腫細胞腫瘍悪性の抑制効果の検討(会議名:第90回日本生化学会大会)(2017/12/06)
  • 線維肉腫細胞の悪性化形質に及ぼす新規RAGE阻害薬の効果の検討(会議名:第27回メイラード学会)(2017/11/18)
  • サリチル酸とピリドキサミンによる糖尿病腎症発症進展防止効果の検討 (会議名:第32回日本糖尿病合併症学会)(2017/10/27)
  • 抗炎症薬サリチル酸と抗糖化薬ピリドキサミンによるマウス糖尿病腎症予防効果の比較検討(会議名:第60回日本糖尿病学会年次学術集会)(2017/05/18)

その他(報告書など)

芸術・フィールドワーク

特許

○ハンゲショウエキスによるRAGEシグナル阻害(出願国名:日本)
○RAGEシグナル阻害作用をもつ食品素材(出願国名:日本)
○オキシトシントランスポーター(公開年月:2016/06/23)(出願国名:日本)
○オキシトシン検出のためのサンプルの前処理方法(公開年月:2016/06/23)(出願国名:日本)
○終末糖化産物生成(出願国名:日本)
○RAGE遺伝子の2種類のスプライシングバリアントを区別して増幅可能なプライマーセット及びプローブ(出願国名:日本)
○esRAGE過剰発現マウス(出願国名:日本)

共同研究希望テーマ

科研費

○基盤研究(B)(一般)「愛情ホルモン・オキシトシンによる炎症免疫抑制作用の分子基盤の解明」(2021-2023) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「RAGE膜貫通ドメインによる細胞膜ダイナミクスとがん悪性化シグナルの解明」(2020-2022) 代表者
○基盤研究(C)(一般)「オキシトシンの血液脳関門移行に関わる分子装置の解明と愛情の構築研究」(2018-2020) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「Glyoxalase2遺伝子多型に基づく統合失調症の病態解明と新規治療薬の創出」(2018-2020) 分担者
○基盤研究(C)(一般)「食品に含まれるRAGEシグナル阻害成分の同定と阻害機構の解明」(2014-2016)
○基盤研究(C)(一般)「新規内在性デコイ受容体esRAGEに着目したアルツハイマー病予防・治療法の開発」
○基盤研究(C)(一般)「新規内在性デコイ受容体に着目したアルツハイマー病の病因・制御の解明」

競争的資金・寄付金等

○寄附金 (2020-2020) 研究,社会貢献 ハンゲショウのRAGEシグナル阻害成分の同定及び最適エキスの選択 日本新薬株式会社
○競争的資金(学外) (2008-) 研究 遺伝子改変マウスを用いた糖尿病合併症の発症と防止における膜型・分泌型RAGEの機能的役割の解明とRNAスプライシング糖尿病合併症克服手段開発の試み ホクト生物科学振興財団研究助成
○寄附金 (2017-2019) 研究 ハンゲショウのRAGEシグナル阻害成分の同定及び最適エキスの選択 日本新薬株式会社
○寄附金 (2019-2019) 社会貢献 ハンゲショウのRAGEシグナル阻害成分の同定及び最適エキスの選択 日本新薬株式会社

共同研究・受託研究実績

A-STEP採択課題

学域・学類担当授業科目

○地域概論(2021)
○基礎生物化学(2021)
○アカデミックスキル(2021)
○生化学Ⅱ(2020)
○生化学(2019)
○生化学実習(2019)
○生化学Ⅱ(2019)
○生化学実習(2018)
○生化学II(2018)
○生化学Ⅱ(2017)
○生化学Ⅱ(2017)
○生化学(2017)

大学院担当授業科目

○血管分子生物学特論(2020)
○血管分子生物学特論(2020)
○血管分子生物学特論(2019)
○血管分子生物学特論(2019)
○血管分子生物学特論(2018)
○血管分子生物学特論(2018)
○血管分子生物学特論(2017)
○血管分子生物学特論(2017)

他大学の客員教授

教育活動(FD)に関する研究

国際事業協力

留学生参加の社会活動

審議会等の参加

講演可能なテーマ

その他公的社会活動

このページの先頭へ